電動歯ブラシ、正しく使っていつも美しい歯をキープ!

電動歯ブラシ、正しく使っていつも美しい歯をキープ!

・電動歯ブラシの正しい磨き方ってあるの?

 

1.電動歯ブラシの効果的で正しい使い方

電動歯ブラシは手動の歯ブラシと違い、「ゴシゴシ」と自分で動かす必要はありません。歯や歯と歯茎の境目に“当てる”だけで、歯ブラシは電気の力で小刻みに動いてくれます。

ただ気をつけてもらいたいのは、歯のどこに歯ブラシを当てれば、効果的なブラッシングができるかということです。単純に歯の表面に押し当てているだけだと意味がありませんので、これから電動歯ブラシの正しい使い方を紹介していきます。

1-1 電動歯ブラシの正しい持ち方

まずは、電動歯ブラシの正しい持ち方を紹介します。持ち方は手動の歯ブラシと同じように2通りあります。自分に合った持ち方で磨いてみてください。

◆パームグリップ

電動はブラシの持ち方 パームグリップ

イメージとしては“テニスのラケット”を持つような感じで歯ブラシを握ってみてください。重さのある電動歯ブラシに適した“おすすめ”の持ち方です。

 

◆ペングリップ

電動はブラシの持ち方 ペングリップ

イメージとしては“鉛筆”を持つような感じの握りです。細かい動作ができる利点があります。電動歯ブラシを持つには、少し重さを感じるかもしれません。

 

 1-2 電動歯ブラシの効果的な磨き方

電動歯ブラシは手動と違い、自分で動かして磨く必要がないので、無駄な力を与えずに磨くことができます。その際、強く押し当てて歯茎を痛めることのないように気をつけましょう。電動歯ブラシの利点を最大限に生かした磨き方は、以下の通りになります。

電動歯ブラシ 歯と歯茎の間の磨き方

◆歯と歯茎の境目の磨き方

歯と歯茎の境目を丁寧に磨いていきます。その際、歯ブラシを少し斜めに当てて“45度”の角度で磨いてみてください。歯と歯茎の境目はプラークが溜まりやすいので、しっかり磨いてあげましょう。

 

電動歯ブラシ 歯の表面の磨き方

◆歯の表面の磨き方

歯ブラシを歯の表面に当てるときの磨き方は、少しだけブラシを斜めに当てるのがポイントです。

 

 

電動歯ブラシ 歯の噛み合わせ部分の磨き方

◆歯の噛み合わせ部分の磨き方

歯の噛み合わせ部分の磨き方は、歯ブラシを垂直に当てて磨くのがポイントです。

 

 

電動歯ブラシ 上の前歯表面の磨き方

◆上の前歯の表側の磨き方

上の前歯の表側の磨き方は、歯ブラシのヘッドを立てて磨いてみてください。その際、毛先の先端部分を使って歯と歯茎の境目を意識して磨くのがポイントです。

 

 

電動歯ブラシ 下の奥歯裏側の磨き方

◆下の奥歯の裏側の磨き方

下の奥歯の裏側は磨きにくく、磨き残しも多くなりがちですが、電動歯ブラシの毛先の先端部分を使えば上手に磨くことができます。

 

 

電動歯ブラシ 磨き方の悪い例

◆磨き方の悪い例

電動歯ブラシの磨き方として悪い例の磨き方です。ブラシを強く押しつけて磨くことは、歯茎を痛める原因となります。また、ブラシの寿命も短くなってしまいますので気をつけましょう。

 

1-3 矯正治療をしている場合の磨き方

電動歯ブラシ 矯正治療を行っている場合の磨き方

歯の矯正治療を行っている場合の磨き方ですが、「ブラケット」の歯に近いところはプラークが溜まりやすいので丁寧に磨くことが大切です。ポイントはブラシを歯と並行にして当てることです。また、毛先を歯とブラケットの間に無理に押し込むようなことは避けましょう。


これが、電動歯ブラシの効果的で正しい使い方!

・歯磨き粉は使ったほうがいい?  

4.電動歯ブラシに使う歯磨き粉は?

「電動歯ブラシを使っていても、歯磨き粉はいつもの同じ。」という方は、意外と多いかと思います。しかし、手動のものに使っている歯磨き粉は、刺激が強く、細かく磨くことのできる電動歯ブラシには適していないのです。

電動歯ブラシ 持ち方

刺激が強い歯磨き粉を使って、電動歯ブラシで歯を磨いていると、口内を傷める原因になってしまうので、できれば電動歯ブラシ専用とうたっているものを選ぶようにしましょう。

