正しい歯磨きの方法知ってますか?歯磨きにまつわるウソとホント

正しい歯磨きの方法知ってますか?歯磨きにまつわるウソとホント

 

・歯磨きの「時間」間違っていませんか?

歯磨きに必要な時間の目安は最低3分間

1-1 朝3分、夜3分、仕上げ磨き3分

歯磨きは、「1日3回」や「1日1回」など様々な説がありますが、歯科医は「1日2回」を推奨しています。それも朝・昼や、昼・夜の組み合わせではなく、朝・晩の2回です。

朝の歯磨きは、就寝中に溜まってしまったプラークを磨き落とし、口臭を予防します。夜は、就寝中にプラークが増えやすいので、食べかすをきれいに掃除し、細菌の繁殖を防ぐための歯磨きです。

時間については、最低3分間は磨きましょう。上下永久歯が生えそろっていれば、28本の歯がありますが、1本につき10~20回小刻みに動かしていると3分間を下回ることはありません。

子供の場合、夜は仕上げ磨きをプラスしましょう。小学校に上がるとやめてしまう方も多いですが、6歳臼歯が生えてきて、上手に磨くのが難しい時期なので、仕上げ磨きは必須です。

1-2 3分間の歯磨きの後はデンタルフロスでケア

歯と歯の間はブラシが入りにくく、歯ブラシだけでは十分にケアできず、虫歯になってしまうことも多いですよね。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスも使用することで、より口内環境を守ることができます。

歯ブラシだけで磨いた場合と歯ブラシにデンタルフロスをプラスした場合を比較すると、なんと20%もプラークの除去率が高いのです。歯ブラシが入らない部分はデンタルフロスを前後に動かし、汚れをかきだします。

子供がデンタルフロスを使う場合には、持ち手ありのタイプのものが使いやすいので、おすすめです。

1-3 時間の長さよりもキレイになっているかが鍵

10分間歯磨きをしたとても、プラークが除去できていなければ、十分な歯磨きとはいえませんよね。どれだけ時間をかけたかよりも、どれだけ磨けているかのほうが重要です。

歯磨きの目的は口の中をきれいにすることであり、極端にいえば口の中のプラークがすべて除去できるなら、1分間でも十分なのです。

歯磨きの理想の時間帯は食後30分以内?

2-1 食後すぐの歯磨きはNG?

食べてすぐに歯を磨くと、エナメル質が削れやすいという説を聞いたことはありますか?
これは、食べ物に含まれる糖をエサにして、プラークに住む細菌が口内環境を酸性に傾け、脱灰(だっかい)が起こり歯が弱くなる時間と関係があります。

脱灰とは、エナメル質からリン酸カルシウムの結晶が、溶け出す現象です。簡単にいえば歯が溶けているということですね。口の中がアルカリ性に戻ると再石灰化が始まり、再び硬いエナメル質に戻ります。

エナメル質がいつもより弱っている時に歯磨きをすると、歯を傷つけやすいため、「食後30分ほどしてアルカリ性に戻ってから磨いたほうがいいのではないか?」という意見があり、「食後30分は歯磨きNG」といわれるようになりました。

2-2 食後すぐをすすめる歯医者さんも

食後すぐは、脱灰が起きているため、歯を磨くのは避けたほうがいいという意見や根拠を紹介しました。しかし、多くの歯科医はこれとは異なる見解で、食後30分以内の歯磨きを推奨しています。

歯磨きをすることで、プラーク自体や、酸を出す原因となる食べかすを排除するほうが、歯を守る効果が高く先延ばしにする必要はないということです。


長すぎ注意!?歯磨きの時間は毎回どれくらいが適当なの?

・磨き方のコツ

1. 歯ブラシの角度は45度

45度

歯垢(細菌の塊で、プラークともいいます)は歯と歯肉の境目につくので、この場所をめがけて歯ブラシを当てます。歯ブラシの毛先が、歯と歯肉の境目に45度の角度になるようにしましょう。歯と歯肉の境目には約3ミリの溝があるのですが、そこに毛先を確実に当てることがポイントだそうです。

歯と歯肉の境目に毛先が確実に当っていなければ、この後の手順を踏んでも効果はあまりないと言っても過言ではありません。

自分では歯磨きをしているのに歯医者さんで「磨けていませんね」と言われるのは、歯垢にきちんと歯ブラシが当たっていないのが大きな原因です。まずは、歯と歯肉の間にしっかりと毛先を当てましょう。

2. 歯ブラシを「振動させるように」磨く

振動させるように

毛先が歯と歯肉の境目に当たっているのを確認したうえで毛先を動かさず、歯ブラシのヘッドを小さく約10~20回(できれば20回)振動させます。

毛先を動かさずに振動させるというのがポイントです。

のりか先生からワンポイントアドバイス!

力を入れ過ぎないように、鉛筆を持つような持ち方で優しく磨きましょう。

鉛筆で字を書く時の強さ(200~300g程度の力)が適切です。強い力でゴシゴシするのはNGです。

歯ブラシの毛先が当たっていれば歯垢は落とせるので、力で落とそうとするよりも当て方を意識します。

3. 磨きにくい場所は歯ブラシを立てて!

歯ブラシ立て

次に歯ブラシを1歯分移動させて1,2の過程を繰り返します。

歯ブラシのヘッドの大きさは約奥歯2本分なので、2本ずつ磨いていくことになります。1歯ずつ移動させて磨くのがポイントです。

前歯の内側(舌側)や犬歯のあたりの内側はカーブがきついので、歯ブラシを立てて、ヘッドのかかとの部分を歯と歯肉の境目に当て、1歯ずつ磨きましょう。

のりか先生からワンポイントアドバイス!

