虫歯や歯周病で歯がボロボロになってしまったら?

虫歯や歯周病で歯がボロボロになってしまったら?

・ボロボロの歯も歯科医療の進歩でこんなにきれいに!

 

歯がボロボロでお悩みの方へ

崩壊

上記の画像のように、虫歯や歯周病が過度に進行し、歯がボロボロになってしまっている方が多くいらっしゃいます。このような方は「ここまできてしまったら、諦めるしかない…」と考えています。

諦めないでください!

歯科医療は進歩しています。
様々な最新の治療を施すことで、下記までにお口の状態を改善することができます。

改善

※上記症例は虫歯と歯周病でボロボロになったお口をインプラント治療で改善した症例になります。

昔のような綺麗な歯に戻りたい…。
お口の状態を綺麗に改善して、新しい人生を歩んでみたい…。

当院はそのような想いにしっかりお応えできる歯科医院です。
これまで治療してきた症例をご紹介します。

Case1

  • 1
  • 2

担当医からのコメント

  • 担当医1
  • 歯周病と歯を1本失われたことで来院されました。まずは歯周病を改善し、失った歯の部分にはインプラントを行いました。また前歯部の審美性の回復もご要望の1つとしてありましたので、セラミックのかぶせ物を利用しきれいに整えました。

Case2

  • 3
  • 4

担当医からのコメント

  • 担当医2
  • 歯の色と歯並びを改善したいと来院されました。芸能人のような白くきれいな歯をご要望でしたので、インプラントやセラミックのかぶせ物を活用し、お口全体の審美性を回復させた症例となります。

歯がボロボロでお悩みの方へ
 

・最新の歯科治療を組み合わせた総合的な歯の状態の改善へ!

 

虫歯や歯周病で「ボロボロ」になった歯の改善

当院では下記の画像のように、虫歯や歯周病でお口が崩壊してしまった方の治療も実施しております。

「ここまで崩壊してしまったらもう諦めるしかない……」。

そのように思われている患者様を幾度となく治療してまいりました。

皆様に伝えたい。諦めないで下さいと…。

CASE1重度歯周病の状態を入れ歯・インプラントで総合的に改善

  • 症例1
  • 症例2

この患者様は、重度の歯周病で全体の歯がぐらぐらの状態で来院されました。 あまり大掛かりな手術を望まれていなかったので、骨の柔らかい「上顎」ではインプラントにすると大掛かりになることが予想できたため、入れ歯で行うことにしました(上顎の入れ歯は、違和感さえクリアできれば、くっつきも良く噛める入れ歯を作りやすいのが特徴です)。反対に下顎は、入れ歯にすると噛める入れ歯を作ることが難しくなることが予測できたので、インプラントを行いました。

CASE2崩壊したお口を審美セラミック治療/インプラントで綺麗に改善

  • 症例3
  • 症例4

この患者様は、お口の中が全体的に崩壊していたので、一からきちんと治すことを希望されて来院されました。「少し治療期間が長くなりますよ。」とお伝えしたところ、「がんばって治します。」とのことでしたので、患者様と相談しながら一歩一歩治して行くことにしました。根管治療と被せ物治療の他、歯が抜けてしまっている部分はインプラント治療を行うことになりました。当初、患者様はインプラントに対し相当な恐怖感を抱いていましたが、オペが比較的早めに(約1時間)終わったこともあり、思いのほか身体的な負担が少なかったことに、とても喜ばれていました。術後も腫れや痛みもなく、経過は順調です。時間はかかりましたが、『とてもきれいになり、なんでも噛めて食事が楽しい』と仰っていただきました。

CASE3審美的に悪化したお口を歯周外科/部分矯正/インプラントで改善

  • 症例5
  • 症例6

歯周病がかなり進行している状態で来院されました。歯のグラつき、最大12ミリの歯周ポケット、歯茎の出血が見られました。衛生士さんによる処置で歯周病がかなり良くなりましたが、どうしても治らなかった2か所は、歯周外科処置で対処しました。また歯周病の進行により前歯の歯並びも悪くなっていましたので、部分矯正で隙間を閉じました。歯がなくなっていた部分はインプラントを行っています。治療前はあまり噛む必要のない食事をとられていましたが、治療後は特に制限なく食事がとれるようになり『噛めるようになった!』と喜ばれています。今後は、この状態を維持できるように定期的な管理をしていきます。

