デンタルガムで虫歯予防って効き目あり?

デンタルガムで虫歯予防って効き目あり?

・歯科専用ガムなら市販品より効果あり?

 

ガム
“虫歯にいい”として、広く知られるようになった「キシリトール」。でも、実際、何がどう虫歯にいいのでしょうか? また、ガムは歯医者さんにも売られていますが、市販品との違いは?
さらに、何分噛めばいいのかなど、ガムにまつわる疑問について、解説します。

■虫歯になりにくい「キシリトール」 

キシリトールとは、白樺やかしの木などの原料から造られる天然素材の甘味料です。砂糖と同じくらいの甘みがあり、カロリーは砂糖の70%ということから注目され、「虫歯になりにくい」として有名になりました。

また、歯科用のキシリトールガムと市販のキシリトールガムは、キシリトールの含有量が異なります。ロッテの歯科用のガムにはキシリトールが100%使われていますが、市販のガムの甘味料はキシリトール100%ではありません。

・歯科用キシリトールガムの特徴
矯正装置や義歯にくっつきにくいガムベースを使用。市販品の2倍の固さで、咀嚼力を鍛えます。

また、口の中の酸が歯のエナメル質(歯の一番表面の組織)の内側からカルシウムやリン酸などを溶かし出し、初期虫歯の状態になることを「脱灰」といいます。この「脱灰」を修復する「再石灰化」をうながせば、初期虫歯の自然治癒が期待できます。

ロッテの歯科用キシリトールガムでは、再石灰化増強成分を多めに配合。歯の主成分であるリン酸カルシウムとフノランを市販品より多く配合しています。


歯科医院のガムって、どこが違うの? キシリトール、リカルデント、ポスカムの違いを解説

・キシリトールガム

 

5.キシリトールガムの効果的な噛み方

5-1. 1日に5~10g摂取する

むし歯予防に必要なキシリトールの量は1日5~10gです。

歯科専用のキシリトールガムには、1粒につきキシリトールが1.3g含まれているので、1日4粒~8粒を目安に摂取します。

5-2.一度にたくさんより、何度かに分けて摂る

一度にたくさんより、1日の内3~4回以上に分けて摂取します。

おすすめのタイミングは食後や間食後です。朝食後・昼食後・おやつの後・夕食後・就寝前などに取ると良いでしょう。

キシリトールが100%配合されているガムであれば就寝前に摂取しても問題ありません。

食後お口の中に残った糖分や酸をだ液で洗い流すために、歯磨き前に噛むのがポイントです。

5-3.ガムは味がなくなっても5~15分噛む

噛み始めて最初に出てくる甘い味がキシリトールです。

それをすぐに飲み込んでしまわずに、お口の中に広がるように少しためながら噛むのがポイントです。

特に、100%キシリトールを甘味料に使用している場合は、味が持続しないことが多いですが、 味がなくなってもだ液の分泌を促進するために5~15分噛みましょう。

効果的にキシリトールガムを摂取し始めて2週間ほどでプラーク(歯垢)がつきづらくなり、3か月でミュータンス菌に対する効果が現れ、むし歯になりにくいお口の環境にすることができると言われています。

 

7.キシリトールの効果

キシリトールはむし歯の原因にならないだけでなく、むし歯の発生や進行を防ぐ効果があります。

7-1.だ液分泌の促進

キシリトールはお砂糖と同じくらい甘いため、口の中に入れると味覚が刺激されだ液の分泌が促進されます。

だ液が分泌されることにより、歯の再石灰化の促進に繋がり、歯の修復や成熟を助けます。

7-2.むし歯の原因にならない

マルチトールやソルビトールなどの糖アルコールはお口の中で若干「酸」を産生しますが、キシリトールはむし歯菌が代謝できないため、お口の中でまったく「酸」が作られません。

さらに酸の中和を促進する働きも持っています。

7-3.ミュータンス菌の活動を弱める

むし歯の原因菌であるミュータンス菌はキシリトールを代謝することができないので、酸やプラークの元(不溶性グルカン)を作ることができません。

しかし、ミュータンス菌はキシリトールを取り込んで代謝しようとし続けるので、エネルギーを得ることができず、ミュータンス菌自体が弱ってくると考えられています。

7-4.プラークの質の変化

ミュータンス菌の活動が弱まることでプラーク量が減少し、プラーク自体がサラサラになって歯の表面からはがれやすくなります。

プラークが剥がれやすくなることでブラッシングの効果が上がり、歯磨きがラクになります。


歯科専用のキシリトールガムは効果大/市販品との違いは?
 

