8020運動で歯の寿命を延ばそう!

8020運動で歯の寿命を延ばそう!

・8020運動を知っていますか?

8020運動

「8020(ハチマルニイマル)運動」とは?

いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、日々の手入れから。

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。ぜひ「8020」を目指してください。

<参考>厚生省「成人歯科保健対策検討会中間報告」1989年(平成元年)―抜粋―
「残存歯数が約20本あれば食品の咀嚼が容易であるとされており、例えば日本人の平均寿命である80歳で20本の歯を残すという、いわゆる8020運動を目標の1つとして設定するのが適切ではないかと考えられる。」


「8020(ハチマルニイマル)運動」とは?


・歯が健康な人は健康寿命も延びる?

3.歯の健康と健康寿命の関係

愛知県知多半島の65歳以上の住民を3~4年間追跡した研究において、歯が多く残っている人や、歯が少なくても義歯等を入れている人では、歯が少ない人また義歯を入れていない人と比較して、年齢、治療中の病気や生活習慣などの影響を取り除いても、その後に認知症発症や転倒する危険性が低いということがわかってきています。図4は、歯の状態や入れ歯の使用状態と認知症になっている人の割合を示しています。これによると歯を失い、入れ歯を使用していない場合、歯が20歯以上残っている人や歯がほとんどなくても入れ歯によりかみ合わせが回復している人と比較して、認知症の発症リスクが最大1.9倍になるということを示しています。また、図5では、歯が19歯以下で入れ歯を使用していない人は、20歯以上保有している人と比較し、転倒するリスクが2.5倍になることが示されています。

また図6によると、保有する歯が19歯以下の人は、20歯以上の人と比較して1.2倍要介護認定を受けやすいという結果が出ています。つまり要介護状態になる危険性も歯が多い人ほど少ないこともわかってきています。

兵庫県香美町の報告では、80歳全員の調査(平成23年)をしており、8020を達成している80歳の方が平成4年からの20年間で約3倍になっていたそうです。このような80歳の方々において、自家用車に乗っている割合や携帯電話を保有している割合は8020達成者の方が高いという結果も出されています。つまり元気な高齢者でいるには、できるだけ自分の歯を保有することが秘訣となりそうです。しかし万が一、歯を失ってもしっかり入れ歯を使えば、あらゆる機能は維持されるので、かかりつけ歯科診療所で相談しながら定期的なチェックが重要ということになります。

以上のように、歯の多い人ほどまたはすでに自分の歯を喪失しても入れ歯等で、口腔機能を回復できている高齢者は認知症になりにくく、転倒も少ないという疫学結果がわかってきています。歯が多く残っていることや、すでに喪失していても入れ歯等で口腔機能を維持することは要介護になりやすい疾患を予防し、健康寿命を延伸する可能性があると思われます。また最期まで自分の口から美味しいものを食べられるように、ぜひかかりつけの歯科医師にご相談ください。

4.日本人の歯の本数

8020運動は、平成元年より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。(日歯HPより引用)この運動の成果は、厚労省が6年に一度実施している歯科疾患実態調査で確認できます(図7)。この報告によりますと、すべての年齢層において年々保有する平均歯数は増加してきています。現在、平均値で20本以上保有する年齢層は69歳までとなっています。70歳以降では自分の歯が20本を下回っている方が多いことがわかります。先に述べた平均寿命は、女性では86.41歳、男性が79.94歳である日本において、歯の本数は長寿に追いついていない現状となっています。一度歯を失うと補綴物と言って人工物で補い、機能が落ちないようにかかりつけ歯科診療所で定期的にチェックを受けることが必要となります。また、自分の歯をできるだけ多く残すためにかかりつけ歯科診療所で定期的な管理を受けることは非常に重要と言えます。

日本歯科総合研究機構 恒石美登里


8020現在歯数と健康寿命

・【衝撃】40歳以降急激に歯が抜け始めます!

