歯がしみる!もしかして虫歯?

歯がしみる!もしかして虫歯?


歯がしみる!こんなときは、虫歯の可能性もありますが、知覚過敏やその他の歯や歯茎の病気だということも考えられます。
歯がしみるときの原因や対処法などをお伝えします。
 

 ・歯がしみるときに考えられる理由 

歯が痛い・冷たい物がしみる -一般歯科-

一般歯科

虫歯の様子

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」という症状が起こる代表的な病気は、「虫歯」です。虫歯になってしまう原因は主に4つ。「虫歯菌」「歯の性質」「糖分」「食習慣」です。この4つの原因が重なると虫歯が発生・進行しやすくなるといわれています。

虫歯になる4つの原因

1.虫歯菌(ミュータンス菌)

虫歯菌

ミュータンス菌は、生後10ヶ月から31ヶ月くらいの間にキスや口移しによって両親などから感染することがほとんど。糖分を多く摂ると菌はさらに増殖し歯面に定着して虫歯のリスクが高まります。

2.歯の性質

歯の性質

歯を形成している栄養成分の量・質などによって、人それぞれ虫歯のなりやすさは異なります。また、栄養不足や治療の繰り返しによって歯質は弱くなり、虫歯になりやすくなります。

3.糖分

糖分

ミュータンス菌は糖分を栄養にして酸を作り歯を溶かします。糖分を摂りすぎると虫歯になりやすくなります。

4.食習慣

食習慣

食後からブラッシングまでの時間が空いている、間食が多いなど、糖分が口の中にとどまっている時間が長いほど虫歯になりやすくなります。

毎日の歯みがきや食習慣の見直し、定期的に受ける歯科医院での検診で、虫歯の発生を抑えられます。

「歯がしみる」のもうひとつの原因、知覚過敏

知覚過敏

虫歯ではないのに「歯がしみる」のなら、“知覚過敏(ちかくかびん)”の可能性があります。知覚過敏とは冷たいものや熱いものを口にしたときなどに、しみる・痛むといった症状がでる病気。歯の表面にあるエナメル質が何らかの原因により薄くなり、歯の内側にある毛細血管を通じて刺激が伝わりやすくなることで起こります。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は以下になります。知覚過敏対応の歯磨き粉やフッ素入りの歯磨き粉を使い、正しい歯みがき方法で磨くことによって症状は緩和しますが、歯ぎしりや歯周病などが原因の場合には、その原因から改善する必要があります。

  • 長すぎる・強すぎる歯みがきによる歯の摩耗
  • 硬すぎる歯ブラシの使用による歯の摩耗
  • 歯ぎしり・噛みしめによる歯の摩耗
  • 歯周病による歯ぐきの退縮
  • 酸性の飲食物の大量摂取によるエナメル質の酸蝕(歯が溶ける)
  • 過度のホワイトニングによるエナメル質の酸蝕 など

先生からの一言

「歯がしみる」「痛い」といった症状には何かしらの原因があります。放っておいてもよくなるわけではないので、我慢せずに一度相談にお越しください。


栃木市のみずしろ歯科

・知覚過敏とは?

 

1−1.知覚過敏は冷たいものが一瞬しみる

知覚過敏(象牙質知覚過敏)は歯茎が下がり、歯の神経に近い歯の根元が出ることによって、歯の神経が過敏に反応することです。歯の根元は歯の頭の部分より弱く、歯の神経が繋がっています。通常は歯茎が下がってくると歯の神経の穴は自然に埋まって、刺激が強く伝わらないようになります。しかし、歯の神経の穴がなんらかの原因で埋まらない場合は知覚過敏となり、冷たいものがしみるようになります。

治療法

知覚過敏の症状が軽い場合にはシュミテクトなど知覚過敏用の歯磨き粉を使います。2週間程度使ってみて症状が改善しなければ、歯医者で知覚過敏用の薬を塗ります。詳しくは「知覚過敏/自宅でできる5つの改善法と歯医者で行う8つの治療法」を参考にしてください。


歯がしみる!虫歯や知覚過敏だけじゃない10の原因と治療法

・知覚過敏以外の症状や歯医者さんでの治療法について

 

