使った後もきちんと洗浄、歯ブラシの保管!

使った後もきちんと洗浄、歯ブラシの保管!

 

・歯ブラシが汚れていたら逆効果

 

細菌がびっしり!?歯ブラシはとても汚いんです!

誰でも最低1日1回は歯を磨きますよね?口臭の原因のほとんどは口の中にありますので、歯磨きは口臭対策としてまず第一に行ってほしいことです。皆さんは毎日使う歯ブラシをどのように管理していますか?実は歯ブラシって相当汚いらしいですよ。

 

実はすごく汚い歯ブラシ

口の中にはたくさんの細菌がいます。歯磨きをしないと細菌が増殖し、くさーいガスを発生させます。これが口臭の原因です。細菌だらけの口に入れる物なので当然歯ブラシも汚くなります。その汚さはなんとトイレの水より汚いんだとか・・・。

 

ですので、歯ブラシは最低でも1ヵ月に1度は取り換えた方がいいそうです。毛先が広がった歯ブラシは歯の汚れを落とし力がなくなり、歯茎を傷つける恐れもあります。古い歯ブラシを使用し続けると虫歯や歯周病、風邪やインフルエンザの感染のリスクも高めます。風邪やインフルエンザの時に使用した歯ブラシは、治ったら新しいものと取り換えましょう。

歯ブラシ

歯ブラシを保管するときは注意が必要です。歯ブラシを使ったらよく水で洗い、タオルなどで水を拭き取って風通しの良い場所で保管してください。濡れた状態だと細菌が増殖してしまいす。職場などで歯を磨く方は、歯ブラシを使用後タオルやティッシュなどでよく拭いて乾かしてからケースにしまうようにしてください。

 コップに立てて置いておく場合は毛先を上にして、きちんと乾くようにしてください。また、1つのコップに複数の歯ブラシを立てている方は要注意です。毛先同士が接触すると、歯ブラシ間で細菌の移動がおこりますので、1本1本独立させて保管してください。

 ユニットバスでトイレの近くに歯ブラシを保管している方は今すぐに違う場所に移すことをおすすめします。トイレの水が飛散し、歯ブラシに大腸菌などの細菌が付着してしまいます。

 皆さんはやっていないと思いますが、歯ブラシの共有も絶対にやらないでください。相手の口の中の細菌が入り込んできますので。

 細菌がびっしり!?歯ブラシはとても汚いんです!

 

・やってはいけない歯ブラシの保管方法

 

歯ブラシの保管は「乾燥」がキーワード

歯ブラシを使用したあとは、水で流して綺麗にした気になっている方が多いのではないでしょうか。実は、歯ブラシに付着した細菌は水でながした程度ではほとんど落ちず、水にぬれることで繁殖しやすくなってしまうのです。使用後に洗浄した歯ブラシは生乾きにならないようきちんと乾燥させて保管することが大切です。

ユニットバスでの歯ブラシの保管は要注意


バス・トイレ一緒のユニットバスは歯ブラシの保管に要注意。綺麗に使用しているつもりでも、実はトイレの周辺は目には見えない細菌や汚れが多く、そのトイレの近くに歯ブラシを保管しておくのは良いとはいえません。

歯ブラシの保管次第では大腸菌が発生していることも・・・

ある調査ではトイレに歯ブラシを保管していると、通常口の中には存在しない大腸菌が歯ブラシから検出されたという結果も出ています。お風呂で歯を磨く習慣のある人も、お風呂場は湿気が多く温度も高くなりやすいので、細菌に加えてカビなども繁殖しやすく、歯ブラシに適した保管場所とはいえません。

トイレと洗面所が一緒になっていたり、お風呂で磨く習慣のある人も、歯ブラシの保管は清潔に乾燥できる場所で行いましょう。

お子さんや旦那さんの歯磨きの保管方法にも注意が必要

家以外での歯磨きの保管も大切!会社や出先の歯磨きには、携帯用の歯ブラシを使用する人が多いかと思いますが、やはり濡れたままの状態で歯ブラシケースに保管してしまうと雑菌の繁殖を促します。

使用後に水洗いした後には、ティッシュなどで水気をよく切り、乾かした状態でケースにしまいましょう。自宅で歯ブラシを保管する際も、水洗いしたあとにそのまま保管するよりは、タオルなどで水分をとってから歯ブラシスタンドに置く方がいいでしょう。

まとめて歯ブラシを保管するのもNGです!