では、一体どういったものが適しているのでしょうか。電動歯ブラシと併用するべき歯磨き粉の選ぶポイントをご紹介します。

4-1 研磨剤が含まれていないもの

研磨剤というのは、歯の汚れを落としてくれるものですが、電動歯ブラシには適していません。

電動歯ブラシは、細かな動きで手動のものよりも、たくさん歯を磨いてくれるので、そこへ研磨剤が入ってしまうと、歯を必要以上に磨くことになり、傷をつけてしまうのです。

そのため、研磨剤が含まれていないものや、入っていても微量のものを選ぶとよいでしょう。

4-2 発泡剤が少ないもの

電動歯ブラシを使用すると、細かな動きや振動で口内が刺激されるため、唾液の量が増えます。

そのため、発泡剤が多く入っているもので歯磨きをしてしまうと、泡が大量に発生してしまい、歯を磨くこと自体がやり難くなってしまうのです。

こういったことから、発泡剤が少量のものや含まれていないものが電動歯ブラシに適しているといえるでしょう。

4-3 フッ素が含まれているもの

歯をケアするために、フッ素が入っているものを選ぶことをオススメします。

また、歯磨き粉を使用しないという方は、歯磨き後にフッ素で歯をコーティングしてあげるとよいです。フッ素を歯磨きに取り入れることで、虫歯の予防にもなります。



ちょっとのコツで美しい歯に!電動歯ブラシの効果的な使い方

・磨く場所によって少し使い方を工夫する!  

2.磨く箇所別!効果的な磨き方

歯には、さまざまな形や位置にあるため、磨く箇所によって磨き方を変えてあげることで、効果を高めることができます。また、正しい磨き方をすることで、口内を傷める心配もなくなりますし、歯の汚れをきちんと落としてあげることができるのです。

また、歯は話しをするときや笑っているときに見える箇所であるため、歯がキレイに磨けていると、自分の自信にも繋がるでしょう。では、磨く箇所ごとの効果的な磨き方をご紹介していきます。

 ① 歯の表面

歯の表面を磨くときには、気持ち斜めにして軽く当ててあげます。傾け過ぎないのがポイントです。

② 歯と歯茎の境目

歯と歯茎の境目は、丁寧に優しく磨いてあげるとよいでしょう。歯ブラシを斜め45度に当てて、汚れをよく落としてあげます。

歯

③ 歯の噛み合わせ部分

噛み合わせ部分を磨くときには、垂直にして歯を磨いていきます。

 ④ 上の前歯

上の前歯を磨くときは、ブラシ部分を立てるようにして磨きます。この時、毛先をうまく使いながら、歯と歯茎の間を集中的に磨くようにしましょう。

⑤ 下の奥歯

下の奥歯は奥歯、一番奥にある歯が磨きにくく、磨いた気になってしまう箇所です。

磨き忘れないように注意して、電動歯ブラシの毛先を使いながら磨いてあげましょう。

⑥ 矯正している箇所

歯を矯正していると、矯正部分に汚れがたまりやすくなってしまいます。そのため、きちんと磨いてあげることが必要なのです。

 

歯と歯ブラシは、同じ向きにして毛先を優しく当ててあげましょう。汚れを早く落とそうとして、歯ブラシを無理やりねじこんでしまうのは、NGです。



ちょっとのコツで美しい歯に!電動歯ブラシの効果的な使い方

・電動歯ブラシを正しく使わないとどうなる?

 

皆さんは電動歯ブラシ、正しく使えてますか?

管理人も最近になって、手磨きから電動歯ブラシに変えてみました。手磨きに比べて断然早く磨ける上、音波で見えない汚れまで落ちている感じがして、とてもスッキリ磨けて今までにない歯のツルツル感が実感出来ました。

磨かれる歯

電動歯ブラシは毎日忙しく過ごす現代人にはうってつけの逸品ではありますが、手磨きとは少々磨くのに勝手が違うため、正しい使い方をしないと、逆に

  • 奥歯や歯間など磨き残しが出てしまう
  • 歯茎を傷つけてしまう
  • エナメル質を削ってしまい、知覚過敏になりやすい

など、逆効果になってしまう場合もあります。電動歯ブラシの機能を120%フルに発揮するには正しい使い方をマスターして、しっかり歯を健康に保つ事が肝心です。



電動歯ブラシの正しい使い方をマスター!歯磨き粉は不要?

・消耗品の交換はマメに!

 

5.ヘッド部分のブラシ交換が大切

電動歯ブラシも手動のものと同じように、使っていくうちにブラシが悪くなっていきます。しかし、電動歯ブラシは高額なものが多いため、悪くなるたびに本体を買い替えるのは、金銭的に少し難しいですよね。

そのために電動歯ブラシは、本体とヘッド部分に分かれており、ヘッド部分だけを交換することができます。

定期的にヘッド部分を交換することにより、電動歯ブラシの効果を継続することができるのです。では、交換しなければいけない理由と、交換時期について説明します。

5-1 なぜブラシの交換が必要?

電動歯ブラシも手動のものと同じく、使っているうちにブラシの毛先が開いていきます。毛先が開いている歯ブラシでは、きちんと歯を磨くことができません。そのため、きちんと交換してあげることが大切なのです。

5-2 正しいブラシ交換の時期とは?

電動歯ブラシの使い方などにより、少しの差はありますが、大体が3か月から4か月使用したら交換することをオススメします。ブラシの劣化を少しでも遅くしたいのならば、正しい使い方をするとよいでしょう。


ちょっとのコツで美しい歯に!電動歯ブラシの効果的な使い方



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。