お口のニオイ、気になりませんか?

お口のニオイ、気になりませんか?

もしかして、口臭がひどい?口の臭いが出会いや仕事を遠ざけているとしたら、出世やいい出会いにも影響してしまいます。そこでお口のニオイについて取り上げてみました。

口臭の原因の9割はこれ

 では口臭の原因となるのは、どんなことでしょうか。それには大別 すると、生理的口臭と病的口臭とがあります。

生理的口臭とは

 自然な口の臭いのほかに、食べ物やタバコ、アルコールなどによって生じる臭いが生理的口臭です。食べ物のなかでも、口臭の原因となりやすいのはニンニクとネギ、ニラ、ラッキョウなど。とくにニンニクは腸から吸収された成分が血液中に入り、体中を回って肺から息として吐き出されるため、いつまでも臭いが残ります。またアルコールも本人にはわかりにくいのですが、強い臭いが漂います。
 自分の口臭を感じたとき、ニンニクの入った料理やアルコールの影響が残っていないかどうか、まず考えてみましょう。ニンニクやアルコールの臭い解消には、牛乳が効果的なので試してみてください。梅干やレモンにも、食べ物の臭いを薄める効果があります。もちろん歯磨きも忘れずに。

病的口臭とは

 病的な口臭には、次のようなものがあります。
● 口の病気"虫歯、歯周病、口内炎など。 
● 鼻やノドの病気"蓄膿症や扁桃炎、アデノイドなど。 
● 胃腸の病気"胃炎や胃拡張など。この関連で、舌に白いコケのようなもの(舌苔)が増え、それが臭いを発することがあります。舌苔をとる専門の用具もありますが、歯ブラシで軽くこするだけでも臭いはかなりとれます。 
● 呼吸器の病気"慢性気管支炎など。 
● その他"糖尿病や肝臓病、腎不全、がんなど。 
 こうした病気のなかでも、もっとも口臭の原因となりやすいのは、虫歯と歯周病です。じつは慢性的な口臭の原因の9割は虫歯と歯周病といわれるほど。つまり口臭を気にするなら、虫歯と歯周病を防ぐためのオーラルケアこそがもっとも重要なのです。そこでこの2つについて、くわしくみていきましょう。

口臭の原因は?オーラルケアしていますか?
実は口臭の原因は、虫歯と歯周病だったんです!

歯周病と虫歯には特に注意してください!

3.病的口臭の治療

病的口臭としての主な原因疾患としては、歯周病と大きな虫歯が挙げられます。

3-1.歯周病治療で口臭予防

歯周病の原因菌の多くが、歯周ポケットに潜んで、唾液、血液あるいは食べカスに含まれるタンパク質などを分解して口臭を発生します。詳しくは「歯周ポケットは口臭や歯周病の始まり/歯周ポケット改善方法」を参考にしてください。

解消法

歯周病はほとんど痛みもなく進行していきます。したがって、何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されるようになったら、一度歯科医院を受診して歯周病の検査を受け、治療を受けましょう。

3-2.虫歯治療で口臭予防

虫歯が進行して歯にポッカリ開いてしまった大穴に食べカスは詰まりやすくなり、このような部分は歯磨きをしてもなかなかうまく磨くことができないため、口腔内の細菌が発酵して口臭を放ちます。詳しくは「虫歯の全てを解決/歯ブラシだけでは防げない」を参考にしてください。

解消法

たとえ一時的にマウスウォッシュなどを使ってニオイが消えたように感じても、原因である虫歯を治療していなければ焼け石に水です。心当たりがある方は、是非1度かかりつけの歯医者さんで検診を受け、適切な治療を開始してください。


意外と知らない?口臭の本当の原因と適切な対処法
他にも、口臭の原因はありますが、虫歯ももちろんですが、自覚症状のない歯周病はもっと怖い病気です。ひどい口臭を指摘されたら、他の原因も含めて、虫歯や歯周病といった病気にも注目したほうがいいでしょう。

虫歯予防は必須!

