親不知が痛むときの正しい対処法

親不知が痛むときの正しい対処法

 

・親不知が痛くなる理由

 

親知らずが痛くなる原因

親知らずの痛みといっても原因は様々です。

①親知らず周囲の歯ぐきが炎症を起こしている

親知らずはかなり奥に位置していますので、よっぽど意識して磨かなければ歯垢が溜まりやすく、非常に歯ぐきが炎症を起こしやすい状態になっています。歯ぐきから完全に露出していない親知らずの場合はなおさらです。炎症がひどくなると大きく腫れて、口を動かすだけで痛くなり、口が開かなくなります。時には、生命を脅かすことさえもあります。

②親知らず、または手前の歯が虫歯になっている

親知らずは歯垢が溜まりやすい為に虫歯になりやすいです。また、手前の歯に虫歯を作ってしまうこともよくあります。その虫歯により神経が炎症を起こすと痛みを強く出してきます。

③親知らずと手前の歯の間の歯ぐきに食べ物がグッとつまってしまった

完全に生え切っていない親知らずと手前の歯との間に起こりやすい現象です。

④親知らずが手前の歯を強く押している

親知らずが斜めに埋まっていたり、水平方向に倒れている場合に見られます。このような歯は手前方向に歯を強く押すことがあります。そうすると痛みを出してきます。

⑤親知らずが対合の歯ぐきや頬の粘膜を噛んでいる

親知らずの噛み合う相手がいない場合に延びてきた歯は、対合の歯ぐきを噛むようになります。また、親知らずの位置や向きがずれている場合などでは頬の粘膜に食い込むようにになることがあります。これらのような刺激によって歯ぐきや頬の粘膜に口内炎を作ることも少なくありません。


親知らずが痛い時はどうする? 5つの原因と解決策
 

・親不知の疑問点いろいろ解消します

 

6 よくある親知らずの痛みに関する質問

Q1 親知らずの痛みにムラがあるのですが(風邪になると痛む、季節が変わると痛む、ストレスがあると痛むなど)これは何故ですか?親知らずは関係ない?

歯の痛み…特に歯ぐきの炎症による痛みは、体調が悪い時に起こりやすくなります。炎症は、お口の中の細菌によって起こります。元気な時は、細菌より自分の免疫力が勝っているので、菌が悪さをしないように押さえ込んでいます。体調が悪い時や、季節の変わり目、ストレスがある時は、免疫力が低下するので、菌を押さえきれなくなって炎症が起こり、痛みが出るのです。

Q2 親知らずが痛い時に運動してもいいですか?

親知らずが痛い時は、できるだけ運動を控えるようにしましょう。身体があたたまり血行が良くなると、当然、歯の周辺の血行も良くなります。腫れが大きくなって痛みが増し、血流が神経を圧迫する事で、痛みが強くなる事があります。

Q3 親知らずが痛い時にお風呂に入ってもいい?

親知らずが痛い時には、簡単に済ませ、長湯は控えるようにしましょう。シャワー程度で済ませると良いでしょう。お風呂は運動と同様、身体があたたまり血行が良くなります。痛みが増す事がありますので、注意をするようにしましょう。

Q4 親知らずが痛い時にお酒は?

親知らずが痛い時には、お酒は飲まないようにしましょう。お酒を飲む事により、体温が上がり、血行が良くなります。当然、歯の周辺の血行も良くなります。腫れが大きくなって痛みが増し、血流が神経を圧迫する事で、痛みが強くなる事があります。お酒を飲む事により、一時的に痛みを忘れる事はあるかもしれませんが、その後に強い痛みに教われます。

Q5 親知らずが痛い時にタバコは?

喫煙者の方は、気持ちを落ち着かせるため、タバコを吸いたくなる気持ちも分かりますが、出来るだけ控えるようにしましょう。タバコは、歯を刺激する成分が含まれており、痛みが増してしまう事があります。また血流が良くなり、神経が過敏になってしまい、痛みや腫れが増す事があります。

Q6 親知らずの痛みが出やすい年代とかありますか?20代が出やすい、妊娠中は痛みやすい??

