自由診療にもメリットあり?健康保険証を使わない歯科治療

自由診療にもメリットあり?健康保険証を使わない歯科治療

・自由診療と保険診療の違い

 

1.どうして歯科には自費診療と保険診療があるの?

1-1 自費診療とは?

保険外診療とは「自費診療」「自由診療」とも言い、厚生労働省が承認していない治療法、または、承認していない薬や材料を使用しているといった理由により、健康保険が適用にならない診療の総称になります。保険診療の場合は一般に、全額のうちの1~3割が患者さんの負担額になり、残りは国や自治体などが負担をしてくれます。対して保険外診療の場合は、診療において支払う費用は全額自己負担となります。その為、保険診療と比べても高額なイメージになります。また、医院側が金額を自由に決めることができる点も特徴です。

次に、自費診療が存在する理由についてです。まず、新しい材料や治療法などを国が認可するのに、正確な効果や問題・副作用などのリスクを正確に確認しなくてはならないため、非常に時間がかかります。このため、先進的な医療技術で認可が追い付いていなかったり、海外では当たり前に行われていて有用性が認められているものでも、日本での認可が無く、やむを得ず保険外診療という扱いで取り扱うというケースもあります。

 

自費診療はこのような特徴から、高度で質の高いサービスが提供されていることが多く、費用の面を気にせず自身の健康のためにあらゆる手を尽くしたいといった方には適しています。その反面、所得が低く、支払い可能な範囲の治療しか受けることができないために医療に格差が生じることが問題視されています。

1-2 保険診療とは?

保険診療とは、歯科医院をはじめとした医療機関で保険証を提出して普段私たちが受けている診療のことです。

保険制度によって定められた範囲内で、全国どこの医院を受診しても同じ金額で同じ診療を受けることができます。支払いに関しては患者さん各人が加入している保険から、一定の負担額を支払うという仕組みになっているため、経済的負担が少なく病気の治療を受けることができます。

このような保険診療の特性は、1961 年に施行された国民皆保険制度により、すべての国民が貧富の差なく平等に医療を受けられるようにという趣旨によって定められています。非常に恩恵の大きい制度ではありますが、保険が適用できる診断内容には範囲が定められており、診断内容や使用する薬などが決められています。そのため必ずしも最良の医療を受けることができるとは限りません。

また、保険診療はあくまで「病気に対しての最低限の治療」という条件があるため、例えばホワイトニングや歯科矯正など、美容に関する治療についても適用外になりますし、見た目が美しいセラミックやフィット感の良い素材を使った入れ歯などは適用外になります。「虫歯が治ればいい」「入れ歯が入って噛めればいい」という範囲内での治療のため、「見た目がよいもの」や「快適なもの」「満足できる治療」は本人の実費で行って下さい、というスタンスなのです。


自費診療って何?歯科を受診する上で知っておきたいお金の話

・自由診療のメリット

 

自由診療のメリット

①歯牙の状態に適した高品質の材料を選択でき、最善の方法で治療法を受けられる。

材料の使用に制限がないので、オールセラミックやジルコニアなど、機能的・審美的にも良い材料を使用することができます。

また、最先端の歯周病治療やインプラント、矯正治療など、その人のケースに合った最善の治療方法を選ぶことができます。


再治療の必要が少なくなるような、丁寧で確実な治療を受けられる

通常の虫歯や歯周病治療において、時間をかけて丁寧な治療を受けることができます。虫歯の部分を綿密にチェックしながら削る、精密な型取りをするなど、より確実で、再治療の必要がなく、歯を長く持たせるような治療を受けることができます。

予防に力を入れられる

保険制度では予防診療ができません。自由診療なら、健康的な歯を長く持たせるような予防診療を受けることができます。最も大切なのは、歯をいかに削って治療をするかということではなく、始めから虫歯や歯周病にならないようにすることです。そのための努力を一緒にしてくれるような歯科医院を選ぶことが重要であり、自由診療ならそのような医院を見つけることができます。


自由診療とは理想的な治療を目指したものです
 

メリット

  1. 自分の選んだ治療だけできる!
    当然と言えば当然なことですが、歯医者さんに行くと意外と別のところも治療されたりしませんか?
    削りたくない歯を削ったり、まだ抜きたくない歯を抜かれてしまったり…
    自由診療で治療すればそんな必要はありません!
    自分で選択できるのが自由診療の一番のメリットですよ。

  2. 自分の好みにできる!
    歯並びや歯の形、気に入っていないのに本歯にされてしまったことありませんか?
    自由診療なら歯並びも歯の形もトコトンこだわれます!
    気に入っていないのなら、まずお話だけでも自由診療の歯医者さんに行ってみるといいですよ♪


患者さんに聞いてみた!自由診療のメリットとデメリット。

・自由診療のデメリット

 

自由診療のデメリット

①費用がかかる

自由診療の最大のデメリットは費用が高いことです。とはいっても、日本の自由診療の相場をみると、アメリカなど諸外国の自由診療費用よりかなり安いことが多いです。日本は安い保険制度があるので、それと比べるとどうしても「高い」という意識を感じてしまいますね。

 ②歯科医院によって治療内容や費用に差がある

自由診療といっても、歯科医院によって治療内容や技術、知識、費用などに違いがあります。同じ治療法だからといって全て同じ水準が保たれているわけではありません。導入設備も違いますし、ドクターの考え方や説明の仕方にも差があります。だからこそ、自分にとって良い歯科医院に出会えるように、しっかりとした歯医者選びが必要なのです。


自由診療とは理想的な治療を目指したものです

デメリット

  1. 費用が高い。
    自由診療は保険と違って、料金が歯医者さんによって異なります。
    同じ素材、同じ治療であっても実は細かいところが違うのが歯医者さんのこだわり!
    歯医者さんをしっかり見比べる必要があります。

  2. 時間がかかる。
    保険の歯医者さんは飛び込みの患者さんもくるのでゆっくり時間が使えないのが本音!
    自由診療であれば、じっくり診察してくれるけどその分時間もかかります。
    歯医者さん自身がこだわりが強いせいでなかなか治療が進まないなんてことも。


患者さんに聞いてみた!自由診療のメリットとデメリット。
 

・自由診療を選んだほうがいい人とは?

 

患者様が医療に合わせなければならない保険診療・医療が患者様に合わせてくれる自由診療

まとめイメージ
保険診療は、その時の社会情勢や国の予算等を考慮し、2年に一度材料や治療費が変更され、それに患者様側が合わせる形で診療が行われています。実際に最新技術や高価な材料など本当に歯に良いものは、保険診療ではカバーできていません。

一方、自由診療では文字通り自由に最新技術や歯にやさしい材料で治療が行えます。 治療方法の選択肢が増え、治療結果も向上し、患者様の様々な欲求に医療を合わせることができます。

「何よりも経済的なことを一番に考えたい」「見た目にこだわりたい」「痛い思いはしたくない」「再治療は極力避けたい」「治療回数を減らしたい」などいろいろな治療方法を実際に選択するのは患者様ご自身です。当院では保険・自由診療すべてのお話をし、患者様個人にあう一番良い治療方法を一緒に探していきます。


自由診療は患者様が中心の歯科治療です




【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。