歯の健康維持にいい「予防歯科」

歯の健康維持にいい「予防歯科」

・意識作りから始めよう!

むし歯にならないための意識作りが大切です

むし歯にならないための意識作りが大切です

近年、歯科治療技術の発達によりむし歯や歯周病の治療は簡単におこなえるようになりました。しかし、インプラント治療などは身体にまったく負担がかからない治療というわけではありません。

むし歯にならないための意識作りが大切です

そのため、歯に痛みを感じたてから歯科医院にいくことももちろん大切ですが、むし歯や歯周病になる前にお口のトラブルを避けることが一番大切です。「むし歯」になってから治療を受けるのではなく、「むし歯にならない」という意識をもつことが、お口の健康維持につながります。


予防歯科ではじめるお口の健康

・定期検診を受けてみませんか?

定期検診の重要性

定期検診の重要性

お口の健康維持をするために、効果的なのが定期検診を受けることです。定期検診を受けることで、むし歯や歯周病の早期発見につながり、事前に治療することができます。

「歳を増すごとに歯が抜ける」というイメージがある方もいらっしゃると思います。しかし、全ての人に当てはまるわけではありません。定期検診を受けている人と受けていない人では、受けている方が年齢を重ねても歯を多く残すことができるのです。

定期検診の重要性

このように、定期検診を日ごろから取り入れることで、大切な歯を将来にわたって守ることができます。まずは、一度歯科医院まで定期検診に足をお運びください。患者様に最適な予防方法をお教えします。


予防歯科ではじめるお口の健康

・予防歯科のメリット

トラブルが起こる前に歯科医院へ通おう予防歯科

歯科医院へ通院するのは、お口に何らかのトラブルが起こってからといった方が多いのではないでしょうか? しかし、それは古い考え方となりつつあります。お口の中のトラブル、特に虫歯や歯周病といった病気は原因がはっきりしているため、予防が重視されつつあるのです。

予防歯科の考え方が定着している歯科先進国では、高齢者の残存歯数が日本と比べて非常に多くなっています。それほど、予防歯科の効果は高いものなのです。
それを受け、現在、日本でも「治療」から「予防」へという意識が高まっています。

当院では、担当歯科衛生士制を採用しています。これは、ひとりの患者さんに対し、ひとりの歯科衛生士が専任で担当するもの。お口のプロである歯科衛生士が専任で口腔内をチェックすることで、ちょっとした変化も見逃さず、効果的な予防方法のご提案が可能です。

いま、お口の中に異変がなくても、治療が必要になるトラブルを予防するためにお気軽に当院へお越しください。

予防のメリット

メリット1 お口のトラブルを予防、早期発見

適切な処置によって、虫歯や歯周病といったお口のトラブルを未然に防ぎます。また、万が一トラブルが発生していたとしても早期に発見できるため、簡単な治療で済ませることができます。

メリット2 治療費・治療期間・痛みが少ない治療

お口のトラブルは早期のうちに治療ができれば、痛みもほとんどなく、治療期間も短く済みます。結果的に、治療費も抑えられます。

メリット3 口腔内がさっぱりピカピカに

予防のプロである歯科衛生士が徹底的にお口の中をクリーニングし、歯をみがき上げます。歯がツルツルになり、お口の中がさっぱりとします。また、軽度の着色汚れも落とせます。


歯の健康を維持したい 予防歯科
 

・歯医者さんの予防歯科メニュー

クリーニング

クリーニング

専用器具を使った歯のクリーニングです。ブラッシングなどのセルフケアでは落としきれなかった箇所のプラークや歯石をしっかり除去します。歯をツルツルに磨き上げ、その後、歯の表面のエナメル質を再石灰化させる働きのあるフッ素を塗布することで、歯質を強化し、虫歯に強い歯にできます。

プラークチェック

プラークチェック

プラークは歯の色と同じ乳白色をしているため、磨き残しがあっても見落としがち。染め出し液を使って、磨き残しのプラークを可視化します。ご自身のブラッシングのクセを把握し、ブラッシング指導に活かします。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お口の中の状態は人それぞれ異なります。歯並び、咬み合わせ、ブラッシングのクセなどから、その人に合った最適なブラッシング方法を指導します。