多くの家庭でやってしまいがちな歯ブラシの保管方法として、コップなどに家族の分をまとめてしまう方法があります。親が子供にスプーンを使いまわして食べさせてあげることで、親の虫歯菌が子供に移ってしまうように、歯ブラシ同志の毛先が触れ合うことでも、菌は歯ブラシを介して移動してしまいます
歯ブラシは、1本1本をわけて保管できる歯ブラシフォルダーなどで保管することをお勧めします。もちろん、家族間での歯ブラシの使いまわしはNGで、歯ブラシは1人1本で使用し、きちん歯ブラシを保管していても1ヶ月で新しいものと交換していくのが理想的です。


歯ブラシの保管方法に自信ある!?絶対にやってはいけない歯ブラシ保管法
 

・歯ブラシの洗浄や消毒

 

1.歯ブラシの基本的な消毒の仕方

1-1 水洗いと乾燥

使い終わった歯ブラシは雑菌まみれです。ブラシに付着した食べカスはきちんと取り除いて、洗い流す。ここまではほとんどの人が行っていることだと思います。しかし、歯ブラシは濡れたまま放置しておくと、細菌が増殖してしまいます。水で洗い終わったあとはタオルなどでよく水気を取り、乾燥させておくのが正しい消毒の仕方です。このやり方が歯ブラシを清潔に保つための一番の方法と言えます。

1-2 熱湯消毒はダメ!

歯ブラシをゆすぐのに、熱湯で洗い流すことはやめてください。熱いお湯で洗う方が菌が殺菌されてきれいになるのでは? と考える人は多いと思いますが、歯ブラシは熱湯に弱い素材でできています。熱いお湯で洗い続けると、歯ブラシの寿命を短くしてしまいます。長く使うためにも、水洗いを心掛けるようにしましょう。

2.紫外線を使って消毒する方法

歯ブラシを消毒するために、最近では紫外線を使った「歯ブラシ除菌器」も販売されています。歯ブラシを水洗いしたあと、専用の入れ物にセットして紫外線除菌を行う商品です。旅行や職場でも使える携帯用の除菌器も販売されています。

その中で人気なのが「アドバンスシリーズ」の歯ブラシ除菌器です。紫外線による除菌と乾燥を繰り返し行ってくれる優れもので、99%の高い除菌力を誇ります。通常の歯ブラシだけでなく、ワンタフトブラシや舌ブラシといった特殊なブラシも除菌できるようになっています。また、電動歯ブラシにも対応しています。


毎日の歯磨きを有意義にする歯ブラシの消毒
 

・歯ブラシは消耗品だから定期的に交換すればいい

 

歯ブラシはどれぐらいの頻度で交換していますか?

  • 歯ブラシはどれぐらいの頻度で交換していますか?

歯ブラシはどれくらいの頻度で交換していますか?ある調査で、他国と日本を比較してみるとドイツで年間20本、日本で3.5本だそうです。これはドイツでは1ヶ月未満に1本日本では3~4ヶ月に1本交換していることになります。

写真のように数ヶ月使用して毛先が開いてしまった歯ブラシでは、歯を綺麗な状態にする事は難しいです。当院では1ヶ月に1度は歯ブラシの交換をして頂くようお話をしていますが、腰の弱い毛先の歯ブラシは毛先が早く開いたり、毛先が開いていなくても毛の弾力性がなくなり、歯を磨く効果が落ちますので、さらに早めに交換する事が必要です。

通院しているお子さんの保護者の方が「歯ブラシを早めに取り換えるようにしたら、綺麗に磨けるようになりました!」と仰っていらっしゃいました。歯ブラシは毎日使うものですし、まだまだ使えると思っていても、気づかないうちにブラッシング効率が落ちて来ます。定期的に交換して、歯科疾患を予防しましょう!


歯ブラシはどれぐらいの頻度で交換していますか?



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。