虫歯で削らなくてもすり減っていく歯の不思議

虫歯で削らなくてもすり減っていく歯の不思議

虫歯はないけれど、歯ぎしりがひどかったり、歯をくいしばるような力の必要な仕事・スポーツをしている人や、食べ物・飲料により、歯が少しずつすり減っていく場合があります。病気ではありませんが、その原因や対策を知っておいてください。
 

心当たりありませんか?こんな症状

私たち歯医者も、お口の中をよく見たり、レントゲンを撮って虫歯を探します。ところが虫歯がない、ということも珍しいことではありません。それでは、なぜ痛みが起きたのでしょうか?
そんな経験のある方は、歯が痛くなるくらい強い力で歯ぎしりをしたり、噛みしめたりしている可能性があります。

自分は歯ぎしりなどしていないので関係ないと思われている方は、鏡でご自分の歯をよくご覧下さい。
右の写真の左の前歯のように先端が非常に直線的になっている歯はありませんか?

 

 

もしあれば、右の写真のようにその歯が上下で先端どうしで当たるまで、下の歯を前の方にずらしてみて下さい。そこで上下の歯がぴったりと合う所があるでしょう。これは、夜寝ている間にそのような動きをして歯がすり減ってしまったのです。
その噛み方はとても無理な力が顎にかかるので、そんな噛み方をしないのではと思われるかもしれません。
そのような方は、顎の筋肉が疲れることはありませんか?顎の関節が痛くなったり、お口を開けるときに音がしませんか?下顎の骨格が張った形をしていませんか?頭痛にお悩みではありませんか?また、原因不明の歯の痛みを経験したことはありませんか?

歯ぎしりの不思議
 

このような症状はみな、夜眠っている間に歯ぎしりをしているせいかもしれないのです。
この写真の奥歯も上下で当たっているのを見て下さい。このように下の歯を前や横にずらしたときに奥歯が当たると、歯にとって大きな負担となって奥歯に痛みが感じられる場合があるのです。
重度の歯周病が進行したり、中には歯が折れてしまうこともあります。

 


この方は、非常に強い力で歯ぎしりしています。前歯もすり減っていますし、このように奥歯の根元が欠けるのも歯ぎしりや強いかみしめの特徴です。

奥歯のかむ面もすり減って凹凸はなくなり、中の色の濃い層が露出しています。
根の先まで割れてしまった歯もありました。

歯ぎしりの不思議

炭酸飲料も歯を減らす原因?

炭酸飲料で骨や歯は溶けるって本当?

image2

「炭酸飲料を飲むと骨に影響があるの?」
炭酸を飲むと、炭酸に含まれている糖分を分解するために「カルシウム」が使われます。
すると、血中のカルシウムが不足すると、骨から随時補給されます。
そのしくみから、「骨のなかのカルシウムが減る」→「骨が弱る」。

上記の体内の仕組みから、だんだん「炭酸」を飲むと「骨」が溶けると思われるようになりました。

「炭酸飲料を飲み過ぎると歯は?」
“歯”の主成分はリン酸カルシウムとリン酸マグネシウムです。
炭酸飲料、特にコーラの酸の影響で、摂り過ぎるとリン酸カルシウムが減少、分解される可能性は大きいです。
エナメル質に影響を及ぼすとは言われています。というのはコーラについては、ph.が2.2となっており、摂り過ぎると実際溶けてしまうのです。
ただ!人間には修復機能がそもそも備わっている為、唾液に含まれている「カルシウム」によって再度溶けだしたエナメル質を元に戻す力はあります(*^_^*)

とはいえ「飲み過ぎ」にはやはり注意しましょう♪
炭酸飲料の飲み過ぎで骨や歯が溶けるって本当ッ?!噂の真相は??
実際には、直接的な歯のすり減りの原因にはなっていません。
しかし、炭酸飲料の飲みすぎは、別の病気の原因になってしまいます。

歯ぎしりやスポーツ選手、老化現象も要注意!

