歯磨きの理想的な回数って知ってますか?

歯磨きの理想的な回数って知ってますか?


毎年、6月4~10日は 歯の衛生週間です。年に一度とは言わずに、毎日毎時間歯のことや歯磨き、虫歯のことについて考えてみませんか?
 

6月4~10日は 歯の衛生週間

6月4日は6(む)と4(し)の語呂合わせで、「むし歯予防の日」と言われています。

また、6月4~10日までの1週間は、厚生労働省・文部科学省・日本歯科協会などが「歯の衛生週間」を実施しています。

日本は、日本人男性の平均寿命は78歳、女性は85歳と、世界一の長寿大国です。

しかし、残念ながら、歯の寿命は50~60歳代で、高齢になるに従って、歯を失う人が多いのが現状です。
 
けれども、日頃から歯磨きなどの口腔ケアをしっかり行っていれば、歯の寿命をもっと延ばすことができます。

最近では、80歳まで20本の自分の歯を持とうという「8020運動」も提唱されています。

「歯の衛生週間」をきっかけに、歯を長生きさせるための口腔ケアを実践する習慣を身につけましょう。



6月4~10日は 歯の衛生週間

基本は食事に合わせて一日3回?

1日3回が理想

結論から言いますと、1日3回ぐらいが理想だと言われています。

朝・昼・晩、全ての食後に歯を磨けばそれで3回になりますので、理想的な回数に近づけることが出来ます。

その中でも特に寝る前の歯磨きは大切だと言われています。

起床時の歯磨き

理由として、寝る前は細菌の増殖を抑える唾液の分泌量が通常時に比べて減少します。

その結果、寝ている間に細菌が増殖し、寝る前に歯を磨いていないと、虫歯や口臭、歯の汚れの原因になるということです。

その流れで、起床後の歯磨きも重要になってきます。

就寝時に増殖した細菌を除去しないといけませんので、起床後の歯磨きも非常に重要になってきます。

また、朝の歯磨きは人としてのエチケットとしては基本のことですので、絶対に磨くようにしましょう。



1日の歯磨きの回数は何回が正しいのか?

回数よりも虫歯ができない磨き方を心がける!

1.歯医者がやっている虫歯ができない歯磨き方法時間回数タイミング

1−1.歯医者がやっている歯磨き法 スクラビング法

歯医者は主にスクラビング法といって歯ブラシを歯に直角に当てて磨きます。虫歯予防にはスクラビング法が最も歯垢が効率的に落ちる方法です。また、一番奥の歯やデコボコしている部分、歯茎が下がっている部分は歯ブラシを縦に入れたり、斜めに入れたりして磨いています。

1−2.歯医者はデンタルフロスは欠かせない

歯医者は毎日虫歯の治療をしているので、虫歯の多くがどこにできるかを知っています。実は虫歯の90%は歯と歯の間からできているのです。そして歯と歯の間は歯ブラシでは磨けず、デンタルフロスを使わなければ虫歯の原因である歯垢を落とすことができないのです。そのため歯医者はデンタルフロスを毎日使って、虫歯にしないようにしているのです。

1−3.歯医者がやっている歯磨きの平均時間15分

歯医者は虫歯の原因である歯垢を落とすのには、歯ブラシでこすり落とさなければいけないことを知っています。歯垢は歯にベトベトと粘りついているため、歯の面に歯ブラシがしっかり当たり、10回ほど磨かないと落ちないのです。そのため全ての歯垢を落とすのに歯磨きのプロの歯医者でも15分程度かけて落としているのです。

1−4.歯医者がやっている歯磨きは2、3回

歯医者は虫歯菌がタンパク質や糖を分解して歯を溶かす酸を作ることを知っています。そのため食後に磨くことによって虫歯菌が増える前に擦り落としてしまいます。また、虫歯の多くは唾液が減る寝ている時に作られるため、寝る前には特にしっかり磨きます。

1−5.歯医者がやっている歯磨きのタイミング

歯医者は唾液の力によって虫歯菌の出した酸が中和されることを知っています。歯は虫歯菌の出した酸によって溶かされ、虫歯になります。そのため歯磨きは食後すぐではなく、唾液が酸を中和した後の30分後くらいに磨くのです。しかし、唾液の中和する力が弱い方は食後すぐ磨いた方が虫歯ができにくいのです。

