歯医者さんで歯を抜くケースって?

歯医者さんで歯を抜くケースって?


歯医者さんへ行って、歯を抜かなければならないケースがあります。ひどい虫歯でも親不知でも歯を抜くことがあります。
「抜歯」と呼んでいますが、なぜ歯を抜かなければならないのでしょうか?

歯医者さんで歯を抜くことを「抜歯」といいます!

 

抜歯

名称 抜歯 読み方 ばっし

親知らずや、虫歯になり治療が困難になった歯牙を人為的な手法を使って抜く行為をいいます。
現在は、麻酔技術の発達によって、患者が痛みを感じることを最小限にとどめることが可能です。麻酔技術が発達していなかった時代では、非常に痛みを伴う治療法でした。

歯科医療の分類では、萌出した歯を抜くばかりではなく、現時点で埋伏している歯を取り除くことも含まれています。
一般的な抜歯と異なり、状況によっては、歯茎を切開して抜歯を行うこともあります。
ただし、現在の歯科治療においては、出来る限り歯を残すような治療方法を取られることが多くなっています。

親知らずの場合には、一般的な抜歯と異なります。
具体的には歯茎を切開したり、歯牙を削るなどして抜歯することが必要となります。

抜歯後は痛みを伴うこともあるため、医師の指示に従って、適切な治療・場合によっては痛み止めが必要です。
海外では、全身麻酔で抜歯を行うことがあります。



クリア歯科 東京院HP 歯科用語集

なぜ抜歯をするの?

抜歯が必要になるのはどんなとき?

歯は失ってしまったら二度と元には戻りません。そのため、歯科医師としては「なるべく抜歯をしない方法」を最優先に考えますが、歯を残すことが「正解」にはならないと判断されるケースでは、残念ながら抜歯を選択することになります。

抜歯が必要と判断されるケース

1 重度の歯周病がある
進行した歯周病によって歯ぐきや顎の骨などが大きなダメージを受け、歯を支えられない場合には抜歯を行います。
2 重度のむし歯がある
根管治療でも対応できないぐらい歯の大部分が失われている場合には、抜歯をすることになります。
3 咬み合わせの乱れが激しい
矯正治療でも改善できないくらい咬み合わせが乱れており、周囲の歯に悪影響を与えている場合には、歯を抜くことがあります。
4 歯根部分まで大きく割れて(欠けて)いる
歯根まで大きく割れたり欠けたりしていると、そこから細菌が入ってしまうリスクが高いので、抜歯となります。
5 治療を行っても改善がみられない場合
抜歯以外のさまざまな治療を行っても改善がみられない場合に、最後の手段として抜歯を行います。

やむを得ず抜歯を行った場合には、補綴(ほてつ)治療によって歯の機能を回復させます。「大倉山歯科」では、インプラント治療と入れ歯治療に対応しています。

インプラント治療

入れ歯治療

悪い歯を残しておくとなぜよくないのか?

抜歯すべき歯を無理に残しておくことによって、周囲の健康な歯を失うリスクを高めたり、全身に悪影響を及ぼしたりすることがあります。私たち歯科医師の使命は、健康な歯を維持するために注力すること。しかし、残すことによってそれ以外の他の健康な歯の寿命まで縮めてしまうような歯は、抜いてあげなければならないのです。

抜歯すべきか否かの判断基準は、医師や医院によってさまざま。なぜなら、口腔内環境は患者さん一人ひとりでまったく異なるからです。そのため「大倉山歯科」では、問題のある1本の歯だけでなく、お口の中全体を包括的に考えたうえで精密な診療・診断を行い、原因をふまえて治療後にまた同じ結果にならないように治療計画を立案します。

PICK UP 戦略的抜歯という考え方

「戦略的抜歯」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 戦略的抜歯とは、最終的な口腔内状況や予後のことを想定し、より理想的な状態へと導くために歯を積極的に抜歯すること。つまり、「必要ではないが抜いたほうが治療の効果を得やすい」と判断される場合に行う抜歯なのです。戦略的抜歯によって、「治療が複雑化して再治療の回数ばかり増える」といったケースを減らすことができます。

悪い歯を残してしまうと……

例えば、重度のむし歯をそのままにしてしまうと、やがて歯根が化膿し、激しい痛みを伴う「髄骨炎」「歯性病巣感染」などを引き起こしかねません。また、重度の歯周病を放置すると、健康な多くの歯がどんどん抜け落ちてしまうのです。


むし歯治療

歯周病治療


歯を抜くことには意味があります|横浜市大倉山にある歯医者

親不知も抜歯します!

