差し歯は保険治療よりもセラミック治療で!

差し歯は保険治療よりもセラミック治療で!

・差し歯とは?

 

差し歯について

よく誤解される事がある、インプラントと差し歯の違いについてご説明いたします。


▲ インプラントは
人工歯根を骨に埋め込む

一般に差し歯と呼ばれているのは、歯の中に人工の歯のついた金属の土台を埋め込むものです。
インプラントが金属(チタン)の歯根を骨の中に埋め込むのに対して、差し歯は歯の根っこに金属の土台を埋め込みます。

差し歯は、歯の上の部分だけがなくなったときにできる処置です。
たまに「歯を抜いた所を差し歯にしてもらおうと思ったのですが…」と相談に来られる患者さんがいらっしゃるのですが、差し歯というのは、最低でも根が残っている状態でないと出来ません。残っている根や歯の一部に“差し込む”から、差し歯なのです。

ですから、根も含めて、歯そのもの全てを抜いてしまったら、差し込む所が無いので、差し歯に出来ないのです。歯を抜いた所は、1ヶ月ほど経つと穴が無くなって、歯肉だけのいわゆる“土手”になります。そういった場合は、インプラント治療を行います。

また、差し歯とインプラント治療の大きな違いとして、差し歯は保険診療できるのに対し、インプラントは自由診療であることもあります。
 


差し歯とインプラント
 

・差し歯の種類

 

保険の差し歯とセラミック素材の差し歯の違いとは

不自然な差し歯を治療

「差し歯」を大きく分類すると、すべてをセラミックで製作した「オール セラミッククラウン」、内冠に金合金を用い、その上にセラミックを焼き付け製作した「セラミッククラウン」、内冠にメタルを用い、表面に樹脂を盛り足して製作した「レジン前装クラウン」があります。

健康保険が適用される「レジン前装クラウン」は、安価で治療を受けることができますが、樹脂系の材料のため、天然の歯と色が揃わなかったり、時間の経過とともに変色や擦れが出てきてしまいます。
また、見た目にも強度的にも天然歯と比べてかなり劣りますし、歯ぐきへのダメージも避けられません。

一方でセラミックを使用した「オール セラミッククラウン」「セラミッククラウン」は、歯ぐきにも優しい素材で、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの心配もありません。 透明感や強度においても天然の歯と遜色のない仕上がりにすることができる上に持続性も高いため、保険内でつけた差し歯からセラミッククラウンへ変える方も多いです。

セラミッククラウンは自然歯と区別がつかない仕上がりになります
保険の差し歯、歯ぐき黒ずみ、不自然な差し歯の症例
 

・保険の差し歯とセラミック素材の差し歯の違い

 

差し歯(被せ物)の種類

差し歯などの被せ物には、色々な種類があります。
「前歯を白い差し歯にする際、保険と自費があると言われました。」などという患者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

保険診療の場合は、白い部分が「硬質レジン」という材質で出来たものを使用します。レジンというのは、プラスチックの一種で、「硬質プラスチック」といったニュアンスのものです。
自由診療の方は、お茶碗などの陶磁器と同じ「陶材(セラミック)」で出来ています。どちらにも、メリットとリスクがあります。

 

保険診療(レジン)

金属の被せ物ですが、表面に硬質レジン(プラスチック)を貼り付けて白くみせるものです。保険の適応範囲は前歯・犬歯のみなので、奥歯には適応されません。

■ メリット
  • 要はプラスチックですので、噛む時の衝撃を受けると、微妙に変形してくれるので割れにくい。
  • 保険が適用されるので費用を抑えられる。
■ リスク
  • 長年使用していると、歯ブラシなどにより、だんだん削れてくる。
  • 長年使用していると、少し黄ばんで来る。
  • 金属アレルギーのある方、またはアレルギーに不安のある方は不向きです。

その他、保険診療では、すべて金属で出来た被せ物(いわゆる「銀歯」と呼ばれるもの)もあります。


 

自由診療(セラミック)

金属の被せ物に、セラミックを焼きつけて白くみせるものです。インプラント治療でも使用されます。 

メリット
  • 要は陶磁器ですので、 長年使用しても、歯ブラシ程度では、削れてこない。

リスク
  • お茶碗などと同じく、“硬いが脆い”という特性がありますので、噛んだ時の衝撃に、ある程度までは耐えてくれるが、限界を超えた瞬間に割れる可能性がある。


その他、通常金属でできている土台の部分も全てセラミックでできた被せ物(オールセラミッククラウン)や、ブラスチックとセラミックの中間の素材でできたハイブリッドセラミッククラウンなどがあります。

被せ物には様々なタイプがありますが、患者様のお口の状態や御希望によって、どれが患者様にとって一番良いかを歯科医師としっかりとご相談されることが大切です。

差し歯とインプラント 

・前歯の差し歯は見た目重視?

