歯石を取る本当の理由って知っていますか?

歯石を取る本当の理由って知っていますか?

 

なぜ歯石を取らなくてはいけないのかと思っている方も多いのではないでしょうか。歯石とは歯の周りについている石のようなものです。歯医者で歯石を取るのは面倒ですよね。しかし、実は歯石はただの石ではなく、そのままにしておけば歯が歯周病で抜けてしまう場合もあるのです。歯石は歯周病の原因である細菌の住みかなのです。今回は歯石がなぜできてしまうのか、そして取らなくてはいけない理由について詳しくお話しします。ぜひ、参考にしてください。

1.歯石とは

お口の中で歯の周りにつく石のようなものです。プラーク(細菌の塊)が唾液の中のカルシウムやリンなどのミネラル成分と結びついて石のように固くなったものを歯石と言います。

1-1.歯石はなぜ取らないといけないのか

歯石自体は石なので悪いものではありません。歯石は軽石のように小さな穴が空ていて、そこを住みかに細菌が繁殖し、毒素を出します。その毒素が歯茎を腫らせたり、歯の周りの骨を溶かす歯周病の原因になります。歯石の中の細菌は歯磨きなどでは取れないので、歯石ごと細菌を取る必要があります。歯周病は糖尿病、心臓病、脳卒中、慢性腎疾患、肺炎、骨粗しょう症、癌および早産などの合併症を伴うことがあります。そのため歯周病を改善することはとても重要なことであります。

000000775Camera_201311300934270000007750

  

 1-2.なぜすぐにプラークが歯石になってしまうのか

歯は食事をする度に表面のミネラル成分であるカルシウムやリンが溶け出して(脱灰・だっかい)しまいますが、唾液の中にあるミネラル成分によって元に戻ります(再石灰化・さいせっかいか)。このように唾液の中には歯が虫歯にならないように、大量のミネラル成分が含まれています。だから、プラークが残っていると48時間で歯石になってしまうのです。


絶対歯石を取ったほうがいい本当の理由
 

・保険が適用される歯石除去

 

1.歯石除去にかかる費用の違い

日本の保険制度は、病気の人には優しく、健康な人には厳しくできています。歯石除去においても、保険適応できる「保険診療」と保険適応外となる「自由診療」に区別されます。

では、保険適応と保険適応外にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、それぞれのメリットやデメリットを考えながら、歯石除去にかかる費用についてご紹介します。

1-1 保険適応の費用

一般的な歯科医院では、歯石除去を保険適応の費用で受けることができます。費用は、1回2000円から3500円程度で、対象者は病気の人(歯科では虫歯や歯周病など)です。ただし、保険適応するかどうかの判断は、歯科医師にゆだねられていることが多く、事前に相談が必要です。

メリット

・治療費が安い

・短時間の治療で済む(10分から15分程度)

デメリット

・厚生労働省が定めるルールに基づいた治療(制限がある)

・短時間の治療のため、通院回数が増える

1-2 保険適応外の費用

歯の美しさや予防目的の歯石除去は、保険適応外の費用となります。対象者や治療内容に制限がなく、誰にでも治療が可能です。1回の費用は、5000円から20000円前後です。費用は、医師が自由に設定しており、歯科医院によって異なります。

メリット

・時間をかけた丁寧な治療ができる

・保険適応外の材料が使用できる(フッ素塗布など)

・通院回数が少なくて済む(1回で治療が終わることもある)

デメリット

・全額自費となり高額になる


歯石除去にかかる費用と種類!何度も通う必要性について
 

・徹底的に歯石を除去するには?

