歯のうずき、圧迫感の原因と対処法

歯のうずき、圧迫感の原因と対処法

・歯そのものが原因ではない痛みいろいろ、対処法など


Q:歯の痛みはなぜ起こるのですか?
歯の痛みは,主にむし歯(う蝕)と歯周病によって起こりますが,それ以外の原因もあります。ここでは,まず歯の痛みとその様々な原因について説明し,次にその中でも最も原因として多いむし歯や歯周病の成り立ちと予防法について解説します。そして最後にその原因となるむし歯菌と歯周病の細菌についても解説していただきます。

歯の痛み,歯のまわりの痛みの原因
昔から歯の痛みに悩む人は多くいます。強烈なむし歯の痛みを一度でも経験したら,だれもがもう二度と経験したくないと考えるのはあたりまえでしょう。そして,そのむし歯の治療に行った歯科医院でまたひどく痛い治療を経験する人も多いようです。
それは,私たち歯科医師に面と向かって“私は歯医者がきらいです”とおっしゃる人が多いことからも容易に想像できます。

歯が痛むといって歯科医院に来院される方でも,歯が本当に原因の人もいれば,歯が原因でない場合もあります。



2)歯のまわり(歯周組織)の痛み
歯のまわりからの痛みは比較的容易にその場所を明らかにできます。問題のある歯は軽く叩いたり,圧迫したりすることで痛みを生じます。歯のまわりの痛みは通常,細菌の感染による歯肉,歯根膜,歯槽骨(しそうこつ)の急な炎症の過程で生じます。
これには2通りの原因が考えられます。一つは歯髄の炎症から歯髄が死んでしまい,その後歯根(歯の根)の先端に炎症を引き起こすものです。もう一つは歯肉と歯周組織の感染により,歯周ポケットを形成し,歯の辺縁に炎症を引き起こすものです。痛みの特徴,局所および疼痛を生じる状況は類似していますが,治療方針はその原因から考えて全く異なるので,この両者は別々に説明します。

根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん:根の先の炎症)の痛み
歯根の先端に膿がある状態のエックス線画像
図7.エックス線画像上で上顎右側4番の根尖周囲に認める透過像。慢性の根尖性歯周炎と診断されます。急性化すると激烈な痛みが生じるが,慢性の状態では軽度の違和感か症状はありません。
急性の根尖性歯周炎による痛みは,中等度から強度であり,持続する痛みです。痛みは歯を咬み合わせると悪化し,より進行した場合,その歯に軽く接触しただけでも痛みが強くなります。これらの場合,その歯はかみ合う歯との接触に関して大変敏感になります。患者は根尖性歯周炎に先立って,激烈かつ耐え難い歯髄炎の痛みを経験することがあります。そしてその後は軽度な持続的な痛みへと移行します。根の先からの痛みの場所は,通常,問題のある歯を正確に示すことができます。この点では,象牙質や歯髄の疼痛とは異なります。根尖性歯周炎の約半数近くにおいて,痛みはあごの骨に広がります。

問題のある歯は,軽く叩くことによって容易に判定できます。さらにその歯の根の先あたりの粘膜は,押すと痛みがあります。通常,歯髄(歯の内部の組織)は活きておらず,温度変化や電気による診査に反応しません。しかしながら,歯の内部の炎症と急性の根の先の炎症を明確に区別することは困難であり,さらにそれらの痛みは同時に生じることが多くあります。より重篤な化膿性(かのうせい)の状況になると,顔面の腫脹を伴い,さらに発熱や悪寒を生じることもあります。通常腫脹(はれ)が生じた場合,炎症に伴う膿みは骨から軟かい組織へと移行することで圧が減じ,それに伴い痛みも減少します。

根尖性歯周炎の初期においては,炎症が根尖周囲に波及して間もないため,まだエックス線所見上で明確に診断することは困難です。もし,エックス線上で根尖周囲に透過像が認められたならば,慢性の根尖性歯周炎と診断するべきです。多くの場合,エックス線画像上での根尖周囲の透過像は,症状がなくても認めます(図7)。エックス線所見は痛みを表すものではなく,さらに痛みは根尖周囲の病変の状態や感染の有無とも相関しません。

