デンタルマウスピースの効果

デンタルマウスピースの効果

・歯ぎしりを治すマウスピース

歯ぎしり用のマウスピースがもたらす歯ぎしり以外にも良い効果

歯ぎしり用のマウスピースがもたらす歯ぎしり以外にも良い効果

自分では気が付きにくい歯ぎしり。寝ている間に起こることが多いのですが、無意識のうちに歯やあごに負担をかけてしまっています。歯ぎしりによる歯やあごへの負担を軽減するために用いられるのが、マウスピースです。このマウスピース、歯ぎしりのためだけではなく、他にも様々な効果が期待できます。こちらでは、歯ぎしりについてと、マウスピースの効果についてをご説明します。

歯ぎしりをすると良くないのはなぜ?

歯ぎしりとは、上あごと下あご歯を合わせてグッと強い力を加えることです。あごを左右に動かしてギシギシといわせる「グラインディング」がよく知られていますが、実は歯ぎしりの種類は3種類あり、歯を食いしばる「クレンチング」、何かを噛むような動きをして歯をカチカチと鳴らす「グラインディング」も歯ぎしりの症状に入ります。
歯ぎしりをすると良くない理由は、歯やあごに相当強い力が加わってしまうことにあります。歯に強い力が加えたり、ギシギシと歯に摩擦をかけたりすることによて、歯自体が削れてしまったり、割れてしまうこともあります。他にも、治療済の歯の被せものが壊れる、あごの負担がおおきいため、顎関節症が悪化するなども考えられます。さらに、歯やあご以外にも、強い力を加えることで筋肉が緊張し、頭痛や肩こり、目の奥の痛みを引き起こす原因にもなるのです。

マウスピースがもたらす良い効果

歯ぎしりは、治療をしても止められないことが多くあります。そのまま放っておくと、歯やあごへの大きな負担になりますから、歯ぎしりを抑える方法としてマウスピースを用います。就寝時に装着することで、睡眠中の歯ぎしりによる、歯やあごへの負担を軽減させる効果が期待できます。
マウスピースは、歯ぎしりによる歯やあごへの負担を軽減する効果もありますが、実は、それ以外にも良い効果があります。
■筋肉の緊張を緩和する
歯ぎしりをすると、ぐっと力をこめるため、肩や首、頭にまで筋肉の緊張が広がり、肩こりや頭痛を引き起こすことがあります。身体に負荷がかかった状態なので、身体が重いと感じたり、目覚めがわるくなったりすることもあります。マウスピースを装着することで、歯ぎしりによる身体への負荷を軽減できるので、筋肉の緊張も和らげることができ、肩こりや頭痛が軽減されます。朝目覚めると重かった身体も、軽くなってすっきりと目覚めることができるようにもなりますよ。
■顎関節症を予防する
顎関節症とは、あごを動かすと音が鳴る、口が開きにくい、あごに痛みあるといった症状がある状態のことをいいます。歯ぎしりを放っておくと、歯やあごへの負担から顎関節症を引き起こす可能性があります。マウスピースをすることで、あごの関節や筋肉を歯ぎしりの負荷から守ってくれるので、顎関節症のリスクが減り、予防につながるのです。
■リラックス効果がある
マウスピースの装着をはじめたばかりだと、口に違和感があって気になるという方も多いです。しかし、習慣化して慣れてしまうと、「マウスピースをしているから大丈夫だ。」という安心感が生まれます。歯ぎしりを気にしすぎてストレスになっていたところが、解消されるので、リラックスした状態を保つことができ、特に睡眠時は安心して眠ることができ、睡眠改善も期待できます。


歯ぎしり用のマウスピースがもたらす歯ぎしり以外にも良い効果

・夜間のマウスピース使用も有効?

