意外に知らない歯磨き粉選び!

意外に知らない歯磨き粉選び!

・歯医者さんが選ぶ歯磨き粉



歯周病を放置すると、口臭や歯が抜けてしまうといった深刻な状態を引き起こします。そこで歯周病対策に有効なのが、歯周病を予防・治療してくれる歯磨き粉です。毎日使うものだからこそ効果のあるものを使いたいですよね!

そこで今回は市販されている商品の中から成分や効果・価格・口コミなどを比較して「歯周病におすすめの歯磨き粉」をランキング形式で7選ご紹介していきますよ♪歯磨き粉を変えて早めの歯周病対策を行いましょう!

歯周病におすすめの歯磨き粉の選び方


歯茎が下がって白い歯が大きく見えるという症状や、歯茎が腫れて磨くと出血するといった症状が特徴の歯周病。思い当たるフシがある人も多いのではないでしょうか?

ここでは、歯周病におすすめの歯磨き粉を選ぶ時の注意すべきポイントをご説明していきます。

歯周病菌を殺菌する効果で選ぶ


歯周病は口の中で歯周病菌という細菌が増殖し、歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。はじめのうちは歯茎が腫れたり歯の見える面積が大きくなる程度ですが、症状が進行すると歯がグラグラになりやがて抜け落ちてしまいます。

そのため、なにより大切なのは口の中の歯周病菌を減らすことです。そのためには丁寧な歯磨きももちろん重要ですが、歯周病菌を減らすために殺菌作用の高い歯磨き粉を選ぶことが大切です。

殺菌効果のある主な成分


 


歯周病菌の殺菌効果がある薬用成分には、以下の物があります。

・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
・塩化セチルビリジニウム(CPC)
・塩酸クロルヘキシジン
・酢酸dl-α-トコフェロール

他にも、殺菌成分はありますが、これらが配合されている歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。また、天然由来の成分にも歯周病菌に対して強い働きをするものもあります。ハーブティーなどにも使われるカミツレ(カモミール)などは殺菌だけでなく歯周病に有効な成分が多く、おすすめです。

歯茎の炎症を抑える効果で選ぶ


 


歯周病にかかるとまずはじめに歯茎に腫れが現れてきます。この状態のまま歯磨きをしていると出血したり、痛みを感じることがあったりと丁寧な歯磨きの邪魔になってしまいがちです。

さらに歯周病菌は、歯茎が下がって歯との間にできた「歯周ポケット」というところにも潜んでいます。歯茎が炎症を起こしたままだと、この歯周ポケットに歯ブラシが届きにくくなるため、歯磨きの効果が悪くなってしまいます。

丁寧な歯磨きを維持して歯周病菌を取り除くためにも、歯茎の炎症を抑える効果が有る歯磨き粉を選びましょう。

研磨剤の少ないものを選ぶ


歯磨き粉の中には歯の表面を磨いて白く見えるようにするホワイトニングの効果をもつものがあります。そのような効果をもつ歯磨き粉に多く含まれているのが、歯の表面を磨く研磨剤です。

歯磨き粉の研磨剤はプラークやステインなどの歯の表面にこびりついた汚れを落とすために使うもので、人によっては必要な成分です。しかし歯周病で歯茎が下がってくると、普段は直接空気に触れない「象牙質」と呼ばれる柔らかい部分が表面に出てきてしまいます。

研磨剤は象牙質を削ってしまう恐れがあるため、歯周病の改善・予防をする際には研磨剤の少ないものか研磨剤の入っていないタイプの歯磨き粉を選ぶことが大切です。

研磨剤(清掃剤)の主な成分


 


歯磨き粉に含まれる研磨剤は清掃剤と表記されることが多く、主なものは以下の成分です。

・リン酸水素カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸
・炭酸カルシウム

これらの成分は避けるほうが無難でしょう。

値段で選ぶ


 


少量とはいえ歯磨き粉は毎日使うもの。有効な成分の多い高い歯磨き粉を買うのもいいかもしれませんが、継続して使用できなければ効果は上がりません。

チューブタイプの歯磨き粉の場合、歯磨き1回あたり平均1グラムほどの歯磨き粉を使用します。そのため、1gあたり何円になるのかというのも意識して選びたいですね。

http://life-saver.jp/418

・こんな症状にはこんな歯磨き粉がおすすめ

  

