犬と人間の虫歯の違い、うつるってほんと?

犬と人間の虫歯の違い、うつるってほんと?

 

・犬や猫の虫歯とは?



猫や犬は虫歯にならないって本当?【歯科情報番外編】

 

唾液がアルカリ性だと虫歯にならない?

人間の唾液は弱酸性か中性なのですが、犬や猫は人間よりもphが高く、アルカリ性であるようです。虫歯になる原因というのは、細菌の酸の排出によりpHが低下して酸性に傾くとエナメル質が脱灰してしまうことでなってしまいます。
ですので『犬や猫の唾液がアルカリ性傾向にある』ということは『人間より犬は虫歯になりにくい』と言えるでしょう。

※細かく調べていると『犬や猫はアルカリ性じゃなく中性だ』とか『犬はアルカリ性だが猫は中性だ』とか書いてある記事もですが『人間よりはphが高く、人間よりはアルカリ性寄りである』というのは事実だと思います。

犬

 

虫歯菌がいないから虫歯にならない?

人間の口の中で悪さをする虫歯菌。この虫歯菌が酸を排出してしまうが為に虫歯になってしまうのですが、犬や猫の口の中には基本的には虫歯菌がいません。しかしペットとして飼われている犬は猫は、人間と同じようなお菓子や食事を与えられてしまった場合には虫歯菌が住み着いてしまうようです。
他の動物達にも同様な事が言えるようで、砂糖を含んでいる食事を与えられている動物には虫歯菌はいますが、野生の動物の口の中にはあまり虫歯菌がいないようです。

 

やっぱり猫や犬でも虫歯になっちゃう

上記の理由の他にも人間の口腔内の環境の相違点としては『歯の作りが尖っているので食物が咬合面などに付着しにくい』など等ありますが、実際には犬や猫でも虫歯になってしまいます。
『犬や猫は虫歯にならない!!』と言い切っている人もいますが、実際に虫歯になっている症例とか多くありますから、それはガセネタです。
野生のままで糖質類や炭水化物なども食べなかったら虫歯になる可能性というのは極めて稀なのですが、ペットとして飼われて人間と同じような食事を与えられてしまったとしたら、人間と同じように虫歯になってしまいます。
飼い主はペットの口腔内のケアもしっかりしてあげないと、虫歯になって可哀想な想いをさせてしまうことになってしまうので気をつけましょう!!

猫

 

動物の虫歯に治療法

もし飼っている犬や猫が虫歯になってしまったら、動物病院に連れて行って下さい。動物病院は口の中まで診てくれます。動物は人間と同じように大人しく口を開くなんて事はありませんから、全身麻酔して治療をする場合が多くあるようです。
全身麻酔というのはリスクがあり、必ずしも安全だとは言い切れません。人間より体が小さいので薬の量の調整とかはかなりシビアなようです。


猫や犬は虫歯にならないって本当?【歯科情報番外編】

・犬の虫歯の症状や治療法、人からうつる?

 

犬の虫歯はどんな状態?種類は?

犬_飼い主_愛

犬の虫歯は人間同様、酸などで歯が削られる状態です。

虫歯の種類は主に3つあり、「歯の表面にある小さなくぼみにできる虫歯」「歯の側面に平らな部分にできる虫歯」「歯の根元にできる虫歯」です。

虫歯は歯垢の中にいる細菌「ミュータンス歯」が歯に残った食べかすを食べて酸を放出します。その酸が歯の表面のエナメル質を壊し、最終的に神経や血管まで達して、痛みを引き起こして虫歯になるのです。

犬の虫歯、症状は?

主な症状は「口臭がする」「歯に穴があく」「歯の色が変わる」などです。

犬によっては虫歯の痛みから食事が遅くなったり、食べなくなったりする場合もあります。犬の口臭についてはこちらの記事も参考にしてくださいね。

 

犬の虫歯、治療法は?

犬 寝顔

症状に応じて、主に3つの治療法があります。

1つ目は虫歯を削りとることです。初期段階に多い治療法で、虫歯になった部位を削り取り、つめ物をつめて修復します。

2つ目は、歯の神経である「歯髄(しずい)」の除去です。虫歯が進み神経にまで達している場合は、神経や血管が集まっている歯髄を除去することもあります。

3つ目は、抜歯です。更に虫歯が進んで深刻な場合は、歯を抜かなければならないこともあります。 

犬の虫歯、治療費用は?

病院や症状によって異なりすが、虫歯治療は30,000円ほどかかることが多いようです。

抜歯は1本5,000〜10,000円程が相場です。神経を除去する手術や、銀歯の製作は50,000円程かかるのが一般的です。

決して安くない費用なので、ペット保険に入っておくと安心ですね。

人から犬に虫歯はうつるの?

