虫歯の色の秘密とホワイトニング

虫歯の色の秘密とホワイトニング

・虫歯の色の秘密

あなたは今まで、こんな疑問を感じたことはありませんか?「虫歯はなぜ黒いの?」子供のような疑問ですが、実はその素朴な疑問は、とっても大事なことに関係しているのです。虫歯が黒くなるメカニズムを知って、ぜひ毎日の虫歯予防に役立てましょう。

なぜ虫歯は黒いの?

虫歯というと、よく黒い「ばい菌」のようなキャラクターが登場し、白い歯を汚染するイメージが描かれることがありますよね。

でも、実際、虫歯というのはクリーム色から黄色がかった色などをしていることが多いのです。また、場合によっては、黒ずんだ虫歯もあります。この色の変化が起きる理由としては、進行度の度合によって色の変化のスピードが変わるからのようです。

では、なぜ虫歯になると歯の色が黒くなるのでしょうか?

黒いのは、何かの色素が沈着したものと考えられます。その色素沈着の理由を知るには、虫歯のできる過程を知る必要があります。

虫歯ができるメカニズム

虫歯はどのようにできるのでしょうか。まずミュータンス菌などの虫歯菌が歯に付着して歯垢(プラーク)という細菌のかたまりを作り出します。そして、食事などで口の中に入ってきた糖分を使って、強力な酸をつくり出しますこの酸が、歯を溶かすことで歯に穴が空き、虫歯となるのです。

歯の成分は、カルシウムやリンなどのミネラルですが、酸がこれらの成分を溶かすことを、「脱灰(だっかい)」と呼びます

虫歯が黒いのはなぜ?


虫歯が黒くなる理由の一つとして、歯が溶け出して「脱灰」を起こした後に、何らかの黒いものが沈着したということが考えられます。

脱灰が起きた後に、唾液などから出るカルシウムやリンなどのミネラルが歯に付着して歯が再生することを「再石灰化(さいせっかいか)」と呼びます。虫歯が黒いのは、この再石灰化の際に何らかの黒い色素を巻き込んだことが理由と考えられるのです

しかし、進行した虫歯では、もう再石灰化は起きなくなります。

では、なぜ進行した虫歯は黒いのでしょうか? その一つの理由に、神経がすでに死に絶えていて、使い物になっておらず、歯に栄養が届かなくなっていることが考えられます。


<COLUMN> 虫歯はなぜ黒い?虫歯のメカニズム【歯科医監修】

・虫歯は色ではわかりません

虫歯は色では判断できない!

これまで見てきたように、虫歯は必ずしも黒いとは限りません。虫歯の進行スピードが速ければ、黒くなる間もなく、むしろ黄色っぽくなります。つまり、虫歯かどうかは、色では判断がつかないのです。

「虫歯は黒いもの」と思い込んでいると、虫歯になっているのにもかかわらず、気づかずに放置してしまう恐れがあります。

たとえ再石灰化の結果、歯が黒くなっても、治療しなければ、虫歯菌はさらに歯の内部で侵食し続け、やがて象牙質は崩れ去り、中の歯髄という神経にまで到達してしまう可能性もあります。そうなると、神経が炎症することで、激しい痛みが出てくるなど、いいことは一つもありません。

大切なのは、毎日、虫歯菌予防のために歯磨きを欠かさないことと、少しでも歯がしみたり、痛みを感じたりしたら、歯科を受診しましょう。

<COLUMN> 虫歯はなぜ黒い?虫歯のメカニズム【歯科医監修】
 

歯の色が変わる原因

歯の変色というと黄ばみを思い浮かべると思いますが、他にも灰色っぽい、黒っぽい、青緑っぽい、より白っぽい変色があり、種類は意外と多いので す。

歯の色というと、どうしても表面、つまり外から見える部分ばかりに目が行きがちです。

実際は、歯の色は外側だけでなく内側の色の影響を大きく受けます。

つまり歯の変色は、歯の外側と内側の両方に原因があります。

外側からの変色原因

外側からの変色の原因は、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどの色がついた飲み物、カレーやミートソースなどの色が強い食べ物、喫煙による タバコのヤニの付着、薬の色素などが歯の外からきた色素が歯に沈着するタイプの着色汚れです。