痛みが根尖性歯周炎からきている場合,その感染の原因は通常歯髄のはいっていた場所(根管:こんかん)からきています。治療の初期の目的は,感染の原因を除去することです。歯髄のはいっていた空洞を開放し,清掃します。反対側との歯のかみあわせを削除することは,痛みを和らげることに効果的です。もし,腫脹(ハレ),発熱,悪寒があるなら,抗菌剤の投与が効果的です。根尖周囲に膿の袋ができ,内圧が高まって痛みが生じている場合,切開して膿を出すことは大変有効です。痛みは通常1-2日で軽減されます。




辺縁性歯周炎(へんえんせいししゅうえん:歯の周囲の炎症)の痛み
辺縁性歯周炎の痛みは急性の根尖性歯周炎の痛みと大変類似しています。痛みは持続的であり,中等度から重度でその歯の咬合接触で痛みは強くなります。目に見える歯肉の腫脹と発赤で特徴づけられ,根尖性歯周炎に比較して歯肉よりにあります(図8)。
その歯は打診に敏感で,動揺している場合もあります。より重篤な場合,炎症性の腫脹,発熱,悪寒を伴うこともあります。深い歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が通常歯の周りに存在し,歯周ポケットの診査が必要です。歯周ポケットからの排膿があれば,痛みは軽減します。歯髄は通常,生きており温度変化や電気刺激に正常な反応を示しますが,場合によっては知覚過敏を起こすこともあり,また辺縁から逆行性に歯髄炎を引き起こすこともあります。膿みの袋の増大は通常歯周ポケットからの排膿が抑止されることにより起こり,深い骨の下まで至るポケットは,歯根の又の部分の病変の存在と関連しています(図9)。

治療は洗浄,消毒と歯周ポケットの掻爬が行われます。かみあわせの調整で反対側の歯との接触を除去します。もし,腫脹,発熱,悪寒があるなら,抗菌剤の投与が効果的です。歯周ポケットからの膿みの出口が確保されないならば,切開による排膿が推奨されます。痛みは治療後24時間以内には治まります。 

重度歯周病の口腔内写真
図8.重度の歯周疾患罹患歯
重度歯周病のエックス線画像
図9.上の奥歯において根の又の部分まで
進行した歯周疾患のエックス線画像


3)歯肉の痛み
辺縁性歯周炎によるものを除くと,歯肉の痛みは異常な機械的刺激により歯周ポケットに生じる急性の炎症によって生じます。

①食片圧入(しょくへんあつにゅう)
食事の後に歯と歯の間に痛みを訴え,特に繊維質のものを食べた後に起きる痛みです。痛みは圧迫感を伴い,大変な不快感があります。この痛みは次の食事の際に生じる再度の痛みの発生までに徐々に軽減します。ただし歯科医師が歯間部の食片をとり除けばただちに消失します。診査では食片圧入を起こす歯と歯の間の接触関係を調べます。歯と歯の間の歯肉は過敏になっており容易に出血します。食片圧入部位に隣接した歯は,通常軽く叩いても痛みがあります。隣り合った歯の接触関係は,むし歯によって問題が生じることが多いですが,治療によって歯と歯の間の接触関係を改善することで消失します。

②智歯周囲炎(ちししゅういえん:親知らずの歯の炎症)
親知らずのむし歯のエックス線画像
図10.親知らずの傾斜によって生じた智歯周囲炎のエックス線画像。むし歯を併発している。
下の顎の最後方に強烈な痛みを生じます。自発的で,口を閉じることによって痛みは悪化することが多いです。より重篤な場合,飲み込みによって痛みが強くなることや,口が開かなくなることもあります。急性の智歯周囲炎は,通常親知らずを覆う歯肉の状態不良が原因となります(図10)。

歯肉は急性の炎症を呈し赤くなり,腫れています。また反対側の歯が腫れた歯肉に食い込むこともあります。発熱と悪寒がある場合は,感染が生じていると考えられます。

治療は,原因の歯と歯肉の間を洗浄,消毒し,かみあわせによる外傷を除去します。発熱と悪寒や口が開かない場合には,抗菌剤の投与が必要です。対処療法による急性の炎症が消退した後,親知らずを抜歯することで完全に痛みは消失します。


4)歯槽粘膜(しそうねんまく)の痛み
歯槽粘膜における痛みは,通常,びらんや潰瘍(かいよう)を生じる疾患に関連しています。一方,口腔内全般に生じる痛みは,広範囲な感染によるものや,全身疾患にともなうものが多くあります。