夜間マウスピース(ナイトガード)の効果

①歯のすり減りを防止する(その代りにマウスピースがけずれる)

②歯列をマウスピースで連結固定することで、歯ぎしり中の力を歯列全体に分散させる。それにより、1本の歯にかかる負担を低減し、歯の破折や歯根破折を防止、コンポジットレジンなどの修復物の破損脱離を防止、セラミッククラウンなどの補綴物の破損脱離を防止する

③歯の位置を保定する(時に提示症例のように正中離開を改善する)

④顎関節の負担を軽減する

※マウスピースをしても歯ぎしり、食いしばりはなくなりません。それゆえ、肩こり頭痛なども直接的には治りません

 

 マウスピースの欠点は装着時の違和感があることです。その違和感から夜間就寝時に知らぬ間に外してしまう方もいます。逆に、使用していくうちに安心感からマウスピースを使用したほうが寝れるという方もいます。

 夜間の歯ぎしり食いしばりが全くない方はほとんどいないという報告があります。当院では夜間マウスピースを使用をお勧めしています。特に、歯のすり減りが多い方、多くの歯を治療している方、セラミック修復やコンポジットレジン修復が欠けたり、チップする恐れがある方、歯ぎしりにより歯の動揺が起きている方、歯の破折や歯根破折の恐れがある方は夜間のマウスピースを使用をお勧めします。

 マウスピースをは健康保険適応(5000円程度)で製作でき装着までの通院回数は2回です。


夜間マウスピース(ナイトガード)の効果

・マウスピースのメリット

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正を選択した際に得られるメリットというのは、食事や歯磨きのときに外せるということです。ワイヤー矯正だと、粘り気のあるものや、装置を壊してしまうような固いものなどは、矯正期間中は食べることができません。好きなものを食べられるというのは、健康的な毎日を過ごすためにとても重要なことですよね。また、マウスピース矯正は金属を使用していないため、金属アレルギーの方にも対応が可能です。そして、スポーツをしている方などは、金属を装着しているとぶつかって唇を切ってしまうなどの怪我が考えられますが、マウスピース矯正であればその心配はありません。そして、前歯が出ているなどの、部分的な矯正にも対応が可能です。前歯というのは、前に突き出していると、金属を付けることでより目立ってしまいます。そうしたストレスを抱えずに歯を整えていけるマウスピース矯正はとても優れた矯正方法と言えるでしょう。


「矯正効果が弱い?」マウスピース矯正によくある勘違いポイント

・今でも誤解が多いマウスピース矯正

マウスピース矯正にありがちな誤解

●誤解1:矯正できる範囲が限られている

マウスピース矯正にありがちな誤解

以前は、大掛かりな治療を伴うような歯並びの場合は、マウスピース矯正には不向きだとされていましたが、最近では様々な歯並びにも対応することが可能になっています。また、マウスピース矯正にはいくつかの種類が存在し、装置によって適応する歯並びは異なってきます。歯科医師のスキルによっては、その歯並びの矯正治療に対応ができない場合などがあり、そのような誤解を招いてしまうのではないでしょうか。スキルの高い信頼できる歯医者さんかを見極めるためには、しっかりとカウンセリングを受けてよく話を聞く必要があるでしょう。

●誤解2:どのメーカーのマウスピースでも同じである

マウスピースには、「インビザライン」、「アソアライナー」、「イークライナー」、「アクアシステム」、「DENマウスピース」など、多くの種類が各メーカーにより開発されています。それぞれ、材質、装着時間、交換の時期、通院回数などが異なっています。もちろん、どのマウスピース矯正にも、メリットやデメリットが存在し、自分の歯の状態にはどのマウスピースが効果的なのかは、やはり歯医者さんと相談をして決めることが必要になります。

●誤解3:他の矯正方法に比べて治療の期間が長い

治療の期間は、歯医者さんの治療方針や治療計画によって異なりますが、他の矯正方法と比べても、あまり期間は変わらないと言えます。しかし、従来のワイヤー矯正ですと治療期間はどうしても金属が口元から覗いてしまったり、食べ物に制限が掛かってしまいますが、マウスピース矯正なら治療期間中も周囲に気づかれることなく、好きなものを食べられるというメリットが存在します。

●誤解4:マウスピースを装着すると滑舌が悪くなる

慣れるまでは多少の喋りにくさというのはあるかとは思いますが、大抵の方は数日間で慣れてしまうようです。そのため、営業や接客業などをしている社会人の方でも、気軽にマウスピース矯正を行っています。