内側からの変色原因

内側からの変色の原因は、加齢により歯の内側から黄色くなるものがあります。歯には象牙質という黄色い層があるのですが、年々この色が濃くなるの でだんだん歯が黄色くなります。白い歯が若々しく見えるのは、実際に若いときの歯が白いためなのです。

虫歯や内服薬による歯の変色

虫歯で歯が黒っぽくなるというのはどなたでもご存知の現象だと思いますが、黒っぽくなるだけではありません。黒っぽくなるのは、かなり進行してし まった虫歯のケースです。

初期の虫歯は歯が白くにごった色になり、これがさらに進行すると茶褐色や黒っぽくなってきます。

病気をで服用するクスリによる影響での歯の色が変わることもあります。

虫歯だけでなく、病気をして服用するクスリによる影響での変色もあるのです。例えば、テトラサイクリンという抗生剤によって歯の色が変色しま す。乳児から7歳くらいの間にこの薬を長期間飲むと歯に色素が沈着してしまい歯の色がかなり濃くなったり歯に縞模様ができたりします。色は薬の種類によって様々です。

このように歯の着色・変色の原因は様々です。ですから、歯を白くする、自然な色に戻すためにホワイトニング、クリーニングにもいろいろ方法があるのですが、歯の色が濃い場合には歯のクリーニングやホワイト二ングだけでは白くするのは難しい場合があります。


歯の色を白くしたい方へ 歯の色の仕組みとホワイトニングで白く見える理由を解説。

・ホワイトニングできない虫歯

Q.虫歯がある場合、歯のホワイトニングはできるかできないか?

虫歯があってもホワイトニングは出来るかと言われますと、回答はyesですね。

ただし、場所と状況にもよります。

ホワイトニングしたい歯といえば一番多いのが前歯なのですが、前歯の虫歯の程度にもよりますが、先にホワイトニングをしてから虫歯治療になります。

理由は、せっかく先に虫歯の治療をしても、ホワイトニングの後になると、詰め物の色が浮いてしまうという状態に陥るからです。

細かいことを言うと、一回ホワイトニング前に治療をして、ホワイトニング後にもう一回、詰め物の色直しをするのが一番いいですが、患者さんや歯に何回もダメージを与えるのは得策ではないので、ホワイトニング後がいいとされています。

⇒ ホワイトニングができる歯科医院を見つける

Q.虫歯があるままホワイトニングをすると?

ホワイトニングで一番オーソドックスな方法は、歯科医院にいかれて、歯科衛生士さんやドクターに施術してもらうオフィスホワイトニングになります。

これは簡単に説明すると、歯科医院でイスに寝てホワイトニング剤を歯につけて、光を当てる方法になります。

オフィスホワイトニングの場合、希望の白さにするために回数が2~4回ぐらい必要な場合があります。お口の状態によっては、先に一度治療しておかないと、虫歯が進行する場合があります。

虫歯が進行してしまうと、最悪神経を取らないといけなくなってしまうトラブルにまで発展していまいます。

ですので、虫歯がある場合は、お口の状況をよく主治医の先生と相談されることお勧めします。

⇒ ホワイトニングができる歯科医院を見つける

Q.歯の詰め物はホワイトニングできる?

詰め物に関しては、人工物になるのでホワイトニングは出来ません。歯のホワイトニングの薬剤は、天然の歯にのみ作用します。


虫歯があってもホワイトニングってできる?

・虫歯の治療後にホワイトニングを行うこと!

