歯の神経を抜くとどうなるの?抜かない治療法がいい?

歯の神経を抜くとどうなるの?抜かない治療法がいい?

・歯の神経を抜くとどうなるか?

一般的に「歯の神経」と言われている「歯髄」(しずい)。

歯髄には、様々な刺激を脳へ伝える神経と共に、無数の毛細血管が存在します。この毛細血管は、歯に栄養と酸素を供給する大切な役割を担っています。

01670110031.gif

むし歯が進行し、痛みが出てしまったときなどに「抜髄」(ばつずい)と呼ばれる歯髄を取る治療が行われます。

抜髄を行うと、どのような影響があるのでしょうか?

1、神経が無くなくなるので冷たい水がしみたりという知覚による痛みは、まったく感じなくなります。

そのため、再び虫歯になっても、「痛い・しみる」などの自覚症状を感じないため、かなり悪化して

  から気づくことが少なくありません。   

抜髄治療では、再び細菌が根管に侵入しないように、根管に詰め物をしますが、再感染を起こし

痛みがぶり返すこともあります。

11182.png

2、栄養や酸素の供給源が断たれ、いわゆる「枯れ木」の状態になります。歯の強度が弱くなり、歯の

  寿命も短くなります

111858.png

3、つやを失い黒褐色に変色することがあります

歯を失う原因には、歯周病や虫歯、外傷などもありますが、最多の原因は、歯根破折であり、喪失歯の約6割を占めるといわれています。歯根破折を生じた歯のほとんどは神経のない歯であり、歯を失わないためには歯髄を守ることが重要であるといえます。

虫歯になったとしても大きくなる前に、そして歯髄に達する前に発見して、治療することが大切です。

大切な歯を守るために、日々のお口のケアに加え、定期検診を受けましょう!


歯の神経を取るとどうなるの?

・歯の神経を抜くデメリット

2.歯の神経を抜くデメリット

長く健康な歯を保つためには、できるだけ神経を抜かない治療を行うべきです。
ここでは、神経を抜くことのデメリットをいくつかご紹介します。

(1) 歯が脆くなる
歯の内部には神経の他に血液が流れていて、神経を抜くと同時に血液が遮断され、血液によって歯に運ばれていた水分が補われなくなり、割れたり欠けやすくなってしまいます。

(2) 歯が変色する
歯の神経を抜くと新陳代謝が無くなり、歯に古い組織が残り続けます。そのため、次第に黒っぽく変色してしまいます。

(3) 虫歯が進行しやすくなる
歯の神経や血液は虫歯が進行しないように、歯を防御する働きをします。神経を抜いてしまうと、歯を固くしたり再生する力が弱まるため、虫歯が進行しやすくなります。

(4) 歯の異変に気付きにくくなる
神経のある歯は、歯に問題が生じると痛みやしみるなどの症状で異常を知らせます。一方で、神経がない歯は感覚がないため、異常に気付くことができずに症状が悪化してしまいます。

(5) 噛み合わせが悪くなる
噛み合わせは、年齢と共に変化します。変化に合わせて、歯は自然に削れてゆき、正しい噛み合わせを保っています。神経を抜くと強度を補うために、多くの場合、神経を抜いた歯に被せ物をする治療を行わなくてはなりません。
人工の被せ物は、自然の歯のように擦り減らないため、噛み合わせのずれに繋がってしまいます。


本当に歯の神経は抜く必要があるの?神経を抜くほどの虫歯と治療法

・歯の神経を抜く治療法

4.歯の神経を抜く治療

4.歯の神経を抜く治療_その他

歯の神経を抜く治療は、数回の通院が必要になる場合があります。治療内容について解説していきたいと思います。

(1)治療手順

a. レントゲン診断
レントゲンで、虫歯の深さを調べます。見た目では確認できない虫歯の位置や深さを調べます。明らかに、虫歯が神経に到達している場合には、神経を抜く治療を行います。