部分的な痛みは機械的,化学的外傷や熱傷,ウイルスの感染等によって生じます。痛みは通常軽度から中等度ですが,刺激的な食事の際には重度の痛みを訴えることもあります。
多くの場合,この痛みは数分で緩解します。ここでは最も頻度の高いアフタ性口内炎について概説します。アフタ性口内炎は自己免疫によるといわれ,ストレスによって悪化します。潰瘍形成までの2-48時間前には灼熱感があります。病変は0.3-1.0 cmと小さいですが,強く痛みます。軽いものでは10日以内に治癒し,痛みの強度も中等度くらいまでです。より重篤な場合,深い複数の潰瘍が形成され,極めて痛みが強く,発音や食事に困難が伴います。この場合1ヶ月ほど治癒に要することもあります。治療は,対処療法であり,潰瘍を機械的に覆う貼付物を使用するか,あるいはステロイド軟膏やテトラサイクリン軟膏を塗布します。

口腔粘膜に全体的な疼痛が起きる時は,通常灼熱感であり,味覚障害や金属味を伴います。この痛みは,細菌や真菌の感染から起こるものが多いです。診断は,細菌検査によって行われます。その一種であるカンジダ性口内炎は,長期に渡る抗真菌剤の投与や免疫能の異常を原因として疑います。頭頚部への放射線療法は,口腔内全体の急性の粘膜炎を生じることがあります。また唾液分泌の減少は口腔粘膜の慢性痛や不快感を生じます。

口腔粘膜の灼熱感,特に舌の灼熱感は,貧血のような全身疾患によって生じます。これらは通常,舌の表面の形の変化を伴います。しかしながら,口腔内や舌に灼熱感を訴える50-70才の女性において,口腔内に原因となる変化を認めないことがあり,これらは舌痛症を呼ばれ,神経学的,あるいは心身医学的対処が必要となる場合があります。 


2:非歯原性歯痛(ひしげんせいしつう:歯が原因でない歯の痛み)
歯の痛みに関して,これまでの歯科的な対応では解決できず,原因不明のまま長期間の治療経過をたどっている症例が存在することが報告されています(※2)。当病院の口・顔・頭の痛み外来にも,歯が痛くて来院したが,原因が口腔内に見いだせない症例を多く認めています。以下に歯が原因でないにもかかわらず,歯の痛みを訴える病気を解説します。歯が原因でない歯の痛みは,歯自体が痛いものもあれば歯肉や歯のまわりの組織が痛いと訴える場合もあります。どちらにせよ原因は歯以外にあり治療の対象も歯ではありません。歯科医においても,この非歯原性歯痛はまだあまり認知されておらず,多くの場合において,歯に原因がないにもかかわらず歯の治療を行うこともあれば,歯を抜いてしまう場合もまれではありません。

1)咀嚼筋(そしゃくきん)の痛みによる歯痛
頭や首に起きるすべての深い場所の痛みは,歯の痛みとして感じてしまう可能性がありますが,そのなかでも,咬むための筋からの痛みの場合が最も多くあります(図11)。
特に咬筋(こうきん:下あごのエラのところから頬骨にかけての筋)が原因の,下の奥歯の痛みと,側頭筋(そくとうきん:こめかみから頭の横の部分にかけての筋)が原因の,上の奥歯への痛みが高頻度に認められます(図12)。痛みは持続的であり,筋の圧迫することでで,歯の痛みを再現します。さらにすなわち痛いと感じている歯への麻酔で痛みがとれないにもかかわらず,筋への麻酔によって歯の痛みが減弱されることで確定されます。治療は,咀嚼筋の筋・筋膜痛の治療に沿って行われますが,筋を温めたり,マッサージしたりします。薬を使うこともあります。 

筋肉の痛みを歯の痛みと感じることの説明図
図11.咀嚼筋が原因で,歯が痛くなると感じることを説明する図。
咬筋から下の奥歯(左図),側頭筋から上の奥歯への痛み(右図)は臨床上よく経験する。※3


痛いと感じる歯
顔の筋肉を圧迫し同じ痛みを感じている写真
図12.側頭筋が原因で,上の奥歯の痛みを示した例。
筋を圧迫すると,歯の痛みが再現されました。筋に対する治療が,歯の痛みも消失させました。


