硬い歯を目指して、毎日のデンタルケアは忘れずに!

歯の硬さの目安は「モース硬度」

物の硬さを量る単位として、硬さを10段階で表した「モース硬度*」というものがあります。人間の歯をモース硬度で表すと「7」で、これは水晶とほぼ同じ硬さです。 歯は、鉄よりもずっと硬い

  • 【身近な物のモース硬度】
  • モース硬度1:チョーク
  • モース硬度2:岩塩、純金
  • モース硬度3:珊瑚
  • モース硬度4:鉄、真珠
  • モース硬度5:ガラス
  • モース硬度6:オパール
  • モース硬度7:人間の歯(エナメル質)、水晶
  • モース硬度8:エメラルド
  • モース硬度9:ルビー、サファイヤ
  • モース硬度10:ダイヤモンド
歯は、鉄よりもずっと硬い

 ガラスやオパールよりも硬いですが、ダイヤモンドには勝てないようです。

歯の基本的な構造

 

正確にいうと、人間の歯の表面を覆っている「エナメル質」が硬く、人間の身体の中で一番硬い組織といわれています。

この「エナメル質」の内側には、「象牙質」があります。
そして象牙質の内側には「歯髄」と呼ばれる神経や血管の多く通ったやわらかい組織があり、硬いエナメル質が神経や血管のある歯の内部を保護する構造になっています。

歯は、鉄よりもずっと硬い
頑丈な三層構造も歯のお手入れをしていないと、すぐに虫歯になってしまうんです!

虫歯菌には要注意!

 

鉄よりも硬度の高いエナメル質ですが、とても苦手とするものがあります。
それは、虫歯菌。

人間は栄養を取らなければ生きていけません。そのために食物を口にするのですが、歯垢の中にいる虫歯菌は、食べたり飲んだりして口に入ったモノの糖分を利用し、「酸」をつくりあげ、エナメル質を溶かしてしまいす。
強い鉄も水や酸素でサビやすくなるように、人間の歯は酸に弱いモノなんですね。
日頃からしっかりと歯のお手入れをして、いつまでも健康で輝く歯を持ちたいものです。

鉄、ダイヤモンド、人間の歯、どれが1番硬い?

 人間の場合は、虫歯菌によりエナメル質を溶かしてしまい、虫歯になってしまうんですね。
鉄も水や酸素に弱いように、人間の歯がいくら鉄よりも硬いからといっても絶対的に硬いというわけではなさそうです。

ちなみに虫歯の治療は、ダイヤモンドをつけたエアタービンという機械でエナメル質を削っていきます。

硬い歯を目指すには?

このように歯を健康に保つためにはカルシウム不足にならないように
日頃からカルシウムの豊富な食材を使った食事をしたり、またはサ
プリメントを摂取するなど、カルシウムを補充することがとても大切
です。

 

できれば、他の栄養素なども考慮してカルシウムの吸収力を高め
られれば、さらに健康的歯になるのでいいかと思いますよ。

歯を健康に保つために

健康で丈夫な歯や骨にはカルシウムが必要です。 
カルシウム不足の人は、ぜひともカルシウムの多い食事、サプリメントを摂取してください。

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。