ドラッグストアなどで何種類も並ぶ歯磨き粉。いったい自分にはどんな種類の歯磨き粉が良いのか悩んでしまうことありますよね?今使用している歯磨き粉は果たして自分に合っているのだろうか?歯磨き粉の選び方は、虫歯予防で使用する人、歯周病予防で使用する人で選ぶポイントが変わります。それでは、それぞれのお口の状態に合った歯磨き粉の選び方のポイントをお教えします。

1.虫歯になりやすい人にオススメする歯磨き粉の選び方

虫歯になりやすい人。虫歯予防を特に考えている方に選んで欲しい歯みがき粉のポイント

①フッ素の濃度が950ppm以上含まれている

虫歯予防に必要不可欠なフッ素。日本で販売出来るフッ素濃度は、1000ppm以下とされています。フッ素の濃度が濃いほど虫歯予防に効果を発揮します。

②発泡剤が入っていない

ドラッグストアなどで販売されている歯みがき粉には、発泡剤がたくさん入っています。ブラッシングすることによってお口の中が泡であふれて歯ブラシしにくくなります。また、泡立つことによって歯を磨けたと錯覚して磨き残しが多くなってしまうといったことが多いのもよくあることです。

③研磨剤が少ない

研磨剤は、歯の表面についた着色を落としてくれる効果があります。しかし、あまりたくさん入っているとかえって歯の表面に細かい傷をつけてしまい着色しやすい歯になってしまいます。

2.虫歯になりやすい人にオススメする歯みがき粉

これから紹介する歯みがき粉は歯科業界の歯みがき粉販売数で上位を占める3つです。虫歯予防に力を入れている歯医者さんが色々な種類の中から選び使用しているお墨付きの歯みがき粉たちです。

①チェックアップ スタンダード (ライオン)31-HU8ikmqL__SL500_AA300_

フッ素濃度は、950ppm泡立ちが少なく優しい味なのでたくさんの歯科医院から支持されています。研磨剤もほとんど入っていないので歯の表面を傷つけないで磨くことが出来ます。値段もお手頃なのもうれしいです。

値段  500円+税

②リナメル (オーラルケア)s_0_VcContents_G-0_VcContentsImage_iG001

歯みがき粉の最高峰と言っていいかも知れません。リナメルは、歯の表面に無数についた細かい傷を修復してくれる成分が配合されています。また、虫歯の原因であるミュータンス菌の活動を抑えてくれる成分が配合されてます。

値段 2200円+税

③ジェルコート (ウェルテック)ジェルコート

歯みがき粉としてもブラッシング後のフッ素塗布用としても使用できる優れものです。他の歯みがき粉と違いペーストタイプではなくジェル状タイプになります。フッ素で歯を強くして再石灰化を促して殺菌成分で歯周病も予防してくれます。発泡剤・研磨剤が含まれていないので安心して使用できます。

値段 1000円+税

3.歯周病が気になる人にオススメする歯みがき粉の選び方

歯周病が気になる方。歯周病を予防したい人に選んで欲しい歯みがき粉のポイント

①研磨剤が入っていない

研磨剤とは、歯の表面の着色を落とす為のものなので歯周病などで歯茎が弱ってしまっている方には必要のない成分です。

②薬用効果のあるもの

歯周病の方は、歯石や歯垢(プラーク)によって歯ぐきが炎症を起こしています。つまり、歯ぐきが弱っているということです。酸化ナトリウムには歯ぐきの血行をよくしてくれる成分が含まれているのでオススメです。

4.歯周病が気になる人にオススメする歯みがき粉

歯周病の方は、歯ぐきから出血したり歯ブラシでしみたりしてしまいます。柔らかい歯ブラシを使用すると共に歯周病に特化した歯みがき粉を選んでください。

①デンタルペーストα (ライオン)soukai_4903301063087

歯と歯茎の間に薬用成分が浸透して殺菌してくれます。味もペパーミントで不快感はありません。また、研磨剤もほとんど入っていないので安心して使用できます。トラネキサム酸という成分が歯ぐきの炎症・出血を抑えてくれます。

