食べてもおいしくない、何も食べていないのに味がする!こんなときは味覚障害?

食べてもおいしくない、何も食べていないのに味がする!こんなときは味覚障害?

・いろいろある味覚障害の症状

2-1.主な症状

味覚障害の症状として、代表的なものをご紹介します。

  • 味覚減退・無味症:味が分からない・分かりにくい
  • 異味症・悪味症:何を食べてもおいしくない
  • 自発性異常味覚:何も食べていないのに口の中で味がする(しょっぱい・甘い・苦い)
  • 解離性味覚障害:特定の味が分からない(苦さは感じるが甘さは感じないなど)
  • その他:舌の片側しか味がしない

2-2.症状が出る場所

味覚障害は、亜鉛不足で引き起こされることが多いのです。そのため、亜鉛不足による症状が舌以外にも出ることがあります。下記のような症状が出た場合は、亜鉛不足の可能性を疑ったほうがいいかもしれません。

  • 脱毛
  • 乾燥
  • 貧血
  • 爪(つめ)に斑(はん)点ができる
  • 耳鳴り・聴力低下

【症状別】味覚障害の原因や対策・治療前に読んでおきたい基礎知識

・味覚障害になる原因もさまざまです!

日常生活から考えられる原因


1偏った食生活による亜鉛不足

偏った食生活によって食事からとる亜鉛の量が不足すると、舌の表面にある味を感じる細胞(味蕾・みらい)の新陳代謝が十分に行われなくなるため、味覚障害があらわれます。また、食品添加物の中には食品に含まれる亜鉛が体に吸収されるのを妨げるものがあるといわれています。

2高齢による味覚の減退

加齢とともに味を感じる感覚器の機能が低下することによる味覚障害が増えています。近年では60歳代から70歳代をピークに味覚障害を訴える人が増加し、65歳以上のいわゆる高齢の患者さんが味覚障害の約半数近くをしめる状態になっています。

3嗅覚の低下をともなう味覚の低下

風邪などで鼻詰まりを起こしているときに、食べ物の味が分からなくなることがあります。これは、味覚と嗅覚が密接に関係していることによります。口と鼻から味とにおいの情報が脳に送られ、一つに統合されることによって風味を味わうことができるので、嗅覚が低下しているときは味覚障害が起きやすくなります。

4舌の表面の異常

舌の表面には、舌苔(ぜったい)という白い苔のようなものが薄くついています。これは舌の細胞がはがれたものや食べ物のかす、細菌、白血球の残骸などが堆積したものですが、疲れたりストレスが強いとき、風邪などで高熱が出たときに厚くなったり、色が変わることがあります。舌苔が厚くなったり、色が変わると、舌の違和感や味覚障害があらわれます。

5薬の副作用やがんの治療

降圧薬や精神疾患薬、鎮痛・解熱薬、抗アレルギー薬、消化性潰瘍治療薬など、多くの薬が味覚障害の原因となります。また、がん化学療法を受けている人の3~5割に味覚障害があらわれ、吐き気や食欲不振をともなう例が多くみられます。頸部から頭部にかけてのがんで放射線治療を受けている人の場合は、そのほとんどに味覚障害があらわれ、唾液の分泌の減少や口の中の痛みをともないます。

6味覚障害の原因となる主な疾患

口腔内の異常により味覚障害を起こす主な疾患は、舌炎や口内乾燥症(ドライマウス)などです。味覚障害を招く疾患には、貧血や消化器疾患、糖尿病、肝不全、腎不全、甲状腺疾患などがあり、味覚を伝達する神経経路が異常をきたすことで味覚障害を起こす疾患には、顔面神経麻痺や脳梗塞・脳出血、聴神経腫瘍、糖尿病などがあります。


味覚障害

・亜鉛を摂取するときの注意点

6-1.亜鉛はサプリでとってもいいの?

サプリよりは、病院で処方される製剤のほうが効果は高いのです。また、食事による摂取も、ほかの食材と組み合わせることにより吸収率がよくなります。やむを得ない場合だけサプリに頼るなど、上手な使い方をしましょう。

6-2.亜鉛の副作用は?

亜鉛を大量に摂取しすぎると、まれに以下のような副作用が出ることがあります。必ず処方箋(せん)にしたがって服用し、問題があればすぐに医師に相談してください。

  • 頭痛
  • 倦怠(けんたい)感
  • 吐き気

【症状別】味覚障害の原因や対策・治療前に読んでおきたい基礎知識
 

Question 相談者は亜鉛を服用しても改善しないようですが。

Answer 亜鉛補充療法の効果がでてくるのは3~6カ月なので、内服期間の問題があるかもしれません。自発性異常味覚は原因をすぐに特定するのが難しいことが多く、考えられる原因を一つひとつ検討していく必要があります。心因性の場合は抗うつ薬や漢方薬で治療することもあります。

