歯列矯正中の食事の注意点

歯列矯正中の食事の注意点

・歯列矯正中に歯が痛むのはなぜか?

 

矯正治療は痛いという話を聞いたことがあるかもしれません。確かに、矯正治療は痛みを伴うことを念頭に置いて欲しいのですが、矯正=痛いという先入観を、いたずらに膨らまさないで欲しいのです。実は、ある程度の痛みこそが、歯を動かす矯正効果の表れですし、治療期間の一部始終、ずっと痛みを抱えるわけではありません。

また、矯正効果による痛み以外にも、さまざまな痛みが生じる場合があるので、それらを事前に知っておくことで、慌てずにさまざまな対策を講じることができます。痛みには個人差がありますが、人より強くても耐えられないほどの痛みではありません。痛みの原因と解決策を知ることで、簡単に対処することができるはずです。

 

1.矯正中の痛みの原因は主に4つ

矯正治療中の主な痛みをまず、知っておきましょう。主な原因は4つ。その痛みの原因を知り、適切な予防策や解決策を把握しておけば、何も怖れることはありません。

・歯が動くときの痛み

矯正装置を付けると、歯根あたりにズーンとした歯が浮くような痛みを感じます。人によって痛みの感じ方は違うので、こうした表現で一括りにするのは適切ではないかもしれません。普段、何もしていない時に、痛みが生じたら、歯が動くことによる痛みだと考えてください。

しかし、痛みはずっと続くものではなく、矯正装置を付けた後や矯正装置の再調整後の、約1週間くらいがピークで、その後はだんだん痛みが引いてきます。歯が動く際にどうして痛むのかについては、是非2章を御覧ください。

・食事中の痛み

矯正装置を付けた後や調整した後、歯が動くときの痛みがある際は、特に食事で咀嚼する時に、痛みを強く感じるものです。器具を装着しているのですから、日常生活での違和感は当然ありますが、食事中に痛むのは避けたいところですよね。

でも、これらも徐々に痛みが引いてきますし、特に痛む時には、メニューを工夫することで、痛みを軽減できます。痛みを軽減するメニューについては、第4章でご紹介いたします。

・装置の接触による口内炎

装置が口内に接触することで、口内炎になってしまう場合もあります。歯が動くこと自体の痛みではありませんが、いつも同じ所に口内炎ができたり、なかなか治らない場合には、装置が口内に接触する部分を改善することが可能です。

・ほっぺたを噛んでしまう痛み

矯正装置を装着した直後など、装置に慣れず口内に違和感があると、思わずほっぺたを噛んでしまったりすることがあります。そこから口内炎になって痛むこともありますが、器具に慣れてくるにつれて、こうしたアクシデントは少なくなってくるはずです。

 

矯正の痛みの原因や和らげる方法を知れば全然怖くない!
 

・歯に優しい食べ物を食べる理由

 

矯正治療をしている子供さんはお喋りするのもちょっと大変そう。でも、もっと気を付けてあげなければいけないのは食事なんです。矯正治療には、着脱式のものや固定式のものがありますが、特に注意が必要なのは固定式のいわゆるブラケットと呼ばれる装置を歯にくっつけてワイヤー固定している人。そこで、意外に知られていない矯正中の食事の注意点について紹介しましょう。

 
歯の表面がデコボコしてるけど原因はなに?

画像:Pixabay

どうして食事に注意が必要なのか

矯正中には、食事が原因でさまざまなトラブルが起こることがあります。最もよく見られるトラブルは、装置が外れてしまうこと。ブラケットが外れてぶらぶらしたままにしておくと、唇を傷つけたり後戻りや治療の遅れの原因になります。また、装置の材料に着色がついて、見た目に不潔に見えてしまうケースもあります。

もう一つ注意したいのは虫歯や歯周病です。矯正中は、装置やワイヤーを外さないよう接着しているので歯ブラシがとてもやりにくく、虫歯や歯周病のリスクがぐんと高くなります。虫歯の治療で受診する患者さんの中でも一目で矯正をしていたかどうかがわかるほど、典型的な虫歯のでき方をするんですよ。


歯列矯正で歯が痛む!そんな時でも食べられる食事はこれ
 

・食べてはいけない食べ物

  

矯正中に注意が必要な食べ物

歯の表面がデコボコしてるけど原因はなに?

画像:Pixabay

では、どんな食べ物に気を付けるといいのでしょう。

硬い物
例えばナッツ類やせんべい、子供が大好きな氷や飴をがりがり噛んでしまうと、ブラケットに思わぬ力がかかり外れたり壊れてしまうことがあります。
くっつきやすい物
ガムやキャラメル、お餅などは、ブラケットにくっついたり巻き付いて外れてしまうことがあります。
歯に詰まりやすいものや残りやすい物
スナック菓子やチョコレート、クッキー、鶏肉のような筋のあるものなどは、奥歯の溝や歯と歯の間、装置の隙間に挟まって残りやすいものです。そのため虫歯や歯周病を引き起こす原因になりやすいものです。
色素沈着しやすいもの
コーヒー、ウーロン茶、カレー、パスタなどは着色が付きやすい食品です。装置の接着剤や固定のためのゴムが変色して汚く見えてしまうことがあります。

歯列矯正で歯が痛む!そんな時でも食べられる食事はこれ
 

・歯列矯正で歯が痛むときの食事

  

ではどんなものを食べればいいの?