犬_歯ブラシ_歯磨き

人間の口内にある虫歯菌は、口移しで食べ物を与えたり、キスしたりするとうつります。

愛情表現としてやられている飼い主さんも多いですが、犬の健康を考えると、できれば口移しやキスを止めるのがおすすめです。

重要なスキンシップとして考えている飼い主さんは無理にやめず、歯磨きの習慣や頻度を高めることでうつらないようにしてあげてください。


犬の虫歯、症状や治療法、費用、予防法は?人からうつるの?
 

・人と犬の口内環境は違う

人と犬の口内環境の違い

犬の歯のトラブルといえば、まず何を思い浮かべるでしょう。動物病院では、よく「うちの子、虫歯がありますか?」と尋ねられます。人の歯のトラブルといえばまず虫歯ですが、実は犬の虫歯は非常に珍しいのです。ではなぜ、犬は虫歯になりにくいのか。そこには人と犬の「口内の環境の違い」があるのです。

image

人と犬の口内環境の違いを知ろう

まず最初に人と犬の口内のペーハー(pH)の違いがあります。pHは物質の酸性・アルカリ性の度合いを示す数値ですが、犬の口内はpH8.5〜9.0でアルカリ性、人はpH6.5〜7.0で弱酸性です。そもそも虫歯は、酸性の環境のもと、虫歯菌が口内で炭水化物(糖質)を発酵させて酸を作り、それが歯の表面の組織を破壊していくもの。犬の場合、口内がアルカリ性のため、虫歯菌が繁殖しにくいとされます。また、人の唾液には食べ物の中のデンプンを糖に分解する酵素があります。犬にはこれがないため、口の中に糖があまりとどまりません。さらに、歯の形状の違いもあります。人の歯の多くは臼のような形なので、放っておけば咬み合う面のくぼみに虫歯菌がたまります。一方、犬の歯はほとんどが薄くとがった形をしているので、虫歯菌がたまりにくいのです。こうした違いが理由で、犬には虫歯が少ないのだと考えられています。

犬はなぜ虫歯になりにくい?
  • (1)口の中のphが違う:犬はpH8.5〜9.0(アルカリ性):人はpH6.5〜7.0(弱酸性)
  • (2)唾液中にアミラーゼ(消化酵素)がない:デンプンを糖に分解できない
  • (3)歯の形状が違う

犬に多い口内のトラブルを知ろう

犬に多い口内のトラブルをあげてみましょう。まず一番にあがるのは歯周病です。歯垢の中に潜んでいる細菌によって、歯の周辺の組織に炎症が起こる病気です。犬猫では非常に多く、3歳以上の8割がかかっていると言われる口疾患の代表例です。次に歯自体のトラブルがあり、多いのは「破折(歯が折れること)」や「咬耗(歯が磨り減ること)」です。折れたり磨り減った部分からばい菌が入ると重大な疾患を引き起こすため注意が必要です。小型犬や短頭種によく見られるのが、歯の咬み合わせや歯並びの異常です。乳歯が抜けずに残る「乳歯遺残」はその原因のひとつとなります。「多少、歯並びが悪くても大丈夫」と見過ごされがちですが、長期的には歯周病を引き起こすなどの様々な問題につながります。

犬に多い口の中の病気は?
  • (1)歯周病:歯の周囲の組織に炎症が起こる。犬猫で非常に多い。
  • (2)破折(はせつ)・咬耗(こうもう):歯が折れたり、磨り減ったりする
  • (3)乳歯遺残(にゅうしいざん):不正咬合の原因になる

人と犬の口内環境の違い
 

・犬や猫から人に虫歯がうつる可能性

 

犬の虫歯は赤ちゃんに感染るの?

虫歯は感染症である、ということが最近認知されつつあります。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌はひとつもいません。

それではなぜ赤ちゃんが虫歯になってしまうのかというと、
お母さん(もしくはお母さん以外の人)が自分が使ったスプーンで赤ちゃんに離乳食をあげたり、
口にキスしたりすることで
お母さんの口の中にいる
虫歯菌が赤ちゃんに感染してしまうからなのです。

同じように、飼い犬が
赤ちゃんの口を舐めたりすることで、
虫歯菌を赤ちゃんに移してしまう
という事例も報告されているようです。

わんちゃんの親愛の情の表現かも知れませんが、
心を鬼にしてストップさせた方がよいかも知れません。


犬の虫歯の症状や治療方法!費用の相場?予防は?赤ちゃんにうつる?




【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。