1.歯がしみる10の原因と治療法

1−2.虫歯は熱いものや甘いものもしみる

虫歯で歯が溶かされ神経に近くなってくると、歯がしみてきます。虫歯菌が神経の細い管を通って、太い管まで入り込むと神経が敏感となり、冷たいものや熱いもの、甘いものにもしみることがあります。詳しくは「痛みはないが絶対放置してはいけない危険な5つの虫歯と治療」を参考にしてください。

治療法

浅い虫歯の時はほとんど症状はありません。しみる症状が出ている時は虫歯が深くなっている時です。早期に虫歯の治療をし、歯の神経を取らなくてはいけなくなる前に神経を保護する薬を詰めます。

1−3.歯ぎしりは歯の根元が削れる

歯ぎしりや歯のくいしばりが強い方は歯の表面が削れたり、歯の根元が削れて歯がしみることがあります。歯の根元に歯ぎしりで応力が集中し、歯の根元の部分が砕け、楔(くさび)のように削れてきます。昔は歯の磨きすぎで削れていると思われていました。楔のように削れた根元は歯の神経に近くなり、歯がしみるようになります。詳しくは「歯ぎしりによって起こる怖い出来事/マウスピースがあなたの歯を守ってくれる」を参考にしてください。

治療法

歯ぎしりによって歯の削れを防止するために、夜間にマウスピースを使用します。歯の根元にはプラスチックで詰めて歯の神経を保護します。

1−4.歯の亀裂はいつまでもしみが取れない

歯が割れ、亀裂が神経まで広がっていると歯のしみがいつまでも続きます。歯の神経が残っている歯に歯ぎしりや食いしばり、硬いものを噛んでしまった時に歯が割れて、亀裂が神経まで達することがあります。亀裂から細菌が感染したり、冷たいものがしみたりします。虫歯もなく知覚過敏の症状がいつまでも取れない場合は歯の亀裂の可能性が高いです。詳しくは「歯が割れた!歯根破折の原因と治療法」を参考にしてください。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

治療法

歯の神経の状態を確認します。歯の神経の一部が死んでしまっているようであれば歯の根の治療をし、亀裂が広がらないように、接着剤で固定し、被せ物をします。歯の神経にダメージがなければ亀裂部分を接着剤で固定し、様子を見ます。

1−5.中高生に多い中心結節の破折

中心結節とは主に小臼歯の歯の真ん中にできる歯の出べそのような出っ張りです。中心結節の中には神経の管があり、折れてしまうと細菌が入り、しみや痛みが出ることがあります。症状がなく経過し、自然に神経が死んでしまい、根尖病巣(こんせんびょそう)ができることもあります。詳しくは「歯根の膿/根尖病巣(こんせんびょうそう)の8つの症状と治療法」を参考にしてください。

 

治療法

中心結節が折れてしまった部分にコーティング剤で蓋をします。また、神経の一部が死んでしまった場合は死んでしまった神経部分のみを切断し、残っている神経を残し、再生させる生活歯髄切断法(せいかつしずいせつだんほう)を行います。。

1−6.外傷後の神経のダメージ

前歯をぶつけた後に歯のしみを感じることがあります。外傷によって歯の根に強い力が加わり、歯の神経にダメージが加わると、歯の神経が炎症を起こしたり、一部が死んでしますことがあります。

治療法

一時的な歯のしみであれば歯の神経が回復する可能性があるので経過を見ます。しかし、完全に神経が死んでしまったり、根の先に歯根嚢胞(しこんのうほう)ができた場合には歯の根の治療を行います。

1−7.歯の神経の取り忘れ

歯の神経を取ったはずなのに歯がしみる場合があります。歯の根の形は複雑で歯の神経をすべて取ったつもりが取り残してしまう場合があります。取り残した神経は自然に閉鎖されることが多いのですが、一部の神経が残り、治療後にもしみが続いてしまう場合があります。詳しくは「歯の寿命はこれで決まる!歯の根の治療の根管治療と全情報を大公開」を参考にしてください。

shutterstock_223966513

治療法

歯の神経の治療は海外では専門医が行うことが多いほど難しい治療です。複雑な根の場合はCTレントゲンやマイクロスコープを使って精密な治療が必要となります。心配な方はできるだけ専門的な知識や機材が揃った歯医者で行うことをお勧めします。詳しくは「根管治療の専門医が行っている最新治療法と一般歯科との治療の違い」を参考にしてください。