値段 500円+税

②シュミテクト (グラクソ・スミスクライン)10010004901080719416_1

歯ぐきが下がってしまって歯がしみやすくなってしまった方に特にオススメです。シュミテクトを知覚過敏の患者さんが使用してしみなくなったという話しもよく聞くくらいです。シュミテクトを使用することで歯に薄い膜が出来てしみにくくしてくれるのです。グリチルリチン酸アンモニウムという成分が歯ぐきの炎症を抑えてくれます。

値段 550円+税

③リペリオ (ウェルテック)無題 ri

歯ぐきの細胞を活性化させる成分が配合された歯みがき粉です。歯ぐきのコラーゲン等を増殖促進してくれて歯周病によって弱ってしまった歯ぐきの修復を助けてくれます。味は、マイルドな塩味で好き嫌いがあるかも知れませんが効果は期待できます。

値段 1200円+税

 

5.子どもにオススメする歯みがき粉

子どもにオススメする歯みがき粉は、基本的に大人の虫歯予防を目的とした歯みがき粉を選ぶ基準と同じです。子ども用に販売されている歯みがき粉であれば大丈夫です。大人の歯みがき粉の様に強いミントやメントールが配合されているものは避けて下さい。歯みがきが嫌いなお子さんもおりますので、お子さんの好きな味の歯みがき粉を選んであげるのが良いでしょう。歯科でも人気な歯みがき粉を紹介します。

①check up kodomo無題 ko

フッ素がお口の中の隅々まで広がりやすい柔らかいペースト状です。歯や歯茎に優しい研磨剤が少ない商品です。お子さんが好きな3つの味(ストロベリー・アップル・グレープ)から選べます。フッ素は、950ppm配合されていて虫歯予防に適しています。

②チェックアップジェルチェックアップ

フッ素の滞留性を高めた独自の処方によってフッ素が長くお口の中に留まります。ジェルタイプなので泡立ちにくく磨きやすいです。お子さんの成長に合わせてフッ素濃度の違う味を選ぶことができます。味は5種類(バナナ・ピーチ・グレープ・レモンティー・ミント)フッ素濃度は500〜950ppmです。

6.歯を白くしたい人にオススメする歯みがき粉

歯みがき粉自体には、歯を白くする効果はありません。しかし、歯の表面の汚れを落とすだけでも歯が白く見えるようになります。

①ブリリアントbrilliant_more_pht

歯科で販売さているホワイトニング作用のある歯みがき粉のシェア8割を占めている人気の商品です。歯科医院専売とされていますが、最近ではLoftや東急ハンズなどでも見かける商品です。他の商品と何が違うかというとイオンの力でステインを浮かせて落とすナトリウムが配合されているのです。

値段 1000円+税


歯医者が選ぶ!歯みがき粉のおすすめ

・歯磨き粉よりも重要な正しい歯磨き

 

そもそも歯磨き粉って何のために使うの?

なぜ歯磨き粉を付けて歯磨きするのか?

恐らく一般的には、薬用成分がお口の中の細菌を殺して、歯磨きの効果をより一層引き出すとか入っている研磨剤が歯を磨くことで、着色が取れてキレイな白い歯になるとか歯磨き粉の成分で息が爽やかになる、といったイメージではないでしょうか?

そこで始めに、「本当に歯磨き粉の効果ってあるのか?」という部分をお話したいと思います。恐らくあなたの歯磨き粉に対する常識が覆ることになると思いますが・・・、

歯磨き粉には大した効果はない

もっと言えば・・・、

歯磨き粉は付けない方がいいんです。

衝撃の事実!歯医者は歯磨き粉を付けない。

歯医者、特に”歯周病(歯槽膿漏)の治療を専門に行っている歯医者”の場合、患者さんに歯磨き粉はおすすめしません。

なぜなら、歯磨き粉を使うと歯磨きが出来ないからです。

「・・・ん!?!?!?」もう一度言います。

“歯磨き粉を付けると歯磨きは出来ない”んです。

ほとんどの人は知らない、歯磨きの目的

実は、歯磨きってお口の細菌を”殺す”ためにやってるわけではありません。

歯の表面についたプラーク(細菌の塊)を歯ブラシでこそげ落とすためにやってる行為です。

なので、歯ブラシが正しく歯の表面に当たれば、それで目的は達成されるわけです。学校の掃き掃除でほうきに洗剤をつけないように、歯磨きも歯ブラシに洗剤(歯磨き粉)をつける必要はありません。
掃き掃除

