歯を抜いた後の 「歯髄細胞バンク」

歯を抜いた後の 「歯髄細胞バンク」

・抜歯方法と費用

 

1. 抜歯の種類別 抜歯方法と費用

奥歯・前歯・親知らず・難抜歯に分け、それぞれについて抜歯方法とその費用を解説したいと思います。
費用については、それぞれの抜歯自体の費用に加えて、診察代(2000円程度)レントゲン代(枚数によって1000円〜2000円)がかかります。

1-1. 奥歯

費用は2000円程度です。まず、抜歯の基本的な流れは次のようになります。

• レントゲンで歯や歯の周囲の骨の状態を確認
• 表面麻酔、局所麻酔を行う
• 歯を抜く
• 縫合、もしくは傷口に止血用のスポンジ状の薬を入れる
• ガーゼで圧迫止血をする
• 翌日患部を消毒する
ほとんどの抜歯がこの手順に当てはまります。

歯を抜く時の方法は、専用の器具を使って歯を脱臼させるようにします。無理矢理に引き抜くわけではありません。歯は、歯根膜というクッションのようなものによって、歯を支える骨(歯槽骨)に支えられています。このクッションから歯を引きはがすようにする事で歯は抜けます。
麻酔が効いているので、痛みは感じませんが、歯や顎をグッと押されるような感覚はあります。

1-2. 前歯

前歯の場合も、奥歯の場合と同様の流れによって抜歯します。抜歯自体の費用は、奥歯と同様に2000円程度です。
ただし前歯の場合は、抜歯後、次の治療により見た目が回復するまでの間、仮の歯を装着する場合があります。1本あたり1000円程度〜になります。プラスチック製の、一時的に見た目を補うだけのものになります。

前歯の中でも、犬歯(八重歯)はトラブルが起きやすい歯です。歯ぐきの下の方など、変な所から生えてきたり、埋まっていて歯ぐきから出てこない場合があります。矯正治療によって位置を改善する事ができれば行いますが、周りの歯に悪影響を及ぼしたり、埋まっている歯が動かない場合には、抜歯になる事があります。
生えている場所に異常があるだけであれば、通常の前歯の抜歯と同様の手順で行う事ができます。歯ぐきの中に埋まってしまっている場合には、後の1-3.で解説する難抜歯に当てはまります。

1-3. 親知らず

親知らずの抜歯方法と費用は、親知らずがどのような状態で生えているかによって変わります。「まっすぐに生えているもの」「横向きに生えているもの」「埋まっているもの」それぞれについて解説していきたいと思います。

「まっすぐに生えているもの」

まっすぐに生えている親知らず
親知らずがまっすぐに生えていて、時間がかからないものであれば、費用は2000円程度です。親知らず以外の奥歯の抜歯と同様に抜歯します。

「横向きに生えているもの」

横向きに生えている親知らず
親知らずが横向きに生えている場合で、頭の部分が歯ぐきより上に出ている場合は3000円程度です。そのままでは歯を脱臼する事ができないので、歯ぐきを切開し、歯を頭と根の部分を分けるように削り、先に頭の部分を取り除いてから、歯の根を脱臼させます。

「埋まっているもの」

埋まっている親知らず
親知らずが完全に埋まっている場合は、4000円程度になります。時間のかかる難しい抜歯術になります。まず、親知らずの上に被っている歯ぐきを切開して取り除き、次いで親知らずの上を覆っている骨も削り取ります。そして、歯を何個かに砕いて抜歯します。手術時間は、歯の状態によって異なりますが、30分以上かかります。

「難抜歯」

難抜歯
難抜歯とは、歯の根が肥大・彎曲している場合や、歯を支える歯槽骨と歯の根が癒着している場合、歯ぐきの中に完全に埋まっている場合など、特殊な抜歯の事を指します。
通常の脱臼させる抜歯方法では簡単には抜けないので、歯の根を分割したり、歯の周囲の骨を削るなどの外科処置が必要になります。
費用は4000円程度になります。手術時間も歯の状態によって異なりますが、30分以上かかります。



完全版!各抜歯にかかる費用と抜歯後の歯の治療方法のすべて
 

・歯を抜いた後の注意点

 

歯を抜いた後、そのまま放置してはいけない6つの理由

①周りの歯が動いてくる

img31

歯は隣同士の歯に支えられています。
抜歯すると支えていた歯がなくなるので、周りにある歯は支えを失い倒れてしまいます。
まるでドミノのように、歯はどんどん傾きやがて健康な歯なのに抜けてしまいます。

健康なのに抜けてしまうのはとても残念なことです。
歯を守るために抜歯したら次の処置を考えましょう。

 

②歯を抜いた周りの歯が歯周病になりやすくなる

歯はお互い噛み合いこすれ合い自然と汚れを落とす働きがあります。
ですが、こする歯がなければ歯は汚れたままです。
片手だけで両手を洗えないのと同じで、こする歯がなければ汚れは残ったままになってしまいます。

また歯がなくなった部分は汚れがたまりやすいので、いつもと同じ歯磨きをしていても、歯茎が汚れていることがあります。
歯が抜けた部分は歯茎を傷つけないように、優しくブラッシングしてください。

 

