ハチミツで虫歯予防??

ハチミツで虫歯予防??

・ハチミツが虫歯予防にいいってほんと?

ハチミツが虫歯予防になる

私もつい最近まで知りませんでしたが、ハチミツには虫歯予防の効果があるらしいです。具体的には寝る前に歯にハチミツを塗ると虫歯予防になるんだとか。

この他にも歯磨きの後や食事の後にハチミツを歯に塗るような方法でも虫歯予防の効果があるようです。

ハチミツが虫歯予防になる理由

ハチミツに虫歯予防の効果がある理由ですが、ハチミツには殺菌作用がある為に虫歯菌の増殖を押さえてくれるという効果があるようです。

ですが気になるのが、あのハチミツの甘さですよね。私自身もあのハチミツの甘さは気になりました。

なぜならば虫歯菌が増殖する為には糖質や糖類などが必要で、虫歯菌は増殖する際に酸を作るのでその酸が歯を溶かして虫歯を発生させるからです。

その点を実際に調べてみましたが、ハチミツに含まれるあの甘さは果糖である為に虫歯にはならないという事が分かりました。ちなみに果糖というのは果物にも含まれる甘み成分の事です。

果物に含まれる果糖は、砂糖やご飯などに含まれる糖質や糖類とは違う成分です。虫歯菌は糖質や糖類はエサにする事ができますが、果糖はエサにできないので果物やハチミツでは虫歯にならないという事になります。


はちみつが虫歯予防に使えるって本当?

・もともと健康にいいハチミツ

 

虫歯、口臭、風邪予防、美肌に期待 寝る前のひとさじ蜂蜜

2016.01.13 11:00

 書き初め、走り初め、買い初め…、年の初めにすべきことは数あれど、女性なら「美容初め」も忘れないでおきたいところ。『ひとさじのはちみつ・自然がくれた家庭医薬品の知恵』(マガジンハウス刊)の著者・前田京子さんが、読んだらすぐに取り入れられる、今年の初美容にぴったりなはちみつの取り入れ方を教えてくれた。

 効果をいちばん実感しやすいのは、“寝る前にひとさじのはちみつをなめること”だという。

「歯を磨いたあとにひとさじ、口の中に塗り広げるイメージで。虫歯を心配する人もいるかもしれませんが、実は、はちみつは歯磨き粉代わりになるくらい、虫歯のミュータンス菌を殺菌し、善玉菌を助ける働きがあり、虫歯予防、口臭予防になります」(前田さん)

 この寝る前のひとさじだけで、体に必要な各種ビタミンやミネラル類をバランスよく補え、腸内環境を整えるばかりか、免疫力アップや風邪予防、美肌効果が期待でき、良いことずくめなんだとか。

「はちみつの主成分はブドウ糖や果糖などの単糖類(それ以上分解されない糖類)なので、胃に優しく、吸収も速く、速効の疲労回復剤にもなります。一度やってみると次の日には口の中もさっぱり。効果が実感できるので、毎日続けたくなると思いますよ」(前田さん)

 さらに、はちみつは粘膜や傷のケアに最適だという。

「口内炎やのど・鼻・目の乾燥、傷口などのケアができます。たとえばのどの痛みには、ティースプーン1杯ほどを飲み込んで、患部にはちみつが届くように上を向きながら、頭をゆっくりと回転させましょう」(前田さん)

 鼻や歯茎には、綿棒にはちみつをつけ、炎症を起こしている箇所に塗りこむといい。また、普段のスキンケアとしては、洗顔料やクレンジング剤に小さじ1杯ほどのはちみつを混ぜて使うと、ベタつくことなく保湿でき、吹き出物の予防となるのでオススメだ。

 このはちみつ美容健康法、大切なのははちみつの選び方。

「“天然はちみつ”または“純粋はちみつ”を選びましょう。“加工はちみつ”は、美容や健康の効果は期待できません。もう1つのポイントは、“非加熱”もしくは“低温加熱”であること。はちみつは、40℃以上になると、含まれている、生きた酵素や活性ビタミンが少しずつ死んでしまうんです。商品に表示がない場合は、メーカーやお店の人に確認しましょう」(前田さん)