 

1.前歯の差し歯の大切さ(前歯のどこまでが目立つ範囲か)

前歯は、会話をする時、食事をする時、ほんの少し口を開けただけでも必ず見える部分です。特に犬歯(糸切り歯)までの上下12本は、数も色も揃っていないと不自然に見えてしまいます。
前歯が虫歯などで欠けてしまったら、早急に歯科医院に行き治療をしましょう。
最初は応急処置で仮歯をつけるのが一般的です。
仮歯はレジンを固めて作ります。仮の歯とは言え意外と何でも噛めますし、色も人によっては自分の歯とさほど変わりなく使える方もいます。
仮歯は歯科医師が作成することが一般的ですが、歯科技工士が常駐している歯科医院では、技工士が仮歯を作ることもあり、精度の高い仮歯を入れることも可能です。
ですが、仮歯はあくまでも仮歯。材質や色合いなどは、しっかり作り込んだ補綴物とは雲泥の差です。時間はかかってもしっかりと治療をするようにしましょう。

・仮歯の役割ついては、以下の記事で詳しく説明しています。
仮歯が果たす6つの役割と取れたときすぐにできる対処法

2.前歯を差し歯にする方法と注意点

差し歯とは歯の根が残っている部分に土台を作り、被せ物を作ることです。
(※根が残っていなくても、インプラントをすれば根が残っている場合と同じ様に被せ物を作ることができます。)

差し歯をする場合は、先に根の治療をすることになります。根の中の汚れを取り除き、綺麗にしてから土台を立てます。
根の治療は、膿が出ていたり汚れがひどいとなかなか終わらないので、完了するまでに数カ月を要する方もいます。なかなか治療が先に進まず、途中で投げ出したくなる方も多いようですが、ここは根気強く治療を続けるようにしましょう。

土台を立てたら、被せ物の作成に進みます。前歯の差し歯で一番重要なのは色合い。他の歯との兼ね合いで色を決めていきます。
色見本だけを見ていると、どうしてもパールのように白い歯にしたくなる方が多いのですが、実際に自分の口の中に置いてみると白すぎて浮いてしまうこともあります。
1本だけ白すぎるのは逆に目立ってしまい変なので、必ず自分の歯の色に合ったものを選ぶことをお勧めします。

・歯の根の治療ついては、以下の記事で詳しく説明しています。
確実な歯の根の治療を!歯を長持ちさせる根管治療に必要な3つのこと


保険で前歯を差し歯に!歯医者に行く前に知っておきたい費用と特徴
 

・奥歯を差し歯にするときの注意点

 

4.奥歯を差し歯にするときに生じる3つの問題

保険内の治療では、審美的な問題の多い前歯の差し歯ですが、奥歯の場合は、保険適用範囲の治療でも、大きな問題は少ないと言えます。ただし、金銀パラジウム合金が主体なので、前歯同様に以下の3つの問題が生じることを覚えておきましょう。

①周囲の歯茎が黒くなる

②金属の劣化によって隙間が生じ新たな虫歯になりやすい

③硬い素材なので、噛み合わさる歯を損傷する可能性がある

もちろん、金属アレルギーのある方は、保険適用外の金歯やジルコニアといった素材を選択することが必要となります。


保険適用内外の差し歯の値段と種類によって違う特徴について
 

・保険が適用されない差し歯

 

4.保険外の差し歯の種類・特徴・費用

予算に余裕があるなら、保険外の差し歯もお勧めです。
前歯は見た目に大きく影響してくる部分ですから、審美性や耐久性にこだわる方も多いのです。
保険外になると、もちろん保険内よりも価格は高くなり、数万円するのが普通です。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッド
費用は4万円~と、保険外の差し歯の中では比較的低予算で作成できます。
金属の土台ではありませんが、素材自体に強度があるので耐久性も高いのが魅力。レジンにセラミックの粒子を練り合わせた素材「ハイブリッドセラミック」を使っています。
金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心ですが、レジンの部分は経年変色は避けられないということを覚えておきましょう。

オールセラミック

オールセラミック
審美性の高さに定評がある「オールセラミック」は、レジンを使わずすべてセラミックで作られています。
レジンのように、着色や経年変化による変色もありません。すべてセラミックなので、金属を使うことによる歯茎の黒変などのトラブルもなく、より美しさを求める方にお勧めです。
色も、既存の歯と同じ色合いに作成することが可能なので、差し歯だとは分からないくらい自然に仕上がります。価格は少し高額で、8万~が一般的です。

メタルボンド

メタルボンド
内部は金属で、表面をセラミックで覆ったものを「メタルボンド」と言います。
価格は8万~15万円くらいになります。オールセラミックと同様に素材に汚れが付きにくく、経年変色がありません。金属を使用している分、耐久性に優れています。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン
前歯にも奥歯にも使える「ジルコニアクラウン」は、10万~20万円程の高額な素材です。
生体親和性の高いジルコニアを内部に使い、それをセラミックで覆っています。人工骨にも使われるほど身体に合う素材なので、金属アレルギーの方などには特にお勧めです。

また、ジルコニアはセラミックなので、溶け出すことはありません。歯と歯茎の境目が変色する心配がありませんし、表面はセラミックなので着色や経年変色も避けられます。
ジルコニア素材にセラミックを焼き付けることで、より透明感のある仕上がりになります。


保険で前歯を差し歯に!歯医者に行く前に知っておきたい費用と特徴




【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。