●誤解5:マウスピース矯正は痛い

矯正装置というのは、歯に力を加えて歯を動かし歯並びを整えていく治療です。そのために多少も痛みを伴う場合がありますが、従来のワイヤー矯正に比べるとマウスピース矯正は痛みや違和感は少なくなっています。また、ワイヤー矯正ですと、金属が粘膜に当たるために痛みや、口内炎ができやすいということもありますが、マウスピース矯正であればその心配はありません。痛みの程度は個人差がありますが、歯が動くにつれて痛みは和らいでいくでしょう。

●誤解6:マウスピース矯正はむし歯になりやすい

ワイヤー矯正と違って、マウスピース矯正はご自身で取り外しができるために、マウスピースを外して食事をしたり歯磨きを行うことが可能です。しかし、ワイヤー矯正だと、装置が邪魔をして歯ブラシが行き届かず、むし歯になりやすいというデメリットがあります。その点、取り外して歯磨きを出来るマウスピース矯正はむし歯になりにくく、とても衛生的だと言えます。

●誤解7:治療費が高い

矯正というのは保険が効かないために高額になってしまいますが、ワイヤー矯正と比べると、治療費はあまり変わりなく、むしろ安くつくのではないでしょうか。しかし、治療費というのは歯科医院によって異なるものなので、その辺りも歯医者さんと相談をしてから治療を行っていく必要があります。


「矯正効果が弱い?」マウスピース矯正によくある勘違いポイント

・自力でもできる市販のマウスピースによる歯列矯正

歯列矯正が高すぎて、一歩を踏み出せない方いませんか?軽度であったり、前歯のみであったり、八重歯だけが気になったり…。

そんなあなたにおすすめなのが歯列矯正用のマウスピースです。自力で歯並びを矯正することができるかもしれません!(個人差ありです)

お値段は3,000円前後です。

ポイント

比較的安いところで歯列矯正を行っても、500,000円前後かかるため、100分の1の値段で歯列矯正が可能です。

 


Grocia デンタルマウスピース

Grocia デンタルマウスピース

Grocia デンタルマウスピース 取扱説明書付 1個入り G-008 (クリア)

非常に簡素な造りで、本当に万人向けなの?と思うかもしれません。

しかし、歯医者さんでも、ほぼ同じ形、造りのマウスピースT4Kという歯列矯正用マウスピースを10歳前後のお子さんのために約100,000円前後で推奨、販売しています。

ポイント

それを大人の顎の大きさに合わせて造られたのがこの商品です。

歯列矯正用マウスピースはこんな方にオススメ

Grocia デンタルマウスピース

Grocia デンタルマウスピース 取扱説明書付 1個入り G-008 (クリア)

出っ歯、空きっ歯、八重歯が気になる方でも、自力で歯並びを矯正することが期待できます。

また、歯列矯正後にリテーナーのつけ忘れ等でリバウンドした方の歯並びも再矯正効果を期待できます!

基本的には抜歯の必要がある重度の歯列不正の方以外を対象としています。

普通のマウスピースとして歯ぎしり予防にもなるのでお得です。

注意

大人の顎用に大きさが調整されているため、お子さんに使用しないことを推奨します。

歯列矯正用マウスピースは使い方もかんたん!

Grocia デンタルマウスピース

Grocia デンタルマウスピース 取扱説明書付 1個入り G-008 (クリア)

たったの4ステップです。

通常のマウスピースと使用方法は変わりません。

ただ、使用後はしっかりと洗浄、保管しましょう。基本的に寝ている間に装着するだけです。(可能であれば、一日中が効果あり)

実際、歯列矯正用マウスピースは効果あり?

個人差はありますが、前後左右にずれたガタガタの歯、八重歯等にも効果があるという口コミがあります。

個人的な意見ですが、前歯と下の歯はかなり動きます!

歯並びを矯正すると、横顔がすっきりするのも嬉しいですね!



自力で安く歯列矯正ができる3000円の市販マウスピースのすごい効果

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】



 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。