 美容に適したはちみつは、数こそ少ないが、一般のスーパーでも取り扱っている。また、ネット通販やデパ地下、はちみつ専門店などでも入手できる。

 乾燥状態が続く今、寝る前の“ひとさじのはちみつ”で、健康と、乾燥知らずの肌を手に入れたい。


虫歯、口臭、風邪予防、美肌に期待 寝る前のひとさじ蜂蜜

・ハチミツで歯を磨く

 

はちみつの役割の原点

はちみつの役割の原点 紀元前1550年頃の古代エジプト最古に重要な医学文献『エベルスの医学パピルス』に
はちみつで虫歯を防ぐ【シナモン・ゴム・はちみつ・油か油脂】とあるのです。
誰しも甘いものは歯に残ると虫歯になると思っていますよね。

日本でも昔からお家にはちみつが必ず1本ありました

また、養蜂家でもあり、はちみつ療法の専門家でもある日本の医師が
①はちみつで歯を磨くこと
②はちみつを大さじ1杯、コップの水に溶かしてうがいをすると
歯槽膿漏や虫歯を予防し、口臭を防ぐ事ができる。
と薦めているのです。
「はちみつはミュータンス菌の活動を抑えるため虫歯をつくりません」と書かれています。
その殺菌力はお口の中の菌も退治してくれるそうなのです。

その医師は養蜂家2代目でもあり、ドイツのはちみつ療法会員としても
研究をされています。

また子供の頃から病院には行かずに
お家で 腹痛・歯痛・やけどにはちみつを使って
緩和されたという実験をしてきたそうなのです。
う~~ん。これはいいかもしれませんね。
そういえば、昔から のどが痛い時にはちみつをなめたり、
大根のはちみつ漬けを食べたりしてしのいだと伝えられています。

お家で実際に試してみました

はちみつには色々種類がありますが、
ポピュラーなアカシアのはちみつを使ってみました。
歯ブラシにはちみつを乗せ 普通通りに磨いてみました。
美味しくて、ずーっと磨いていたいようでした。
歯の表面がいつもよりツルツルしています。

また別の方法として 何も付けずに歯磨きをした後に
口臭・虫歯予防の為に はちみつをなめて 口中に広げても良いのです。
また、「はちみつ」は単糖類(それ以上分解されない糖類)なので、
これ以上消化する必要が無い為に胃に優しく、
すぐに吸収され、頭にも身体にも速攻に疲労回復効果が期待されています。

こう考えてくると、寝る前の「一口のはちみつ」は
お口の中の悪玉菌を抑え、ストレスを取り除き、充実した睡眠を与えてくれることでしょう。
これを試した翌朝スッキリとしたお口の中の状態を実感できると思いますよ!
ちなみにカロリーはお砂糖の1/3です。
気を付けることは、加工品ではなく100%純粋なはちみつを使う事です。

はちみつの役割の原点

・虫歯予防を考えたハチミツ選びとは?

3. ハチミツ

ハチミツにも抗菌作用があり、虫歯菌への対策や、炎症を和らげるのに役立ちます。そのまま口に含んだり、歯茎に擦り込むようにしてマッサージすると、口臭や虫歯、歯周病の予防に役立ちます。但し、ハチミツはビタミン・ミネラルなどの栄養も豊富な反面、糖もたくさん含んでいますので、食べ過ぎや就寝前の使用には注意しましょう。

粘膜や皮膚の傷に対しても優れた抗菌・抗炎症作用を発揮します。口内炎に直接塗ると治りが早くなりますし、風邪の予防や治療として、ハチミツをゆっくりなめると喉の炎症を防いでくれます。さらに、ドロップ状のハチミツならば長時間、口の中に留めておけるので、口腔内や喉へ手軽に効かせることができ効率的です。

蜂蜜は「加工」ハチミツではなく天然の物を選ぶようにしてください。ハチミツは用途によって様々に加工されており、精製する過程でミネラルを除外した物や、製品化する際に糖を添加している物があるためです。ハチミツが本来もっている抗菌力や栄養を充分に生かせる、天然のものを選びましょう。



第56回 いつもの歯磨きにプラスしよう~天然素材を使った口腔ケア~




【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。