 

虫歯はまず治療してからホワイトニングを行うことで白くできる

以下のような歯は、象牙質の変色などが原因のため、歯のエナメル質に付いた着色汚れや黄ばみを落として白くするホワイトニングを行っても白くなりません。

  • 神経が死んで変色してしまっている歯
  • 虫歯などの治療で神経を抜いている歯
  • 虫歯により象牙質がダメージを受けている歯

 神経が死んでしまっていたり、抜いてしまっている歯はホワイトニング以外の方法で白くしていくことになりますが、虫歯については、まず虫歯を治療する必要があります。

虫歯の治療後にホワイトニングを行うかどうかに関わらず、治療方法は変わりませんが、前歯の1本が虫歯になってしまっていた場合、治療後にホワイトニングを行うと、虫歯だった歯だけが白くならずに目立ってしまいます。

そこで、セラミックの被せ物や詰め物の色をホワイトニングした後の他の歯の色に合わせることで、その虫歯を目立たなくすることができます。

しかし、虫歯の治療後に丁寧に歯磨きなどを行っていても、被せ物や詰め物をした以外の歯などは着色や黄ばんでいきますので、定期的なホワイトニングを継続することで詰め物や被せ物が目立ちにくい状態を保つことができます。

また、インプラントにしていたり、これからインプラントにしようと考えている人の場合も、インプラントの歯の色を隣の歯に合わせた色にすることで、詰め物や被せ物と同じように目立たなくすることができます。

 

虫歯の治療で詰め物や被せ物をしない場合は歯の内側からホワイトニングする

虫歯の進行具合によっては、詰め物や被せ物を使わずに治療できる場合もありますが、この場合、ホワイトニングした他の歯と色を合わせることができません。

このような場合には、歯の内側からホワイトニング剤を注入するウォーキングブリーチという方法で歯を白くすることができます。

このウォーキングブリーチについても、虫歯の治療が終わった後に行いますが、通常のホワイトニングと比較すると、以下のようなデメリットもあります。

  • 通常のホワイトニングほど白くはならない
  • 歯にホワイトニング剤を注入するため、歯の寿命が短くなる場合がある

 ただ、ウォーキングブリーチであれば、神経が死んでいたり、抜いている歯についてもホワイトニングができ、被せ物を使わないため、自分の歯を残すことができるという点もあります。

他の歯の色に合わせた詰め物や被せ物にするか、ウォーキングブリーチにするか、どちらを選ぶかは治療を受ける患者さんの選択になりますが、歯の将来を考えた場合には、歯への負担が少ない詰め物や被せ物の方がいいと考えます。

虫歯がある場合のホワイトニングは歯医者と相談して進め方を決める

自分には虫歯がないと思っていたり、虫歯の治療が終わっていて、ホワイトニングをしようと歯科医院に行っても、その診察で虫歯が見つかることもあります。

虫歯の治療で神経を取るかどうかは、診察時のレントゲンや痛みの度合いで判断できますので、ホワイトニングを考えている人はその診察のタイミングで歯医者に相談すれば問題ありません。

また、虫歯の治療が続いている状態の時期に結婚式などがあり、急ぎでホワイトニングしたいと思ったとしても、虫歯の治療が完了した後にホワイトニングを行った方がいいです。

ただ、結婚式など自分の記念や節目となるようなときには、きれいな白い歯でいたいと思うことは当然です。

このように、すぐに歯を白くする必要があるような場合などについては、歯のマニキュアを塗るなどの応急処置的な方法で対応することも可能ですので、ご自身の判断でホームホワイトニングを行う前に、まず歯医者に相談してみることをおすすめします。

なお、虫歯になりにくくするために行うのは歯のクリーニングで、ホワイトニングは歯の表面の着色や黄ばみを落として、見た目をきれいにするために行いますので、虫歯の予防にはなりません。

また、歯にひび割れがあったり、欠けていたりしている場合にホワイトニングを行うと、ホワイトニング剤が歯にしみる場合がありますので、ホワイトニングがしみそうな場合は、歯の表面を保護する薬を塗ってからホワイトニングを行うことができます。

もし、ホワイトニングを行っている途中で歯がしみてしまった場合も、ホワイトニング後にフッ素や知覚過敏の薬を歯に塗ることで感じる痛みを緩和することができます。

このように虫歯の進行具合や歯の状態によって、ホワイトニングの進め方は変わってきますので、虫歯があるけどホワイトニングをしたいという方は、まずは歯医者に相談してみましょう!


虫歯はホワイトニングできない?虫歯は治療後に白くできる




【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。