個人的には一番気をつけたい歯のすり減りの原因といえば、やはり睡眠中に歯を擦り合わせる「歯ぎしり」や物事に集中しているときの無意識の噛み締めですね。

これらはストレスが大きく関わっていて、忙しい毎日を送られている方やストレスの発散が上手くいっていないのであれば自分なりのストレス解消法を見つけることが大切です。

ちなみに自分が睡眠中に歯ぎしりしているのかわからないという人は、

・奥歯のかみ合わせ部分すり減っている
・舌に歯型が付いている
・頬の内側に噛んだような跡がある
・朝起きるとアゴがダルイ

などが当てはまる場合には睡眠中に噛み締めている危険があるのですぐに対策を始めましょうね。


そして最後の歯がすり減る原因は・・・「歯磨き」です。

お口のトラブル予防の基本中の基本であるブラッシングで歯がすり減ってしまうというのもなんとも悲しいことですが、固いエナメル質とはいえ強い力や研磨力のある歯磨き粉を使用して歯を磨くとだんだんとすり減ってしまいます。

さらに歯茎が下がってしまい歯の根元が露出したところで、強いブラッシングを重ねると根本の弱い部分がくさび状にすり減ってしまうので注意が必要です。

このブラッシングでの歯のすり減りは「くさび状欠損」といい、ブラッシングだけでなく強い噛み締めの圧力でも起こるのでお気をつけください。

というわけで歯に対して「普段よりも強く無理な力をかける」ということがすり減りの原因ということになりますね。
 
歯が削れてしまう原因とは?
歯ぎしりや無意識の歯のくいしばりによって、歯がすり減ってしまったり、顎に負担がかかりすぎてしまい、痛みが出てしまっている方が多くいらっしゃる事をご存知でしょうか。

朝起きると顎がだるい・・・とか、口が開きづらい・・・などという症状が有る方は寝ている間に歯を食いしばっていたり、歯ぎしりをしている可能性大です。

また、仕事中、何かに集中している時、例えば、パソコンに向かっている時や、書類をチェックしているときなど、無意識にくいしばっていることが多いと言われています。

仕事中ならまだしも、大好きな趣味の最中に、たとえば、絵を描いたり読書をしたり、映画を見たり、そんなリラックスタイムにまで無意識に歯をギリギリしてしまう方もいますので、そんな方は仕事や寝ている時だけでなく四六時中歯に負担をかけていることになります。
歯のすり減り・痛みの原因は歯ぎしりやくいしばり
歯がすり減る原因もたくさんあって、全てに対処するのではなく、順番に対処していきましょう。

大切な歯を減らさないために

6.歯ぎしりの治療方法

6-1.マウスピースによる治療方法

歯ぎしりは原因が不明なために治療を行なっても確実に止めることはできません。しかし、そのままでは歯や顎に悪い影響を及ぼすためマウスピースによって守る必要があります。マウスピースは人工のものなので削れてしまっても作り直すことができますが、歯や神経を失ってしまうと元に戻すことはできないのです。詳しくは「歯ぎしりによって起こる怖い出来事/マウスピースがあなたの歯を守ってくれる」を参考にしてください。

6-2.噛み合わせの治療方法

噛み合わせが悪い=歯ぎしりではありませんが、正しい噛み合わせにすることは重要です。抜いた歯や治療途中の歯、痛い歯などは治すことによって、左右両方で噛める噛み合わせにします。

6-3.矯正治療

歯並びが綺麗な方も歯ぎしりをする方もいるので、確実に矯正治療をしたからといって歯ぎしりが止まる訳ではありません。しかし、矯正治療後歯ぎしりや顎の痛みが軽減する方は多く、矯正治療も有効な手段の一つです。

6-4.ボツリヌス菌

無毒化したボツリヌス菌を緊張した筋肉に入れ、筋肉の動きを止めます。これは顔のシワを取るために使われているものを歯ぎしりの筋肉に応用したもので注射で入れ3か月くらいもつと言われています。

6-5.自己暗示療法

癖を取るように日中意識のある時から歯と歯を合わせないように意識し、寝る前にも暗示をかけて歯ぎしりしないようにします。意識し続けることによって、習慣化していた歯ぎしりが減ってきます。

6-6.口の周りのマッサージ

緊張している筋肉の凝りをほぐし、口の周りの筋肉をリラックスさせます。筋肉の張りを取ることによって小顔にもなります。

気づかない歯ぎしりで日本人の70%は歯を悪くしている
歯ぎしりによる歯のすり減りを放置すると、体にさまざまな変調をきたします。早めの治療・対策を行うことが大切です。
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。