2)神経障害性(しんけいしょうがいせい)の歯痛
①三叉神経痛(さんさしんけいつう)による歯痛
繰り返し発作が起きる神経痛の一つである三叉神経痛は,歯を触ることで発作が起きたり,あるいは発作の痛みが歯に広がったりする場合があります。いずれの場合でも,突発的で,鋭く,自発性の痛みとして特徴づけられる発作的な神経痛の痛みです。しばしば歯への麻酔によって発作が消えたりすることから,歯の病気と間違えるることがあり注意が必要です。痛みが激烈なだけに訴えも強く,歯科医師は何らかの対処法として,歯の神経をとったり,歯を抜いたりすることもあります。

②帯状疱疹(たいじょうほうしん)による歯痛
帯状疱疹は,感染した神経の分布域に正確に沿って重度の痛みが発現する,ウイルスが原因の急性の神経の炎症です。歯や口のまわりの神経での発生は割と頻度が高く,その中でも眼のまわりの神経に最も多く発生します。顔の真ん中や下のあたりの神経にも起きます。この場合,顔の真ん中の場合は上あごの歯に,また顔の下の場合は下あごの歯に,歯髄炎と類似した症状を生じることがあります。診断を確定するための水泡形成までに数日かかることから,最も初期には歯の痛みだけが生じることも稀ではありません。何ら徴候が見当たらないにもかかわらず歯に激痛が生じた場合,口腔内の水泡形成の有無を診査する必要があります。

③非定型性歯痛(ひていけいしつう)
原因不明痛みに悩まされていた口腔内写真
図13.患者は顔面に生じた原因不明の痛みに悩み,上顎のほとんどの歯の抜去を歯科医師にお願いし,抜歯されたが,痛みは消失しませんでした。10年近く悩まされた痛みは,当院において非定型歯痛の診断のもとに三環系抗うつ薬の投与により,約3ヶ月で消失しました

神経障害性の歯の痛みのうち持続的なものは外傷,歯の神経をとること,簡単な抜歯や外科手術後の損傷に伴って生じることがあります。この時,歯がないのに歯の痛みを訴える場合があり,この病態を一般的に非定型歯痛と呼んでいます。痛みは持続性ですが,その原因となる所見はなく,局所刺激に対する反応や神経ブロックの効果もはっきりしません。三環系抗うつ薬投与が有効とされています。しかしながら非定型歯痛は,きれいな歯においても生じることがあり,まだ原因や病態ははっきりしていません(※4)(図13)。



3)神経血管性の歯痛
片頭痛(へんずつう)は歯の痛みとして感じられる痛みを引き起こすことがあります。あるいは群発頭痛(ぐんぱつずつう)でも歯の痛みの特徴をもつ痛みを生じることがあるります。痛みはずきずきして変化しやすく,歯髄の痛みと類似しています。痛みの発作は一定期間,一過性に生じます。痛みは上の犬歯や奥歯あたりにおきることが多いです。

4)心因性による歯痛
心因性の歯痛として,まず知っておかなければいけないのは,身体表現性障害の中の疼痛性障害による歯痛です。そして心因性の歯痛としてもう一つ遭遇するのはうつ病による歯痛です。ともに全く身体的徴候がないにも関わらず,身体的状態について訴えるという精神疾患に区分されるものです。身体表現性疼痛障害にしてもうつ病にしても,精神疾患であり,精神科医によって最善の治療が必要となります。


歯はどうして痛くなる?:歯の痛みの原因
 

・前歯のずれ

気がつくと前歯がなんだかずれている、また圧迫されたような痛みを感じる場合、もしかしたら親知らずが影響しているかもしれません。親知らずと歯並びの関係や、歯並びを治すためにはどの矯正治療が適しているかなどをご紹介します。

