虫歯になりやすい人は歯磨きのおさらいを

虫歯になりやすい人は、もう一度歯磨きをおさらいしてみませんか?

歯磨きのやり方を間違えているかもしれません。

 

たとえば、あなたはこんな風に歯磨きをしていませんか?


  • 歯ブラシを水でぬらしてから、歯磨き粉をつけている
  • その歯磨き粉は適当に選んでいる
  • 歯の汚れをしっかり落とそうとして、ゴシゴシ磨いている

これらの磨き方は、すべて正しくないんです・・・!
これらの磨き方を続けていると、虫歯ができたり歯周病になったりと、かえって歯を悪くしちゃう可能性も・・・。

日本人の多くは歯磨きの方法を間違えてる!?大人のマナーとして知っておきたい正しい歯磨きの方法


なんでその磨き方じゃだめなの?

間違いその1★歯ブラシを濡らしてから歯磨き剤をつける

歯磨きをするとき、なんとなく歯ブラシを濡らして、歯磨き剤をつけていませんか?  
でも、これはダメ。歯ブラシを濡らしてから歯磨きをすると、歯磨き剤が素早く泡立つので、短時間で「磨いた気」になり、汚れや細菌が落ちていないことが多いからです。また、泡立ちが早いと、歯磨き剤に配合されている有効成分も、歯に作用する前に流れてしまいます。 
効果的に歯を磨くには、乾いた歯ブラシに歯磨剤をつけて磨くのが正解。歯ブラシはペンをもつように軽く握り、細かく振動させながら磨きます。磨く順番は、下の歯の裏側→上の歯の裏側→上の歯の表側→下の歯の表側→奥歯のかみ合わせ部分の順序で、奥歯から前歯へ、さらに反対側の奥歯から前歯へと1本ずつていねいに磨いていきましょう。 
なお、虫歯予防に抜群の効果を発揮するのがフッ素。虫歯の酸に負けない丈夫な歯を作るためには、歯磨き剤はフッ素配合のものを選ぶのが基本です。チューブの表側に“フッ素入り”の表示がない場合は、裏側の成分表示をチェックしてください。“フッ化ナトリウム”“モノフルオロリン酸ナトリウム”などの表示があればOKです。加えてキシリトールが配合されていれば、なおベストです。

あなたの歯磨き、間違っていない?

間違いその2★歯磨き剤は、歯ブラシの上にのせて磨く

歯ブラシの上に歯磨き剤をのせたらそのままお口の中へ……もNGな磨き方。歯磨き剤が歯の一か所にべっとりついて、歯全体に行きわたらないからです。歯ブラシにつけた歯磨き剤は、指でブラシの毛の中に埋めこむようになじませてから磨きましょう。歯磨き剤を歯ブラシの中にしっかりと入れ込むことで、最後まで均一に利用できます。

あなたの歯磨き、間違っていない?

間違いその3★歯磨き後は何度も口をすすぐ

歯磨き後は、口の中を何度もすすぐ人も多いのでは? でも、これではせっかく口の中に残った大切なフッ素がすべて流れてしまいます。歯磨き剤のフッ素効果を高めるには、何度も口をすすがないほうがよいのです。 
歯磨き後はひと口(10ミリリットル)の水を口にふくみ、約20秒間くちゅくちゅしてぺっと出して終わり。その後は、最低でも30分くらいは飲食をしないようにします。

あなたの歯磨き、間違っていない?


 

正しい歯磨きの方法は?

じゃあ、どういう歯磨きの方法が正しいのかというと、たとえば、以下が正しい歯磨きの方法です。


  • 歯ブラシは水でぬらさない
  • 歯ブラシは鉛筆を持つように握り、ブラシの先が広がらないくらいの強さで磨く
  • フッ素入りの歯磨き粉も検討してみる
  • 歯磨き後30分は飲食しない
  •  
日本人の多くは歯磨きの方法を間違えてる!?大人のマナーとして知っておきたい正しい歯磨きの方法
 

寝る前の歯磨きが1日のうちで一番大事!

 
最初の方で、虫歯を防ぐには唾液の分泌が大事とお話しました。
ただ、その唾液は、私たちが眠っている夜にはあまり分泌されません。

 

だから、唾液の威力が弱まる夜が、一番虫歯になりやすいタイミングなんですね。

そのため、寝る前の歯磨きは大切にしましょう。
寝る前にしっかり歯磨きをして、プラーク(歯垢)を落としておけば、虫歯の危険はある程度防げます。

また、寝る前の歯磨きには、いつもの歯磨きにプラスして、「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」を使い、歯と歯の間のプラーク(歯垢)を丁寧に落としましょう。

日本人の多くは歯磨きの方法を間違えてる!?大人のマナーとして知っておきたい正しい歯磨きの方法

虫歯になりやすい人は、歯磨きの方法を少し見直して、「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」を使って、虫歯にならないようなお口のなかの環境づくりが大切だと思います。


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。