そもそも”歯磨き”というのは、歯周病を予防するために行うものです。虫歯を予防するためでもないし、食べカスを取るためにやっているものでもないんですね。

詳しい内容は、
歯周病(歯槽膿漏)を本気で治す、たった一つの治療法とは。

歯医者が教えてくれない、本当に正しい歯磨きの仕方を公開!
で是非チェックしてみて下さい。

話を戻しますが、僕が歯磨き粉を使わないように指導した患者さんは、歯磨き粉を使っている患者さんに比べて、より短期間で歯茎の状態は良くなります。その理由は次です↓↓↓

歯磨き粉を付けない方が歯磨きは上手くなる!

突然ですが、あなたは、「お部屋の掃除をするとき、目を開けていますよね?」

目をつぶって掃除機をかける、目をつぶって家具を拭く、なんてことをしていても全然キレイになりません。当然、掃除をするときには、キレイにしたい床を、キレイにしたい家具を、よく見ながらやらないと意味がありません。

でも、歯磨きになった途端にほとんどの人は磨く歯自体を見なくなります。

実際あなたも口を閉じた状態で歯磨きしたり、歯磨き粉をたっぷり付けて歯磨きをした経験があるのではないでしょうか?

ただこれは状況は違っても、目をつぶって部屋の掃除をしているのと何ら変わりません。無駄が多い行為になってしまいます。

なので、「歯磨きをするときには歯を見る」というのが歯磨きの鉄則になります。

ところが、歯磨き粉を付けると泡立ってしまうので、歯ブラシの毛先が歯のどこに当たってるか分からなくなるんです。

そして、歯磨き粉をつける悪影響は他にもあります。

さっぱり感が歯周病(歯槽膿漏)を悪化させる!

歯磨き粉は全般的にさっぱりする味付けになってます。これが歯周病(歯槽膿漏)を悪化させる原因になるんです。

・・・なぜか?

それは、さっぱりして、磨けた気になってしまうから。

例えるなら、全くお風呂に入ってないけど、香水をしこたま付けてごまかしている状態です。

つまり、“口の中がさっぱりした味になったかどうか”は歯磨きでは関係ないってこと。

歯の表面にプラーク(細菌の塊)が残っていたら、普通に炎症が起こって歯茎が腫れます。その炎症が続くと、歯を支える骨がなくなってあなたの歯が最終的に抜けてしまう(歯周病が進行する)わけです。

ちなみに歯磨き粉の口臭予防効果は30分と持たないので、そもそも期待しない方がいいと思います。

「じゃあ、歯磨き粉のラベルに書いてあるのは全部ウソ!?」

「歯周病予防」、「口臭予防」のための歯磨き粉という謳(うた)い文句は、飽くまで含まれる成分自体の話をしているだけで、直接それが予防につながるわけではないんです。

もう少し噛み砕くと、歯周病と口臭の根本的な原因はプラーク(細菌の塊)です。このプラークこそが、歯磨きで取り除かなければいけないもの。

プラークが取り除かれていない状態で歯磨き粉がそこに触れても、薬用成分で死ぬのは表面だけで内側の細菌はピンピン生きています。

歯ブラシでプラーク自体を直接擦(こす)り取らなければ、あなたが期待している効果は得られないってことです。

正しい歯磨きが出来て初めて、歯磨き粉の成分は効果を発揮する。

歯磨き粉は飽くまでサブで、メインは歯磨きの仕方ってことです。


歯医者が使う、おすすめの歯磨き粉を紹介!


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。