③食べ物をしっかり噛めなくなり、胃や腸に負担をかける

歯が1本なくなると噛むチカラは落ちてしまいます。
奥から2番目の歯が1本なくなっただけで、私たちの噛むチカラは30%も弱くなるそうです。

噛むチカラが弱くなると食べ物を噛み切れない、十分にすり潰せない、結果、大きなまま飲み込んでしまい、胃や腸に負担をかけてしまいます。

 

④顔が歪む

img4

表現豊かな私たちの顔は筋肉でできるため、どちらかの顎だけでずっと噛むクセをつけると、
反対の顔の筋肉が衰え、やがて顔が歪んでいきます。

顔が歪むのことは誰も望んでないと思います。
歪んでしまった筋肉を戻すのは大変です、歪む前に対処しましょう。

 

⑤歯ぎしりや食いしばりが強くなる

噛み合わせや筋肉のバランスが崩れてくると、私たちの体は自然と歪みを治そうとします。
高さの合わない噛みあわせを調整するために、歯は「歯ぎしり」や「食いしばり」をして歯を削り高さを揃えようとします。
体の機能としては素晴らしいのですが、健康な歯がどんどん削れていくのはとても残念なことです。

 

⑥体のバランスが悪くなる

口周りの筋肉は首、肩、頭に繋がっているため、筋肉のバランスが崩れると体が歪みバランスが悪くなってしまいます。
体の歪みは肩こり、腰痛、便秘、冷え性、など体にとって悪い影響しか与えなくなります。



歯を抜いた後、そのまま放置してはいけない6つの理由
 

・抜いた歯はどうなる?

 
先日、数年ぶりに歯医者に行き、歯を抜いた。あまりにも進行した虫歯のため、抜く以外の手段がないという残念な結果だったのだが、そこでひとつの疑問が。あの抜いた歯は、一体どこに行ってしまったのか? ということで、この疑問と我が歯の行き先を知るべく歯科関係の知り合いに話を聞いてみた。

そもそも歯医者では月に何本もの歯が抜かれている。歯なので、さすがにリサイクルされるはずもないし、抜いた本人に渡されるというケースも聞いたことがない。では一体どこに行っているのだろうか? どうやら行き先としては、いくつかのパターンがあるらしい。

1つ目のパターンは、医療用廃棄物として業者が回収するパターン。血液などに触れるモノのため、衛生面など万全な状態で回収されるそう。主にひどい虫歯など、捨てる以外に使い道がない場合はこのパターンになる。

2つ目のパターンは、医学生の実習用や研究用に保存するパターン。歯の状態が良いものは、保存されるケースが多いそう。

そして3つ目のパターンは、患者本人に持ち帰ってもらうパターン。これは希望制なのか、歯科医にもよると思うが、患者から「持ち帰りたい」とお願いすればほぼ間違いなくもらえるのでは、とのこと。小さなお子さんの歯など、記念に残す家庭もあるらしい。

ということで、抜いた歯の行き先は上述の通りだが、筆者の個人的な意見としては、今後歯を抜く機会があったらぜひ持って帰りたいと思う。自分の体の一部なのだから、とは思うが実際に持ち帰る人は極少数らしい……。
さぁ、もし皆さんが歯を抜いたらどうしますか?
(木南広明)

歯医者で抜いた歯はどこに行くのか?
 

・ 「歯髄細胞バンク」とは?

 

あなたやお子様の「歯の細胞」を保管して将来の再生医療のために備えましょう

細胞を使ってケガや病気を治す再生医療

私たちのカラダにも再生治療力が備わっています。

交通事故による脊椎の損傷や脳梗塞、パーキンソン病など、治療の難しいけがや病気の治療の一つとして、今、「再生医療」の利用が期待されています。
「再生医療」は私たちがもともと持つ組織や臓器を修復・再生する能力を利用して、ケガや病気で組織や臓器が冒された場合に、幹細胞という細胞のタネを使って、形や機能を元通りに再生する最新の医療技術です。

幹細胞歯からも採取できる!

歯髄細胞は、紫外線など外からの刺激を受けません

幹細胞は、骨髄や臍帯血などから採取できることが知られていますが、歯の神経から採取できる歯髄細胞もまた、さまざまな再生医療に利用できることが明らかとなっています。抜歯する歯から採取できるので、体への負担が少ないことも大きなメリットですが、固い歯に守られた歯髄細胞は、紫外線など外からの刺激を受けないので、損傷が少なく、いつでも若々しい状態が保つことができ、再生医療のために保存する細胞としては理想的といえます。

細胞を保管して将来のけがや病気に備える!

歯の構造

歯髄細胞は、採取できる量が限られています。将来、再生医療に有効に活用するためには、細胞の量をある程度増やし、整った環境で長期保存をする必要があります。株式会社再生医療推進機構(ACTE)では、抜いた親知らずや抜けた乳歯から採取した歯髄細胞を培養し、大切に保管する「歯髄細胞バンク」の運営を行なっています。自分自身や家族、兄弟が、将来、大きなケガや病気にならないとは限りません。万が一に備えて、自分のため、家族のために歯髄細胞バンクを利用してみてはいかがでしょうか。



抜いた歯を再生医療に役立てる 「歯髄細胞バンク」



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。