入れ歯の正しいお手入れで息もスッキリ!

入れ歯の正しいお手入れで息もスッキリ!

 

・絶対必要な入れ歯のお手入れ

  

入れ歯ってどんな構造をしているの?

入れ歯の構造

入れ歯には、基本的に次の3つの部分があります。

  1. 01. 人工歯
    失ってしまった歯の代わりになる人工の歯。
  2. 02. 義歯床
    上あごや歯ぐきなどの歯のない粘膜部分に接する入れ歯の土台。
  3. 03. クラスプ(バネ)
    部分入れ歯を使用する際に、入れ歯を支える歯にひっかけるためのバネ。
    ※ノンクラスプ(バネなし)もあります。
 

よくみる入れ歯

口腔ケアの現場でも目にすることの多い一般的な入れ歯です。

総入れ歯

s

総入れ歯とは、歯を全て失ってしまった場合に使用する入れ歯です。
人工歯と義歯床でできています。

 

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、歯を失ってしまった本数が1本から、また支えになる歯が部分的に残っている場合に使用する入れ歯です。
失ってしまった歯の場所により、部分入れ歯のかたちは変わります。
人工歯、義歯床、クラスプでできており、クラスプを入れ歯を支える歯にひっかけることにより、入れ歯を固定しています。
ノンクラスプの部分入れ歯はクラスプではなく、義歯床を入れ歯を支える歯にひっかける形状にして固定しています。

 

レジンプラスチック床と金属床

人工歯や義歯床の素材は選ぶことができますが、素材によっては保険適用外となる場合があります。

 

レジンプラスチック床

レジンプラスチック床

入れ歯の土台となる義歯床が全てレジンプラスチックでできています。
歯ぐきの色に近いピンク色の土台をつくることができますが、強度を持たせるためある程度の厚みを要します。
保険適用の一般的な入れ歯です。

 

金属床

金属床

入れ歯の土台となる義歯床が金属でできているものを指します。
レジンプラスチック床と比べて、熱を伝えやすいので異物感が少ないといえます。
金属床は保険適用外となります。


入れ歯の種類
  
デンチャープラーク

 入れ歯に付く歯垢です。食べ物の残りかすとそれを栄養としている細菌とそのカスのかたまりです。口の中の状態が悪くなったり、手入れを怠ると入れ歯に付着し義歯口内炎を引き起こす原因となります。

義歯性口内炎

 入れ歯を付けていると慢性的な刺激や圧迫によって、入れ歯があたっている粘膜や入れ歯の床縁が浮腫状に炎症を起こしてしまいます。病因として真菌類のCandida albicans(口腔内に共存している代表的な常在菌)が関連していると考えられます。粘膜面に白い苔状の付着物が見られこともあります。

 入れ歯のお手入れの方法によってデンチャープラークや義歯口内炎の発生には相関関係があると報告されています。清掃しないひとの60%にデンチャープラークが、49%に口内炎が著明に確認されました。しかしブラシと入れ歯洗浄剤を併用している人の約90%がデンチャープラーク、口内炎ともに陰性でした。

ごえん
誤嚥性肺炎

 誤嚥性肺炎は高齢者や寝たきりの老人の方に多く見られる、食べ物や唾液が誤って気管に入ってしまう「嚥下(のみこむこと)障害」によって引き起こされる肺炎です。寝ているときに唾液を誤嚥し、唾液に含まれるている細菌によっても引き起こされてしまいます。

 誤嚥性肺炎予防のためにも入れ歯はもちろんお口の中のお手入れもたいせつです。

お手入れを怠ると
 

・汚れやすい入れ歯

 

汚れやすいポイント

入れ歯は、端の方やクラスプが特に汚れやすいのよ。


 

入れ歯の汚れるポイント

入れ歯の汚れるポイント

入れ歯についた食べかすを流水で取り除いただけでは、入れ歯に歯垢が残ってしまい、お手入れが不十分になってしまいがちです。
入れ歯を磨く際は、入れ歯をよく観察して、磨き残しのないよう丁寧にお手入れをしましょう。
入れ歯のお手入れの理想は、毎食後にお口から外して行うことです。
お口を清潔な状態に保つためにも、食後はできるだけ入れ歯を外して洗いましょう。

 