 

4.徹底的に歯石除去するPMTC

これまで紹介した以外にも、保険適応外で歯石除去する「PMTC」という処置があります。ここでは「PMTC」について詳しくご紹介します。

4-1 PMTCとは

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)とは、歯周病や虫歯を予防することを目的とする専門家による歯の大掃除です。歯科医師や歯科衛生士が専用の機械を使用し、歯磨きでは落とせない汚れを取り除きます。自然な歯の白さを取り戻したいという方には利用しやすいケアです。

4-2 PMTCの処置方法について

一般的な例を紹介します。

①診察

歯垢、歯石、着色汚れがあるかどうかを診察します。

②歯石除去

スケーリングやルートプレーニングで歯石を取り除き、汚れを落とします。

③研磨

ラバーカップという器具使い、研磨ペーストを付け、歯を1本ずつ磨いていきます。

④フッ素塗布

仕上げに、フッ素を塗布します。

4-3 PMTCにかかる費用と時間

1時間程度で、歯がツルツルになります。費用は、保険適応外で5,000~20,000円程度です。


歯石除去にかかる費用と種類!何度も通う必要性について

・歯周病予防のための歯石除去

 

歯周病の怖さとその原因

主に歯と歯茎の間の汚れ(細菌の塊)が原因となり、歯の周りの組織(歯ぐきや顎の骨など)に炎症が広がる病気を言います。
病気が進むと痛みや膿が出たり、骨に炎症が起こると徐々に溶けていくので、そこに支えられている歯がグラグラして抜けてしまいます。歯周病の治療は、原因となる汚れの除去が軸になります。
歯周病には、歯肉炎と歯周炎の区別があります。

  • 歯肉炎(汚れで歯肉が炎症を起こした状態)
  • 歯周炎(歯肉炎を放置して骨が溶けて始めている状態)

どんな治療をするの?

スケーリング(目に見える歯石の除去)

麻酔なしで目に見える範囲の歯石を除去する方法です。通常は、クリーニングというとこの方法を表します。歯石が少ない人は1回、多い人でも2回で終わります(歯肉炎の治療法)。

SRP(歯ぐきの中の歯石除去)

麻酔して外から見えない歯茎の中(歯周ポケット)に溜まった歯石をしっかり取ります。目に見えない歯茎の中を掃除しますので、お口の中をブロックに分けて最大6回かけて掃除します(歯周炎の治療法)。

どんな器具を使うの?

  • 手用スケーラー・・・手で行うので力の強さを調整できますが、効率が悪く時間がかかる。
  • 超音波スケーラー・・・効率がよくしっかり歯石を除去できるが、歯が振動でしみることがある。

治療後のお口の中の変化について

  • 炎症がなくなり、歯茎が引き締まり、出血が少なくなります。
  • 汚れが取れて炎症が治まると歯茎は引き締まり、歯と歯の隙間が大きくなります。その結果、食べ物が挟まりやすくなってしまいます。歯間ブラシを使いましょう。
  • 一時的に、歯石のコーティングが取れるので歯がしみます。
  • 歯茎が引き締まり、下に下がるので歯が長くなったようにみえます。


歯周病
 

・歯石除去はやっぱり歯医者さんで!

 

3.歯医者で行う歯石除去の方法

3−1.歯周病の状態を検査する

歯茎や歯を支えている骨の状態を確認します。歯石によって歯周病が進行している場合、不用意に歯石を取ってしまうと歯茎に腫れや痛み、急激な歯茎下りの原因となります。そのため歯茎の状態を把握した上で歯石除去の準備をします。詳しくは「30代以上の方必見!歯周病に負けない5つの知識と3つの治療法」を参考にしてください。

3−2.歯の磨き方を確認する

歯垢が付いていたり、歯茎が腫れている状態で歯石を取ると多くの出血が起こります。出血が起こる歯茎の状態で歯石を取ると腫れや痛みだけが強く、歯石をしっかりとることができなくなります。また、出血によってすぐに歯石ができてしまいます。そのため、歯磨きの仕方を改善し、出血がない歯茎にしてから歯石を取ります。

3−3.歯石を数回に分けて取っていく

歯磨きが丁寧で定期的に歯石除去を行っている方はすべての歯石を1回で取ることができます。しかし、定期検診を行っていない方は歯茎の状態によって3回から6回程度かかります。ブロックごとに歯石除去を行い歯茎の改善を確認していきます。

3−4.歯茎が改善した状態を検査して確認する

歯周病の状態を再度検査し、歯茎の出血や腫れ、歯周ポケットの深さを確認します。歯周ポケットが深い場合は通常の歯石除去では歯石が取りきれないために、外科的に歯石除去を行うこともあります。


歯石除去を自分で行う7つのステップとおすすめできない理由



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。