いい歯医者さんに出会うには?

いい歯医者さんに出会うには?


歯医者さんにこだわっていますか?いい歯医者さんに出会うにはどのような点に気を付ければいいでしょうか?
あなたも、一生付き合える歯医者さんを見つけて、定期的に健診を受けましょう。
 

街のなかでも大変数の多い歯医者さん

 

全国の歯医者さんの数、皆さんご存知ですか?

コンビニの数より多いって聞いたことある方もいらっしゃるかと思いますが、平成24年現在で、

歯科医院数 68,453件 
コンビニ数 45,307件 

コンビニの約1.5倍の数と言われてます。


ちなみに、都道府県でどこが最も歯医者さんの数が多いと思いますか?



そうです、東京ですね。全国歯科医院件数の多い順はこんな感じでした。

1位 東京都 10,603件
2位 大阪府   5,471件
3位 神奈川県  4,905件
4位 愛知県   3,671件
5位    埼玉県      3,441件


東京が圧倒的に多いですね~

これでは歯医者さん選びも一苦労ですよね。


ちなみに、最も少なかったところは、鳥取県で、262件でした。

安西梨奈の My Life My Teeth
  たくさんあるからこそ、いい歯医者さん選びが重要になってきます。

   

歯医者さん選びのポイント!

 

1-1受付の対応が良いのは必須条件(重要度★★★)

どの業種でも同じですが、しっかりとした対応出来る受付は気持ちが良いですよね。忙しくて余裕がない、スタッフがイライラしている医院は、患者にとっては不快感でしかありません。治療だけでなく、スタッフ教育まで力を入れている歯医者さんは良いです。

来院した事がない歯医者さんであれば、まず一度お電話してみて、対応を確認してみるのも良いでしょう。あまりにも長いお電話は、迷惑になってしまうので、そちらは十分に配慮してください。

1-2事前に十分な説明をしてくれるか(重要度★★★)

治療前の説明は重要です。そもそも治療を行う前に、説明がなかったら不安ですよね?どのような治療をするのか、あなたがどのような状態なのかを説明する事は、患者の事を考えているからこそ説明するのです。

例えば、定期健診で歯医者さんに行ったときに、何も言わずに歯を削られて、「虫歯がありましたので、治療しておきました」と言われたら嫌ですよね。コミュニケーションを取れる歯医者であれば、予算や期間などの相談も気軽にする事ができて、事前にカウンセリングの十分な時間を確保してくれる医院もあります。

しかし、行った事のない歯医者さんであれば、説明してくれるのかがわかりません。その際には、歯医者さんのHPを検索してもらい、チェックしてみるのも良いでしょう。また、治療を受ける前に、どんな先生なのかを知る事ができるサイトもあります。

関東であれば「東京ドクターズ」こちらを参考にしてみて下さい。

全国の歯医者さん検索では「EPARK歯科」を参考にしてみて下さい。

1-3院内が清潔で、衛生面が管理されている(重要度★★)

治療を行う場所は、衛生面の管理が重要です。治療器具の消毒はもちろんのことですが、トイレや待合室の掃除がしっかりされていると気分も良いですよね。特にトイレなどは気を抜いてしまう医院が多く、掃除用具が見える位置に置いてあったりします。

院内の様子は、治療方針を見る時と同様に、HPに写真を載せている医院が多いです。また、院内を360度撮影出来る写真(グーグルインドアビュー)が導入されている医院だと、院内が鮮明にわかりますので、治療するイメージが出来ると思います。

1-4予防歯科に力を入れている(重要度★★)

最も重要な事は、治療する事よりも虫歯にならない事です。例えば、虫歯治療で完治した後に、予防が出来ていなければ、再び虫歯になってしまい、歯を治療することになります。良い歯医者さんは、虫歯になったところだけを治療すればよいというわけではなく、口内全体、体全体のことを考えて治療してくれます。

なので、患者さんが同じ痛い思いをしないように、歯医者さんでクリーニングやフッ素塗布、自宅ではデンタルフロスやブラッシング指導を行ってくれます。そのような考え方の先生は良い先生と言えるでしょう。

1-5ルーペを使用している(重要度★)

ルーペの使用ルーペを使う事によって、肉眼では発見が難しい虫歯を見つける事が出来ます。昔から肉眼で治療をしている先生で、自信を持っている先生もいらっしゃると思いますが、衛生士さんが始めてルーペを使って歯石取りなどをすると、全く違うように見えるそうです。

