よく似ている歯垢と歯石は種類も対処法も全く異なります!

よく似ている歯垢と歯石は種類も対処法も全く異なります!

・歯垢(しこう)と歯石(しせき)の違いって?





 
簡単に言うと、上手に歯磨きすれば取り除けるのが歯垢で、歯磨きだけでは取り除けないのが歯石です。歯石は近くの歯医者で診てもらってください。
 
   歯石とは?
 
 
歯石とは歯垢が硬くなったものです。歯みがきでみがき残した歯垢が、唾液の中のミネラルと結合して、硬くなって出来ます。歯についた歯垢は、たった2日間で歯石になります。歯と歯ぐきの境い目や歯と歯の間にできた、それこそ石のように硬い歯石は、歯磨きだけでは取り除くことができません。
 
   歯石をそのままにしておくと
 
 
「石」という字の通り、歯石はとても硬く、いったんついてしまった歯石は歯ブラシでは取ることが出来ません。日常の歯みがきでは完全に歯垢を除去することは困難なため、どんなに歯みがきをがんばっても、歯石は少しずつついてきます。放置すると歯石はどんどん硬く、そして増え続けます。歯石の表面はデコボコしているために、歯垢がつきやすく、細菌の温床になるばかりでなく歯肉を刺激して、歯周病の原因となったり、歯周病を悪化させます。
 
   歯垢とは?
 
 
爪で歯を引っかくと白くてネバネバしたものがついてきます。これが歯垢(しこう、プラーク)です。歯垢は食べかすや歯の垢(あか)ではなく、細菌の塊です。1mgの歯垢にはおよそ300種類、数億~10億個!もの細菌が棲みついています。唾液の成分から薄い透明な膜がつくられ歯の表面をおおいます。この、膜は病的なものではなく唾液の持つ性質で、食事によって低下するpHの変化から歯を守ろうとする役割があります。ここに各種の細菌が付着し、さらに糖分に含まれる材料を使って歯垢となります。歯垢中の細菌は、食物中の糖分を栄養源にして増殖を続けます。さらに、ネバネバした物質をつくり出し歯の表面に強力に付着します。(デキストランという物質が関与します。)歯垢の段階では歯みがきで取り除くことができますがやがて歯石に変化すると歯みがきでは取り除けなくなり、歯周病の原因となっていきます。歯垢の付着を防ぐには、糖分摂取後の、口腔内のケアーと食べ残しや、飲みのこしを口の中に残さないこと。飲食後の口腔内のケアーに注意してください。


歯垢と歯石の違いって?

・歯石のもとになるのが歯垢です!

みなさんは 『歯石』ってどんなもの?

何のことだかわかりますか?

今日は『歯石』についてお伝えしたいと思います。

以前『歯垢』除去の大切さ~をお伝えしましたが・・・

 

~『歯石』とは~

『歯垢』(プラーク)がかたまったものです!!

 

歯磨きで磨き残してしまった『歯垢』が2日~3日で石灰化をはじめ『歯石』になります。

『歯石』はかたく歯磨きでは落とせなくなります!!

『歯石』のもとは『歯垢』ですから~歯並びなどで歯磨きしずらい所や唾液腺のある下の前歯の内側、左右上の奥歯の頬側につきやすいです。

『歯石』の表面は凸凹しているため、歯石がついてしまった部分にはさらに歯垢がつきやすくなり、歯肉炎・歯周病の原因になります。

『歯石』になる前に、日々正しい歯磨きで『歯垢』を除去することがとても大切です!

自分の歯を守れるのは自分です!

『歯石』がついてしまっていませんか?

気になる方は検診にいらして下さい。

定期的な検診でのクリーニング(歯垢&歯石除去)をおすすめします!


『歯石』のもとは『歯垢』

・歯垢と歯石の落とし方

この糸ようじをはじめとしたデンタルフロスで、「歯石」が取れると勘違いしている人がいるようです。しかし、デンタルフロスで取れるのは、歯石ではなく「歯垢」です。歯垢と歯石の違いはきちんと理解しておきましょう。

歯垢

歯垢とは、細菌のかたまりのことで、虫歯菌や歯周病菌がたくさん含まれています。1mg中、なんと1億個以上もの細菌が存在するといわれています。放置すると、酸を作り出し、歯を溶かしはじめ、歯周病菌が感染すれば、歯を支える骨が溶けていきます。

歯垢は、食後8時間ほどでつくられるといわれているため、食後に歯磨きをしてとってしまいましょう。また、早いと2日でプラークの石灰化が始まります。完全に硬い歯石となるわけではありませんが、旅行中などでブラッシングができない場合にはよく注意しましょう。

歯石

歯石とは、歯垢が唾液などに含まれるカルシウムとリン酸が混ざって沈着し、リン酸カルシウムとなって硬くなったものです。歯石を放置すると、歯石の中にいる細菌の中でも、歯周病菌は毒素を出し、歯肉を炎症させたり、歯の骨までむしばんだりして、最終的に歯を支えるものが失われてしまう原因菌が含まれています。