CASE4外科を行わず、入れ歯で審美性/機能性を改善

  • 症例7
  • 症例8

この患者様は、全ての歯を今まで何とか残して来たのですが、ついにグラグラがひどくなり食事が取れなくなってしまいました。そこで、まずはインプラントを考え、色々な歯科医院を周ったのですが、全顎のインプラントですので、金額が高くなりすぎてしい、次の手段として入れ歯も含めた治療を考えて、当医院に来院されました。
当初の治療計画では、上顎を入れ歯、下顎をインプラントでスタートしたのですが、上顎の入れ歯が思った程苦ではなかったのと、下顎にインプラントを入れるにしても、磁石式のインプラントにして費用を抑えたいとの希望が出てきたので、下顎もまずは入れ歯を入れて行くことになりました。そして最終的に、上顎に超精密審美チタン義歯、下顎にソフトデンチャーの金属義歯が入りました。

CASE5目立たない入れ歯を活用したお口全体の治療

  • 症例9
  • 症例10

もともと入れ歯を利用されていた患者様です。金属のバネが気になるのと、ものを噛んだ時に痛みが出るとのことでしたので、見た目、そして機能性を改善した症例となります。
合わない入れ歯を利用されていましたので、顎の骨が退縮し、難しい症例でしたが、金属のバネを利用しない審美入れ歯を活用し、見た目・機能性を改善しました。これまでは笑った時に見える金属が気になりあまり笑えなかったとのことでしたが、治療後は人目を気にせず笑うことができるようになったと喜ばれていました。

CASE6全体的なインプラント治療

  • 症例11
  • 症例12

初診の状態は、歯周病が進行し最大7ミリの歯周ポケットと、歯のグラつき、歯茎の出血が見られました。まずは歯周病の治療を行い、歯周病が落ち着いた後、左下/右上にインプラントを埋入しました。治療終了後、『食事がおいしい!』と喜こんで頂きました。今後は、最終的な歯を入れた後、定期健診でこの状態を末長く維持していきます。


虫歯や歯周病で「ボロボロ」になった歯の改善
 

・貧困が原因の虫歯や歯周病は無料低額診療事業を利用して治療

 

特集1 口から貧困がみえる 「歯科酷書」民医連歯科の告発

 直視するのもためらわれるような痛々しい写真。これは「口から見える貧困」をテーマに民医連の歯科職員たちが、診療の中で出会った事例をレポートした一部です。貧困はこんなところにもあらわれている…題して『歯科酷書』です。

「なぜここまで我慢を?」と

genki220_02_01
派遣切りされた30代のレントゲン
 重度の虫歯多数、下の歯はほとんど歯根しか残っていない。愛知で派遣切りされ、故郷に戻った。無料低額診療事業を利用して治療に。

 このレポートは、全国九八カ所にある民医連歯科のメンバーに呼びかけ、まとめました。とりくみ のきっかけは、「どうしてこんな状態になるまで来院されなかったのですか?」と、歯科医師たちが問いたくなるほどボロボロになった口でやってくる患者さん たちがいたからです。そんな患者さんたちの多くは、保険証がない、治療費が払えないため治療を控えてきた、家も仕事もない、などの問題も同時に抱えていた のです。

特徴的だったこと

 〇九年六~八月の三カ月で全国から寄せられた事例報告は八五件でした。そこから浮かびあがった特徴は…。
■厳しい労働環境で受診もできない…朝から夜遅くまで長時間の厳しい労働環境におかれ、受診する時間がなかった人たちがいました。「朝六時に家を出て、帰宅は一一時という毎日だったが、突然のリストラにあい、皮肉にも治療に来ることができた」という四〇代も。
■派遣切り・リストラ…大手自動車会社を派遣切りされた四〇代は、ほとんどの歯が根っこだけで、食事は丸飲みに近い状態だった。七〇代の患者は、勤め先が高齢者から首を切ったため失業、電気もガスも水道も止められ、心臓の持病の薬も飲めずにいた。
■経済困難…食べものにも困る生活で、歯科治療など無理だった、という事例。不整脈の原因が歯周病かもしれない、と病院で指摘されて来院した五〇代の患者は、勤め先が倒産、新たな職が見つからずにいました。通帳残高はわずか七円。
■無保険・国保資格証…医科で問題になっている「国保」の問題 は歯科でも。アルバイト生活で国保料の支払いまでお金が捻出できず、無保険になっていた五〇代男性は、二四本の歯のうち、一六本がひどい虫歯でした。奥歯 は正露丸を詰めて痛みを我慢していたため、黄色く変色。冷蔵庫も冷暖房もない住居に住んでいました。
■子ども…ひとり親世帯などを中心に、家庭の困難は子どもの歯にも影響していました。口の中の崩壊が親から子に「継承」されている状況も。
 家が貧しいため働きながら定時制高校に通っている高校生は一九本が虫歯。二〇〇〇円ずつ支払うことで治療をはじめたものの中断。その母親も虫歯でほとん ど歯がない状態で治療できずにいました。一家の大黒柱が非正規雇用のワーキングプアで、夫・妻、〇~七歳の子ども四人の一家全員が口腔崩壊状態だった事例 も。