1−8.歯の治療後の刺激

神経のある歯の治療を行うと治療後に歯のしみが続くことがあります。歯の治療を行うと一時的に歯にダメージを与えます。そのため歯の神経が回復するまでに時間がかかり、歯のしみが続いてしまうことがあります。

治療法

しみる歯に刺激を与えないようにして様子を見ます。治療後、歯の神経は過敏になっています。治療後はできるだけ冷たいものなど温度の変化が強いものは避けるようにします。2、3、日で消える場合もあれば3年以上続くこともあります。痛みが強すぎる場合は歯の神経を抜く場合もあります。詳しくは「治療したのに銀歯がしみる!原因と対処法」を参考にしてください。

1−9.深い虫歯の治療後

虫歯が深い時でも歯の神経が再生できる可能性があれば、できるだけ残します。しかし、その後痛みやしみが続いてしまう場合もあります。

治療法

歯の神経が再生しないようであれば神経を抜く処置をします。歯のしみがなくなっても、歯の神経が再生したことによってしみが消えたのか、神経が自然に死んでしまってしみが消えたのか確認する必要があります。詳しくは「歯の神経を抜く前に知っておきたかった7つのことと最新治療法」を参考にしてください。

 1−10.歯周病が進行するとしみが強くなる

歯周病によって歯の周りの骨が溶け、歯茎が下がってくると、歯が強くしみるようになります。歯周病が進行すると歯の根の先から歯周病菌が入り込み、歯の神経が死んでしまうことがあります。

治療法

軽度の歯周病であれば歯の表面の歯垢や歯石を取り、歯の表面をきれいにしておくと、唾液の中の成分で自然に回復します。また、知覚過敏の治療を行うこともあります。重度に進行していると歯の神経を抜く必要があります。詳しくは「歯周病の症状/そのままではいけない歯茎の出血と13の症状」を参考にしてください。


歯がしみる!虫歯や知覚過敏だけじゃない10の原因と治療法

・歯がしみるときはどうすればいい?知覚過敏の治療法は?

 

3.知覚過敏の対策

3-1 歯がしみるのを防ぐ歯磨き粉を使う

歯がしみるのを防ぐ歯磨き粉をこの章で紹介します。それは、「シュミテクト」と呼ばれる歯磨き粉です。皆さんも一度は耳にしたことや、使ったことがあるかもしれません。「シュミテクト」はなぜ歯がしみるのを防ぐことができるのか、その原理を説明します。

「シュミテクト」には『硝酸カリウム』と呼ばれる成分が配合されていて、その成分の働きにより、歯の神経である歯髄の周囲にイオンバリアを張り巡らせてくれるのです。これにより、歯がしみる症状を防ぐことが可能なのです。

おすすめ万能「歯磨き粉」

「シュミテクト」のシリーズでおすすめなのが、「シュミテクト コンプリートワンEX」です。知覚過敏で歯がしみるのを防ぐことはもちろん、知覚過敏を招く恐れのある虫歯や歯周病の予防にも効果的です。また、歯を白くする効果や口臭を防ぐ効果も発揮できます。

「シュミテクト コンプリートワンEX」

シュミテクト【出典】 http://www.amazon.co.jp/

3-2 唾液の分泌量を増やす

象牙細管が開いてしまって歯がしみている場合、唾液の分泌量を増やすことで「再石灰化」のサイクルを起こし、しみる症状を防ぐことができます。

再石灰化とは、虫歯や酸の影響で溶けてしまった歯を、唾液によって作られたリンやカルシウムの結晶が開いた穴を封鎖する仕組みです。この再石灰化の力を利用するためには、ガムなどを噛んだり、食事の際にもよく噛んで食べることを習慣づけてみてください。

3-3 歯医者さんで治療してもらう

知覚過敏が気になったら、一度、歯医者さんに相談してみるのも得策です。歯医者さんでは、専用の接着剤を用いて、象牙細管の穴を封鎖するやり方があります。

もしも、痛みを伴うようなひどい症状の場合は、「消炎鎮痛剤」を服用して、痛みを鎮める方法もあります。その他、保険外治療で行われる「レーザー治療」や、どうしても改善できない場合は、神経を抜いて痛みを感じないようにする方法もあります。


知覚過敏になる9つの原因と“しみる”症状に効果的な対策


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。