これを歯周病と呼びますが、進行すれば最後には歯が抜け落ちてしまい、歯を失ってしまいます。歯石になる前の歯垢の吸着除去がとても大切です。

歯石は歯ブラシ、電動歯ブラシ、デンタルフロスなどのアイテムでは除去できません。歯石は、歯科医院で、専用の器具や機械などを使って除去してもらうしか今のところ術がありません。

定期的に歯科医院に通うのが、一番確実な方法ではありますが、定期的に歯科医院に通うことが、労力面でも費用面でも難しい方は、歯垢の段階で毎日のお口の中のセルフケアを徹底しましょう。


歯石は糸ようじで取れない!歯垢の取り方は?【歯科医監修】

・生活習慣を改善し歯石を予防

歯石がつきやすい人、つきにくい人

体質や生活習慣などで、歯垢つきやすい人とつきにくい人はたしかに分かれます。まず、体質面で比べてみると、歯垢がつきやすい人は

● 唾液の量が多い
● 唾液がよりアルカリ性に近い
● 唾液の質がサラサラとしている

という特徴があります。歯垢の再石灰化をうながす唾液に含まれるミネラル成分は、アルカリ性に近い唾液の方がより多く含まれるので、唾液がアルカリ性に近ければ近いほど歯垢が再石灰化しやすい環境であるといえます。また、ねばねばとしている唾液よりもさらさらと粘着力の弱い唾液の方が、歯垢が再石灰化しやすいともいわれています。一方で、アルカリ性により近い唾液は、口内の細菌が繁殖しやすい酸をアルカリ性で中和したり、酸で溶けてしまった歯を修復する作用もあるため、アルカリ性に近い唾液を持つ人は虫歯になりにくいともいわれ、利点でもあります。

反対に、歯垢がつきにくい体質の人は唾液が酸性よりになっていることがありますが、虫歯には注意した方がよいでしょう。
体質面で比べてきましたが、次に生活習慣面で考えていきましょう。こんな生活習慣がある方は、歯垢がつきやすい方といえます。

● 甘いものをよく食べる
● 柔らかい食べ物ばかり食べている
● ずっと何かを口にしていたり、間食が多い
● 3食後歯を磨くが、特に意識せずさっと磨いている

あてはまるものはありませんか?これらはすべて、歯垢がつきやすくなる生活習慣です。甘いものは糖分がとても多く含まれています。糖分は、お口の中の細菌たちの栄養となります。甘いものばかり食べていると、それだけで口内細菌を元気にしてどんどん繁殖させてしまいます。また、柔らかい食べ物は粘り気があることが多いので、歯や歯ぐきのすき間などにぴったりとくっついてしまうことが多いです。歯ブラシで磨きにくい部分についてしまうと、なかなか取り除くことが難しくなります。さらに、ずっと何かを口にしていたり間食が多いと、常に食べものが口の中にあることになり、こちらも口内細菌の繁殖や歯垢を増やす原因になります。唾液も出ますから、歯垢が再石灰化しやすい環境にもなります。そしてなにより盲点であるのが、歯磨きの仕方です。毎食後歯を磨いていても、1本1本丁寧に磨けていなければ意味がありません。また、毎回同じ部分を磨いていては、磨けていない部分に歯垢がたまりそれが再石灰化して歯石となってしまいます。歯磨きは回数が多ければよいというものではなく、どれだけ磨き残しをなくすかが大切です。3回以上磨いていても歯石がたまるということであれば、たった1回でも時間をかけて丁寧に1本1本を磨き、歯に歯ブラシを当てる角度や方向も変えて磨き残しのないよう注意深く磨く方が、歯石対策には効果的です。

歯石をつきにくくするには、歯垢の除去が大切

歯石をつきにくくするには、歯垢の除去が大切


先ほどからご説明しているように、歯石は歯垢が唾液に含まれるミネラル成分と結びついて再石灰化し固まったものです。ですから、歯石を少なくしようと思うならば、その元である歯垢を除去しなければいけません。もっと言えば、歯垢がたまらないようにしっかりと歯磨きやデンタルフロスをつかうなどしてケアしなければいけないのです。歯磨きはもっとも基本的なデンタルケアの方法ですが、その仕方が正しくなかったりきちんと磨けていなければ効果がありません。ご自身の磨き方が正しいかどうか不安な方は、歯医者さんで歯磨き指導をしていますから、まずは正しい歯磨き方法を習得しましょう。また、歯磨きだけであった日々のケアにデンタルフロスやデンタルリンスなどのケア用品をプラスして、総合的に歯の健康を保っていくこともおすすめです。ただ、それでも歯石はついてしまうものではあるので、定期歯科検診でしっかりと除去することもお忘れなく。