歯の表面がデコボコしてるけど原因はなに?

画像:Pixabay

基本的には矯正中に食べてはいけないものという制限はありませんので、何でも食べていいのです。ただ、注意が必要なものや食べ方があるということ。それと、矯正を始めるとしばらくはとっても痛いのです!ようやく慣れてきたころにはまたワイヤーをきつく締めて引っ張らなければいけないのでましばらくは痛みとの戦いが続きます。

この痛みがある時期は、食べ物を選ぶ必要があります。なんせ痛くてあまり噛めないのですから。そこでおすすめを以下にまとめました。

矯正治療中におすすめの食事

粥や雑炊、うどん・そばなどの麺類

ウィダーインゼリーなどの栄養補給ゼリー、ヨーグルトや豆腐、茶碗蒸しやプリンのような口に入れるとどろどろになるもの

みじん切りやミキサー、ブレンダーですりつぶして飲みやすくしたコーンスープやスムージー、マッシュポテトなど

痛みがある間は食事をするのも億劫になりますよね。とにかく元気が出てあまり噛まずに飲み込めるものが、慣れるまでの間はおすすめです。


歯列矯正で歯が痛む!そんな時でも食べられる食事はこれ

・おすすめの献立

 
矯正中の食事は歯が痛むのでとても困難ですよね。今回は矯正中に歯が痛くても食べることができる矯正にやさしい食事をご紹介致します!

 

皆さんこんにちは!どくらぼ編集部でございます!

今回のテーマは

矯正中のアナタにおすすめする献立

でございます。

歯を矯正すると、慣れるまでは歯がとても痛んでしまうもの。歯をカチカチと噛み合わせるだけでも痛みが走ることも。ですから、食事も中々満足にできません。

そこで、今回は矯正中でも栄養を取り、しっかりとご飯が食べられる矯正にやさしい献立をご紹介致します!画像を中心に、サクサクと読みやすい内容なので、是非お付き合い下さい。

矯正にやさしい食事、メインとなる献立の王道はやはりこれ。

お粥は栄養のバランス、食べやすさ共に優れていて矯正中の良い味方です。しかし、食べた実感が少ない。腹持ちがそこまで良くない。という理由から人気はあまりないというのが現状です。

そこで、ご飯はしっかりと食べた実感が欲しいが、痛みが出るのであまり噛みたくないという方にオススメの献立を次にオススメ致します。

矯正中にやさしい食事。痛みが少なく野菜もしっかり摂れる献立

    

「ミネストローネ」

ミネストローネはイタリアの国民的スープで野菜がゴロゴロと入っているのが特徴です。玉ねぎや人参などをトマトベースでスープにします。

栄養価もとても高く、腹持ちがよく、非常に噛みやすいのが特徴です。ただ、難点としては作るのが手間だということです。そこで、以下は食べやすく作りやすく腹持ちのいいものをテンポよくご紹介致します

矯正中にやさしい食事、お手軽で食べやすいものをご紹介

「バナナジュース」

バナナと牛乳でミキサーにかけてさっと作れるこの献立は一度覚えてしまうと病みつきになります。バナナ以外でも色々なものをミキサーにかけてジュースにしてみて下さい!

「刺し身」

筋の少ない南マグロや本マグロの赤身など非常に噛みやすく腹持ちも良いです。サーモンやハマチ、ブリといったものも筋が少なく食べやすいです。

「玉子焼き」

矯正中は卵に大変お世話になると思います。玉子焼きやオムレツなど卵を使った料理は非常に矯正にやさしい食事であり、バリエーション豊富な献立です。以上が矯正中に食べやすい、お手軽な献立です。

しかし、作るのがめんどくさい。でもしっかりと食べたい。でも歯が痛い・・・という方も中にはいらっしゃると思います!

そんな時に注目すべきが「流動食」です!以下では流動食の中でも食べやすそうなものをご紹介!

 

矯正にやさしい食事は老人にやさしい食事。流動食が食べやすい!

以下流動食のご紹介をしたいと思います。「矯正中」に流動食が食べやすいとの報告を頂き、調べてみたらちょうどいいものがありました。何だか商品宣伝みたいになって、嫌ですが皆さんの矯正中の食事の苦労が緩和できればと思いました。

この、「あいーと」という食べ物なのですが、食事を摂ることができない方のために作られたもので、この画像から分かるように食べ物をスプーンでも潰せるような加工をしてあります。酵素の力を使い、繊維を分解し通常よりもはるかに柔らかくしているのだとか。露骨に宣伝をするのはいやなので、気になった方はご自分で調べてみてください!色々なメニューもある模様です。


矯正中の食事は工夫が大切!矯正にやさしい、おすすめの献立5選!


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。