お口のなかはいつもきれいに清潔に!

お口のなかはいつもきれいに清潔に!

・虫歯予防にお口のなかをきれいにする!

 

予防歯科に通うことのメリット

虫歯・歯周病を防げる

ひらやま歯科医院は常に患者様の立場に立って考え、わかりやすい説明と一人ひとりの患者様に合った最適な治療を行い、 当院にかかわるすべての方が心を通い合わせることのできる“居心地のいい空間”を目指します。

早期発見・早期治療ができる

もし虫歯や歯周病になっていたとしても進行する前に発見できるため、負担の軽い治療のみで終えられます。

治療費や痛み、通院などの負担がかからない

重度になると治療も大がかりなものになります。痛みが伴い、治療期間が長くなり、費用もかさみます。予防すればこれらの負担はかからず、早期発見できれば負担も軽くなります。

歯はツルツル、お口はすっきり

クリーニングで隅々まで汚れを落とすと、歯はツルツルに、お口の中はすっきりとします。口臭予防の効果もあります。


虫歯・歯周病になりたくない・お口の健康を守りたい|取手市の歯科医院「ひらやま歯科医院」
 

・お口のなかをきれいに!口臭もなくなります!

 

口臭が気になる、手軽にお口をキレイにしたい方

  口臭の原因と治療法

自分の口臭が気になったことはありませんか?
ここでは、歯科医院で直せる口臭の原因を紹介します。
これ以外にも口臭の原因はたくさんありますので、お気軽にご相談ください。

原 因
 
治療法/関連ページ
虫歯

虫歯菌は口臭の原因になります。

虫歯治療
歯周病

歯周病が進行すると、歯と歯ぐきの間に溝(歯周ポケット)をつくりだします。

そこに細菌が溜まり、口臭の原因となります。
 

歯周病治療
親知らず

親知らずが斜めに生えたしすると、隣の歯との間に溝ができます。

お口の奥の方で汚れを落としづらいため、口臭の原因になります。

親知らずの抜歯 
詰め物・被せ物

何年も同じ詰め物や被せ物を装着したままだと、その内側に虫歯ができている場合があります。

また、金属の詰め物や被せ物の場合、金属の成分が唾液で溶け、口臭の原因となります。

セレック治療
抜けた歯を放置 抜けた歯を放置していると、その個所の歯ぐきが炎症を起こし、口臭の原因となる歯肉炎や歯槽膿漏(しそうのうろう)といった病気を引き起こします。 歯が抜けた場合の治療
歯並び

歯と歯が重なっていたり、斜めに生えていたりすると、歯ブラシが入り込めず汚れを落とせません。

その結果、口臭の原因となります。

定期健診

口臭が気になる、手軽にお口をキレイにしたい方
 

・歯がきれいになる食べ物って?

 

お口の中を常にきれいに保つには?

お口の中を常にきれいな状態に保つことは、虫歯や歯周病、口臭の予防にもなりますので、お口のアンチエイジングのためには、大切なポイントです。「お口の中をきれいに保つ」ためにすることといえば、真っ先に思い浮かぶのは歯磨きではないでしょうか?でも、だからと言って、1日に何度も歯磨きをするわけにもいきませんよね。

そこで、食事や間食時に食べることで、歯やお口の中をきれいにしてくれる代表的な食べものをご紹介します。

歯の汚れが落ちる食べもの

「歯をきれいにする食べ物」といっても、食べると歯の汚れを物理的に落としてくれる食べ物と、食べ物に含まれている成分で歯をきれいにする効果がある食べ物に大きく分かれます。

まず、食べると歯に付いた食べかすや歯垢、汚れなどを落としてくれる食べ物は、繊維質を多く含んだ食品です。具体的には、ごぼう、セロリ、切り干し大根、するめ、ひじき、きくらげなどがあげられます。

これらの食品は、お口の中で長い時間噛んで食べる必要がありますが、噛めば噛むほど、繊維質がお口の中にある食べかすや歯垢などの汚れを取り除いてくれますので、知らず知らずのうちに歯を掃除しているような効果が期待できるのです。

また、繊維質の食べ物を長い時間噛むと、その刺激によって唾液の分泌が促進され、お口の中が唾液で殺菌されます。さらに、食事中に酸性になっていたお口の中を中性に戻して虫歯の発生を抑えたりと、唾液の成分で食べ物の消化吸収をよりよくする効果もあります。食物繊維は、便秘を防いで体内の有害物質を体外に排出する効果もあるので、お口の中に限らず、全身をきれいに保つのにも効果的です。

歯の色素や黄ばみを抑える食べもの

食品の中に含まれるリンゴ酸という成分は、歯の色素沈着や黄ばみを抑える効果が期待できます。リンゴ酸が含まれている食品は、リンゴはもちろんですが、梨、なつめ、梅、トマトなど、多くの果物や野菜があげられます。ただし、リンゴ酸には、ビタミンCを破壊してしまう力も知られていますので、歯の黄ばみを解消したいからと、これらの食品を食べすぎるのはよくありません。

歯の汚れを分解してくれる食べもの

歯の汚れや歯垢はタンパク質が主成分ですが、そのタンパク質を分解して、歯に付着した汚れや歯垢を落としてくれる「パパイン酸」と呼ばれる成分があります。パパイン酸が含まれる食品は、文字通りパパイヤですが、その他にも、キウイパイナップルにも含まれています。

パパイヤには、歯の汚れを落とす効果に加えて美白効果もあるといわれているので、全身のアンチエイジングにも効果的かと思います。ただ、熟したパパイヤにはパパイン酸が少ないので、効果を期待するなら、あまり熟していないパパイヤを食べた方がよいでしょう。

あわせて、『コーヒーや紅茶の茶渋を落とす!簡単セルフケアホワイトニング』の記事もぜひご覧ください。


歯や口の中をきれいに保つために食べたい◯◯◯って?
 

