自分の口臭に気づいたら歯周病や歯の病気を疑いましょう!

自分の口臭に気づいたら歯周病や歯の病気を疑いましょう!

・自分の口臭を知るには?

口臭が気になります。自分で口臭を測る方法はありませんか?

口臭を自分で測定する方法

東京のサラリーマンを調査したら約 3 割が「口臭がある」と答えました。一方、ニューヨークのサラリーマンは、誰も口臭を気にしません( Lion デンタル情報 No.17, 2001 )。理由は、ニューヨークでは大多数が1年に1~4回も歯科で定期健診し、健康に自信があるからだと思われます。ところが日本では、歯の定期健診や「歯石取り」が習慣化してないので、口臭が気になる人が多いようで、そのため 10 年以上前から、コンパクトな一般向け口臭検知器が市販されています。しかし、あまり正確ではありません。機器を使わない方法として、単純に両手の中に息を吐き出して臭う方法があります( 図 2)。 


また、大きめのカップに息を吹き込んで直ちに本などで蓋をして、一呼吸二呼吸おいてから、蓋を開けカップの中を臭う方法があります(図 3 )。 いずれの方法も、自分の臭いに慣れてしまった自分の鼻で嗅ぎますので正確ではありません。さらに欧米ではリスト(手首)テストも行われています。自分の手首を舌で大きく舐めて、手首についた唾液の臭いを嗅ぎます。ところが、口臭が無くても唾液は臭うことが多く、この方法も正確ではありません。やはり、他人に臭いを嗅いでもらうのが一番です。

また、このような口臭測定を神経質な方が行いますと、口臭が無いのに「口臭がある」という誤解の原因にもなります。自分で測定するより、先ず定期健診で歯周病を予防し、口臭が出てくる時間帯(次項参照)を予め知ったうえで口臭予防するのが得策でしょう。


お口のトラブルと治療 > 口臭

・口臭がする原因とは?

 

口臭の原因の9割はこれ

 では口臭の原因となるのは、どんなことでしょうか。それには大別 すると、生理的口臭と病的口臭とがあります。

生理的口臭とは

 自然な口の臭いのほかに、食べ物やタバコ、アルコールなどによって生じる臭いが生理的口臭です。食べ物のなかでも、口臭の原因となりやすいのはニンニクとネギ、ニラ、ラッキョウなど。とくにニンニクは腸から吸収された成分が血液中に入り、体中を回って肺から息として吐き出されるため、いつまでも臭いが残ります。またアルコールも本人にはわかりにくいのですが、強い臭いが漂います。
 自分の口臭を感じたとき、ニンニクの入った料理やアルコールの影響が残っていないかどうか、まず考えてみましょう。ニンニクやアルコールの臭い解消には、牛乳が効果的なので試してみてください。梅干やレモンにも、食べ物の臭いを薄める効果があります。もちろん歯磨きも忘れずに。

病的口臭とは

 病的な口臭には、次のようなものがあります。
● 口の病気"虫歯、歯周病、口内炎など。 
● 鼻やノドの病気"蓄膿症や扁桃炎、アデノイドなど。 
● 胃腸の病気"胃炎や胃拡張など。この関連で、舌に白いコケのようなもの(舌苔)が増え、それが臭いを発することがあります。舌苔をとる専門の用具もありますが、歯ブラシで軽くこするだけでも臭いはかなりとれます。 
● 呼吸器の病気"慢性気管支炎など。 
● その他"糖尿病や肝臓病、腎不全、がんなど。 
 こうした病気のなかでも、もっとも口臭の原因となりやすいのは、虫歯と歯周病です。じつは慢性的な口臭の原因の9割は虫歯と歯周病といわれるほど。つまり口臭を気にするなら、虫歯と歯周病を防ぐためのオーラルケアこそがもっとも重要なのです。そこでこの2つについて、くわしくみていきましょう。

口臭の原因は?オーラルケアしていますか?

・自分で口臭予防をしたい!

 

3.日々の生活で口臭を予防する方法

3-1.舌も忘れず掃除する

口臭の原因である揮発性硫黄化合物は、特に舌の上で最も多く作られます。これは、舌の表面に食べカス、古くなった細胞などが付着した白い苔のような汚れである「舌苔」を細菌が分解して悪臭を作り出すためです。1日1回、舌ブラシを用いて舌の清掃を行いましょう。歯ブラシで舌をみがくと、舌の表面にたくさんある舌乳頭という突起がちぎれ、微量ですが出血することがあります。口臭の原因菌は、血液中のタンパク質が大好物ですから、微量な出血でも口臭の原因になる可能性があります。

3-2.デンタルフロスや歯間ブラシなどを用いて、歯の間を掃除する

歯と歯の間には口臭を生み出す細菌が潜んでいます。しかし残念ながら歯と歯の間の細菌は歯ブラシだけでは除去できません。必ず毎日歯磨き後に、フロスや歯間ブラシを使用しましょう。

3-3.唾液がよく出るような食事をする

軟らかいものばかり食べていると、よく噛むことをしなくなるので、口の周りの筋力が衰え唾液の分泌が減少する原因になります。噛みごたえのある食べ物は、一口30回を目安によく噛んで食べましょう。


自宅でできる3つの口臭チェックと11の予防法

・歯科医院で行う口臭予防

 

