女性に多い舌がんの恐怖!

女性に多い舌がんの恐怖!

・若い女性にも舌がん、死亡率も高い?


子宮頸(けい)がんに比べ、口の中にできる口腔(こうくう)がんの認知度はまだまだ低い。しかし近年、口腔がん(咽頭がん含む)の死亡者数は増加していて、死亡率は子宮頸がんを上回ったという。口腔がんの撲滅委員会を立ち上げ、12月17日開催の「オーラルケア・フォーラム2016」で講演する、東京歯科大学口腔顎顔面外科学講座の柴原孝彦教授は、警鐘を鳴らす。

*  *  *
 柴原教授のもとに、アイミさん(当時29歳、仮名)が訪れたのは、2015年夏のことだった。

 その2週間前、アイミさんは舌の裏のできものが気になり、近所の歯科医院を受診していた。できものは小指の先に満たないほどの大きさで痛みはないが、こすれたりしてしゃべりづらさがあり、なかなか治らなかったという。近所の歯科医院に紹介され、柴原教授のもとで検査を受けたところ、初期の舌がんと診断された。たった2週間で、できものは親指の頭ほどの大きさになっていた。

 国立がん研究センターの統計によると、舌がんを含む口腔がん・咽頭がんの死亡者数は年々増加傾向にあり、2012年には7000人を超えた。2013年の統計では、舌がんを含む口腔がん・咽頭がんの死亡率は46.1%で、がんのなかでは10番目に高かった。これは、同年の子宮頸がんの死亡率24.7%(16位)、乳がん19.3%(19位)を上回る数字だ。「口腔がんの死亡率が増加しているのは、先進国では日本だけです」と、柴原教授は憂う。

 口腔がんはこれまで、喫煙率が高く飲酒量の多い、生活習慣がよくない中高年の男性に多いといわれてきた。、ところが、日本癌治療学会がんの診療ガイドラインによると、口腔がんの罹患(りかん)者の男女比は変化してきていて、近年は男女比3:2と、女性の比率が高まっているという。なかでも、若い女性に口腔がんが増えていると、柴原教授は指摘する。
若い女性にも舌がんが増加! 子宮頸がんを上回る口腔がん・咽頭がんの死亡率

・こんな人は要注意!

7.舌癌になりやすい生活週間

7−1.喫煙者は7倍も口の中の癌になりやすい

喫煙は口の中にできる癌の中で最も危険度が高い原因の一つです。日本では多くないが「噛みタバコ」などの特殊な喫煙習慣を持つ地域では口の中の癌の発生率が高いことが知られています。喫煙者は非喫煙者に比べ7倍も癌になる確率が高くなります。

7−2.飲酒は6倍も口の中の癌になりやすい

飲酒はアルコール濃度が高いほど危険度が増します。特に、喫煙と飲酒を行う方は、非喫煙者と飲酒に比べ36倍もの危険度が増します。

7−3.虫歯の放置や合わない冠は危険

口の中の慢性的な刺激は口の中の癌になる可能性があります。虫歯の放置や入れ歯、金属冠からの電流、舌を噛む癖など日常的に舌に加わる刺激が癌になる可能性があります。また、このような刺激ができてしまった癌を大きくしたり、転移させたりする可能性があります。

7−4.鉄欠乏性貧血は癌の危険度を上げる

鉄欠乏性貧血(プランマー・ビンソン症候群)は口の中の粘膜を萎縮(いしゅく)させるため口の中の癌の危険度を高くします。また、ビタミンA,B,Cなどが不足しても癌の危険度は上がります。


舌癌(舌がん)を疑ってほしい6つの異常と口内炎との比較/治療法

・口内炎と間違いやすい舌がん!

2.舌癌を疑ってほしい5つの異常と口内炎との比較

2−1.舌の口内炎が2週間以上治らない時は癌を疑う

口内炎は口の中にできる炎症です。一般的なのはアフタ性口内炎で円形の白い潰瘍(かいよう)の周りに赤い部分があります。触ると痛みがあり、10日から2週間程度で治ります。しかし、舌癌は自然に治ることはありません。口内炎らしきものが2週間以上治らない場合は舌癌を疑う必要があります。

2−2.舌の表面に凸凹した潰瘍は癌の可能性がある

口内炎は表面が平らに見え白い部分と赤い部分の境界がはっきりとしています。舌癌の潰瘍表面は凸凹し、白い部分と赤い部分が混在して、口内炎のようなはっきりとした境界はありません。赤や白が入り混じり、灰色に見える部分もあります。

