「洗口液」と「液体ハミガキ」を使い分けよう!

「洗口液」と「液体ハミガキ」を使い分けよう!

・「洗口液」と「液体ハミガキ」はどう違う?

 

洗口液と液体ハミガキ

「洗口液」と「液体ハミガキ」は、口に含んでブクブクうがいをして口腔ケアを行うものです。
どちらも「デンタルリンス」や「マウスウォッシュ」と呼ばれることがあるために混同されがちですが、用途は異なります。

●洗口液
口臭や乾燥の予防、保湿や清涼感を得ることなどを目的に使用します。
口に含んで20-30秒ブクブクうがいをして吐き出せば、口の中がさっぱりします。
使用後に水で口をすすぐ必要ありません。
歯磨き後の仕上げや寝る前に使うと効果的ですが、汚れはブラッシングしないと落ちないので、歯磨きの代わりにはなりません。

●液体ハミガキ
練ハミガキの液体版ともいえるもので、歯磨きの時に使用します。
適量を口に含んで20-30秒ブクブクうがいをした後に吐き出してブラッシングをし、最後に水で口をすすぎます。
液体なので口のすみずみまで行き渡らせることができます。
研磨剤が入っていないので歯の表面を傷つけることもありませんが、タバコのヤニや茶しぶなどは研磨剤入りの練ハミガキのほうがよく落ちます。

それぞれの用途をしっかり理解し、効果的に利用しましょう。


洗口液と液体ハミガキ

・液体ハミガキを正しく使う

  

2.液体歯磨きの正しい使い方の手順

2-1.液体歯磨きを使用する手順

液体歯磨きは歯磨き粉と同じように、歯ブラシで磨く際、先に口腔内に含んでうがいをします。
ボトルに「歯磨きの前に」などの表示がある製品もあります。

口に含んだまま歯磨きするものや、吐き出した後歯磨きするものなど違いがありますので、使用方法・用量・時間は容器に書かれた用法を守りましょう。

歯磨きが終わったら、歯磨き粉の場合はうがいをすると思いますが、液体歯磨きはうがいをしないことがほとんどです。

ただし歯ブラシの後そのままであることに違和感がある場合はしても構いません。その場合軽く1回程度に留めておきましょう。


液体歯磨きの正しい使い方とその効果とは
 

・正しく使い分けると効果も最大に!

  

2-2.間違えやすい使用例

2-2-1.歯を磨いたつもりになってしまう

歯磨きの代わりになると思い、うがいだけで済ませてしまうことがあります。
液体歯磨きはあくまでも歯ブラシでの清掃の補助具であり、汚れを落す効果はありませんから、これでは歯垢が残ってしまいます。

2-2-2.歯磨き粉と同じ用法をおこなった場合

歯磨き粉の液体バージョンだからと、歯ブラシで磨いた後に何度もうがいをしてしまうと、せっかく歯のすみずみまで行きわたった成分を洗い流してしまいます。

2-2-3.洗口液と間違えた場合

洗口液と間違って使用したとしても、そもそも目的が違う液体なので、洗口液で得たいと思っていた爽快感や殺菌効果は期待できないかもしれません。


液体歯磨きの正しい使い方とその効果とは
 

3.正しい使い方を行った際に期待できる効果

3-1.歯に優しく歯磨きしやすい

液体歯磨きには発泡剤が無配合のため、歯磨き粉のように磨いているときの泡立ちがさほどありません。

泡立ってしまうことにより歯磨きを継続する時間がどうしても短くなってしまうため、じっくり磨くことが可能です。

また、研磨剤も無配合なので、長時間磨いても歯の表面のエナメル質を傷つけてしまうこともなく安心して使用することができます。

3-2.さまざまな配合成分による口腔内のケア

液体に含まれている薬用成分がさまざまな効果を発揮します。

例えば、歯磨き粉よりも成分が歯のすみずみに行きわたり、CPCやIPMPなどがバイオフィルムにも作用。
歯垢の形成を抑えたり、歯周病菌の殺菌作用なども期待できます。

また、キシリトールなどの虫歯原因菌の成長を抑制する効果や、茶エキスやトウキエキスなどの植物成分は、消臭作用や抗炎症作用が期待され、歯肉炎などの歯周病予防や改善に効果があります。

3-3.成分表示や効果などをみて選びましょう

液体歯磨きはメーカーや商品ごとに配合成分が違います。
作用させたい効果に対して、配合されている成分が違ったり、配合割合が違うこともあります。
パッケージにどんなことに効果があるのか確認しましょう。


液体歯磨きの正しい使い方とその効果とは
 

・うがいをしてはいけない洗口液

 

洗口剤の用途とは?

洗口剤とは、ブラッシングをせずに口の中を洗浄するための液体です。デンタルケアというよりは口腔内全体のオーラルケアを目的としたもので、歯の汚れや歯垢を取る成分は含まれていませんから、歯磨き粉や液体歯磨きの代わりにはなりません。ただし、虫歯や歯周病の原因菌を除菌してくれるタイプのものはありますから、歯磨きやデンタルフロスの補助としてデンタルケアに役立てることは可能です。

また、洗口剤は寝る前に使用することで、就寝中の口腔内の細菌の働きを抑えて、翌朝の口の中の粘つきや口臭などを抑える効果が期待できます。

どうしても歯磨きできない時の一時的なオーラルケアに使ったり、日中の口臭防止に使ったり、いろんなシーンで口をさっぱりさせることに役立つでしょう。

 

注意! デンタルリンスは喉のうがいには適していません!!

どちらのタイプのデンタルリンスも、口に含んで歯のすき間や口の隅々まで液が行き渡るように口をゆすいで使います。

時々、デンタルリンスの使い方で「口に含んで、うがいをして……」などという表現を見かけますが、デンタルリンスには風邪の予防や喉の痛みなどをケアする「うがい薬」のような効果はありません。ですから、あまりのどの奥深くまで液を行き渡らせる必要もありませんし、上を向いてガラガラとうがいをする必要もありません。そんなことをすると、製品によっては大量の泡が出てたいへんなことになってしまう可能性もあります。どうぞご注意を!


「液体歯磨き」と「洗口剤」 デンタルリンスの正しい使い分け方


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。