4.歯科医院で口臭を予防する方法

4-1.口臭の一番の原因である歯周病の治療をする

歯周病菌の多くが、歯周ポケットに潜んで、唾液、血液あるいは食べカスに含まれるタンパク質などを分解して口臭を発生します。歯周病はほとんど痛みもなく進行していくため、歯を磨いた際に出血したり、歯茎がはれたりあるいはグラグラしている歯がある方は、自分では気づかないうちに口臭を出しているかもしれません。歯周病は初期のうちでも口臭が出ます。早めに治療を行っていきましょう。詳しくは「歯周ポケットは口臭や歯周病の始まり/歯周ポケット改善方法」を参考にしてください。

4-2.虫歯は口臭以前のエチケット

虫歯が進行して歯にポッカリ開いてしまった場合、あるいは詰め物が取れてしばらく放置している場合、歯磨きをしてもなかなかうまく磨くことができず、細菌が発酵して口臭を出します。虫歯の治療をして細菌の住みかをなくすことによって、口臭を防ぐことができます。詳しくは「キレイに治す前歯の虫歯治療/笑顔をとりもどす治療」を参考にしてください。

4-3.親知らずは早めに抜歯する

斜めや横向きに生えている親知らずは、食べ物が詰まりやすく、また一番奥に生えているため、歯磨きが難しいことから、口臭の原因である虫歯や歯周病が進行していることが多々あります。トラブルが多い親知らずは早めに抜歯をし、口臭予防をしておきましょう。詳しくは「親知らずが口臭の原因となる5つのメカニズムと3つの対策法」を参考にしてください。


自宅でできる3つの口臭チェックと11の予防法

・歯槽膿漏だと診断されたら即治療を行いましょう!

 

歯槽膿漏で口が臭いと言われた…口臭の原因と治療法

人は自分のにおいには慣れてしまいやすく、臭いにおいを放っていてもなかなか気付きにくいものです。ある日突然、家族や身近な人から「口が臭いよ」なんて言われたらショックですよね。でも、他人から言われるほどの口臭というのはよっぽどひどいと考えた方がよさそうです。

ここでは歯槽膿漏で口臭がひどくなっている場合について原因、対策などについてお話ししていきます。

歯槽膿漏が進行すると臭う理由

ニオイ

歯と歯ぐきの境目に歯垢が溜まることによって歯ぐきに炎症が起こります(歯肉炎)。まだ歯肉炎の段階では歯ぐきの溝(歯肉溝)が浅い為、歯垢を構成している細菌は空気がある場所で繁殖できる細菌(好気性菌)ですが、炎症がだんだんひどくなるとやがて歯と歯ぐきの間の付着がはがれて溝が深くなってきます。このように歯肉炎が進行して付着がはがれた状態を歯周炎と言い、歯肉溝が病的に深くなったものを歯周ポケットと言います。

(クリックまたはタップで拡大してご覧ください。)

歯槽のう漏のしくみ

そうすると歯周ポケットの内部では空気がない所で繁殖できる細菌(嫌気性菌)が増加します。この嫌気性菌は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンのガスを発生します。そのため、歯肉炎では口臭が強く出ないのに、歯周炎ではひどい口臭が出ると言うわけです。

ちなみに、硫化水素は「卵の腐った臭い」「くさいオナラの臭い」、メチルメルカプタンは「腐った玉ねぎの臭い」、「魚の血なまぐさい臭い」等と表現されます。

 

歯磨きや洗口剤だけでは防げないの?

洗口剤

歯槽膿漏(歯周病)で口臭が出ている場合、歯肉炎程度であれば歯磨きだけでも歯垢を取り除くことができますので、十分口臭を防ぐ効果があると言えます。

しかし、ひとたび歯周ポケットが深くなってしまった場合、歯磨きだけでは残念ながら口臭を消すことはできなくなります。それはなぜかというと、深い歯周ポケットの中に溜まった歯垢は歯磨きでは取り除くことができないからです。歯周病にかかってしまっている人は、定期的に歯科に通い歯周ポケットの中に溜まった歯垢・歯石も取ってもらうようにしましょう。

 

歯槽膿漏がひどくなった場合はこんな治療法も

歯槽膿漏(歯周病)がひどい場合も、基本的には軽度の歯周病の治療(歯石取りと、家庭での徹底的なブラッシング)と同様な治療を行いますが、徹底的に歯石を取りたい場合にはフラップ手術と呼ばれる歯周外科治療を行う場合があります。

フラップ手術は歯ぐきを切開して剥がし、歯の根っこの表面にへばりついた歯石や汚染物を目で直接見ながら器具で丁寧に取り除き、その後また歯ぐきを縫い合わせる、というものです。

フラップ手術を行うメリットとしては

  • 歯ぐきを開いて、よく見える状態で根の表面を清掃できる。
  • 余分な歯肉を切除することによって歯周ポケットを浅くすることができるため、細菌の繁殖する場所を減らすことができる。
  • 歯周ポケットが浅くなるため、口臭も改善しやすくなる。 
  • 歯周ポケットが浅くなるため、自分でのお手入れがしやすくなる。

などがあります。

デメリットとしては

  • 歯ぐきが引き締まる為、根っこが露出し、歯が長く見える。
  • 根っこが露出することにより知覚過敏がでやすい。

などが挙げられます。


歯槽膿漏で口が臭いと言われた…口臭の原因と治療法


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。