あなたの歯、すり減ってませんか?

あなたの歯、すり減ってませんか?

・歯ぎしりは自分では気づかないことも多い?

 

歯ぎしりを自分で自覚している方は少ないのではないでしょうか。歯ぎしりは無意識に歯をすり合わせたりする行為です。しかし、実は日本人の70%が歯ぎしりを経験していて、多くの人が自覚していないことが多いのです。歯ぎしりによって歯に強い力が加わるため、歯が割れたり、揺れたりして危険なことも多いのです。今回は歯ぎしりの原因、症状、治療法を詳しくお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

1.自分で出来る歯ぎしりチェック10項目

  1. 日中、集中している時に歯を食いしばっていることがある
  2. 朝起きた時に顎や頬の筋肉が張っていることがある
  3. 頬や舌に歯を押し付けた跡が残っている
  4. 歯ぎしりしていると近親者に言われたことがある
  5. 歯が短くなってきている
  6. 歯の根元が削れている
  7. 下の歯の内側や上の歯の頬側、上顎の真ん中に骨のコブがある
  8. 知覚過敏の歯が多い
  9. 詰め物がよく取れる
  10. 歯に亀裂が多く見える

2.歯ぎしりと顎関節症との違い

顎関節症とは顎や顎の周りの筋肉が痛くなったり、口が開かなくなったりすることです。歯ぎしり=顎関節症ではありませんが、歯ぎしりは顎の周囲にかかる負担はとても大きいので、顎関節症の主な原因の一つです。

3.歯ぎしりの3つの種類

3-1.ギリギリと歯を擦り合わせる

最も一般的な歯ぎしりです。歯をすり合わせる(グラインディング)ので、回りの方に気づいてもらえることが多いです。最も歯にダメージを与える歯ぎしりで、歯の削れが大きくなります。

3-2.カチカチと歯を小刻みにぶつける

寒くて震えている時のような状態で、歯を小刻みにぶつけ(タッピング)小さな音を出します。

3-3.ギューと歯を食いしばる

日中、力仕事の時に食いしばるように、寝ている時も同じように力が入ってしまう(クレンチング)行為です。音が出ないために自分で自覚している方は殆どいません。


気づかない歯ぎしりで日本人の70%は歯を悪くしている
 

・歯のすり減りと痛みの原因とは?

 

歯のすり減り・痛みの原因は歯ぎしりやくいしばり

歯ぎしりや無意識の歯のくいしばりによって、歯がすり減ってしまったり、顎に負担がかかりすぎてしまい、痛みが出てしまっている方が多くいらっしゃる事をご存知でしょうか。

朝起きると顎がだるい・・・とか、口が開きづらい・・・などという症状が有る方は寝ている間に歯を食いしばっていたり、歯ぎしりをしている可能性大です。

また、仕事中、何かに集中している時、例えば、パソコンに向かっている時や、書類をチェックしているときなど、無意識にくいしばっていることが多いと言われています。

仕事中ならまだしも、大好きな趣味の最中に、たとえば、絵を描いたり読書をしたり、映画を見たり、そんなリラックスタイムにまで無意識に歯をギリギリしてしまう方もいますので、そんな方は仕事や寝ている時だけでなく四六時中歯に負担をかけていることになります。

一種の癖なので、自分では気がつかない事も多いですし、あまり気にも留めないかもしれません。

しかし、癖は癖でも、歯ぎしりやくいしばりは悪習癖とよばれる、悪い癖にカテゴライズされます。

どうして悪い癖なのかというと、その悪習癖のせいで、歯が短く削れてしまったり、かみ合わせがくるったり、歯周病の進行を早めたり、歯ぐきや骨を減少させたり、最悪の場合、歯を破折させてしまうのです。
歯にとっては歯ぎしりやくいしばりは百害あって一利なしなのです。

IMG_8798.JPG

上の写真は、長年の歯ぎしりのせいで歯がすり減ってしまい、隙間が空いている状態で、かみ合わせも低くなっていました。しかしながら、この患者様は自分の歯ぎしりが原因である事には全く気がついていませんでした。

では、悪い癖はどうやって治すのでしょうか・・・
答えはとてもシンプルで、癖をやめれば良いのです。。。
しかしながら、長年染み付いた癖をやめるのは簡単なことではありません。しょっちゅう気にしていないとまた癖がでてしまうからです。

例えば、仕事中、PCにむかうと歯をくいしばってしまうことが多い方は、PCの画面にポストイットで歯ぎしり禁止!!などと書いておくと良いのです。
しょっちゅう目に留まる場所に書いておく事で歯をくいしばる回数が減ります。そんな小さなことで歯の痛みから解放された患者様は大勢いるのです。

さて、では寝ている時などの無意識の時はどうやって止めたらよいのでしょう。意識がないのでコントロールが出来ません。そんな時は、ナイトガードとよばれるマウスピースをはめて寝るのです。
マウスピースをはめたからといって歯ぎしりやくいしばりが無くなる訳ではありませんが、歯を過度な負担から守る事が出来るのです。

皆さんの普段の生活でのちょっとした歯の悪い癖の積み重ねによって、歯は知らないところで悲鳴をあげています。咬む力というのは皆様が思っているより遥かに大きいのです。

ずっと健康な歯でいる為には、歯周病や虫歯などから歯を守る必要があるのはもちろんですが、それだけではなく、自分の悪い癖によって自らの歯を破壊するという状況から歯を守る必要もあるのです。