総入れ歯の場合

総入れ歯の場合

入れ歯の義歯床であるお口の粘膜にあたる内側のくぼみや、人工歯と人工歯の間に特に汚れがたまります。

 

部分入れ歯の場合

部分入れ歯の場合

部分入れ歯は、クラスプの部分が特に汚れますので、丁寧に入れ歯専用ブラシをあてて磨きましょう。

 

忘れがちなポイント

部分入れ歯の場合

磨き残しやすい場所としては、入れ歯の端の方です。
端の部分は意外に見落としがちですので、端までしっかりとブラシをあて磨きましょう。指で触ったとき、ヌルヌルしていない状態になっていれば磨けているという目安になります。

 

入れ歯って毎食後にお手入れした方がいいの?

入れ歯のかたちは人それぞれ違って複雑だから、どうしても汚れのつきやすいポイントが出てきてしまうの。
お食事の後は、お口の中に食べかすが多く残ってしまいやすいから、お手入れをおすすめするのよ。


汚れやすいポイント
 

・正しい入れ歯のお手入れ

  

毎日のお手入れの仕方

  1. 毎食後入れ歯をはずします。はずした入れ歯を良く観察して破折やクラスプ(針金)が壊れていないか確認します。
  2. 入れ歯専用のブラシを使って流水下で洗います。特に針金や内側は汚れが残りやすいので念入りに行ってください。あまり力を入れすぎると入れ歯を傷つけたり針金を壊す原因になるので弱い力で丁寧に洗いましょう。決して歯磨き粉はつけないでください。プラスチックで出来ている入れ歯には研磨剤の入っている歯磨き粉は大敵です
  3. 口の中の残っている自分の歯は、ブラッシング、歯間ブラシなど念入りに磨いてください。最後に舌で触って針金が架かっている歯が欠けたり冠が外れたりしていないか確認してください。
  4. 入れ歯が乗る部分の歯ぐきは歯ブラシでこすると傷がついてしまいます。指の腹でマッサージするようにぬめりを取りましょう。血行もよくなり、入れ歯で押されて傷になりそうな場所の早期発見にもつながります。

就寝時のお手入れ

歯ぐきの安静と口内炎の予防のため、就寝時には入れ歯を外しましょう。外した入れ歯はブラシで洗ったあと、洗浄剤を入れた容器に一晩浸しておきましょう。歯ブラシでは落ちにくい細菌も除菌することができます。

翌朝入れ歯を使う前に流水でよく洗い、ぬめりが残っている場合は軽くブラシで洗ってください。

一般的に、義歯は、高温・乾燥により変形する材質を使用しています。熱いお湯をかけたり浸したりしないでください。

定期検診で状態のチェック

お口の状態は日々変化します。いつもお口にぴったりのものをお使いいただくためには、調整が必要です。
長く快適に使うために半年に一度は定期検診をお受けください。

入れ歯安定剤は、一時的に義歯を安定させるものです。義歯のゆるみ等が気になる場合は、お早めに、歯科医師にご相談ください。 
歯ブラシや洗浄剤で落ちにくいタバコのヤニ・茶渋などは、ヤスリ等で無理に取ろうとすると、義歯が破損する原因になります。無理に取ろうとせず、歯科医院で取ってもらいましょう。同様に、クラスプ(金属のバネ)がゆるいからと、ペンチで曲げたりしないようにしましょう。



入れ歯のお手入れ方法
 

・入れ歯を長持ちさせていつまでも健康をキープ!



ずばり長もちさせるコツは毎日のお手入れです。毎日自分の歯を磨くのと同じように入れ歯も毎日のお手入れが大切です。

毎日のお手入れを怠ると汚れが沈着してなかなか落ちにくくなってしまいます。そうするとより強力な洗浄剤が必要となります。しかし、強力な洗浄剤は漂白作用も備えているため、入れ歯の材料を傷めてしまう可能性があり、洗浄剤の種類によっては金属部分を変色させてしまうこともあります。

強力な洗浄剤は、入れ歯の表面は痛めてしまい、さらに汚れが付き易くしてしまいます。そこでもっと強力な洗浄剤が・・・と悪循環に陥ってしまいます。つまり毎日のお手入れをすることで、汚れを落ち易いうちに落としてしまうことが、一番長もちさせるコツになります。

 
長持ちさせるコツ





【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。