2−3.舌癌の潰瘍はしこりがある

口内炎は触っても周りとの違いはほとんどありません。舌癌は潰瘍の周囲に触るとコリコリと硬さを感じます。これは癌細胞が増殖し、周りの組織よりも硬くなっている状態です。そのため潰瘍の表面は柔らかそうでも、周囲は硬く感じるのです。

2−4.舌癌は出血しやすく、匂いがある場合がある

口内炎は出血や口臭はほとんどありません。しかし、舌癌の潰瘍の表面は出血しやすく、臭く感じる時もあります。潰瘍の表面は周りから栄養を取り込むために多くの血管を作ります。しかし、その血管は弱いために少しの刺激で出血しやすくなっています。また、進行すると組織が死んでしまうこともあり、血の匂いや壊死した部分の匂いで口臭が出ることもあります。

2−5.舌の一部が赤い紅板症は癌化しやすい

口内炎は白い潰瘍部分が中央にあり、周りに赤い炎症部分があります。舌癌になりやすい状態の紅板症(こうばんしょう)は白い部分がなく舌が部分的に赤くなる状態です。紅板症は前癌病変(ぜんがんびょうへん)という正常な組織よりも癌になりやすい状態です。

2−6.舌の一部が白い白板症は癌化することもある

白板症(はくばんしょう)は舌の表面が白くなっている状態で、原因は不明です。紅板症と同じ前癌病変で、癌になる可能性のある状態です。口内炎は触ると痛みがありますが、白板症はほとんど痛みがありません。白板症の治療は経過観察を行う場合と、早めに切除する場合があります。


舌癌(舌がん)を疑ってほしい6つの異常と口内炎との比較/治療法

・舌がんのセルフチェック

5.自分で行う舌癌のチェック方法

5−1.舌を大きく前に出し舌の横を見る

鏡に向かって舌を大きく前に出し、左右に動かして舌の色や形、潰瘍の有無などを確認します。舌癌の多くは舌の横にできますが、舌の根元の方も確認してみてください。見えにくい場合は指で舌を持ち上げるようにすると、見える範囲が広がります。

5−2.気になるところを指でつまんでみる

目で見て気になるところがあれば、指でつまんでみてください。周囲に硬さを感じるようであれば舌癌の可能性があります。口内炎であれば硬さを感じることはありません。

5−3.傷や口内炎があれば2週間様子をみる

傷や口内炎のようなものを発見した場合は2週間程度様子をみてください。もし2週間経っても全然改善しないようであれば舌癌の可能性があります。

5−4.顎の下のリンパ腺を触り腫れや痛みがないか確認する

風邪をひくと顎の下あたりのリンパ腺が腫れたり、痛みが出ることがあります。これは免疫細胞が活動している証拠です。舌癌になるとこの免疫細胞が活動するので腫れや痛みがないか確認する必要があります。

舌癌(舌がん)を疑ってほしい6つの異常と口内炎との比較/治療法

・舌がんの治療法

3.舌癌の治療法

3−1.初期の舌癌は部分的に切除する

初期の舌癌(ステージ1)の場合、最大2cm以下で、転移がない状態のことを言います。多くの場合、部分的に舌を切除する手術が行われます。また、放射線治療を行うこともあります。

3−2.転移している癌はリンパ節も手術で取り除く

舌癌が進行すると顎の下や首にあるリンパ節に癌が転移します。その場合、舌癌の部分と一緒に転移しているリンパ節も一緒に取り除く頚部郭清術(けいぶかくせいじゅつ)という手術を行います。

3−3.舌を大きく切除した場合は胸や手の皮膚から舌を作る

舌は話す、食べる、呼吸するなど生活する上で重要な器官です。舌癌で舌を大きく切除すると日常生活が難しくなります。そのため舌癌で舌を切除しなくてはいけない場合は切除した部分を胸や手から皮膚を再建する手術を行います。

3−4.放射線や抗がん剤治療を一緒に行う場合もある

舌癌の治療は主に切除治療を行いますが、体の状態や癌の進行状況によって放射線治療や抗がん剤治療を一緒に行うことがあります。または切除治療をせずに放射線治療だけや放射線と抗がん剤を一緒に行うこともあります。


舌癌(舌がん)を疑ってほしい6つの異常と口内炎との比較/治療法


【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】


 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。