寒さで歯が痛むときの対処法

寒さで歯が痛むときの対処法

・寒さで歯が痛むときってありませんか?

寒さに歯が痛み出したら

歯の痛みと季節について考えたことがありますか?若い頃は歯が痛くなるのは大抵虫歯が原因であって、そこを治療すればあとは何年も歯医者さんにいった事はないと答える人はたくさんいます。そしてある時期から、虫歯以外の歯の痛みが原因で歯医者通いをするようになります。
 多くの場合、それは歯周病であったり、知覚過敏という症状であったりします。歯肉炎や歯槽膿漏に悩みだすのは40代から50代になってからが多いかもしれません。歯磨きはきちんとしているのに、ある日突然歯が痛いと思い受診すると虫歯ではなく、歯周病による歯茎の炎症だったという経験は中年以降の人には大なり小なりあると思います。中には今まで親知らずが生えているとは思わずにその歯がいつのまにか虫歯になっていて、神経にまで達するくらい穴が開いていたという例もあるそうです。
 虫歯は1年中痛みがあって初めて治療に取り掛かるものですが、ある年齢になると冬になると痛み出すという事もあります。歯に限らず冬は体のあちこちが夏よりも痛く感じられることがあります。それが風邪やインフルエンザといった病気なら薬を飲んで、休養することで治ります。節々の痛みも病気が治ることで軽減するでしょう。
 ところが、寒くなると歯が痛みだすという症状を訴える人も少なくないといいます。原因の一つに知覚過敏があります。これはエナメル質が削られていくことや、歯周病で歯茎が下がり、歯の根の部分が冷たい水にさらされることで痛みがあることですが、水と同様に冷たい風が口に入る事でも起こります。治療法はその人によって違うので歯医者さんに相談すれば解決します。
 また、人によっては肩こりや頭痛によって歯が痛いと感じることがあります。頭痛持ちは寒くなるとその頻度が高くなりますし、もともと肩こりのある人は寒くなると余計に肩がこってきます。寒さに体の筋肉が固まってしまい、神経を圧迫する事が原因だそうですが、歯の痛みと肩こりがどう関係してくるのかという問題になります。これは肩がこることで首の神経が緊張し圧迫することで歯の神経にも影響があるということだそうです。
 実際に歯医者に訪れる患者さんの中には、特段異常がないけれど「寒くなると痛みを感じる」と言う方は多くいらっしゃいます。てそれは、北風が冷たくなる時期が多いのもわかるような気がします。寒いとついつい体は前向きに倒れ、肩をすぼめて歩くというのは冬ならではの風景でもあるからです。


寒さに歯が痛み出したら

・寒さで歯が痛むときの原因

 

寒くなると歯が痛くなる?

ここ最近、真冬並みの寒さになってきましたが、

体調をくずされたりしていないでしょうか?

 

寒くなってくると、歯がしみたり、歯が痛くなるという方、

実は意外と多いんです。

 

その主な原因は2つあります。

 

①象牙質知覚過敏

寒くなると水道水が冷たくなりませんか?

冷たいお水でうがいをする時に、

歯がしみるので、虫歯になっているのではないかと

心配になって当院に来られる方がいらっしゃいます。

 

検査してみると、虫歯になっているのではなく、

「象牙質知覚過敏」という診断になることが多いんです。

 

「象牙質知覚過敏」とは、テレビCMで聞いたことがあるかもしれませんが、

歯周病などで歯ぐきが下がったり、

強い力で歯磨きして、歯ブラシを大きく動かすなどの

間違った歯みがきの仕方を続けたりすると、

象牙質が露出してしまうことがあります。

 

すると冷たい物などの刺激が歯の神経に伝わりやすくなり、

しみるような痛みを感じます。

これが「象牙質知覚過敏」です。

 

②歯ぎしり

寒くなると、無意識のうちに食いしばっているという方、

こういった方が歯に痛みや違和感を感じる事があります。

 

実は、虫歯や歯周病ではなく、

歯ぎしりや食いしばりが原因で、

歯が痛くなることがあるんです!

 

自分で無意識のうちに歯ぎしりしているので、

自覚することが難しいのですが、

しっかり検査することで、痛みの原因が

「歯ぎしり」ということがあります。

 

歯に違和感や痛みを感じて、気になる方は、

そのままにしておくのではなく、

是非歯医者で検査してもらいましょう。

 

寒くなると歯が痛くなる?
 

・歯の痛み、歯医者さんに行けないときはどうする?

クリスマスにお正月、バレンタインと、冬はいろいろな行事があって、おいしい物を食べる機会も多くなります。クリスマスケーキやチョコレートといった甘い物を口にするのもこの時期です。それだけに虫歯予防も入念に行ないましょう。ちょっとした油断が虫歯を招きます。「食べたら磨く」を習慣づけて、口内を清潔に保ちましょう。

チョコレートは虫歯を抑制する

チョコレートは虫歯を抑制する

2月14日のバレンタインデーに、チョコレートをたくさんもらう男性も多くいることでしょう。チョコレート=甘いものというイメージで、たくさん食べると虫歯になる印象があります。しかし、実際にはチョコレートに含まれている砂糖が虫歯の原因となり、チョコレートの主原料となるカカオは、むしろ歯を守る働きがあります。

虫歯の原因となるミュータンス菌は、砂糖を餌に強い酸を出して歯のエナメル質を溶かしてしまいます。エナメル質が溶解した部分から雑菌が入って繁殖し、やがて虫歯に進展していきます。カカオにはもともと抗菌作用があり、これが虫歯菌にも作用することが明らかになっています。チョコレートのカカオパウダーは、ミュータンス菌が作る歯垢の素となるグルコシルトランスフェラーゼの働きを抑制する効果があり、ケーキやクッキーなど他の甘いものと比べると虫歯になりにくいと言えます。