生活習慣指導

生活習慣指導

口腔内環境を健全に維持するためには、生活習慣の見直しも大切になります。虫歯や歯周病は細菌による感染症。物理的に細菌を減らす処置の他に、生活習慣の改善によって免疫力を高めることも有効なのです。食後のブラッシングのタイミング、睡眠時間、食生活、喫煙習慣など、さまざまな点からアドバイスを行います。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせや歯並びの乱れによって、ブラッシングがしにくくなると、口腔内を衛生的に保つのが難しくなります。また、咬み合わせが少し変わるだけで体のバランスが変わり、全身の健康に影響を及ぼすこともあります。咬み合わせをチェックすることで、お口だけでなく全身の健康維持にも配慮できるのです。

定期検診

定期検診



歯の健康を維持したい

・治療よりも予防に重点

歯科も「治療」から「予防」へ

これまで日本では「歯医者は歯が悪くなってから行けばイイや」という考え方が一般的でした。
でも悪くなってから歯医者に行くと、たいてい歯を削られるか、神経を取られるか、歯を抜かれるか、みなさんがどれもされたくないイヤな治療ばかりです。また、「悪くなった歯の治療のために歯医者に行く」という従来の歯科の活用方法では、年を重ねるごとに歯を失っていくことを防げないこともハッキリしています。

また最近では、歯科治療に使用されている金属がアレルギーを引き起こす危険性が高いことが明らかになりつつあります。

ぜひ一度、ご自身のお口の中を鏡で見てください。
むし歯を治療した歯に銀の詰め物は入っていませんか?

保険診療でむし歯の治療に使用する歯の詰め物には、人体に有害な水銀を含む金属化合物「アマルガム」や「金銀パラジウム合金」が使われてきました。これらが恐ろしいのは、知らない間に口の中で溶け出し、体内に取り込まれ蓄積していくことです。
その有害性については、人体が水銀で汚染されることで引き起こされる水俣病を思い浮かべてもらえばお分かりいただけると思います。

もしかしたら「保険が適応されているということは国が認めている材料なんだから、まさか人体に悪影響を及ぼす危険性がある材料を使わないだろう」と思われている人もいると思います。
でも、その基準は日本が貧しかった戦後に、誰もが生きていく上で最低限の医療が受けられるようにするために採用された基準です。あれから半世紀以上たった現在でも未だにその基準はほとんど見直されないままです。
日進月歩で進化している歯科医療の中で、保険が適応される治療は必ずしも患者様にとってベストとはいえないケースは増えています。

これから私たち歯科医院に求められる役割は「悪くなった歯を治療する」ことではなく、「患者様の歯が悪くならないように予防する」ことです。患者様のお口の中で歯周病菌やむし歯菌を増殖させない環境をつくり、それを維持し続けることです。

特に歯周病は、慢性の細菌感染症です。私たちに自覚症状を感じさせないまま、20年、30年という長い時間をかけて、確実に進行していきます。自然治癒することは絶対にありません。
歯周病が全身に悪影響を及ぼすのは、お口が内臓とつながっている入口だからです。
お口の中で増殖し続けている歯周病菌が、全身への入口であるお口から日々体内へ侵入していることは、容易に想像していただけると思います。血流により全身に運ばれた歯周病菌は、死に直結する病を引き起こす危険性もあることが明らかになっています。

逆に言えば、お口の中を健康に保つことこそが、全身の病気の根本原因を解消する糸口になっているともいえます。
そう考えると、歯科医療はお口の中だけにとどまらず、全身の健康維持、健康増進にとって必要不可欠であるという認識が今後スタンダードになっていくはずです。

tooth11_02
だからこそ、あなたには仮に今は歯が悪く(痛く)なくても、歯科医院に定期的に通って欲しいのです。
そして専門家である歯科衛生士に、あなたの歯の健康が常に良好に保てるように継続的に管理してもらってください。
それはあくまで「メンテナンス」であって、「治療」ではありませんので、これまでのようにツラくてイヤな思いをさせることもありません。

私たちは患者様のお口の中を生涯にわたってケアしていくことで、歯の健康だけでなく、全身の健康増進のお手伝いをしていきます。
それが、患者様の人生をむし歯や歯周病で一生苦しませることなく、いつまでも健康的でイキイキと過ごしてもらう方法だと確信しています。


歯科のイノベーション
 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。