早期発見がとても大事な「口腔がん」について

早期発見がとても大事な「口腔がん」について

・いろいろな「口腔がん」

歯とお口の健康情報

口腔がんを正しく理解して早期発見

日本では年間約6000人がかかり、約3000人もの方が死亡しているとされている「口腔がん」。国を挙げてがん対策に取り組んでいるアメリカをはじめとする先進諸国では、早期発見、早期治療を徹底することで、罹患率は変わらず高いものの死亡率は減少傾向にあると言われています。ところが日本はその逆で、罹患率も死亡率も年々増加する一方なのです。

口は、咀嚼(噛む)、嚥下(飲み込む)、声を出すなど人間が生きて行く上で重要な働きをする大切な器官。歯を含め、口の健康は豊かな生活を送る上で欠かすことができません。その大切な器官である口を「口腔がん」から守るためには、病気を正しく理解することが第一歩。まずは「口腔がん」について説明しましょう。

口の中全体を口腔と言い、ここにできるがんを総称して「口腔がん」と呼んでいます。「口腔がん」はできる場所によって『舌がん(ぜつがん)』・『歯肉がん(しにくがん)』・『口腔底がん(こうくうていがん)』・『頬粘膜がん(きょうねんまくがん)』・『口蓋がん(こうがいがん)』・『口唇がん(こうしんがん)』に分類されます。部位別では『舌がん』が最も多く、次に多いのが『歯肉がん』となります。

発生頻度は、がん全体の1〜3%程度と決して多くありませんし、他のがんとは違い、患部を直接見ることができるので早期発見しやすいがんといえるでしょう。ところが、一般の方にあまり知られていないため、進行するまで放置されてしまうケースが多く、亡くなられる方が急増しているがんでもあるのです。


公益社団法人日本歯科衛生士会
 

・口腔がんの初期症状と危険な生活習慣

知っておきたい口腔がんの初期症状と危険な生活習慣

口腔がんの5年生存率は60~80%と言われています。初期症状のうちに発見すれば簡単な治療で治すことができ、後遺症もほとんど残ることはなく、5年生存率は90%以上との報告もあります。 しかし進行した口腔がんでは、手術により舌やあごの骨を切除してしまったり顔が変形したりすることがあり、そのため食事や会話が困難になり、日常の生活に大きな支障を残すことになります。だからこそ、早期発見が重要になります。

痛みの少ない初期段階 痛みが出たら要注意

口腔がんの自覚症状で最も多いのが口腔内の痛み。その他、しこり、腫れ、ただれ、出血、歯のぐらつき、口臭などが挙げられます。しかし、初期の段階では痛みが少なく、痛みが出て来た時にはすでに進行しているケースが多く、舌や歯肉の盛り上がり、硬いしこり、なかなか治らない口内炎などの症状には注意が必要です。

主な原因  ~Risk factor~

喫煙

「口腔がん」が発生する最大のリスクファクターは、他のがん同様、喫煙です。喫煙者の口腔がん発生率は非喫煙者に比べ約7倍も高く、死亡率は約4倍も高いという報告があるほどなのです。

飲酒

喫煙に次ぐリスクファクターとなるのが飲酒。特に50歳以上の男性で、毎日たばこを吸い、なおかつお酒も飲まれる方は最も危険です。飲酒時の喫煙は、たばこに含まれている発がん性物質がアルコールによって溶けて口腔粘膜に作用するため、よりリスクが高くなると考えられています。

その他

喫煙、飲酒以外に、「お口の清掃不良」や「ムシ歯の放置」「合わない入れ歯や破れたかぶせ物のなどによる慢性的な刺激」「栄養不良」などもリスクファクターとして挙げられています。

公益社団法人日本歯科衛生士会

・日頃から気をつけること

日ごろから気をつけること

  1. たばこ、お酒を控える
  2. 偏食をせずバランスの良い食生活を心がける
  3. 歯磨きやうがいを習慣化して口の中を清潔に保つ
  4. 合わない入れ歯、破れたかぶせ物、治療していないムシ歯があれば放置せず、歯科医師の治療を受ける

進行したムシ歯をそのままにしていたり、合わない入れ歯を無理して使っていて舌や頬を傷つけていたり、口の中が歯垢や歯石で汚れていたりすると口腔がんが発生しやすくなります。つまり口腔がんの予防で大切なことは、かかりつけの歯科医を持って、定期的な診療を受けることです。
ムシ歯の適切な治療、こまめな入れ歯の調整、ムシ歯や歯周病を予防するためのクリーニングなどを受けることでお口の中は清潔に保たれ、口腔がんのリスクを下げることにつながるのです。それと同時にがんを寄せつけない生活習慣(タバコを吸わない、お酒を控える、ストレスをためない、バランスのよい食生活、適度なスポーツなど)を心がけましょう。


