歯の変色は病気?その注意点とは!

歯の変色は病気?その注意点とは!

・歯の着色の原因

Question

歯が変色する原因は何ですか?

Answer

1.飲食による着色

コーヒー、カレーなど色の濃いものは着色する可能性があります。また、酸性の食品の摂りすぎはエナメル質を溶かすため、象牙質が溶けて黄色くなってくるときがあります。食品ではありませんが、たばこや葉巻、口紅も歯に着色します。

2.薬品による着色

使用する際には歯科医師や薬剤師に相談してください。

3.歯の乾燥

歯は乾燥すると着色しやすくなります。口呼吸の方、口腔乾燥症の方などは注意してください。

4.加齢による着色

年とともに歯は黄色くなってきますが、ホワイトニングにより白さを取り戻すことができます。

5.むし歯による着色

むし歯やむし歯の治療の跡で歯が黒っぽくなることがあります。

6.金属による着色

詰め物や差し歯の土台に金属を使うと、歯が黒く変色することがあります。

7.神経がない歯の変色

神経を除去したり、神経が死んだ歯は、時間とともに徐々に黒ずんできます

8.矯正による変色

矯正治療後や前歯を打撲した後など、神経をとっていなくてもまれに黄色っぽくなることがあります。

9.全身的な原因による着色

遺伝的な病気や代謝異常によって変色することもあります。

10.菌による着色

お口の中にいる細菌の中には、色素を作るもの(色素産生菌)もあり、歯が黄~茶色くなることもあります。

11.歯の磨きすぎ

粗い研磨剤が入った歯磨きで毎日磨いていると、エナメル質が削れて薄くなり、象牙質が透けて逆に歯が黄色くなってきます


歯が変色する原因は何ですか?

・歯の着色を起こしやすい人の特徴

歯の着色を起こしやすい人って?

コーヒー

1.嗜好品を良く摂る

コーヒー、紅茶、麦茶や赤ワインなどの飲み物を多く摂る人、またタバコを吸う場合、ヤニがべったりとこびりつき歯磨きでは取れなくなります。

2.歯並びが悪い

歯並びが悪いと、歯ブラシが届きづらい部分がどうしても出てくるため着色しやすくなります。

3.歯石が溜まりがち

歯の表面が歯垢や歯石でざらざらしていると凹凸に色素が入り込み、着色しやすくなります。

4.研磨剤の入ってない歯磨き粉を使っている

歯磨き粉を使わずに歯を磨く人、また歯磨きジェルなど研磨剤の入っていない歯磨き粉を使っている人は着色が取れにくくなります。

5.口の中の乾燥

唾液が減っていたり、口呼吸で口の中が乾燥気味だと唾液で口の中が洗浄されにくく、食べ物や飲み物の着色がしやすい傾向があります。


歯の着色が気になる?あなたの着色の原因はコレかもしれない!
 

・危険性の高い歯の変色とは?

黒? 茶色? なんとなく気になるくすんだ歯・歯の変色

鏡をみて歯を磨く女性

鏡を見るといつも気になる変色した歯……


最近ちょっと歯の色が気になるなぁ……。神経を取ったわけでもないのに、どうしてこの1本だけ色が違うんだろう? そんな風に思って歯科に行くと、歯の神経が死んでいるとのこと。歯の神経が死んでいるとは、一体どのような状態のことをいうのでしょうか? 歯の神経の自然死について、原因・リスクを歯科医が詳しく解説します。
 

ほとんど痛みが出ない? 歯の神経が自然死する原因

歯に神経が死んだ状態
神経を取った歯のように、色が明らかに暗く見えます(正面右)
一般的には、歯の内部にある「歯髄」と呼ばれる組織全体が、機能しなくなった状態をいいます。痛みがほとんど起こらないで、歯の内部の歯髄が死んでしまう自然死は、主に次のようなことが原因です。

■以前の治療の影響
比較的多く見られるのが、以前虫歯の治療の際、神経にごく近いところまで、虫歯が進行していたが、その時は歯の神経を取らずに保存して、詰め物などで穴を埋めてある場合。

治療後に神経近くに潜伏していたごく少量の虫歯菌によってゆっくりと歯の神経を蝕むため、それほど痛みを感じずに数年後に神経が死んでいることがあります。
 
■打撲など機械的刺激の影響
口元を強く打ち付けたり、物がぶつかったりして、歯に強い衝撃が加わったりすると、その時は痛みが落ち着いたとしても、しばらくしてから、神経が死んでいることがあります。

歯の神経が機能しなくなると、歯自体の痛みは感じなくなるので、自覚症状が無くなります。しかし、ほかの歯に比べて、色が変色したように暗く、表面がくすんだようになるなど、歯の神経を取った時と同じような色の変化が起こってきます。
 