全日本民医連いつでも元気
 

・歯がボロボロになる悪習慣には要注意!



■第5位 間食

 間食を含め食事を行うと、プラークが付着している部分の表面が僅かに溶け出し、初期虫歯が発生やすくなります。さらに溶け出した部分が唾液によ
る再石灰化により回復するには数時間かかるため、砂糖を含む間食をだらだら続けると、虫歯が多発する状態に陥るリスクが高まります。

 酸性食品や甘い物などを食べた後は、間食や食事の間隔をしっかり空けて、だらだら食べをしないことが大切。間食が多い人ほど、虫歯のリスクは高まります。

■第4位 歯ぎしり

 虫歯や歯周病を病院で治療する際には、必ずと言っていいほど、歯ぎしりの程度をチェックしています。就寝中は意識がない分、起きているときには
使わないような力で噛んだり、あごを激しく動かしたりすることがあります。本来ならば、就寝時は歯にもそれほど負担がかからず、休める時間帯のはずです
が、逆に歯を過度に使い込んでしまう 結果となることが多いのです。

 一般的に歯は生えている長軸方向だけに押されるのであれば、負担は分散されやすいですが、歯の表面の凹凸があるため、斜面と斜面がぶつかる際に長軸方向以外に力のベクトルが発生します。

 このため歯が揺らされ、歯を支える骨や歯ぐきに悪い影響が出ることもあります。さらに歯と歯がぶつかる際の衝撃が蓄積され、歯の病面に微細なヒ
ビが入り、虫歯が進行しやすい状態になったり、歯の根元がまるでえぐれるように削れたようになってくるなど、様々な悪影響が出てくるのです。

 歯ぎしりは、治療で止めるようなことはできません。そのため、悪影響がひどい場合には、歯に発生する力のベクトルを分散させる「歯ぎしり専用のマウスピース」を使用して、歯や歯ぐきの影響を少なくすることができます。

■第3位 歯磨きの習慣がない

 虫歯予防はと言えば、「歯磨き(ブラッシング)」が定番。あまりにも基本的なことですが、歯がボロボロになる人は、歯磨き習慣がしっかりついて
いないケースが多いです。ボロボロになった歯の内部や腫れた歯ぐきの周囲にたくさんのプラークが付着しているのも良く見かけます。

 もしあなたの歯がボロボロで、今日からしっかりとした歯磨きを始めるのならば、歯磨き剤の有無や、歯ブラシの形、動かし方など、気にする必要は
ありません。まずは歯ブラシで歯と歯ぐきの周囲をいつもより長い時間擦ることが大切。それくらい歯磨きが少ないと感じることが多いのです。

 昔は毎食後3分間の歯磨きが推奨されてきましたが、最近では食事の後、1時間程度経過してからブラッシングといった指導法も増えてきています。食後は歯の表面がわずかに溶け出すため、食後の歯磨きは歯を傷つけやすいという考えからです。

 まずはどんな形でも良いので歯を磨いてみましょう。その後に大切なのは、虫歯や歯石などはしっかり治してその後も歯磨きを続けること。虫歯や歯
石は歯ブラシでは取れません。病院などで一度しっかり治療した後なら、あとは歯ブラシだけで健康な状態を保ちやすくなります。歯磨きは最低でも就寝前に1
回完璧に行なうことが必要です。

■第2位 自覚症状の放置

 ここまでは虫歯の多い人の共通点でしたが、2位からは虫歯を重症化させてしまう人の共通点です。まず多いのは、虫歯の穴、歯ぐきの腫れ、出血、
鈍痛、噛むと痛むなどの自覚症状があっても放置してしまうこと。自分で虫歯の穴があるのが分かっていても、痛くならないと病院に行かなくても良いと考えて
いる人が多いようです。

