こんもり口元のゴボ口を治したい!

こんもり口元のゴボ口を治したい!

・コボ口とは?

 

ゴボ口とは?

前述の通りゴボ口とは顔の位置と比べ口が前に出ている事を意味します。

ゴボ口という呼び方で知られていますが、正式な名称はアテノイド顔貌と呼ばれております。

アテノイドとは口の周りにあるリンパ組織の事で、通常成長と共に小さくなるのですが、これが大きく発達してしまう事でゴボ口になってしまいます。


何故ゴボ口になってしまうのかというと、原因は大まかに口呼吸によるものです。

通常人は口を閉じているのが通常の状態ですが、口呼吸を常に行っていると顔の成長に影響を及ぼしてしまいゴボ口になってしまいます。

顔の状態ですので、先天的な物だと思われがちですが実は大半が後天的な症状によるものなのです。


自分がゴボロか出っ歯か等知りたい場合は鼻に横向きに人差し指の指先をくっつけ、そのままの状態で手を顎にくっつけてください。

そうすると手が口に当たらずにくっつく場合や唇に少し当たってしまう場合でもゴボ口ではありません。

ですが、人差し指の先を鼻に付けようとするときに鼻に付く前に口に付いてしまう方はゴボ口である事が多いです。
ゴボ口の治し方~4つの方法とは?~

・コボ口はなぜだめなの?

 

アデノイド顔貌が引き起こす5つの症状

1.睡眠時無呼吸症候群になりやすい

アデノイド顔貌の方で特に危険な症状が、睡眠時無呼吸症候群だと言われています。睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まる病気で、「Sleep Apnea Syndrome」の頭文字をとって、「SAS(サス)」とも呼ばれます。

医学的には、10秒以上の気道の空気の流れが止まった状態を無呼吸として、その無呼吸が一晩に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上ある場合を、睡眠時無呼吸症候群と呼びます。

睡眠は本来、日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのものですが、睡眠時無呼吸症候群の場合、呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていくため、その不足を補おうと心拍数をあげるなど、寝ている間に脳や体に大きな負担がかかることになります。

その結果、日中に強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされます。更に高血圧症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞など循環器病を合併する危険が高まり、交通事故や突然死の原因にもなっているようです。

引用:welq

2.いびきをかく

アデノイド顔貌の方は、いびきをかくことが多く、更にそのいびきが大きいことが特徴だと言われています。

人間は眠っている時、鼻で呼吸をするものですが、鼻の通りが悪いと口呼吸をするようになります。そうすると舌が喉の奥に落ちこみ、気道が狭くなることで、そこを流れる空気が乱れて、喉の奥が振動するようになります。その結果、いびきが発生します。

引用:welq

3.しゃべり方がおかしい

アデノイド顔貌の方は、滑舌が悪かったり、発音がおかしいといった症状が見られるようです。これは口呼吸がしやすいように、舌を本来あるべき位置より低い位置や前の方に置くことで、喋り方がおかしくなったり、口を開きすぎていることで、喋る時に口を閉じるのが間に合わなくなり、中途半端な発音になると考えられているようです。

そのため、例えば「ただならさ」行の発音がはっきりしない、「ま行」のような口を閉じなければ発音できない音を、うまく発音できないといった症状が出ると言われています。

引用:welq

4.猫背になりやすい

アデノイド顔貌の症状のひとつに、猫背になりやすいことがあげられます。猫背は背中が丸まり、頭が前に出てしまっている状態で、悪い姿勢の代表格とも言われていますが、アデノイド顔貌の方の場合、口呼吸がしやすいように、頭を前に出すことが原因で猫背になります。

また猫背になると胸を拡げることが難しくなり、呼吸がしづらくなるので、無意識にたくさん空気を吸おうとするため、口呼吸の慢性化に繋がるようです。

引用:welq

5.口臭がきつくなる

口臭の原因は口の中の細菌です。唾液の殺菌作用によって細菌は抑えられています。口呼吸によって唾液量が減ると細菌の量が増えて口臭が強くなります。

引用:歯医者が教える歯のブログ


SNSで話題!ブス顔の代名詞 「口ゴボ」 とは?その特徴と治し方に迫る
 

・コボ口の原因

  

アデノイド顔貌とは?その名前の由来はこちら…


まず、このアデノイド顔貌という名前に含まれている「アデノイド」とは鼻の奥にある免疫組織のことであり、この組織は体の外部から侵入してくる細菌やウイルスなどの情報を記録して、それに対する抗体などを産生する役割などを担っています。このアデノイドは別名咽頭扁桃(いんとうへんとう)とも呼ばれていて、扁桃腺という呼び名で広く知られている喉にある口蓋扁桃(こうがいへんとう)もこれと同じような役割を担っています。アデノイド顔貌とは何とも変わった名前ですが、この下顎の後退を特徴とする顔つきがなぜアデノイド顔貌と呼ばれているのか、その理由についてまずは簡単にご説明したいと思います。

そのアデノイドの位置は、以下の図を参考にしてください。

このアデノイドという組織はうまれてから数年は段々と大きくなっていき、およそ5歳くらいで最大の大きさに達して、その後は段々と小さくなっていくということが分かっています。この時にはすでにこの組織は本来の役割をほとんど終えており、特にあってもなくても問題はないそうです。