しかし、いくらチョコレートそのものに虫歯を抑制する効果があっても、きちんと歯磨きをしなければ虫歯を防ぐことはできません。チョコレートのほとんどには砂糖が使用されているため、歯磨きをして砂糖を除去することが必要です。

最近では、歯科医の監修で虫歯になりにくいチョコレートも登場しています。このチョコレートは甘味料に砂糖を使わず、キシリトールで甘味を出しています。しかも就寝前に食べると虫歯予防の効果があるとされています。好きな男性にチョコレートを贈るときに、こうした歯に優しいチョコレートを選ぶという選択肢も思いやりがでますので、喜んでもらえるかもしれません。

プラークコントロール

プラークコントロール

クリスマスからお正月にかけて、おいしい物を食べたりする機会が増えます。食べたあとは、当然歯磨きで歯を守ることが大切ですが、できるだけ歯垢を残さないように丁寧にブラッシングしましょう。こうした習慣がプラークコントロールになります。

プラークコントロールは、歯に付着した歯垢(プラーク)の量を減らすようにすることです。歯垢は雑記の塊のようなもので、この中で細菌が繁殖し、虫歯や歯周病の原因となります。プラークコントロールで歯垢を落とし、細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病の予防・改善に繋がります。

プラークコントロールは、歯ブラシによるブラッシングが主体となりますが、それだけではなくデンタルフロスや糸ようじによる歯と歯の間の清掃、歯間ブラシによる歯と歯肉の隙間の歯磨き、リステリン等によるうがいなども含めて、トータル的に口内を清潔にすることを意味します。そのため、歯ブラシの選び方や磨き方、回数など細かい点に気を付けなければなりません。また、食生活や食べ方などの改善も必要になります。

プラークコントロールがしっかりできているかは、自分だけでは判断できません。特に奥歯などはブラッシングも難しく、汚れを完全に取ることは至難の業です。ときには歯科医へ行って磨き残しの歯垢や歯石を落としてもらったり、正しいブラッシングの方法を聞くことも必要です。定期的に歯科医へ行くことで、より理想に近いプラークコントロールが可能となります。

歯垢が形成され始めてから酸や毒素を産生するまでは24~48時間程かかるため、1日1回プラークコントロールを行なえば、エナメル質を菌から防ぎ、虫歯や歯周病を予防することができるでしょう。


冬の歯科情報

・冬の時期でも、虫歯や知覚過敏なら歯医者さんで治療しましょう!

 

毎年11月15日は東京都多摩川歯科医師会が制定した「口腔がん検診の日」。歯に関係する記念日は年間になんと21日もあり、これらは歯にまつわる様々な医師会や団体、企業などが制定したもの。数年前から日本でもデンタルホワイトニングの流行や大人の歯列矯正者が増加するなど、私たちの歯に対する意識は格段に上昇しています。歯の健康や美しさを保つためには春夏秋冬を通して日々のケアが重要ですが、特にお正月休みを控えた年末は要注意。そこで今回は、突然の激しい歯の痛みに対処してくれる緊急歯科医院の存在やお正月前に備えておきたい歯の健康について、年始の歯ブラシ選びなど、冬に役立つ歯科医院にまつわる情報を集めました。

年末年始などの歯科診療

年末年始などの歯科診療

慌ただしい年の瀬はあらゆる場所が混み合いますが、歯科医院も例外ではありません。年内に虫歯を完治させたい人や冬休みに海外旅行へ行く人、また年末年始の休業を見込んで早めに処置を終えたい人など、12月は歯科医院もかなり混み合うことが予想されます。そのため予約が取りにくくなるだけでなく、歯科医院から依頼を受けて義歯などを作る歯科技工士も忙しくなるため、思うように治療が進まないこともあるそうです。

実際に歯科医院では11月頃から予約が混み始めるというデータもあり、年末につれどんどんと予約は取りづらくなる一方です。では、この混雑をどうすれば回避できるのでしょうか?答えは実にシンプルで、早い段階から治療をしておくことです。例えば虫歯など口内にトラブルがない場合でも定期的にデンタルチェックを受けるのがベストとされていますが、歯のトラブルは一度かかってしまうと放っておいて完治することはありません。そのため予防歯科が重視されるのですが、予防のために定期的に通うのは難しくても、少しでも違和感もしくは痛みを感じたなら、すぐに歯科医院で治療を受けることが重要です。楽しい年末年始を過ごすためにも、こまめに歯科医院へ通う習慣を付けておきましょう。

年末年始の歯科診療

普段から気を付けていても突然歯が痛み出すことがあります。しかも歯の痛みというのは我慢しづらい程強い痛みとなるケースが多く、市販の痛み止め薬などでは効かないことも。しかし年末年始は、他の医療機関と同じく歯科病院も休業しています。その年のカレンダーにもよるものの、大半の歯科医院は12月29日頃から1月4日頃の期間をお正月休みとしているケースが少なくありません。

では、もしもその休業期間中に耐え難い歯の痛みに襲われた場合はどうすれば良いのでしょうか。そんなときにまず調べたいのは、各都道府県の歯科医師会が案内している休日・夜間の緊急歯科診療案内のホームページです。たいていの都道府県にはこういった救急対応の歯科病院があり、突然の歯の痛みに対して応急処置を行なってくれます。ただし、こういった病院で受けられるのはあくまでも応急措置であるため、継続的な診察は受け付けていないことがほとんど。そのため休み明けからはかかりつけの歯科医に通う必要がありますが、もしもの場合に備えて自分が暮らす地域の緊急歯科医院を調べておくと安心です。しかしながら、こういった緊急の事態に陥らないためにも常日頃からの歯周ケアが何よりも大切です。


冬の歯科情報



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。