また、クリーニング時に治療器具が歯周ポケットに入る様子がしっかりとわかるので、患者さんに痛みを与えないように治療が出来ます。

1-6マイクロスコープで治療する事ができる(重要度★)

マイクロスコープで治療マイクロスコープを使用することで、肉眼では発見できない小さな虫歯を見つける事が可能です。正確に診断する事ができ、リアルタイムでモニターに映像を映し出すことも可能です。

しかし、日本の歯科で導入している医院は数パーセントと少ないです。理由は、マイクロスコープが高価な事と、保険診療で使われる事が少ないので、保険内の治療を望む患者さんに需要が無いからです。

 

1-7ラバーダムを使用している(重要度★)

ラバーダムの使用ラバーダムを使用すると治療が精密になり、治療中の唾液や細菌を防ぎます。ラバーダムは患者さんにとっても治療が楽になり、感染予防の役割もあり、使用した方が良いです。

しかし、使用している医院は少なく、1枚あたり100円程度費用が掛かるのですが、医院にとっては利益にならないので赤字覚悟で使用しなければなりません。普段の治療では使わずに、治療内容によっては使用する医院もあります。
歯医者さん選びにこだわるならこちら



選び方で失敗したくない…良い歯医者さんを選ぶポイント6選
細かい部分にまで気配りのできる歯医者さんかどうかは、口コミ情報も参考にしてください。

 

いい歯医者さんはこんなところが優れている!

 

1.治療内容や質問に対して、しっかりと説明してくれる
良い歯医者さんの条件として、最も重要で分かりやすいものです。
これが最も重要な判断基準となる理由は、次の通りです。
  1. 説明をしっかりと行う時間がないと言う場合には、当然治療をしっかりと行う時間があるのかどうかもあやしい。治療時間を短縮するため、適当な治療となる可能性が高くなる。
  2. 良い治療を行うためには、患者さんの協力を得ることが絶対に必要。そのため、良い治療を行おうと思ったら、必然的に患者さんに治療内容を説明する時間が長くなる。
  3. 患者さんが質問したら怒り出すような歯医者や、専門用語を連発して煙にまこうとする歯医者は論外。質問に答えられるだけの知識がないという可能性もある。



2.これまでの治療実績
次に参考になると思われるものは、その歯医者さんの治療実績=経験です。

治療実績というのは、例えば今までに何人の矯正治療をしたことがあるとか、何本のインプラントを埋入してそれが何年持っているのか・・・というようなことです。

たとえ年輩の歯医者さんでも、これらの治療を1度もしたことがない、または最近始めたばかりだというのでは治療実績があるとは言えません。

治療実績に関しては歯医者さんに直接聞くか、歯科医院のホームページなどに書いてある場合もありますので、それらを参考にすると良いでしょう。



3.専門医(認定医)・指導医
専門医、指導医というのは、学会が認定します。認定条件は各学会ごとに異なりますが、ほとんどの場合技術をしっかりと評価している訳ではありません。

しかし、専門医や指導医を持っていればある程度の勉強をしているという確率は高くなります。

特に、指導医になるためにはかなり様々な条件を満たさなければならないので、その分野(日本歯周病学会指導医なら歯周病に関して)の深い見識がある可能性は高くなります。

⇒参考:「専門医・認定医の裏」



4.従業員の態度
本当に患者さんのことを真剣に考えている歯科医院は、受付や衛生士などの従業員教育もしっかりと出来ているものです。

また、従業員の態度には少なからず院長の考え方が反映されていますので、従業員の応対を見ることでそこの歯科医院のスタンスをうかがい知ることができます。


 
良い歯医者さんを見極めるためには、上記のようなポイントに注目してみると判断がしやすくなるのではないでしょうか?

次に、良い歯医者さんを見極めるためのポイントにはならないものと思われるものを挙げてみたいと思います。

NEXT⇒良い歯医者さんを見極めるためのポイントにはならないもの
BACK⇒歯医者さんが考える、技術的に優れた歯医者の条件とは?


良い歯医者さんを見極めるためのポイント

いい歯医者さんに出会いたいときは、客観的な情報により、総合的に判断するようにしましょう。
世の中には、たくさんの歯医者さんがありますので、お近くにも必ず自分に合った歯医者さんがあるはずです。


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 

ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。