虫歯の日(6/4)ってどんな日?

虫歯の日(6/4)ってどんな日?

・虫歯の日の名前の由来

 

虫歯予防デーって何の日?6月4日は歯の健康と虫歯予防を考えよう

Cavity prevention day

6月4日といえば虫歯予防デーです。

あなたは日頃、歯について考えていますか?

歯は人間にとってとても大事な体の一部であり、歯の健康を損なってしまうととてもつらいですよね。

夜中に歯が痛くなってしまうと睡眠不足の原因にもなりますし、治療するにしてもあのドリルに恐怖を感じるという方も多いのではないでしょうか。

しかし治療をしなければ虫歯は悪化する一方で負の連鎖です。

そういったことに陥らないために、虫歯を予防するためにはどのようなことに気をつけなければいけないのでしょうか?

今回は、大切な歯を守るためにするべきことと、してはいけないことについてご紹介していきます。
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/msk_takaki/32079633.html

虫歯予防デーが6月4日である理由は?

虫歯予防デーは、6(む)4(し)にちなんで1928年から1938年まで日本歯科医師会によって実施されていました。

1938年以後、様々な名称の変更が繰り返され2013年から「歯と口の健康週間」となっていますが、6月4日=虫歯予防デーという認識は現在も残っているようです。


虫歯予防デーって何の日?6月4日は歯の健康と虫歯予防を考えよう

・「歯と口の健康週間」の過ごし方

1.「虫歯予防デー」誕生の流れと様々な活動

「虫歯予防デー」はいくつかの段階を経て誕生しています。この章では、その経緯についての説明と、虫歯予防に関する様々な活動について紹介していきます。

1-1 誰が何のために作ったの?

日本歯科医師会が厚生労働省と文部科学省と一緒に、国民に虫歯予防の習慣を身につけてもらうために実地しています。

1928年から1938年までは日本歯科医師会だけで、6月4日のみ実地されました。

1939年からは護歯日、1942年からは健民ムシ歯予防運動に名前を変え、1943年から1947年までは中止になります。

1949年に口腔衛生週間として復活。期間も一週間に延びました。その後は、何度も名前を変えていきます。

1952年に口腔衛生強調運動、1956年に再度口腔衛生週間、1958年からは歯の衛生週間、2013年より現在の歯と口の健康週間になっています。

虫歯予防デーの目的は、歯と口の健康に関する正しい知識の普及、虫歯予防に関する適切な習慣の定着、虫歯の早期発見及び早期治療を徹底することです。

1-2 虫歯予防デーだからこそ楽しく学ぶ

虫歯予防は小さいころからの歯磨き習慣が大事です。
そうは言っても、小さい子供は家でなかなか歯磨きをしてくれないので、困っているお母さんは少なくないと思います。

虫歯予防デーは様々な活動が行われています。せっかくなので親子で参加して、歯磨き習慣を身につけてもらいましょう。

★歯と口の健康に関する図画・ポスターコンクール

各地にある歯科医師会を中心に行われています。幼稚園から高校生くらいまで、各年代で募集しています。応募したポスターは展示してくれる所が多いです。

★良い歯のコンクール

各地にある市や歯科医師会などが行っています。親と子の一組で参加できるものと、子供だけで参加できるものがあります。歯がどれくらい健康かを審査します。

★診療所で開催されるイベント

虫歯予防デーにイベントを開催する歯医者さんは多いようです。

ブラッシング指導以外でも、虫歯予防に関するクイズ大会やショーなど、様々な工夫をこらしています。子供の歯のお悩み相談やフッ素塗布を受けられる所もあるので、ぜひ近くの歯医者さんのイベントをチェックしてみて下さい。

★歯に関する絵本を読み聞かせ

保育園では絵本や紙芝居を読み聞かせる所が多いようです。子供にとって一番楽しく虫歯予防を学べる方法かもしれません。歯に関する絵本はたくさんあるので、家でも子供に読み聞かせましょう。


【虫歯予防デー】大人も子供も実践!歯の大切さを考え直す取り組み

・虫歯予防に有効な方法とは?

 

虫歯を予防するためには?

ガム

出典http://gamublog.blog108.fc2.com/blog-entry-8.html

そもそも虫歯を予防できていればこうした苦しみを味わう必要もありません。

では虫歯を予防するには一体どのようなことをすれば良いのでしょうか?

歯磨き

虫歯予防の基本のキです。

しっかり時間をかけて磨き残しがないように丁寧に磨きましょう。朝昼夜の1日3回磨くのが理想的です。

デンタルフロス

どれだけ丁寧に歯磨きをしたつもりでも、歯並びの関係でどうしても上手く磨ききれない箇所がでてきてしまいます。

そうしたことを補ってくれるのがデンタルフロスです。

デンタルフロスは磨きにくい歯と歯の間の汚れを落としてくれるので、歯磨きとプラスアルファで使用するようにしましょう。

キシリトールガム

仕事や学校などで、歯磨きを朝昼夜するのが難しいという方も多いと思います。

そんな方にオススメしたいのがキシリトールガムです。食後に1粒キシリトールガムを噛むだけでも虫歯の予防効果がとても上がります。

健康的な食事を摂る

飴や糖分の入った飲み物を常に飲んでいると、歯が溶け続け虫歯の原因となってしまいます。

甘いものは少なめに摂るようにし、おやつのあとは口をゆすぐなどして口内環境を整えましょう。


虫歯予防デーって何の日?6月4日は歯の健康と虫歯予防を考えよう 

・普段からできる虫歯予防

 

【普段からできる虫歯予防法まとめ】

1.寝る30分前は飲食禁止! オヤツは食後すぐに

寝ているときは唾液の量が減り、口内が酸性になるため非常に虫歯になりやすくなる。そのため、寝る直前は極力飲食をしないほうがいいそうだ。また、オヤツも口内が虫歯になりにくい中性に戻ってきた頃に食べてしまうと、また酸性になり歯に良くない。

2.キシリトール入りのガムを噛む

砂糖の糖分と違い、甘味料の「キシリトール」は、糖アルコールという成分により甘さを感じることができる。砂糖は菌の栄養となり、菌の出す酸の原因となってしまうが、糖アルコールは菌の栄養にならない。そのため糖アルコールを取り込んだ菌は酸を出すことが出来なくなり、活動が弱まるそうだ。

3.フッ素入りの歯磨き粉を使用する

歯磨き粉はたくさんの種類があるが、歯科医師が推奨しているのはフッ素入りの歯磨き粉が多い。フッ素は歯の質を強化し、酸の産生をおさえるためである。また、フッ素を歯に塗布してくれる歯科医も多く存在する。

4.アルカリ性の食べ物を食べる

アルカリ性の食べ物を摂取することも虫歯予防になるそうだ。身近なものだとチーズなども予防効果があるそうで、海外メディアが昨年報じ、日本でも話題となった。

5.効果的なブラッシングを

当たり前のことだが、まったく歯磨きをしなかったら虫歯になる可能性は非常に高まる。歯磨きをしてもどうしても食べかすが残ってしまうという人は、歯科医師に歯磨きの方法をレクチャーしてもらうのが良いだろう。また、自分にあった歯ブラシを使用するのも忘れずに。

ちなみに台所などにある「メラミンスポンジ」で歯を磨くと汚れが落ちて歯が白くなるため、一見効果的なように見える。……が! 歯の成分であるエナメル質までそぎ落としてしまうため、絶対にやってはいけないぞ。


【6月4日は虫歯の日】普段からできる虫歯予防法まとめ



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。