前歯のずれと圧迫感とは

前歯のずれと圧迫感とは

毎日鏡で自分の歯並びをじっくりと眺める人はそう多くはありません。そのため、気がつくと何だか前歯がずれてきている感じがすると感じることがあるようです。これはもしかすると親知らずが影響しているかもしれません。親知らずは、その生え方により他の歯の歯並びに悪影響を与えることがあります。前歯のずれもそうですが、親知らずが他の歯よりも大きいことから他の歯を圧迫することがあり、それが痛みとなって現れることがあります。例えるなら、銀歯を被せたときの圧迫感に似ているかもしれません。前歯に歯が浮いたような、むずむずするような痛みを感じて歯科医院を受診しても、虫歯とは診断されることはほとんどありません。虫歯ではないのにうずうずと疼くような圧迫感が気になり、物事に集中できない人もいるようです。その原因として考えられるのが、親知らずです。


前歯のずれや圧迫痛は親知らずのせい?マウスピース矯正による治療とは
 

・親知らずによる圧迫感なら抜歯か?歯列矯正か?

 

親知らずは必ず抜歯すべきか

親知らずはあまり良いイメージを持たれていない傾向があり「親知らずがある」と聞くと大方「大変そう」という答えが返ってきます。親知らず=抜歯というイメージが定着していることも、先に述べたイメージに繋がるのではないかと思います。そしてその大半が、真っ直ぐに生えていない親知らずなのです。親知らずは全部で4本あり、本来の歯28本に加えて32本となります。しかし全ての人に親知らずがあるわけではありません。また親知らずがあっても、一生生えてこない場合もあります。生えてこないからラッキーというわけではなく、ただ顔を出していないだけで、歯ぐきの中に横たわって歯を押している、ということもあります。
では親知らずは必ず抜歯するべきなのでしょうか。

 

そのまま置いておく場合

親知らずが真っ直ぐに生えており、歯並びや噛み合わせに何の問題もない場合はそのままにしておくことが一般的です。親知らずは衛生管理が難しく、虫歯リスクが高い歯のため、家庭でのケアと定期健診を受けることが大切です。

 

歯列矯正と親知らず

歯列矯正と親知らず

歯並びに乱れがあり、抜いたほうがよい親知らずがそのままになっている場合はどうでしょうか。歯列矯正を考えている方は、ほとんどの場合先に親知らずの抜歯を薦められるでしょう。というのも、歯列矯正を始めてから親知らずを抜歯すると、途中で虫歯になってしまったり、知歯周囲炎を起こすなど、矯正の過程に乱れが生じ、かえって矯正期間が長引く場合があるからです。矯正治療を始める前に抜歯することがベストです。

 

親知らずが原因で歯並びが乱れた場合に考えられる矯正治療とは

大人になってから親知らずが原因で歯並びが乱れ始め、前歯などに影響が出てきた場合、親知らずを抜歯してから矯正治療を開始することで、歯並びを整えていきます。歯並びそのものはそれほどデコボコではないものの、親知らずによって前歯にずれがある場合は、マウスピースによる歯列矯正が選択肢のひとつとして考えられます。ブラケット矯正はどうしても大がかりになり、口の中に目立つ矯正装置を着けることで躊躇いを感じる方には、マウスピース矯正は適しているでしょう。歯並びと噛み合わせが整うまで何度か歯形を採取し、少しずつ歯を動かして整えていきます。マウスピース矯正は噛み合わせも考えられた矯正方法です。親知らずに押される形で前歯に生じていた乱れと噛み合わせのずれを、目立たない矯正器具で治すことができるのは、マウスピース矯正ならではの利点でしょう。また歯並びや圧迫などに加えて歯の色が気になる場合でも、マウスピース矯正なら同時にホワイトニングを行うことも可能です。費用的にも、ブラケット矯正より抑えることができる場合が多いこともメリットです。

 

親知らずの状態を把握した対処を

親知らずは、永久歯が生え揃ったあとに生えてくるため、歯並びを乱してしまうことがあります。また歯そのものが大きいにも関わらず、狭いスペースに生えることで、他の歯を圧迫し、痛みや不快感を生じさせます。親知らずが原因で歯並びに乱れが出てしまう場合、抜歯と矯正治療を考えておいたほうが良いかもしれません。
また虫歯リスクも高いため、親知らずが生えている方は歯科医師に相談してみることがお勧めです。今はそこまで症状が出ていなくても、いずれは何らかの症状が現れることが多い親知らずは、放置すると様々なトラブルを引き起こしかねません。早めの対処がトラブル回避のカギとなります。


前歯のずれや圧迫痛は親知らずのせい?マウスピース矯正による治療とは




【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】



 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。