1-1.歯の寿命はおよそ60年

人間には、上下合わせて32本の歯があります。そのうち、一番奥の歯は親知らずですから、中には抜いてしまっている人もいるでしょう。仮に上下左右4本の親知らずを除くと、全部で28本の歯があることになります。

歯の寿命は、性別や生えている場所によって異なるものの、全体としては大きな違いはありません。過去、歯科医師が積み重ねてきたデータによると、歯の寿命は50~60年前後。前歯よりも奥歯の方が早く抜けてしまいやすいことがわかっています。

たとえば、親知らずを除いて一番奥にある歯である「第二大臼歯」は、最も寿命が短く上下左右ともおよそ50年です。一方、最も長持ちする下あごの前歯(中切歯)は、66年ほどたつと抜けてしまいます。

1-2.40歳を過ぎると歯が抜け始める

歯が抜けていくといっても、まだ20~30代の若年者にとっては、あまり自覚できないことかもしれません。「虫歯か歯周病にならない限りは大丈夫なんじゃないの?」と危機感を持っていない方も多いでしょう。子どものころ、乳歯から永久歯に生え変わったとき以外に歯が抜けた経験がないため「歯はいずれ抜けるものである」という意識が芽生えにくいのです。

健康な歯がいつまでも続くものではないと自覚するのは、40代に入ったころでしょう。多くの方は、40歳を過ぎると徐々に歯が抜け始めることになります。平均的には、45歳から50歳に至るまでに、なんと3本もの歯を失ってしまうといわれているのです。

1-3.70歳になると半分の歯しか残らない

55歳から60歳にかけては、平均で5本もの歯を失うことになります。歯を失うペースは加齢とともに徐々に加速していき、65歳から70歳の間にはさらに8本もの歯がなくなってしまうのです。

40歳から数えると合計で16本。なんとすべての歯の半分を失ってしまう計算になります。イメージしやすいように、上の歯か下の歯、どちらかが全部なくなった状況を想像してみてください。日本人の平均寿命は男性が80歳、女性が86歳です。歯の寿命が尽きてから10年以上もの歳月を生きなければならないことになります。しかも、その間さらに歯が抜けるのが止まることはありません。


歯の寿命を延ばすにはどうしたらいい? 見直すべき3つのポイント

・歯の寿命を延ばすためにできること

3.歯の寿命をのばすためにできること

将来、入れ歯に頼った生活をしたくないのであれば、可能な限り歯の寿命をのばすしかありません。歯の寿命をのばすためには、歯が抜けてしまう原因をできる限り改善するのが一番です。

3-1.虫歯と歯周病を予防するプラークコントロール

プラークコントロールとは、歯に歯こうをためないために行うケアのことを言います。虫歯や歯周病は、プラークと呼ばれる口内細菌の塊が原因で起こるものです。原因となるプラークを適切に除去していれば、歯の健康を保つことができます。

具体的には、毎日の歯磨きを怠らないこと、そして歯間のケアを行うことです。年齢を重ねると、徐々に歯茎が衰えてしまうために、歯と歯茎との間に空間が生まれ、プラークがたまりやすくなってしまいます。適切にプラークを除去し、ときには歯科検診を受けるなどして歯の健康を維持してください。

3-2.かみ合わせを治療して歯への負担を軽減

誤ったかみ癖を治して歯への負担を減らすには、かみ合わせを治療するのが一番です。かみ合わせの治療というと、歯並びを治す「歯列矯正」を思い浮かべるかもしれません。しかし、歯列矯正が見た目をよくするために行われるのに対して、かみ合わせの治療は歯の高さなどを調節し、すべての歯が正しくかみ合うことを目的に行われます。

かみ合わせを治療すれば、歯への負担が小さくなるばかりでなく、がく関節症など、歯が原因で起こる病気を予防することも可能です。

3-3.食事・生活習慣の見なおし

偏った食生活や、誤った生活習慣を正すことも、歯の寿命をのばすのに役立ちます。特に糖分を多く含む食品は、歯の表面を保護するエナメル質にとっては大敵です。甘いものを控えて、バランスのとれた食事をとることで、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができるでしょう。規則正しい生活習慣は、免疫力を高めるのに有効です。

また、喫煙の習慣がある人は、将来のことを考えて禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。タバコのヤニが歯について黄ばんでしまうばかりではなく、タバコを吸うと歯周病が進行しやすくなることがわかっています。


歯の寿命を延ばすにはどうしたらいい? 見直すべき3つのポイント



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】




 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。