親知らずが生えてくるのは、18歳から20歳頃が多いと言われています。親知らずの痛みは、親知らずが上手く生えない事が原因になっている事が多いので、20歳以降に痛みが出てきやすくなります。ただし、親知らずが痛みなどの悪影響を及ぼし始める年齢は、20代から50代過ぎまで、様々です。親知らずの抜歯は、年齢が上がるにつれて、歯周病のリスクが上がるなどして、抜歯後の治癒経過が悪かったりする場合があります。
妊娠中については、免疫力が低下するため、痛む可能性のある親知らずがある場合、痛みが出やすい状況になります。出来る限り妊娠を希望する年齢になる前に、親知らずの状況を診察してもらった方が良いでしょう。


ここで全て解決できる!!親知らずが痛い時の対処法 完全まとめ

・痛いときにすぐできる対処法

 

2.親知らずが痛む時に今すぐ出来る対処法

2-1歯ブラシはやわらかい物を使う

親知らずに痛みがある場合は、やわらかいタイプの歯ブラシを使いましょう。硬い毛の歯ブラシだと、腫れてる部分が痛む可能性が高いからです。汚れが溜まってしまい、炎症を起こしている可能性もあるので、ゴシゴシ磨く事はせずに、優しくかきだすように磨きましょう。

親知らずのような磨きにくい場所にはタフトブラシもおすすめです。タフトブラシとは毛先が細く、奥歯の隙間の汚れを落としやすい歯ブラシです。

2-2口内をうがい薬で消毒する

親知らずが炎症して痛む原因として、お口の中に細菌が溜まり炎症を起こしている可能性があります。殺菌や消毒成分のある、うがい薬を使用すると、口内を清潔に保てます。清潔な口内は、炎症を鎮めて、抜歯をしたあとも痛む可能性を下げます。

2-3痛み止めを飲んで、一時的に痛みを抑える

親知らず、もしくは周辺が痛む場合には、痛み止めが有効です。市販の鎮痛剤などは一定の鎮痛作用が認められており、痛くて眠る事が出来ない時など、一時的に痛みを和らげてくれます。しかし、痛みが緩和したからといって、治っているわけではなく、一時的な応急処置なので歯医者さんには行きましょう。

2-4濡らしたタオルを頬に当てる

タオルを濡らして頂き、痛む部分に当ててください。炎症は冷やす事によって、血管が収縮して痛みを緩和させることができます。しかし、氷などで直接冷やすと、痛みが強くなる場合があるので、水で濡らしたタオルにして下さい。

2-5睡眠をしっかり取って、体力を回復する

風邪や体調不良などは、歯の痛みに関係があります。体力が低下している時は、抵抗力や免疫力が弱くなってしまい、痛みを感じてしまうのです。体調を整えることで、歯の痛みも軽減する場合があるので、しっかりと睡眠を取り体力を回復しましょう。


親知らずの痛みはどうすれば4つの原因と今すぐ出来る対処法

・歯医者で行う治療とは?

 

3.歯医者さんでできる治療手順

3-1抜歯をして親知らずの炎症を治す

親知らずを抜歯するかどうかは、親知らずの炎症が治まってから判断されます。炎症が何度も再発する可能性がある場合には、抜歯を勧められるでしょう。つまり、薬で炎症を抑えることができない場合や、歯茎切除を行っても炎症を緩和することができないときは抜歯をします。

3-2薬で炎症を抑える

炎症部分をキレイに洗い流し、抗生物質で痛みや腫れを抑えます。親知らずの炎症が酷いと口が開かなくなり、治療自体が行えない場合もあるので注意が必要です。

3-3歯茎を切除する治療法

歯茎を切除することによって、親知らずの周辺に細菌をためず、炎症を繰り返さない環境を作っていきます。また親知らずの上に歯茎がある場合も、炎症を繰り返す可能性があるので、同様に切除していきます。

4.抜歯後に知っておくべきこと

4-1痛みはいつまで続くのか

大抵の場合は3日、長くて1週間で痛みがなくなります。ですが、抜歯した際に痛み止めを1週間ほど処方されているので、痛みを感じることは少ないです。

しかし、親知らずの抜歯は親知らずの位置や生え方によって変わってきます。まず、上の親知らずよりも下の親知らずの方が歯槽骨がしっかりしているので、抜歯は難しくなります。つぎに、まっすぐ生えている親知らずよりも、真横になっている親知らずの方が難しいです。

さらに、親知らずは最後まで生えきらず、歯茎に埋まっている場合もあります。深く埋まっている場合には歯茎を切開する必要があるので、抜歯はさらに困難になります。困難な抜歯になればなるほど、痛みが長く続いてしまいます。痛みが2週間以上つづく場合はドライソケットになっているかもしれません。

4-2ドライソケットに注意!

ドライソケットとは、親知らずを抜歯した後、抜歯して穴があいた内部の骨がむき出しになっている状態のことです。本来はむき出しの骨の上に、かさぶたの役割をする血餅ができますが、血餅がはがれ歯茎を作ることができず、内部の歯がむき出しのままになり、骨に直接飲食物が触れると痛みを伴います。痛みは骨が覆われる10日から2週間ほどつづきます。

歯を抜いた後は綿をかんでいるのですが、口の中に血があると思ってつばをためている人がいます。そのため、綿がぬれているので血が固まらず流れ出てしまうのです。綿を噛んでいるときはつばを飲み込むようにしましょう。



親知らずの炎症で起きる症状と自宅で出来る簡単なセルフケア



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。