気になる八重歯を治してコンプレックスとさようなら!

気になる八重歯を治してコンプレックスとさようなら!

 

・八重歯ってどんな歯?

 

八重歯ってどんなもの?

32

勘違いされがちな「八重歯」の正しい知識を
覚えよう

日本では「八重歯は可愛い」という考えの方も存在し、最近ではつけ八重歯というものまであります。

個性の1つとして捉えられている八重歯はそもそもどういったものを言うのでしょうか。
八重歯の原因や八重歯の弊害・デメリットについても詳しく知っておくべきでしょう。

 

八重歯とは

尖った歯のことを八重歯だと考えている人がいますが、それは大きな誤解です。

尖った歯は犬歯といい、正常な状態だとやや外側にあります。
歯列からずれて生えてしまい、重なったように見える歯の事を八重歯と言います。

犬歯の部分が八重歯になってしまう事が多いので勘違いする方が多いです。


八重歯ってどんなもの?

・キュートな八重歯

 

八重歯は可愛いとかチャームポイントだとか言われる事も多かったりしますよね。

しかし、そんな八重歯も年齢と共に見た目が悪くなってしまったり、噛み合わせが悪いことで歯全体が悪くなってしまったりと、意外と知られていない問題点も多いんですよ。

今回は、そんな八重歯の問題点と治療方法をご紹介したいと思います。

小動物っぽくてキュート 八重歯とは

八重歯とは正式な名称ではないのですが、前から3番目の歯(犬歯)が、隣り合っている歯よりも前にある状態をいいます。

顎が小さく永久歯が生える際に十分なスペースが無かったため、歯が正しく並ぶことが出来ず生じるといわれています。

他の歯のラインよりも犬歯が外側にあるので、八重歯のある部分の頬の肉がその八重歯に押されて膨らんで見えるので、お顔もちょっと動物っぽい顔つきになります。


八重歯はチャームポイント?!問題点と治し方をご紹介
 

・治療したほうがいい八重歯とは?

 

八重歯の弊害・デメリット

32

第一に歯磨きがしづらい事が大きなデメリットとして挙げられます。

歯並びが悪いのでブラッシングがしづらく虫歯や
歯周病、口臭などのトラブルを引き起こしやすい

です。 

八重歯だと口内が怪我しやすいのも特徴です。
八重歯によって唇・舌・歯茎などを傷つけやすく口内炎の原因にもなります。
 
犬歯は他の歯にかかる負担を軽減する働きがあるのですが、犬歯が八重歯になってしまうとその働きが弱まるので他の歯に負担がかかりやすくなってしまい知覚過敏を引き起こしやすくなってしまいます。

海外では日本のように八重歯を「可愛い」と考える方が少なく、あまり受け入れられません。
海外に出て生活したい、働きたいと考えている人は八重歯の治療を施すのをオススメします。


八重歯ってどんなもの?

・八重歯を治すには?

 

八重歯の治療法

そんな八重歯を治療する方法は大きく分けて3つあります。

  1. 削って八重歯を目立たなくする
  2. 八重歯を抜いてしまう
  3. 歯列矯正(矯正治療)で歯を動かす

それぞれの方法について少し見ていきましょう。

1.削って八重歯を目立たなくする方法

こちらの方法は、歯を削る事によって歯列不正を治すという方法です。

ただし、八重歯が隣の歯よりかなり飛び出している場合には難しい方法となっています。

メリット

  • ● 短期間の治療(2回~6回程度の通院)で歯並びを治す事ができる
  • ● 被せ物を被せる事で噛みあっていなかった歯の噛み合わせも作れる場合もある
       (歯列不正が大きい、八重歯が大きく飛び出している場合は難しい)

デメリット

  • ● 健康な歯を削らないといけない
  • ● 歯列不正が大きい(八重歯が大きく飛び出している)場合には、噛み合わせはできない場合が多い
  • ● 歯茎の下がり易さに変わりはない
  • ● セラミック治療になると保険が効かない(3万円~10万円程度)

2.八重歯を抜いてしまう方法

歯列不正になっている八重歯自体を抜いてしまうという方法です。

八重歯だけ飛び出していて他には歯列不正がない場合に行われますが、こちらの方法をおススメできる状態にある方はあまり多くありません。

メリット

  • ● 短期間の治療でできる
  • ● 頬の肉のツッパリがなくなるので、お顔のイメージを変えられる

デメリット

  • ● 非常に強い歯を失ってしまうため、他の歯に負担がかかり易くなる
  • ● 健康な歯を抜く事になってしまう

3.八重歯を歯列矯正で治療する方法

矯正治療(歯列矯正)によって歯並びをきれいにしてしまう方法です。

他の方法と比べて時間と費用がかかってしまいますが、条件が合えばこちらが最も望ましい治療方法となります。

メリット

  • ● 強い歯を削らずにかみ合わせを変えることができる
  • ● 健康な歯を削らなくて済む
  • ● 歯茎が下がりにくくなる

デメリット

  • ● 時間がかかる(全体矯正の場合1年半~2年)
  • ● 保険が効かず費用が高い(50万円前後)

八重歯はチャームポイント?!問題点と治し方をご紹介
 

・八重歯は抜歯しないほうがいい?

