歯が痛くて眠れないときはどうする?

歯が痛くて眠れないときはどうする?

・とにかくすぐできる応急処置

歯が痛いときの応急処置

歯が痛くなってしまったとき、痛みを和らげるための応急処置の方法をご紹介します。

冷やす

原因にもよりますが、もし腫れている様子ならまず冷やすことが先決です。「熱さまシート」「冷えピタ」などを貼ると冷やしやすいです。

氷のうを利用するのもよいですが、氷で直接冷やすと冷たすぎてしまうので、濡れたタオルなどに包んで当てておくことをおすすめします。

注意点

冷やしすぎには注意が必要です。冷やしすぎると、血行不良や循環に障害を起こす可能性があります。

また、口の中に氷を含み直接患部を冷やすことは止めてください。痛んでいる歯は神経も敏感になっているため、ひどい痛みを伴う可能性があります。

痛み止めを飲む

頭痛薬などの鎮痛剤は歯の痛みを緩和します。ただし、1週間など長期や空腹時の服用は控えましょう。つぎのような薬が効果的です。

ロキソニン

  • 1日1錠2回まで
  • 服用は4時間以上の間隔を空ける
  • 15歳未満は避ける
  • 65歳以上は医師に相談

バファリン

  • 1日2錠2回まで
  • 服用は6時間以上の間隔を空ける
  • 15歳未満は避ける
  • 65歳以上は医師に相談

セデス

  • 1日2錠3回まで
  • 服用は4時間以上の間隔を空ける
  • 7歳未満は避ける
  • 65歳以上は医師に相談

購入する際は薬剤師さんに相談してください。ほかに使用している薬や合併症のことも相談し購入することを推奨します。

服用すれば痛みは引きますが、一時的なものなので、状態が悪化する前に歯医者に行きましょう。

正露丸を詰める

正露丸といえば胃腸薬で有名ですが、じつは歯の鎮痛・鎮静や根管の消毒用として利用される成分の日局木(もく)クレオソートが入っており、鎮痛・鎮静作用が期待できます。

虫歯で穴が開いている部分に、適量の正露丸を詰めておくと痛みが和らぐでしょう。ただし、糖衣錠(白い錠剤)は効果がないので、黒い粒状のほうを選んでください。

汚れを取り除く

歯に食べかすなどが詰まって、その圧迫で痛みが出ている可能性もあります。あまり刺激しないように注意して、ハブラシや糸ようじ、フロスなどで除去してみてください。

ただし、つまようじは先端が鋭利で、痛い部分に当たったらさらなる激痛を招きかねません。控えたほうがよいでしょう。


眠れないほど歯が痛いときの応急処置!痛みの原因とは
 

・歯痛をそのまま放置すると死に至るケースも!

虫歯が原因で死に至る?

そもそも虫歯とはミュータンス菌という細胞がつくる酸によって、歯が溶かされてしまう病気です。

もし、虫歯があることを自覚していても、痛みがなかったり、我慢していたら痛みが消えたりしたといって放置している人もいるかもしれません。虫歯の治療は痛いし、何度も歯医者に通わなければならず、面倒だからです。

筆者は歯科医師として歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、そこで訴えていることのひとつが、虫歯を放置することの危険性です。

「虫歯を放置したところで大きな病気になるわけでもないし、命に関わりがない」と考えている人も少なくないでしょう。虫歯を病気として受け止めておらず、痛みや不具合が出てから歯医者に駆け込む人が多いという印象を筆者は持っています。

ところが、虫歯を放置しすぎると大変なことになります。最悪は虫歯が原因で死に至ることがあるぐらいです。2014年にイタリアのシチリアで18歳の女性が敗血症のために死亡しました。その原因が虫歯だったのです。


虫歯は、放置し続けるとドンドン広がり歯を破壊します。その後、歯の根っこの先まで広がり、原因菌が顎の骨まで到達し、炎症を起こしてしまいます。その炎症の部分から、今度は原因菌が血管に入り込み、血液の流れに乗って体内を巡ります。最終的に、脳や心臓に到達してしまう場合もあります。