突然強い痛みが出る恐れも……歯の変色を無治療で放置するリスク

cyst
骨を溶かし、内部に膿を溜め込んでいることもあります
自覚症状がほとんど無いため、自分で気がつくことは少なく、歯の表面の色が気になって、病院を訪れた際にレントゲン撮影で、初めて発見されることがほとんどです。

普通、歯の内部の神経などが入っている空間は、歯髄でしっかり満たされていますが、歯の神経が死んでいると空間はそのままで、神経が溶けて液状化したり、逆に乾いて凝固したり容積が減少します。

その際、歯の内部にできた空間が感染を起こすと急に痛みが生じたり、歯の根の先に、袋状の膿みだまりができたりします。

実際の臨床では、神経が死んでいるのが確認できた時は、すでに膿などが内部に溜まっていることが多いので、痛みが無かったとしても歯の内部に穴を空けて腐っている神経の残骸を綺麗に取り除き内部を無菌化して埋める必要があります。

痛みが無いからといって放置をしておくと、ゆっくりと慢性状態で炎症が進行し、根の先に大量の膿を溜め込みます。そしてある日、体調不良や機械的刺激などの少しのきっかけで、それまでの痛みの無い慢性状態から、強い痛みや腫れを伴う急性状態へと変化することがあるので注意が必要です。

歯の神経が突然死!?痛みがなくても歯の変色に注意

・歯医者さんではどのように治療する?

2.歯医者さんで行う茶色くなった歯の治療法

2-1 クリーニング

エナメル質に付着した汚れを落とし、本来の歯の色を取り戻す治療です。ステインが原因の変色であれば、クリーニングがもっとも効果的な手段になるでしょう。

ただ、あくまで本来の歯の色にする治療であり、人によってはイメージしていたような色にならないかもしれません。

2-2 ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯の色素を分解し、科学的に脱色する治療法です。歯にホワイトニング専用の薬剤をぬり、レーザーなどの光を当てて歯を白くしていきます。

歯の表面にこびりついたステインなどの着色汚れが気になる場合はもちろん、加齢や神経が死んでしまった歯を白くしたい場合など、幅広いお悩みを解決できる場合もあるので、困ったときはホワイトニングの施術も検討してみてください。

ただし、「ハッキリとした白さ」を手に入れたい場合には、歯の表面にセラミックを貼り付ける『ラミネートベニア』や、『クラウン』を被せる施術をおすすめします。

2-3 コーティング

歯の変色している部分に白いコーティング剤を塗る治療です。変色が進行していて、ホワイトニングなどでも大きな効果が見込めないときに用いられます。

「歯のマニキュア」といわれることもありますが、そのイメージにかなり近いです。変色が濃い場合は、歯の表面を少し削ってから治療することもあります。

2-4 セラミック

本物の歯と見分けが付かないほど精巧につくられた、人口歯(じんこうし)を取り付ける治療です。虫歯が進行している、神経が死滅した、抗生物質で変色したなど、改善が難しい原因で変色が生じているときに採用します。

従来、人口歯といえば銀歯でしたが、一見すると人口歯だと分からないために、セラミック治療を望む患者は多いようです。


歯が茶色に変色する7つの原因と歯医者での治療法+自宅ケア

・自宅ケアの注意点

3.歯の変色を防ぐ自宅ケア

3-1 ステインの元となる食べ物を控える

ステインの元であるコーヒーやチョコレートなどの食べ物を控えることが、歯の変色を予防するひとつの方法です。色素が付着・蓄積しにくくなるので、意識的に取り組めばいつまでもキレイな歯でい続けられるかもしれません。

ただ、すべてを控えるのは大変なことです。たとえば、ステインが付きやすい食べ物をとった後はうがいを必ずする、などのケアを習慣化すれば、汚れを最小限におさえられます。

3-2 喫煙を控える

よく知られているように、歯の変色の原因となりやすいのが「タバコ」です。タバコに含まれるヤニによって色素沈着が進行し、少しずつ歯は茶色に変色してしまいます。

喫煙が習慣化しており、歯の変色に悩んでいる人はやはり、喫煙を控えることが改善の近道になるでしょう。

3-3 ステイン除去用の歯みがき粉を使う

近年、ステイン除去用の歯みがき粉が続々と登場しており、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで手軽に購入できるようになりました。

ステインを落とす成分が含まれているので、毎日のブラッシングに用いれば変色予防になり得ます。

ちなみにブラッシングの際、あまりに強い力で磨くと歯の表面が削れてしまい、ステインが付着しやすくなるため、できるだけ優しく磨くようにしてください。


歯が茶色に変色する7つの原因と歯医者での治療法+自宅ケア


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】


 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。