b. 局所麻酔
歯の神経を抜く治療では麻酔を使用します。ただし、歯の痛みが強いと麻酔が効きにくい場合があり、麻酔の量を増やす場合があります。

c. 虫歯の除去
神経を除去する前に、虫歯部分を除去します。虫歯は細菌の塊なので、根の中に細菌が入らないように虫歯に侵された部分を全て除去してから神経を取る必要があります。

d. 神経の除去
専用の器具を使って、歯の神経を除去し、神経が入っていた空洞(歯髄腔)を滑らかに整えます。歯の大きさによって異なりますが、前歯や小臼歯では1本〜2本、大臼歯では2本〜4本の神経があり、多いほど神経の除去には時間がかかります。

e. 根の中の消毒
神経除去後、神経があった空洞の中に消毒薬を入れて、仮の蓋をします。中の消毒薬は1〜2週間程度で交換する必要があるため、根の治療には時間がかかる場合が多く、途中で治療が嫌になってしまう患者さんも少なくありません。しかし、途中で治療を止めてしまうのはとても危険です。仮の蓋は1ヶ月程で外れてしまう恐れがあり、万が一歯の中に細菌が感染してしまうと、歯そのものを抜かなければいけない可能性もあります。また、治療中の歯は非常に脆い状態なので、割れたり欠けたりする危険も高くなります。

f. 根の中への薬の投与
根の中の消毒が終わると、最後にゴムのような特殊な薬を根の中に緊密に詰めます。ここで隙間があると、根の中が細菌に感染しやすくなるので、非常に大切な治療行程です。

g. 人工の土台と被せ物の処置
神経を抜いた歯は脆い状態のため、人工物を被せる必要があります。人工の土台を入れたあと、被せ物します。

(2)成功率

歯の神経を抜く治療の成功率は90%程度。既に歯の神経が死んでしまっている場合の成功率は80%程度です。歯の神経の治療は、残念ながら100%成功するとは限りません。歯の中に感染物が残った状態や、細菌が入り込んだまま蓋をしてしまうと再び痛みがでる場合があります。現在、成功率を上げるための治療法として、CT撮影や拡大鏡を使うなどの方法は増えていますが、歯の根が曲がっている場合や神経の入っていた管が枝分かれしている場合、また感染が歯の周りにまで広がっている場合には、1度の治療では終わらず通院が必要になります。


本当に歯の神経は抜く必要があるの?神経を抜くほどの虫歯と治療法

・歯の神経を抜かない治療法


歯の神経を取らない治療について
歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法図

皆さんは、歯科医院へ行って歯の神経を抜いたことはありますか?

「この歯は虫歯が深いので、神経を抜く必要があります。」
「しみるのが治らないので、神経を抜きます。」
「痛い理由がわからないので、神経を抜いてみます。」
歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法写真

等々、神経を抜く理由は色々ありますが、神経を抜いた歯と、神経が残っている歯の寿命を比べると、将来的に神経が残っている歯の方が寿命が長いのが一般的です。

そこで、最近は深い虫歯でも、出来るだけ神経を残すような治療法が出てきました。


歯の神経を抜かない治療法の種類

歯の神経を抜かない治療法は、その方法によって、虫歯を残して殺菌する方法と、虫歯のみを除去する方法に大別されます。

虫歯を残して殺菌し、歯の神経を抜かないようにする方法

ドックベストセメント治療

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法ドックベストセメント東京

ドックベストセメント治療は、セメントに含まれる鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、虫歯を除去しないで、無菌化する治療方法です。

虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベストセメント治療を行うと、神経を抜かないで済む確立が高くなります。

また高温のプラズマにより、痛くなく麻酔も必要ない状態で健康な歯を傷つけることなく、虫歯のみを除去できるプラズマレーザー治療機器ストリークを併用すると、より確実な治療効果が短期間に得られる場合があります。

ドックベストセメント治療の詳細についてはこちらをご覧ください
ストリークについての詳細はこちらをご覧ください

ヒールオゾン治療

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法ヒールオゾン東京

ヒールオゾン治療は、塩素の7倍と言われるオゾンの高い殺菌力を利用して、虫歯菌の殺菌を行う治療方法です。

ヒールオゾン治療では、神経に達するような深い虫歯の場合でも、虫歯を削らずオゾンで殺菌することによって、虫歯の部分の再石灰化を促進させるので、神経を残せる可能性が高くなります。