歯がすり減ってきた・・・、起きると顎が痛い・だるい・・・など、少しでもおかしいなと感じたら歯医者さんに相談してみて下さいね。


歯のすり減り・痛みの原因は歯ぎしりやくいしばり
 

・歯ぎしり(プラキシズム)の治療法

 

ブラキシズムとは

http://www.flickr.com/photos/83679340@N00/2957769898

 

ブラキシズムとは歯ぎしりや咬みしめのことを総称して言います。普段生活している時に歯ぎしりをしなくても、歯と歯を合わせて力強くかみしめる人もいることでしょう。咬みしめは日中・夜間に関わらずやってしまう症状です。僕も考え事をしたり、イライラしたりすると歯を咬みしめる傾向にあると最近気づきました。

ブラキシズムの治療方法

http://www.flickr.com/photos/27000731@N06/2698708497

 

ブラキシズムの治療方法は完全に確立しているわけではありません。薬を飲めば治るものではないからです。そもそもブラキシズム自体、原因の特定が難しい症状なので、何が一番効果的なのかが曖昧だったりします。しかしながら、ブラキシズムの原因の1つにストレスであるのは間違いないので、普段の生活からブラキシズムを意識すれば自ずと治っていくと言われています。

日中から歯を意識する

何かしら作業をしていれば、歯を咬みしめていたり、舌を吸い付けていたりしていることがあるかもしれません。そんな時は、口の中をリラックスさせると同時に、肩の力を抜きましょう。

リラックスする時は、逆に肩や足などにおもいっきり力を入れたり思い切り歯を噛み締め、すぐに力を抜くようにすればよいでしょう。脱力感を味わうようにしましょう。本当は口元を半開きにしておくのも良いと言われていますが、人前では唇を少し閉じるイメージにしておけばよいでしょう。

夜間に備える

ブラキシズムの問題は日中ではなく、睡眠時です。日中の意識変化でも随分と変わりますが、睡眠前の夜間の備えも大事です。
 

枕を低くする

枕が高い人は低めの枕にしましょう。低くすれば口が半開き状態にしやすいからです。ちなみに僕は「マイまくら」という3万円ぐらいする枕を使っています。枕でブラキシズムは治せませんが、自分に合った枕を選択することは大切です。
 

布団の中では常にリラックス状態

布団の中に入れば何も考えないでください。それでもやっぱり何か考え事をしてしまいますよね。笑 そんな時は、一度布団から出るなり、自分を無我の境地に誘い込む訓練を常にしておきましょう。そして先ほど紹介したリラックス法(脱力法)を布団の中で行い、眠りにつきます。

自己暗示が一番大事かも

僕もブラキシズムの治療を実践中ですが、自己暗示が一番大事だと思っています。リラックスすることも大事ですが、自分に言い聞かせることももっと大事でしょう。明日の朝は6時に起きよう!と思って寝ると意外と目が覚めてしまう経験はあるかと思います。そのように、自己暗示でブラキシズムを未然に防ぐことも可能です。
 

「ふー、リラックス、リラックス」
「歯ぎしりするんじゃないぞー」

なんて言い聞かせながらリラックス法を実践し、腹式呼吸をしながら眠るのが最近の僕の眠り方です。これでものすごく効果が出ています!


歯ぎしりは超危険!大切な歯がなくなる前に、対策をしておきましょう!
 

・歯ぎしりを抑えるマウスピース

 

1.マウスピースの効果や使用方法

マウスピースとは、取り外し可能な矯正装置のようなものです。マウスピースを睡眠時にはめることで、歯ぎしりによる悪影響を軽減させます。では、実際の効果はどのくらいあるのでしょうか?

この章では、マウスピースの効果や効果的な使用方法について説明していきます。

1-1 歯ぎしりにおけるマウスピースの効果

歯の擦り減りを軽減できます
 

歯ぎしりの「ギリギリ…」という音は、歯と歯がすれる音です。その際に、歯が削れてしまい、歯に与えるダメージが大きくなります。マウスピースを使用することにより、上の歯と下の歯が直接すれ合うことを防止し、歯のすり減りを防止し、歯ぎしりの音の軽減にもつながります。

顎の痛みの軽減・顎関節症の予防

歯ぎしりによって、歯や歯茎・顎にかかる負担は思っている以上に大きいです。マウスピースのゴムが、歯にかかる負荷を吸収してくれるので、歯や顎にかかる負担を軽減することができ、顎の痛みの軽減と顎関節症の予防につながります。

筋肉の緊張をやわらげる

歯ぎしりが行われているときは、口元や顎の筋肉が緊張し、硬くなっています。マウスピースを使用することで、かみ合わせの位置が高くなり、歯に力が入らなくなるので筋肉の緊張を和らげることが出来ます

安心感が得られる

気持ちの面になりますが、「マウスピースをつけていれば大丈夫!」といった安心感がうまれ、ストレスから開放され、リラックスした状態を維持し眠りにつくことができます。

1-2 マウスピースを使うベストタイミング

日中は歯ぎしりを自分でコントロールすることができますが、就寝時は無意識に歯ぎしりや食いしばりを行ってしまい、自分でコントロールすることができないため、マウスピースを着用するタイミングは夜寝るタイミングがベストといえます。


歯ぎしりを抑える!マウスピースの効果や種類・使用方法とは



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。