 人の体は、何らかの問題が発生すると、症状として痛む、しみる、腫れなどの自覚症状が現れます。このシグナルを我慢や無視すれば、体はさらに強いシグナル(症状)を送るようになっているのです。

 歯や歯ぐきからのSOSを無視し続けると、最後は絶対に我慢できないようなシグナルを送ってくるかもしれません。小さなシグナルのうちにしっかり治療を行なえば、治療時間、治療回数、治療費用、の全てを少なくできるメリットが生まれます。

■第1位 治療の中断

 意外に思うかも知れませんが、これが歯をボロボロにしやすい第1位なのです。最悪なケースは、治療で痛みを取ったらそれでおしまいを繰り返している場合です。

 実は、虫歯などの重症化が最も進むのは治療途中というケースがあります。自然の虫歯で3年かかかるところも、治療途中の状態によっては半年程度で進行してしまうこともしばしば。

 これは、歯の内部が外部に比べて柔らかいためです。治療のため内部を開放することは多く、放置されると虫歯が急速に拡大しやすくなります。さら
に歯の神経を抜いた状態では、次に痛みが起こってくるのは、かなり深部に虫歯菌が侵入してからになることが多いため、場合によっては次に痛みが出た時に
は、すでに抜歯の対象になっていることもあるので注意が必要です。

 いかがでしたか? 上記の項目に3つ以上当てはまる人は要注意! 体に良い食品や習慣などに興味があって、人一倍健康に気をつけている人でも、なぜか虫歯や歯周病などの外から見えない病気には、そこまで関心を持てないことが多いようです。

 虫歯や歯周病はあって当たり前ではありません。食品だけでなく、それを食べるための歯の健康にもしっかりと心配りをしてあげたいものです。

歯をボロボロにする悪習慣
 

・重度の症状の改善には「チーム医療」と「精密機器」の利用が鍵

 

チーム医療による「総合治療」と精密機器

院長22

お口全体の治療は非常に難しく繊細を極めます。
そのため、歯科医師であっても誰もができる治療ではありません。

お口の中は緻密なバランスで成り立っています。
つまり、バランスが少しでも崩れてしまうと、中長期的に必ず問題が生じます。

緻密な治療、精度の高い治療を行うため、当院では「チーム医療」、そして「先端機器」を融合させた高度歯科医療を実践します。

具体的にご紹介します。

チーム医療の推進

崩壊したお口を改善し、かつ、審美性も回復させるために、当院では各種治療法を活用した各分野の専門家によるチーム医療を実施しております。

  • 院長
  • 衛生士
  • 技工士1
  • 技工士2

なぜ当院では「チーム医療」を実施しているかといいますと、「本当にしっかりした治療を患者さんに提供するには1人では限界がある」と考えているからです。

歯科先進国の欧米ではすでにこのスタイルの治療を行っています。
各治療工程を細分化し、それぞれに専門家が存在し治療にあたるスタイルです。

満足していただく治療をご提供するため、当院では各分野の専門家が密接に連携して治療にあたるチーム医療を推進しています。

精密機器

人ができること、そして、機械だからできることをしっかり理解し融合させる。
これは医療において非常に大切なことです。当院では診査診断のクオリティを向上させる機械、そして治療の精度を向上させる機械を積極的に導入しています。

三次元立体画像撮影装置「CT」

CT

今や多くの歯科医院で導入されている二次元のデジタルレントゲン。
当院ではそれだけでなく、三次元立体画像を撮影できるCTを導入しております。二次元のデジタルレントゲンでも診査診断に有効活用は可能ですが、三次元立体画像を撮影できるCTを活用することで、二次元では見えなかったものが見れます。診査診断の精度がより高くなり、それに伴い治療の精度を高められます。

レーザー機器

レーザー

歯科用レーザーを導入しています。様々な治療で利用し、治療時間の短縮、治癒促進、外科処置などで利用します。

位相差顕微鏡

位相差

位相差顕微鏡は、主に歯周病治療で利用します。
この顕微鏡を使うことで、現在、お口の中の菌の状態(種類、数、活動性)を確認することができ、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかが分かります。この結果から治療方針を決定します。


歯がボロボロでお悩みの方へ
 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】




 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。