5.抜歯を伴う矯正治療で八重歯を治すメリット

正しい診断の元に、抜歯を伴う矯正治療を行えば、以下の様なメリットがあると考えられます。

5-1.口元が引っ込み、小顔で鼻が高く見える美しい顔立ちになる

上唇、下唇の位置は上下の前歯の位置によって決まっています。

つまり唇が前に出ていることによって、理想的な横顔から外れているのであれば、抜歯を伴う矯正治療で抜歯した歯のスペースを利用し、前歯を奥に移動することで、唇も後退し、横顔全体の中で口元が劇的に変化して、理想的な顔立ちになるという表現がされます。

横から顔を見た時の上下の唇の位置が、鼻の先と顎を結んだ直線(エステティックライン(E-line))の上に位置しているのが、美しい横顔の基準です。

5-2.自然に口を閉じられる様になり、口呼吸が治り、鼻呼吸ができるようになる

前歯が前に出ていたり、顎の骨が前に出ていると、寝ている時など唇に力が入っていない時に自然に口が開いてしまい、口呼吸になってしまいます。
前歯が前に出ている状態が重度だと、意識して唇を閉じようとしても閉じられない場合もあります。

口呼吸は万病の元です、健康的に生活するためにも鼻呼吸ができる歯並びにすることが重要です。

5-3.虫歯、歯周病の予防

前歯が前に出ていたり、顎の骨が前に出ていると、唇が閉じられなくなるため、口の中が乾燥してしまいます。

口の中が乾燥するということは、唾液の免疫システムが機能しないということになり、虫歯や歯周病の菌が増殖してしまい虫歯や歯周病になりやすくなります。
口呼吸をしていると、上の前歯が白く変色してくるのはこのためです。

矯正治療のために、数本の歯は抜歯することになっても、それによって将来、生き残る歯の数が多くなるのなら、「抜歯して矯正治療をしたことによって歯の寿命が延びた」ということになります。

5-4.歯の寿命が延びる

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という、8020運動(はちまるにいまるうんどう)というものがあります。
20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われているからです。

それでは実際に「8020」を達成した人の中に、八重歯の状態だった人がどのぐらいいたでしょうか?

過去の研究によると、「上顎の前歯に歯並びのズレがあって、「8020」を達成した人の割合は4.9%だった」という報告があります。
つまり八重歯がある歯並びのままで「8020」を達成できる可能性は4.9%以下ということになります。

5-5.健康寿命が延びる

歯の寿命が延びることで「8020」を達成できれば、健康寿命も延びます。

食べ物を咬んで磨り潰す咀嚼能力(そしゃくのうりょく)と身体状況 について、有料老人ホーム入居者を対象とした調査から、上下の歯が咬み合う面積が減少するほど、平衡機能の低 下と握力の減少傾向がみられたこと、歯が無い人は歯が有る人に比べ、栄養不足の状態にもかかわらず、総コレステロール値が正常より高い値を示したことが報告されています。

5-6.治療期間の短縮になる場合がある

抜歯をすることで、正しい歯並びに治すための全体的な歯の移動が少なくなります。
歯の動かし方が単純化される場合は、治療期間を短縮できます。

5-7.後戻りが起こりにくい

抜歯を伴う矯正治療を行うことで、唇、頬の筋肉が歯を内側に押す力と舌で歯を外側に押す力が同じ程度の安定している位置に歯並びを誘導できれば、後戻りが起こりにくくなります。

6.抜歯を伴う矯正治療で八重歯を治すデメリット

誤った診断の元に抜歯を伴う矯正治療を行った場合、以下の様なデメリットがあると考えられます。

6-1.健康な歯を失う

私達、歯科医師も健康な歯を1本でも多く残したいという気持ちは患者様と同じです。
もしも抜歯が必要ないケースで抜歯をしてしまったら、歯の本数が少なくなる分、デメリットになるでしょう。

6-2.治療期間が長くなる場合がある

抜歯を伴う矯正治療では、多くの場合、非抜歯の矯正治療よりも歯の動きが大きくなる分、治療期間が長くなることがあります。

6-3.歯を抜く時の苦痛がある

歯を抜くためには麻酔をして、歯を抜くという外科処置が必要になります。

7.歯列矯正で八重歯を抜歯しない方がいい理由

7-1.犬歯は最も歯の根が長く、寿命が長い歯

犬歯は最も歯の根が長いため、どの歯よりも寿命が長いという特徴があります。
他の歯と比べて寿命が長い歯は、矯正治療の抜歯の時には、できるだけ残すという考えが主流です。

7-2.犬歯誘導

本来、犬歯には食べ物を奥歯で磨り潰す時の顎の運動を支えて誘導する犬歯誘導(けんしゆうどう)という大切な役割があります。
そのため、犬歯の根はどのはよりも長く丈夫なのですが、犬歯が八重歯になっていると、他の歯が犬歯の代わりに、食べ物を奥歯で磨り潰す時の顎の運動を支えて誘導する、という役割を果たすことになります。

しかし、犬歯以外の歯は犬歯ほど根が長くなく、元々そのような役割を果たすことを想定していないため、顎の運動を支える力が弱く、歯に過度の負担がかかってしまい、その結果、歯の寿命が短くなってしまう可能性があります。

また犬歯より後ろの歯が顎の運動を誘導する場合、犬歯誘導の場合と比べて、顎が動く角度がずれてしまうということが分かっており、これが顎に対しても負担になってしまうことがあります。

それでも抜歯するケース等あれば、紹介をお願いします。

犬歯が大きな虫歯、破折(歯が割れている)、埋伏歯(顎の骨の中に埋まったまま萌えて来ない)になっていて、他の歯よりも寿命が短いと予測される場合に限り、矯正治療のために抜歯する歯に犬歯を選ぶことがあります。


八重歯は簡単には抜かない!矯正歯科医が教える八重歯の全て



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。