またヒールオゾンは、簡単に虫歯や歯周病の予防も出来ます。

ヒールオゾン治療の詳細についてはこちらをご覧ください

3Mix法

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法3Mix-MP法

3Mix法は、3種類の抗生物質を混ぜ合わせた抗菌剤で、歯の中の病原菌を殺菌、無菌化する方法です。

虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などに3Mix法を使うと、神経を抜かないで済む確率が高くなります。

3Mix法についての詳細はこちらをご覧ください

虫歯のみを除去して、歯の神経を抜かないようにする方法

プラズマレーザー治療「ストリーク」

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法ストリーク

プラズマレーザー治療 「ストリーク」は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液から作り出される高温のプラズマにより、健康な歯を傷つけることなく、虫歯のみを除去する最新治療です。

また上記のドックベストセメント治療と併用することにより、神経を残せる可能性がより高くなります。

高温のプラズマと聞くとなんだか怖いイメージですが、酸化チタン溶液と水の冷却効果によって、患者さんはほとんど痛みを感じることがないため、ほとんどの場合、麻酔も必要なく、お子さんでも治療が受けられるような患者さんに優しい安全な治療です。

ストリークについての詳細はこちらをご覧ください

カリソルブ

歯の神経を抜かない治療法/歯の神経を取らない治療法カリソルブ

カリソルブは、虫歯に塗布することで、虫歯部分のみを軟らかく溶かす薬です。

健康な部分には作用しませんので、虫歯を除去する際に、従来の削る虫歯治療のように、虫歯の部分だけではなく健康な歯もいっしょに削ることを最小限に抑えられます。これにより、神経を抜かないで済む確率が高くなります。

カリソルブについての詳細はこちらをご覧ください

虫歯が神経まで達していて、痛みが強い場合など、歯の状態によっては神経を抜かなければならない場合もあります。

歯の神経を抜かない治療法

・歯の神経を抜いた後のケアや費用について

歯の神経を抜く通院回数と費用とは?


歯の神経抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も歯の神経抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も
ほとんどの場合、歯の神経を抜く治療は3回ほどで終了します。ですが歯の神経の管が多ければ多いほど時間がかかりますし、根の中が腐っていたり顎の骨まで細菌が広がっていると消毒に何度も通院する可能性も。

費用は、歯の根の数によって異なりますが、保険による3割負担として、1回あたりおよそ2、000円から5、000円です。

歯の神経を抜いた後の治療方針


歯の神経抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も
歯の神経を抜いたら痛みはほとんどの場合無くなります。ですが歯が割れやすくなったり変色したりするので、注意深くケアをすることが大切。

■歯が割れないように補強や変色を防ぐ


堅いものを噛む時などに割れやすくなるので、あらかじめ補強する必要があります。保険診療の場合は銀歯などを、自由診療の場合はセラミックなどの被せ物などをすることで歯を保護しなければなりません。

また数か月で黒ずんでくるので、歯を白くする治療も行います。通常のホワイトニングはエナメル質の黒ずみに効果があるものなので、内部から薬を浸透させる「ウォーキングブリーチ」を行うのが一般的。

■神経を抜いた当日は飲酒NG


神経を抜いた日は、痛みがあることもあるので、痛みを増してしまうアルコールの摂取は避けましょう。またほおなどの腫れが引いていない場合、膿による炎症が残ってる可能性も。

■抜いたあと 痛いのは神経の取り残し!?


神経を抜いても痛みが続くことがあります。これは薬を入れた際に圧力をかけた刺激で痛みが出ているためで、一時的なもの。痛み止めを服用し、数日間様子を見ましょう。

人によっては噛んだ時の痛みや違和感が1年ほど続くこともあります。また稀に神経の取り残しの可能性もあるので、通っている歯医者さんや根管治療の専門医に相談してみることをおすすめします。

歯の神経抜くの6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。