ただ、このアデノイドがあるが故に問題が起きてしまうということもあり、先ほどアデノイドは段々大きくなると言いましたが、中にはそのアデノイドが肥大しすぎて、それが慢性的な鼻づまりを引き起こす原因になってしまうことがあるのです。アデノイドの位置を見ていただければ、確かにそれが鼻づまりの原因になってしまうということはよくわかりますよね。

そして、その結果アデノイド肥大が起きてしまう方は口呼吸をするようになってしまうため、これが段々と下あごの後退を引き起こす原因になってしまうと考えられているのです。つまり、アデノイド肥大によって口呼吸が身に付き、その結果下あごの後退や上あごの突出を特徴とする顔つきに成長してしまうというのが、この顔つきがアデノイド顔貌と呼ばれている理由になります。

しかし、実際このアデノイド顔貌という顔つき自体は、その根本的な原因は口呼吸にあるため、アデノイド肥大だけがその原因になるというわけではありません。

例えば慢性鼻炎の症状による影響から口呼吸が身についてしまった場合でもこのアデノイド顔貌になってしまう可能性がありますし、顎の筋力が鍛えられていないことによって口呼吸になってしまっている場合でも、それもまたアデノイド顔貌の形成を引き起こす原因になってしまうのです。


※女の芸能人の方でアデノイド顔貌なのは誰…?
 

・コボ口をしている有名人

  

女の芸能人の方で、アデノイド顔貌なのは誰?


芸能人と一言で言っても、そこには女優さんであったり、お笑い芸人であったりと様々な人があてはまるわけですが、そういうなかで、女の芸能人のなかでこのアデノイド顔貌なのではないかといわれている方にはどんな人がいるのか、調べてみました結果をまとめていきたいと思います。

まず、女の芸能人の方でアデノイド顔貌なのではないかといわれている方には、オアシズの大久保佳代子さんや、女優の宮地真央さん、AKB48の峯岸みなみさんがその例として名前が挙げられていました。

しかし、この方達は確かに多少口元のでっぱりはあるかもしれませんが、それほどひどいアデノイド顔貌ではないというような印象を受けました。

また、女の芸能人の方では坂口杏里さんもその名前が挙げられていましたが、確かにその横顔を拝見してみると、下顎が若干引っ込んでいるように感じます。

色々調べてみましたが、女の芸能人の方では、それほどすごいアデノイド顔貌であるという方はいないような印象を受けました。しかし、男の芸能人の方ではバナナマンの日村さんがアデノイド顔貌であるとしてその名前が挙げられていたため、その横顔を拝見したところ、ちょっと衝撃を受けました。

もともと首周りに脂肪がついているということも影響しているのだとは思いますが、本当に顎が無くなってしまっているように見えます。



では、こういったアデノイド顔貌に対して、美しい横顔とはどのようなものなのかという話になりますが、人は鼻先と下の顎の先端を直線で結んだ時に、その線の内側に口もとが綺麗におさまっていると、その横顔を綺麗だと感じるようです。例えば、以下の図を見ていただければそれがどういうことかわかると思います。

芸能人の方でいうと、女の人ではももちさんこと嗣永桃子さんや、剛力彩芽さんあたりが非常に横顔が美しい芸能人としてその名前が挙げられています。ただ、その他にも、基本的に美人といわれている芸能人の方は、どの方も横顔までとても綺麗です。


※女の芸能人の方でアデノイド顔貌なのは誰…?

・治療法はあるの?

 

アデノイド顔貌はどうやったら治せるの?


アデノイド顔貌の症状は、いわば骨格がそのように定着してしまっているということなので、骨の成長が終わってしまった後では、これを治すということは容易なことではないのです。今回の記事の中で、アデノイド顔貌は慢性的な口呼吸の症状に伴うポカン口がその形成につながる原因になってしまうという話をしましたが、ではその口を閉じるようにすれば、アデノイド顔貌の症状もよくなるのかというと、残念ながらそういうことでもないといわれています。

じゃあ、実際アデノイド顔貌の症状はどのようにして治せば良いのかと言いますと、歯の歯科矯正を行うことで、その症状が良くなる場合もあると言います。特に、それほど下顎の後退が起きているというわけではなく、少し口もとが出っ張っている程度であるならば、歯科矯正をすることによって十分な効果を得られる可能性もあります。

例えば、以下の画像は歯科矯正を行った方の横顔がその前後でどのように変化したのかを表したものなのですが、確かに、綺麗な横顔になっているということが分かりますよね。


しかし、実はその下顎の後退が起きていることによって、それがかみ合わせにまで影響を与えていると判断されると、その治療を保険適用のもとで受けられる場合もあると言います。実は、このアデノイド顔貌の症状は、重度のものだと顎変形症というものに診断される可能性があり、そうすると、歯科矯正から外科手術にいたるまで保険適用のもとで治療をすることができるのです。ただ、ちょっと異常に下顎の後退が起こってしまっているような場合には、外科手術を視野に入れた治療を行わない限りはその症状を大きく改善をするということは難しいようです。しかし、基本的にこういった美容整形は自費での手術になり、骨格を変えるとなると、費用も高くなってしまうというのが現状です。


※女の芸能人の方でアデノイド顔貌なのは誰…?


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。