脳や心臓など最も重要な場所に原因菌が到達してしまうと、最悪の場合は死に至ることもあります。体調が極端に悪かったり、糖尿病などのその他の病気を抱えていたりするのは要注意です。普通であれば免疫力で抑えられているものが、免疫力の低下で抑えきれなくなり、脳や心臓に到達してしまうのです。


歯が痛くて夜も眠れない──虫歯が原因で死に至るケースも

・他に考えられる虫歯の放置による悪影響

歯痛の主な原因である虫歯を放置すると

虫歯を放置しておくと、つぎのような状態になる場合があります。

激痛が襲う

虫歯は治療しなければ治りません。はじめは多少我慢できる程度の痛みであっても、進行すれば歯の神経にまで虫歯菌が侵入し、つねに激痛が生じるようになります。

痛みは虫歯を放置すればそれだけ増してしまいますし、かなり悪化した状態で歯科医院に行くと、よりつらく大掛かりな治療になり、かなりの苦痛になることでしょう。

歯を失う

虫歯の初期段階であれば、もとの歯を残して少し削る程度のカンタンな治療で治癒します。しかし、放置すれば神経を除去することになり、さらに悪くなれば抜歯が必要になります。

虫歯は放っておいて治ることはないので、放置すれば激痛を伴い歯がなくなります。そうなれば、もう取り戻せないので、入れ歯や差し歯、インプラントで代用するしかないのです。

恋人や家族に感染

虫歯菌は唾液を介して人に感染します。恋人や家族などと飲食物を共有したり、キスしたりすれば、菌が相手にうつってしまう可能性があるのです。

このように自分だけの問題でなく、他者にまで迷惑をかけてしまうかもしれないので、歯はつねに清潔で健康な状態にしておかなくてはなりません。

骨髄炎の発症リスク

虫歯菌が歯の根の中に侵入して、顎にまで広がってしまうと骨髄炎になる可能性があります。骨髄炎は発熱や嘔吐、痛みや腫れなどの症状を引き起こす感染症です。

しかし、このような症状が出てまさか虫歯が原因と思わず、風邪と判断されて風邪薬の処方を受け、いつまでも回復しない・・・という事態も考えられます。

脳梗塞・心筋梗塞のリスク

虫歯菌は歯や神経を破壊してもなお生存し、血液に侵入して全身にまわることもあります。この菌が脳に広がると脳梗塞、心臓に広がれば心筋梗塞を発症するリスクがあるのです。

可能性としてはかなり低いですが、絶対に起こらないとは言い切れません。たかが虫歯と考えていたら、命にかかわる大病を発症するおそれもあるのです。


眠れないほど歯が痛いときの応急処置!痛みの原因とは

・歯が痛いときにやってはいけないこと

歯が痛む時にしてはいけないこと

歯を刺激するお酒やタバコを控えてください

お酒を飲んだり、タバコを吸うと、血のめぐりがよくなります。すると、神経が圧迫されて、痛みが大きくなってしまいます。

入浴は控えましょう

入浴すると、血流が増えて神経を圧迫してしまいます。

なるべくお湯に浸かるのを避け、シャワーを使いましょう。

歯をいじらない

痛みが気になってしまうと、歯をいじってしまう方も多いです。でも、痛いところを指で触ったりすると、刺激で炎症が悪化して、より一層痛くなります。

また、手や指についた菌が口の中や痛いところに入ってしまい、さらに悪化してしまう可能性もあります。


歯医者が教える、歯が痛いときの対処法
 

・夜間・休日診療対応の歯科を利用しよう!

夜間・休日診療対応の歯科を利用する

お住まいの地域に、夜間・休日診療の対応をおこなっている歯科があれば利用しましょう。詳しい情報は、地域の歯科医師会のホームページをご覧ください。


眠れないほど歯が痛いときの応急処置!痛みの原因とは

 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】




 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。