口の中が苦く、金属の味がする
 
手軽な食事で食生活に偏り
なぜ亜鉛が足りなくなるの?
 不足を招いているのは最近の食生活の偏りが原因です。過激なダイエットは言わずもがな、ファストフードや出来合いの弁当などで毎日の食事を済ませてしまう暮らしは、独り暮らしの若い人に多く見られますが、高齢者夫婦や孤食のお年寄りでも同じです。こうした食事では微量栄養素である亜鉛はほとんど摂取出来ません。さらに添加物の多い食品には亜鉛の吸収を妨げる物もあります。こうして亜鉛不足が進み味覚障害に繋がるのです。味覚障害は手軽に食事が手に入る社会がもたらし、それに輪をかけているのが高齢者社会の進展、つまり現代病なのです。1日に10~15㎎の摂取を心掛けましょう。味がおかしく感じたら耳鼻科または内科で診察を。
【亜鉛を多く含む食べ物(多い順)】
 牡蠣・タラバガニ・牛肉・カシューナッツ・松の実・かずのこ・ごま・納豆

味覚障害にご注意を!

・治療とセルフケア

6-3.味覚障害や口内炎の歯科選びのコツは?

歯科を選ぶ際は、以下のポイントに気を付けてください。

  • 味覚障害治療を行っている
  • 口内環境のケアに力を入れている
  • 医師やスタッフの対応がよい(予約時に電話で確認できることもある)

6-4.食生活改善のコツは?

忙しい毎日を過ごす人は、どうしても外食やファーストフード・コンビニに頼りがちになってしまいます。毎日自炊をする余裕がないという方は、週に数回だけとか夜だけといったように少しずつ自炊を始めてはいかがでしょうか。最初から完ぺきを目指さず、少しずつ挑戦してみてください。

6-5.味覚障害だが、家族の食事を作らなければならない場合は?

味覚障害になってしまうと味見をしても味が分からず、調理も不安になるでしょう。それでも、どうしても食事を作らなければならないこともあるはずです。レシピサイトなどを参考にして、きちっと分量どおりに作ることをおすすめします。いままで目分量で入れていた調味料などをわざわざ計量しなければならないので、少し面倒ではありますが、整った味になることは保証されるでしょう。また、最後の味見だけ家族に確認してもらうという手もあります。

4-5.治療方法

全身性の病気にかかっており、その症状の一つとして味覚障害を治す場合には、病気の治療がメインとなります。口内の炎症など、口内環境の悪化による味覚障害の場合は、歯科で対応することとなるでしょう。ストレスなど心因性の場合は、心療内科でのカウンセリングを行うこととなります。また、亜鉛の補給など、生活習慣を改めることも、味覚障害を治すための一つのステップです。

4-6.費用・日数などについて

味覚障害の治療は、保険が適用されることがほとんどです。歯科での治療の場合は、虫歯の治療と同じくらいといわれています。治療法によって完治までの日数は異なりますが、だいたい2~3か月で終わることが多いようです。

4-7.投薬について

亜鉛製剤を処方されることが多いです。処方されたとおりの分量・飲み方をしましょう。また、亜鉛と相性の悪い食べ物・成分もあります。下記のような食べ物を食べる際は、時間を空けましょう。同時に摂取すると、亜鉛の吸収効果が下がってしまう可能性があります。そもそも、食べないほうがいい場合もありますので、詳しくは医師に確認してください。

  • 大豆(フィチン酸)
  • インスタント食品(ポリリン酸)
  • カルシウム
  • 食物繊維
  • 葉酸

【症状別】味覚障害の原因や対策・治療前に読んでおきたい基礎知識

・歯医者さんでも治療する場合があります!

4-1.病院へいくべき症状とは

味覚障害が長く続いている場合や、一刻も早く治したい場合には、医師に相談しましょう。味覚障害以外にも体に不具合がある場合は、急いで相談してください。

4-2.何科へいけばいい?

味覚障害の相談・治療は、耳鼻科や歯科へいきましょう。事前に電話などで味覚障害の旨を伝えておくと、診療できるかどうか確認することができます。

4-3.歯科での治療について

虫歯、歯肉炎、歯槽膿漏(のうろう)、義歯装着などが原因で味覚障害になってしまった場合は、歯科での治療が有効です。口内を清潔に保つことで、味覚障害の予防にもなります。

4-4.検査・診断方法

味覚障害の検査では、下記のような方法によって障害の種類を特定することがほとんどです。

4-4-1.電気味覚検査

電流で舌を刺激し、神経の反応を調べる方法です。舌の前方・後方・上あごなどに電流を通し、左右で感じ方に差がないかどうかを確認します。

4-4-2.濾紙(ろし)ディスク法

さまざまな味(甘い・しょっぱい・すっぱい・苦い)が付いた小さな紙を舌の上にのせます。どの味を感じるかを確認することができるのです。味の種類ごとに、強さが5段階になっています。

4-4-3.その他

味覚障害の裏に、ほかの病気の可能性がある場合などは、血液検査を行うこともあります。検査内容や診断結果に納得ができない場合は、セカンドオピニオンを受けてもよいでしょう。


【症状別】味覚障害の原因や対策・治療前に読んでおきたい基礎知識


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】


 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。