寝る前の歯磨きを忘れずに

 虫歯の予防には、当然のことですが歯磨きが基本になります。朝・昼・晩の食事のあとに歯磨きをするのが原則ですが、仕事などで日中はできない人でも、朝晩はかならず歯磨きをしましょう。
 とりわけ睡眠中には唾液の分泌量が減るため、細菌が繁殖しやすくなります(起床時に口臭がするのはこのため)。ですから寝る前の歯磨きはしっかりとしておくことが大切です。
 歯磨きの仕方には、歯ブラシをローリングさせながら磨く方法や、歯の並びや歯間に沿って縦方向に磨く方法など、いろいろあります。基本は、歯(表裏)の1本1本と、歯間をきちんと磨くこと。強くこすると歯肉をいためるので、歯ブラシは軽く当て、細かく動かします。磨き方がよくわからないという人は、歯科で指導してもらいましょう。

歯間のプラークを除去する

画像

 20代からは歯肉が少しずつ後退するため、歯と歯のすきまが広がり、そこに食べカスがつまりやすくなります。食べカスを栄養源としてプラークができ、それが口臭や虫歯の原因となりかねません。
 歯と歯のあいだの食べカスやプラークは、歯ブラシだけではなかなかとれません。デンタルフロスや歯間ブラシを使って、毎日こまめに落とすことが予防のポイントです。デンタルフロスで歯間のプラークをとったら、その臭いをかいでみてください。口臭の原因となっていることが、よくわかるはずです。
 デンタルフロスを上手に使うには、一度歯科で指導してもらうといいでしょう。
口臭の原因は?オーラルケアしていますか?

歯周病予防は?

自分でチェックしましょう

次のような症状があったら、歯周病の可能性があります。
● 冷たい物や冷たい空気が歯にしみる
歯肉が後退し、歯の神経が刺激されるために起こる症状で、歯周病の初期によくみられます。 
● 歯石ができている
プラークがかたまって歯石になると、歯周ポケットが広がり、歯肉の奥へと炎症が進みやすくなります。とくに奥歯は唾液による抗菌作用を受けにくいため、歯石ができると炎症を起こしやすい傾向があります。 
● 歯肉が赤黒くなっているところがある
健康的な歯肉はピンク色をしていますが、炎症が起こると赤黒く変色してきます。 
● 歯磨きのときやリンゴのような固いものをかじると出血しやすい
歯肉の炎症が進むと、歯磨きの刺激や食べたときの圧力などで、出血しやすくなります。 
● 指で歯肉を押すとブヨブヨしている
指で軽く押してみて、弾力性がなくブヨブヨしていたり、ウミ状の液などが出てくるときは、かなり進行しています。こうした状態だと、口臭も強くなりがちです。 
● 歯がグラグラしている
歯を支える歯根膜や歯槽骨がダメージを受けている可能性が高く、早く治療する必要があります。 

歯周病のケアには

 歯周病は軽いうちなら、ブラッシングやマッサージで悪化を防ぐことができます。まず歯磨き(ブラッシング)のときには、歯の表面だけでなく、歯周ポケットや歯間にたまった食べカスやプラークなどをとるつもりで、歯ブラシを細かく動かします。
 歯と歯のあいだは磨き残しをしやすいので、虫歯ケアと同様に、デンタルフロスや歯間ブラシも併用して、プラークをしっかりとること(プラークコントロール)が大切です。
 歯肉に弾力性がないという人には、マッサージも効果的です。歯肉マッサージ用の歯ブラシなどで、毎日やさしくマッサージをしましょう。
 歯肉は年齢とともに少しずつ弾力性がなくなり、後退していきます。すると歯周ポケットが広がって、プラークもたまりやすくなってしまいます。マッサージを続けることで歯肉が引き締まり、歯周ポケットを小さくすることができます。
口臭の原因は?オーラルケアしていますか?

歯医者さんで歯石除去をお願いしましょう!

 プラークは歯ブラシやデンタルフロスなどで除去できますが、こびりついた歯石は自分ではきれいにとれません。スケーラー(歯石を削る器具)で削ると、歯の表面もなめらかになり、歯石がつきにくくなります。ただし自分では、なかなか均一に削ることができません。歯石が多い人や、歯石のつきやすい歯質の人は、できれば数ヵ月に一度くらいのペースで歯科に行き、ポリッシング(歯石除去)をしてもらいましょう。
口臭の原因は?オーラルケアしていますか?


 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。