初めての歯のクリーニング、やってみませんか?

初めての歯のクリーニング、やってみませんか?

タバコやコーヒーをよく飲む人は、歯が黄ばんでいます。
今まで歯医者さんで歯のクリーニングを受けたことがない方は、初めての歯のクリーニングをしてみませんか?
普段の歯磨きでは解消できない汚れも、歯医者さんではしっかりと落としてくれます。
 

歯のクリーニングは定期的に!

歯のクリーニングについて

スケーリング

歯のクリーニングとは

歯のクリーニングとは、歯科医師や衛生士によって、歯の表面にこびりついた汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢(プラーク)を専用の機械や器具で取り除く治療法です。(スケーリングとも言います。)

【より歯に艶を出したい方へ】
クリーニング後のPMTC(プロフェッショナルティースクリーニング)をお勧めします。PMTCとは、フッ素が配合されたジェルやペーストを用いて、歯の表面の着色や歯垢、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を機械や器具で磨いて取り除く治療法です。歯の表面を磨いて滑らかにするため、汚れが再び付きにくくなります。クリーニングの後に、PMTCを併せて行うと、より歯に艶がでる効果も期待できます。
>>PMTC(プロフェッショナルティースクリーニング)とは

クリーニングはなぜするの?

歯の表面についた着色や、歯垢、歯石は、虫歯歯周病の原因となります。特に歯石は、歯垢が石灰化し強固に張り付いたもので、自分自身で落とすことはできません。また歯石は、軽石のようにたくさん穴が空いているため、歯垢の停滞や付着を促進させるだけでなく、歯垢が取り除きにくくなります。このような理由から自分では落としきれない歯垢や歯石は定期的に歯科医院で取り除く必要があるのです。



歯のクリーニングについて

こんな方は歯医者さんでクリーニングしてもらってください!

クリーニングはこんな方にオススメ!

■歯周病と診断された方
主に原因となっている歯石を取り除き、炎症を軽減させることができます。
■虫歯や歯周病を予防したい方
蓄積した歯垢や歯石を取り除き、虫歯や歯周病の進行を抑えます。
■お口の中をすっきりさせたい方
歯や、歯と歯茎の間の汚れを落としますので、お口がすっきりします。

クリーニングの効果

スケーラー■歯周病の改善
歯垢や歯石を取り除きますので、炎症を抑えることができます。
■虫歯や歯周病の予防
毎日のブラッシングで取り切れない汚れや細菌を落とし、虫歯や歯周病のリスクを下げることができます。
■歯本来の輝きを取り戻す
歯の表面についている汚れを取り除きますので、歯本来の輝きを戻すことができます。
※クリーニングだけで歯の変色まで改善させることはできません。白さを求める方は、併せてホワイトニングの処置が必要となることもあります。


歯のクリーニングについて

歯のクリーニングでやること

クリーニングの流れ
超音波またはエアー

クリーニング(粗)

クリーニング(細)

艶出し

コーティング

 

歯のクリーニング

自宅でできる歯のクリーニング

2.自宅でおこなうセルフクリーニング

imagesCE6K0J36

いくら定期的に歯科でクリーニングを受けていても日々のお手入れをおろそかにしていたのでは意味がありません。歯も肌や髪と同じようにキレイに保つためには毎日のお手入れも大切です。歯科で行うクリーニングのようにはいかなくてもご自身で行うセルフクリーニングで歯の健康を維持しましょう。

2-1.これが肝心!歯ブラシでのブラッシング

歯ブラシは歯の表面のエナメル質や、デリケートな歯ぐきを痛めないためにやや柔らかめの物を使用してください。たまに固い歯ブラシでガリガリ磨かないと磨いた気がしないという方もいらっしゃいますが、歯ぐきが下がり知覚過敏の原因になってしまうのでおススメはしません。歯ブラシの交換時期としては毛先が開いてきた頃や1か月に1度の交換をおススメします。詳しくは「歯医者が教えるあなたに合ったおすすめ歯ブラシ」を参考にしてください。

2-2.まさにかゆいところに手が届くタフトブラシ

タフトブラシ

タフトブラシって聞いたことがありますか?以外と知られていない歯ブラシです。日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパでは80%の人が使用している補助歯ブラシです。形は細めの柄に三角のブラシがついています。そのため「ポイントブラシ」とも呼ばれています。タフトブラシはその独特な形から普通の歯ブラシでは磨きにくいところが磨きやすくなっています。歯と歯の間の根本の部分や一番奥の歯の裏が特に磨き残しが多い部分なのでこの歯ブラシを使えば簡単に磨くことができます。当院がオススメするのは、プラウトという歯ブラシです。他のタフトブラシより歯垢除去力が抜群に良いと歯科衛生士の中では言われています。かかりつけの歯科で販売していない場合はインターネットで購入できます。

2-3.デンタルフロスで残ったプラークを落とそう

虫歯や歯周病の多くは歯と歯の間から始まります。しかし、日本ではまだ歯ブラシだけしか使っていない方が多いようです。歯ブラシでプラークが取れる割合は60%、デンタルフロスを使えば80%までプラークを取ることができます。残り20%は歯医者でのクリーニングです。詳しくは「歯医者は絶対やっている!デンタルフロスで虫歯や歯周病を防ぐ方法」を参考にしてください。

2-4.仕上げのフッ素

フッ素配合の歯磨き粉を使用した場合の虫歯予防率は、2年間の使用で20〜30%と言われています。フッ素にはプラークが作る虫歯の原因菌の働きを弱めたり歯の再石灰化を促したりする働きがあります。今市販の歯磨き粉のほとんどにフッ素が配合されているので使用をおススメします。歯磨き粉では磨いた後にゆすいで流れてしまうので歯みがきの後にジェル状のフッ素を塗るか、洗口剤でお口全体にフッ素を行きわたらせてあげるのも効果的です。

歯科で行うクリーニングと自宅で行うセルフケアの違い

  歯科で行うクリーニング 自宅で行うセルフケア
歯垢(プラーク)除去
歯石除去 ×
着色除去
料金 1回約3000円 約100円〜


歯医者で行うクリーニングの6つの疑問とセルフクリーニングの4つの手順


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。