歯石が付着しやすい人とそうでない人の生活習慣の違い

・歯石除去は歯医者さんで

2章 歯医者さんでの歯石除去の種類と費用

2-1 スケーリング

歯茎から露出した部分の歯についた、比較的柔らかい黄色っぽい歯石を除去するのがスケーリングです。きちんと歯が磨けている人で、定期的に歯石除去を受けているならば、1
度の処置ですべての歯石を取り切ることができるなど、比較的除去することが容易な歯石を取るのがスケーリングです。しかし、保険診療では一度に口全体の歯石除去処置を行うことは認められておらず、上の歯と下の歯など、複数回に分けて取ることになります。保険適応の処置で1回1,000円前後、自費診療では1回3,000〜10,000円程度が目安です。

2-2 ルートプレーニング

歯茎の中にある、黒ずんで硬くこびりついた歯石を取るのがルートプレーニングです。こうした歯石は歯垢に唾液だけでなく血液を固める成分である血小板などが凝固して構成されています。とても硬くこびりついているため、1度の処置ですべての歯石を落としきることは難しく、3〜6回程度のルートプレーニングを受ける必要があります。ルートプレーニングの費用は保険診療で 1 本 200 円程度、自費診療では 1 時間で 10,000 円前後が目安です。

2-3 フラップ手術(歯肉剥離搔爬術)

歯の根の奥深くに歯石がこびりついて、それが歯周病を進行させてしまっているようなケースでは、通常のルートプレーニングでは歯石を取りきることが出来ません。この場合は「フラップ手術(歯肉剥離搔爬術)」と呼ばれる手術を行うこともあります。これは、部分麻酔をした上で歯茎を切り開いて、歯周ポケットの奥にある歯石を徹底的に取り除く手術です。費用は、保険診療のケースで 1 本 2,000 円程度、自費診療では 10,000〜100,000 円と開きがあります。

3章 歯医者さんで歯石除去を受ける際の流れ

3-1 診察、検査、プロービング

歯医者さんで受けられる歯石除去処置には、大きく分けて健康保険適応のものと、保険外の自費診療になるものとの2種類があります。一般的な歯石除去の手順では、まず歯医者さんが歯と歯茎の状態を診察し、歯周病の検査を行います。検査では「プロービング」と呼ばれる歯周ポケットの深さの測定や、歯と歯茎の状態を確認するX線検査などを行いますが、こうした検査は保険診療の歯石除去には必須となっています。なぜなら、保険診療の歯石除去は歯周病治療の一環としての処置であるため。検査により歯周病の有無を調べ、歯周病の患者にたいしてのみ、保険内での歯石除去が行えるのです。

3-2 スケーリング

次に、専用器具を用いて歯茎から上についた歯石を除去する「スケーリング」に入ります。上述したように、自費診療の歯石除去であれば検査なし、あるいは検査で歯周病がないとわかった人も受けることができますが、保険診療の歯石除去は、検査によって歯周病があると判定された人のみが受けられます。スケーリングに使う器具は手動で行うハンドスケーラーや音波や空気圧で歯石を剥がして水で流し去る超音波スケーラー、エアスケーラーなどがあります。超音波スケーラーやエアスケーラーで大まかに歯石を取り除いてから、細かい部分にハンドスケーラーを使うというのが一般的です。

3-3 ルートプレーニング

スケーリングでは歯茎より上に露出している部分の歯についた歯石を除去しますが、歯茎の中、歯と歯茎の間にある歯周ポケットの中についた歯石を除去する作業を「ルートプレーニング」といいます。比較的重度の歯周病では、このルートプレーニングも合わせて行うケースがあります。歯周ポケットの深い部分にまで処置を施すので、麻酔を使う場合も多いようです。

3-4 歯面清掃

保険適応の歯石除去では、検査により歯周病を診断して、歯石を取るまでが処置の流れです。対して、自費診療のクリーニングでは、歯石除去の後に、より見た目の美しさを追求するために、歯の表面の汚れを除去する歯面清掃を行うことも多いようです。これもラバーカップやラバーブラシなどと呼ばれる、専用の器具を用いて行います。

3-5 仕上げ

自費診療の場合、仕上げに歯の表面の傷を滑らかにする処置を行うケースもあります。歯の表面にフッ素やハイドロキシアパタイトと言った歯を強くする成分を塗布し、歯の中に栄養を送り込みながらミクロの傷を埋めていきます。

3-6 歯石除去にかかる時間の目安

歯医者さんでこうした一連の歯石除去処置を受けるのにかかる時間は、もちろん歯石の量やついている状態によってことなります。大体の目安としては、保険診療の場合1回15分程度、自費診療では30分から1時間の内容としている歯医者さんが多いようです。


歯石除去は歯医者さんで受けるべき?手順と費用、期間は?


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。