歯を磨く順序

磨き残しを防ぐため、8の字で一筆書きになるように連続的に全体を磨きます。

例えば、右下奥歯の外側(ほっぺた側)→下前歯の外側→左下奥歯の外側→左下奥歯の内側(舌側)→下前歯の内側→右下奥歯の内側→右上奥歯の外側→上前歯の外側→左上奥歯の外側→左上奥歯の内側→上前歯の内側→右上奥歯の内側、という具合です。


【徹底解説】“バス法”で歯周病対策!歯科医師に聞いた、本当に正しい歯磨きの仕方
 

・一日3回はウソ?ホント?

1日3回適当に磨くよりも、1日1回しっかりと

夜ゆったり

「歯磨き」と言えど、きちんとした磨き方をすると5~10分ほど時間がかかります。忙しい現代人に朝、昼、夜と歯磨きだけに10分という時間をかけるのは、ほとんど不可能と言えるでしょう。

虫歯や歯周病は1日ではできません。従って、1日3回適当に磨くよりも、1日1回、今回お話した磨き方で確実に磨くほうが、歯周病予防、虫歯予防には効果的なのです。

朝、昼は食後簡単に磨き、夜はバス法と清掃補助用具でしっかり磨くのがお勧めです。朝昼に磨く時間がない人は、うがいだけでも効果がありますので、試してみてください。

1日1回、丁寧な歯磨きを

歯ブラシを当てる角度、力加減、磨く順序や使う道具など、まだ試したことがない歯磨きの仕方があったのではないでしょうか?

目をつぶって磨くのも、一本一本の歯に集中できて良いみたいですよ。
1日の終わりには、ゆっくりと時間をかけて、お風呂に入って1日の疲れを落とすのと同じように歯を磨きましょう♪


【徹底解説】“バス法”で歯周病対策!歯科医師に聞いた、本当に正しい歯磨きの仕方
 

・歯の場所別の磨き方のコツ

みがき方

歯ブラシの毛先が広がらない程度の力で磨きましょう。強すぎると歯や歯肉を傷める原因となりますし、歯ブラシの寿命も短くなってしまいます。

表側の歯

歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを当て、歯肉をマッサージするイメージで2~3mm程度、小刻みに動かして磨きます。

前歯の裏側

歯ブラシを縦に当てて、汚れをかき出すように磨きます。

奥歯

奥歯の咬み合わせ部分の溝は、歯ブラシが届きにくいため、歯垢が貯まりやすくなっています。小刻みに歯ブラシを動かし入念に歯垢を取り除きます。

奥歯の裏側

奥歯の裏側をみがく際は、歯ブラシを斜めに45°位傾けると届きやすくなります。

歯の根元<歯垢がたまりやすい>

歯と歯ぐきの境目には段差があり歯垢がたまる原因となっています。境目に歯ブラシをあてて回転させながらかき出すように磨きます。さらに、その角度のまま軽い力で前後に動かすと、歯周ポケットの歯垢除去ができ、歯周病予防につながります。

歯と歯の間<歯垢がたまりやすい>

歯ブラシの毛先が届きにくく歯垢がたまりやすい歯と歯の間は、歯ブラシを小刻みに動かし、毛先が歯と歯の間にとどまるように磨きます。デンタルフロスや歯間ブラシを使うとより歯垢が取れやすくなります。


オーラルケア情報室

・いろいろな歯磨きアイテムをしっかり活用

歯磨きのアイテム選びも重要

ハブラシは毛先が開くと、歯にきちんと当たりにくくなり、効果的に歯垢(プラーク)を落とせません。
ハブラシは1か月に1本を目安に交換しましょう!

また、人によって歯の形や歯並びは違いますので、自分の歯の状態に合わせて、適切な硬さ、形のハブラシを使いましょう。


ハブラシ植毛部の開き具合と歯垢(プラーク)除去率

ハブラシ植毛部の開き具合と歯垢(プラーク)除去率

※(公財)ライオン歯科衛生研究所調べ
※日本小児歯科学会 1985

フッ素配合ハミガキ剤で、再石灰化を促進

ハミガキ剤は歯の再石灰化を促す「フッ素」を配合したものがおすすめです。
フッ素配合ハミガキ剤は、歯垢(プラーク)の除去だけでなく、再石灰化により、酸で溶けた成分を歯に戻して修復してくれます。

※本ページでは、フッ化物、フッ素化合物を「フッ素」と表現しています。

 

デンタルフロスも使って、しっかり落としましょう。

ハブラシでのブラッシングの後に、デンタルフロスを使うと、歯垢(プラーク)の除去率が約30%アップします。

デンタルフロスで、歯と歯の間の歯垢(プラーク)もしっかりかき出しましょう。


歯間部の歯垢(プラーク)除去率

歯間部の歯垢(プラーク)除去率

※出典:山本他日本歯周病誌1975

 

デンタルリンスやしっかりとした歯磨きで「寝る前」を特に丁寧に!

寝ている間は唾液の分泌が少なくなり、口の中の自浄作用が低下するため、細菌が繁殖しやすい状態になります。

寝る前は、特に丁寧に歯磨きしましょう。

細菌の増殖を防ぐためには、デンタルリンスで殺菌することも有効です。


唾液中の細菌数推移イメージ唾液中の細菌数推移イメージ

正しい歯の磨き方



【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。