親知らず抜歯のすべて/抜歯の決断から治療終了までのステップを全て公開

free

歯医者に親知らずの抜歯をすすめられて、どうしようか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。また、友達の体験談を聞いたりテレビで見たりして自分も抜いた方がいいのか気になっている方、実際にすでに親知らずの不調に困っている方もいるでしょう。 親知らずは特に下の歯が横に向いてはえていることが多く,その場合は普通にはえている歯より抜歯が難しくなります。大人の歯の抜歯は初めて!という方はなおさら心配になってしまいますよね。ですが、親知らずを残しておくと多くのデメリットがありますし、若いうちに抜いてしまった方が傷の治りもよくなります。今回は親知らずの抜歯に関するすべてのことをお話しします。ぜひ参考にしてみてください。

1.近年、親知らずが元々無い人が増加している

近年、元々親知らずが無かったり、少なかったりする方が30%います。つまり10人に3人は少なくとも1本親知らずがないということです。また、上の親知らずの方が下の親知らずに比べて無くなってしまうことが多いのです。奥歯の中でも一番奥に位置する親知らずは顎の中で作られるのが最も遅い歯であり、退化しやすい歯になっています。軟らかい食べ物を食べるようになったことで顎が細くなり、親知らずがはえるスペースがなくなるために、横向きになってしまうこともあります。

2.親知らずを抜いた方がいい理由

2-1.隣の歯を虫歯にしてしまう

親知らず親知らずが傾いて手前の歯にぶつかるように生えている場合、ぶつかっているところに汚れが溜まりやすくなり、手前の歯が虫歯になってしまうことが多くあります。この部分の治療をするためには親知らずを抜いてから処置をしなければならなくなってしまいます。

2-2.虫歯になって痛みがでる

親知らずは上下どちらも歯磨きが難しく、虫歯になってしまう可能性が高いです。ですが、歯ぐきにおおわれているので歯科検診では分かりにくくレントゲン検査が必要です。そのため虫歯が進行してから突然痛みが出て、治療が難しくなり抜歯をすることが多くなります。

2-3.歯ぐきが腫れて痛みがでる

親知らずは歯ぐきが上に覆いかぶさっていることが多く、この歯ぐきと親知らずの間に汚れがたまることで腫れて痛みがでます。覆っている歯ぐきが少なければ歯ぐきを少し切るだけですみますが、覆っている部分が広いと腫れと痛みを繰り返すので、抜歯をおすすめします。

2-4.親知らずが生えかけて痛む

親知らずが出てくる時は一番奥の歯ぐきを突き破ってでてきます。その時、汚れがたまって歯ぐきが腫れていたくなります。また、噛み合う歯の親知らずが先にでていると、親知らずを覆っている歯ぐきを噛んでしまって痛みがでます。

2-5.口臭の原因になる

親知らずは汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病のリスクが高いため、口臭の原因になります。詳しくは「親知らずが口臭の原因となる5つのメカニズムと3つの対策法」を読んでみてください。

2-6.顎や喉が痛くなる

親知らずと歯ぐきの間から細菌が顎の中に入ると化膿して痛みます。そして親知らずの腫れは喉の柔らかい組織にも広がり、喉が赤くなり何かを飲み込む時に強く痛みます。

2-7.頭痛の原因にもなる

上の親知らずの場合、親知らずの根の先が副鼻腔(頭に近い部分にある空洞)に近い部分に位置しています。根の先の感染がこの副鼻腔に広がると頭痛、鼻づまりを引き起こすことがあります。

2-8.前の歯を押して歯並びを乱す

横に傾いている親知らずはでてくる時に手前の歯を押して痛みます。また、でてくる力が手前の歯にかかり続けると離れている前歯が動いて歯並びが乱れてしまいます。



親知らず抜歯のすべて/抜歯の決断から治療終了までのステップを全て公開



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。