チョコレートと虫歯の微妙な関係!

チョコレートと虫歯の微妙な関係!

・バレンタインとチョコレート

片思い中の男性へのチョコレート

片思い中の男性へのバレンタインチョコの選び方

2月14日。

片思い中の女性にとって、その日は待ち遠しいような、できれば来ないで欲しいような、そんな日なのではないでしょうか。

しかし、いったいどんなチョコレートを用意したらいいのか?

悩んでいる女性も多いはず。今回は予算や一緒にいれる贈り物など『片思いの男性に渡すチョコレート選びの5つのポイント』について解説していきます。

 

片思いの男性に渡すチョコレート選びの5つのポイント

 

【1】手作りと市販はどちらがいいの ?

手作りと市販はどちらがいいの?

もしも、相手の男性が気心の知れた人、あるいは『確実に脈アリ』と分かっているのであれば手作りを渡した方が、喜んでもらえる確立は高いです。手作りチョコレートを受け取ると男性はこんな風に思います。

  • 自分のために一生懸命作ってくれたんだな
  • わざわざ手作りしてくれたんだな
  • 自分だけ特別なのかもしれない

『本命チョコ』ということも伝わりやすくなります。

しかし、あまり親しくない男性に渡すのなら、市販のものがおすすめ。あまり親しくない人から手作りのものをもらうことに抵抗がある人もいるからです。

バレンタインで片思いの男性に渡すチョコレートを選ぶときの5つのポイント

 

・チョコレートを食べると虫歯になりやすい?

 

チョコを食べると虫歯になりやすいの?

 

そこでチョコについて少しお話したいと思います。

皆さんもチョコレートを食べると虫歯になると聞いた事があるかと思いますが、

実際のところはどうなのでしょうか?

 

根本的にはチョコレートそのものというより、チョコレートに含まれる砂糖が虫歯の原因

の1つと言え、虫歯菌の一種であるミュータンス菌は砂糖を餌として強い酸を出しま

す。

またお子様が虫歯になる原因の1つとして、食べ物の口移しやキスなどで両親の唾液から

このミュータンス菌が子供に感染することがあげられます。

ですからチョコレートと言うより、口の中に糖分を残さないということが大切なのです。

 

チョコレートの原材料のカカオにはもともと抗菌作用があり、これが虫歯菌にも作用する

といわれています。

重要なことは、何かを食べたらすぐに口の中をすすいでいで糖分を残さない!

という事でなのです。

虫歯予防の有効手段は、やはりしっかり歯磨きをすることを習慣付けることと言えるで

しょう。

皆さんも歯磨き習慣をつけて虫歯を予防しましょう!


チョコを食べると虫歯になりやすいの?

・虫歯になりにくいチョコレート&チョコの食べ方

 

■チョコレートを食べると虫歯になりにくい!?


チョコレートを食べると虫歯になると言われていますが、それ実は間違いなのです。
ウーロン茶や緑茶には虫歯予防があることが知られていますが、チョコレートやココアに含まれているカカオ成分にも虫歯を防ぐ効果があります。

チョコレートには「カカオ・ポリフェノール」という成分が含まれていて、このポリフェノールが抗酸化物質として、虫歯予防を助ける働きがあります。

「カカオポリフェノールに虫歯を防ぐ作用がある」と実験で証明されています。

虫歯
カカオ・ポリフェノールの効果

•虫歯の原因になる虫歯菌への抗菌作用
•歯周病菌に対する殺菌効果
•歯垢をつきにくくする
•口臭を防ぐ


しかし、安心してはいけません。
虫歯菌は砂糖が大好物です。
虫歯の元になるミュータンス菌やソブリヌス菌は砂糖を餌として強い酸を出します。この酸が固い歯を溶かして穴が開いて虫歯になります。


チョコレートだからと言ってなんでも良い訳ではありません。
ミルクチョコレートからは抗酸化成分であるカカオポリフェノールはほとんどなくなってしまっています。そしてホワイトチョコレートにはカカオポリフェノールは含まれていません。


カカオポリフェノールの含有率が高い、カカオ70%以上のビターチョコレートがおすすめです。
■チョコレートを食べると虫歯になりにくい!?
 

1.チョコは歯の敵じゃない!

チョコで虫歯になる?

「チョコ=虫歯の元」の嘘

「チョコレートを食べると虫歯になる」と思っている人は、きっと多いはず。でも実はコレ、間違いです。食べ方さえ間違わなければ、チョコレートを毎日食べていたって、虫歯のない白い歯を維持することができます。

チョコレートの主成分はカカオ。これは虫歯の原因にはなりません。危険なのは、チョコレートを作る際に入れる砂糖です。口の中に砂糖を残したままにすると、虫歯になります。

逆に言うと、チョコレートを食べても、口内に糖分を残さなければよいのです。食べた後にうがいや歯磨きをすれば、虫歯の危険を回避できます。

抗菌効果を持つチョコレートも

白砂糖は虫歯になりやすいですが、実は虫歯になりにくい砂糖もあります。黒糖に含まれるラフィノースというオリゴ糖の一種には、虫歯予防の効果があります 。また、てんさい糖は、ビタミン・ミネラル・オリゴ糖を含有。これらの砂糖を使ったチョコレートは虫歯になりにくいだけでなく、抗菌効果も期待できます。

また、カカオには元々、ピロリ菌や大腸菌を殺傷する抗菌作用があることが知られています。さらにカカオバターには、虫歯菌の一種である連鎖球菌の活動を抑える働きがあることも明らかになりました。虫歯の原因になるどころか、チョコレートは虫歯をやっつける力を持っていたのです。


虫歯予防に、◯◯まで!?チョコレートに隠された3つの真実




【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。