・お子さんのお口のなかもきれいにしてあげましょう 

 

乳歯は虫歯になりやすい歯です

乳歯は永久歯に比べ、歯質が弱く、歯の表面のエナメル質も薄いので虫歯になりやすい歯です。また歯の表面のカルシウムやミネラルを取り込む「再石灰化」の能力が低く、いったん虫歯になると進行が早いのも特徴です。そのため、とくに乳歯の場合は、虫歯の治療よりも未然に防ぐ「予防」という考え方が重要です。

虫歯にならないためにおすすめなのは?

虫歯は、お口の中の虫歯菌が食べかすなどに含まれる糖分を分解し「酸」を出し、この「酸」が歯を溶かす病気です。そのため丁寧にブラッシングしてお口の中をきれいにすることが、虫歯予防の基本となります。

しかし、お口の汚れをしっかり落とすのは大人でも簡単なことではありません。小さなお子様ならなおさら難しいので、ご両親の「仕上げみがき」は欠かせません。小学校低学年くらいまでは、1日1回はしっかり「仕上げみがき」をしてあげましょう。夕食後や就寝前を親子の触れ合いの時間として、ブラッシングを楽しい習慣にすることをおすすめします。

仕上げみがきのコツは?

歯ブラシの選び方
仕上げみがきの歯ブラシはヘッドが小さく毛先が短い物がおすすめです。
お子様の歯ブラシは毛先が広がりやすいので仕上げみがき用ブラシは別に用意しましょう。
歯ブラシの持ち方・動かし方
ペンを握るように軽く持ち、前歯は直角に、奥歯は45度の角度でブラシを当てましょう。
歯ブラシは軽く当て、小刻みに動かしましょう。歯ぐきには当てないようにするのがコツです。
みがき方
みがき残しができないように「右側の奥歯から」など順番を決めましょう。
歯ブラシの切り替えし部分はとくにみがき残しができやすいので注意しましょう。

普段の生活で気をつけることは?

お口の中に糖分があると口腔内の細菌が「酸」を出し続け、お口の中が「酸性」に傾き歯の表面のミネラル分が溶かされる「脱灰」が起こります。しばらくすると唾液の作用によって「酸性」が中和され、溶かされた歯の成分が「再石灰化」し、歯に戻ります。

つまり、いつもだらだら食べているとお口の中は虫歯になりやすい環境に保たれてしまうのです。そのため、食事やおやつは時間を決めて規則正しく摂ることが大切です。食事やおやつを食べる時間をきちんと決め、お口がきれいな時間を増やし、歯が再石灰化できる時間を設けるようにしましょう。


お子様のお口の健康を 一緒に守りましょう
 

・歯医者さんでの定期健診を!

 

定期健診

teiki

定期検診によって、あなたのお口の中の健康状態を維持していくことが可能です。
虫歯や歯周病予防に効果的で、痛みの伴うような治療はほとんどありません。
定期健診が「歯の寿命」を延ばし、ひいては「健康寿命」をも延ばすのです。

おじいちゃんおばあちゃんになっても健康で豊かな食生活を送るために、
「定期健診」は最も有効な方法です。
 

定期健診の内容

1.歯周病検査 歯と歯ぐきの境にある溝(ポケット)の深さを測定します。
歯周病の進行度合いを、数値で表します。
検査の際に「歯ぐきから出血があるかどうか」も診察し、歯周病の有無を診断します。
2.スケーリング(除石) 歯と歯ぐきの境にある溝(ポケット)の深さを測定します。
歯周病の進行度合いを、数値で表します。
検査の際に「歯ぐきから出血があるかどうか」も診察し、歯周病の有無を診断します。
3.歯面清掃 専用の器材・ペースト等を用いて、歯面についた汚れを徹底的に落としていきます。
4.歯面研磨 歯と歯ぐきの境にある溝(ポケット)の深さを測定します。
歯周病の進行度合いを、数値で表します。
検査の際に「歯ぐきから出血があるかどうか」も診察し、歯周病の有無を診断します。
5.ブラッシング 患者様のお口に合わせて歯ブラシを選び、歯肉をマッサージしながら汚れを落とします。
6.虫歯診査 お口の中をキレイにしたら、虫歯の再発や詰め物、差し歯等の状態に問題がないか細かく診査します。
この時点であれば、もし虫歯が発見されたとしても最小限の被害で抑えることが可能です。
7.歯科衛生士の指導 最後に、担当の歯科衛生士から、今回のお口の状態、これからの課題や定期健診の進行方法、期間設定(次回予約)などについてのお話をします。 
何かわからないことやご希望・ご質問がありましたら、遠慮せずお気軽にご相談ください。
8.レントゲン写真 1~2年に1回はレントゲン写真を撮影し、虫歯や骨の状況を確認します。

樹モール歯科


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。