2.歯医者が行っている歯磨き方法

2−1.テレビを見ながら磨いている

歯医者は歯磨きの時に洗面台に向かって磨くのではな、テレビを見たり、お風呂に入りながら磨いています。15分もの間、歯磨きのために洗面台に立っているのは意外に苦痛です。テレビを見ながら歯を磨けば15分なんて意外にすぐ経ってしまうものです。

2−2.磨く順番を決めている

毎回同じ順番で磨いていきます。他のことをやりながら磨いているとどこまで磨いたのか忘れてしまうことがあります。磨き残しを防ぐために毎回決まった順番で磨くようにします。

2−3.磨き残しを舌で確認しながら磨いている

きれいに磨けているところは歯の表面がツルツルしています。歯垢が残っているところは舌で触るとヌルヌルしています。舌で歯の表面を確認しながら歯を磨いていきます。また、舌の感覚がわかりにくい人は歯垢染色剤を使って、自分がいつもどこに磨き残しがあるか確認しながら磨くと効果的です。

3.歯医者がやっている歯ブラシの当て方

3−1.歯と歯ブラシが直角に当たる

歯と歯ブラシが直角に当たるようにして磨きます。歯ブラシを大きく動かさずに毛先がしなる程度に15回から20回程度動かします。1〜2本程度を磨きながら、順番を決めてずらしていきます。詳しくは「虫歯や歯周病を徹底的に防ぐ「歯磨き力」をつける6の秘訣」を参考にしてください。

DSC_0005

 

3−2.奥歯は斜めに入れる

奥歯など歯ブラシが届きにくいところは、斜めに入れたり、縦に入れたりして歯ブラシの毛先が当たっていることを確認しながら歯を磨きます。

 

DSC_0013

 

3−3.おすすめの歯ブラシ ペンフィット

全国の歯科衛生士のアイディアを集めて作られた歯ブラシです。ヘッドが非常に小さく細かいところに届きます。毛先も細く歯と歯茎の間にも毛先が届き長いネックなので奥歯まで届きやすく握りやすい持ち手になっています。価格は270円、通販等で購入可能です。

P1000675 



歯医者がやっている虫歯ができない歯磨き方法時間回数タイミング

歯磨き粉や電動歯ブラシ、デンタルフロスをうまく活用!

 

5.歯医者が行っている歯磨き粉の使い方

歯磨きの中には石鹸と同じように汚れを落ちやすくする成分や歯を強くする成分でもあるフッ素が含まれています。そのため歯医者はたっぷり目に歯磨き粉を使って歯を磨いています。また、歯医者によっては1回目は歯磨き粉を使わずに磨き、2回目に歯磨き粉を塗りこむように使う方もいます。歯磨き粉が苦手な方は歯磨き後にフッ素の洗口剤を使って、歯を強化することをお勧めします。詳しくは「汚れを取るだけじゃない?歯磨き粉の最も効果的な使い方」を参考にしてください。

5−1.歯磨き粉の量は1cm程度

歯磨き粉は歯ブラシに1cm程度のせた状態で歯磨きをしてください。歯磨き粉を使った方が歯垢は取れやすいです。歯磨き粉が苦手な方は歯磨き粉をつけずに磨いて、最後にフッ素洗口を行うと効果的です。

DSC_0859



歯医者がやっている虫歯ができない歯磨き方法時間回数タイミング
 

6.歯医者の多くは電動歯ブラシではなく普通の歯ブラシを使っている

電動歯ブラシを買って使っている時はいいのですが、電化製品のため壊れてしまうことがあります。定期的に買い換える必要もあり、面倒なことも多いのです。多くの歯医者は電動歯ブラシではなく、普通の歯ブラシを使っている方が多いのです。詳しくは「電動歯ブラシで効果的に歯垢を取る6つの使い方とおすすめランキング」を参考にしてください。



歯医者がやっている虫歯ができない歯磨き方法時間回数タイミング
 

4.歯医者が行っているデンタルフロスのやり方

デンタルフロスは糸を歯と歯の間を通して、歯の根元から歯垢を4、5回かきあげるように行います。奥歯も含め、全ての歯と歯の間を磨いていきます。慣れれば簡単ですが、難しい方は糸ようじなどを使うと効果的に歯垢を落とすことができます。詳しくは「歯医者は絶対やっている!デンタルフロスで虫歯や歯周病を防ぐ方法」を参考にしてください。

DSC_0763.jpgフロス (2)



歯医者がやっている虫歯ができない歯磨き方法時間回数タイミング


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。