・リカルデントガム

 

■初期虫歯を修復する「リカルデント」

リカルデントは、牛乳タンパク由来の抗う蝕性物質。
キシリトールのように代替甘味料ではないので、「虫歯になりにくい」ことを目的とするのではなく、歯の石灰化を促進する成分CPP-ACPにより、初期虫歯のカルシウムが溶け出した状態を修復する再石灰化の効果があります。

この再石灰化の促進はキシリトールの約2倍といわれ、歯科医院で販売されているリカルデントガムのなかには、市販品の2倍のCPP-ACPが配合されているものもあります。


歯科医院のガムって、どこが違うの? キシリトール、リカルデント、ポスカムの違いを解説
 

なぜ歯にいいの?お勧めリカルデントガム

今日は、ワキノのお勧めリカルデントをご紹介させていただきます。
最近、代用甘味料が注目され始めています。
中でもキシリトールガム、リカルデントガムは歯にいいと言われていますが、いったい何が歯にいいのか!
ご存知ですか?

虫歯菌は、砂糖を栄養として酸を作ります。
代用甘味料は、私たち人間にとって甘く砂糖と同じ味に感じますが、虫歯菌は砂糖とは全く別の物だと認識して酸を作り出すことが出来ないのです。
キシリトールは白樺などからとれる成分を原料とした代用甘味料となります。

リカルデントガムは、このキシリトール+歯の石灰化を促進する成分CPP-ACPが配合されています。
CPP-ACPとは、牛乳由来成分であるカルシウム・リンが歯になじみやすい濃度で含まれています。

リカルデントの3つの効果として
(1)歯のカルシウムを守る脱灰抑制
(2)歯にカルシウムを補う再石灰化
(3)耐酸性効果(酸に溶けにくい歯を作る)

つまり、まだ穴の開いていない溶け始めの歯を元の硬い歯に治してしまうのです。

食後に歯磨きできない時、ガムが好きだが虫歯が気になる。
永久歯が生え始めて間もないお子さんや、すでに歯の表面が溶け始めている(脱灰)方に”イチオシ”のガムです。リカルデントガム
キシリトールガムは。虫歯の原因にならないガムに対し、リカルデントガムはエナメル質を修復して歯を丈夫にするのガムなので、リカルデントの方が、1歩進んだガムと言えそうです。

※ガムは、1日4回20分ずつ噛むと効果的です。
※リカルデントガムは、原料として牛乳タンパクを使用していますので、牛乳アレルギーの方が、使用できませんのでご注意してください。

歯科医院専用のリカルデントガムは、従来の2倍のCPP-ACPが配合されていますので、関心のある方はスタッフに声を掛けてください。
では、リカルデントガムを噛みながら残暑を乗り切りましょう。(笑)



なぜ歯にいいの?お勧めリカルデントガム
 

・リン酸化オリゴ糖カルシウム配合のガム

 

■口内環境を整える「ポスカ」

江崎グリコは、歯科専用ガムとして「POs-Ca」を展開しています。これは馬鈴薯でんぷんから作られたリン酸化オリゴ糖カルシウムで、歯の再石灰化に効果があるとされています。

ポスカは、一般的なカルシウムと比べ、とても水に溶けやすいカルシウムです。このため、唾液中にポスカが溶けやすく、歯垢の原因であるプラーク内のpHを中性に近づけ、また唾液中のカルシウム濃度が増えることで再石灰化効果が高まります。
噛むことで、口内環境を整えることができるガムといえるでしょう。

■ガムを噛むタイミングは?

あまりこだわる必要はありませんが、歯質を強化するなら歯磨き後が効果的。
また、唾液の分泌が減る就寝前に噛むことも、虫歯予防には効果的です。

■噛む時間は?

キシリトールの場合、成分はおよそ数分で流出しますが、よく噛んで、唾液をたくさん出すことも、むし歯予防に大切なこと。味がなくなってもそのまま5分~10分噛むほうが良いようです。

いずれも口内環境のためには、続けないと意味がありません。
気分転換としてガムを噛むなら、なるべく虫歯になりにくいキシリトール、虫歯修復や口内環境の改善のためにはリカルデントやポスカが良いようです。


歯科医院のガムって、どこが違うの? キシリトール、リカルデント、ポスカムの違いを解説



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。