公益社団法人日本歯科衛生士会

・歯の健康とがん予防


最近目に留まった記事がありましたので、皆さんに報告したいと思います。

歯の本数と、がんのリスクについて調べたもので、

頭頚部(舌癌、口腔癌、咽頭がん、喉頭癌)と食道がんで歯の本数と因果関係があるというものでした。

21本以上歯がある人より、歯が0本の人の方が、3倍以上癌のリスクが高まります。

この結果から、歯の多く保つことは癌の予防につながると言えます。

また、歯磨きとの関係を調べてみると、生活習慣、年齢、性別などに関係なく1日1回歯を磨く人にたいして、2回以上磨く人は、食道がん、頭頚部がんにかかるリスクが2割強低くなり、1回も歯を磨かない人は7割強リスクが高まるという結果になったとの事です。

がん予防のためには、適度の運動とバランスのよい食事、アルコールやタバコを控えることなどが挙げられまが、その一つに歯磨きも加えられると思います。

歯磨きで健康な歯が得られ、そのおまけとして病気のリスクが下がれば、素晴らしいことだと思います。

ぜひ、ご自身の習慣を見直していただきたいと思います。

大阪市 阿倍野区 西田辺 えがしら歯科では、患者様の希望に応える事が出来るようにまた、総合的なプロデュースができ施術できるように、日々、最新技術の取得を行っております。何なんなりとご相談下さいませ。

院長 江頭 伸行

歯の健康とがん予防

・がん治療中は口の副作用が生じます

がん治療が始まる前に行う口のケア

がん治療中に起こる口の副作用への対応は、治療の開始後、つまり口のトラブルが起きてから対応するのではなかなか間に合いません。がん治療を始める前にあらかじめ口の中を清潔にして、トラブルが起きにくいように準備することが大事です。口の副作用が起きる可能性が高い治療を予定されている患者さんは、治療が始まる前に歯科を受診し、あらかじめ口の中を良好に整える管理を行ってからがん治療を行うのです。では、実際にがん治療前に歯科ではどんなケアを行うのでしょうか。

1)口の中の検査

大きなむし歯や歯周炎など、がん治療中にトラブルになりそうな歯がないかをチェックします。もしそのような歯があれば、がんの主治医の先生と相談しながら、最低限がん治療が落ち着くまで問題なく過ごせるように、応急的な治療を可能な範囲で行います。

2)口の中の掃除

口の中の細菌感染を防ぎ、治療時のトラブルを抑えたり軽くしたりするために一番大切なのは、『トラブルを引き起こす原因になる細菌の数を減らすこと』です。細菌の数を減らすためには、歯科のクリーニングの機械を使って歯石やプラークを徹底的にきれいにする、口の中の大掃除が必要です。

3)セルフケア指導

口の中の掃除が終了したら、その状態を保つために必ずやっていただきたいことがあります。それは『正しい歯みがき』です。

歯科でどんなに口をきれいにしても、その後にきちんとした歯みがきができていないと、すぐに細菌が繁殖してしまいます。口の中を細菌の少ない良い状態に維持するのは、患者さんご自身による口の管理(セルフケア)にかかっています。歯科で指導を受けた『正しい歯みがき』によって、効率よく口の清潔を保ちましょう。あなた自身の手で細菌から体を守って下さい。

がん治療時に口の副作用が現れたら

1)口内炎

抗がん剤や口への放射線によって起こる口内炎を抑える画期的な薬の開発には、もう少し時間がかかりそうです。起きてしまった口内炎の対策は、(1)口の中をきれいにして、感染を予防する(2)口の中を潤った状態に維持し、乾燥させないようにする(3)痛みを和らげるよう、様々な痛み止めをしっかり使うこと、この3つが基本になります。

  • (1) 感染予防

    口内炎に感染を起こすと、痛みは急に強くなり、治りも遅れます。感染予防には、歯ブラシによる口の清掃が基本となります。痛い部位に触れないよう、やさしく歯ブラシを行います。またカンジダ(カビの一種)やヘルペスといった特殊な感染が起こることもあります。カンジダの感染は「じっとしていてもヒリヒリ、ピリピリする痛み」が、ヘルペス感染は「針で刺すような激しい痛み」が特徴です。急に口内炎の痛みが悪化した時は、感染が起こっている可能性がありますので、早めに医師、看護師またはかかりつけの歯科医師に相談しましょう。

  • (2) 保湿

    粘膜が乾燥すると、痛みは強くなりやすく、感染も起きやすくなります。軽度の口内炎は、口が潤っただけで症状が和らぎます。うがいを頻回に行い、粘膜が乾かないようにします。

    アルコール(エタノール)を含むうがい薬は、粘膜の水分を奪うので使用を控えます。保湿効果の高いうがい薬や、ジェル・軟膏・スプレーなど自分の症状にあったものを選んで使います。

  • (3) 痛みの緩和

    痛みを我慢しても、良いことは一つもありません。粘膜炎の痛みには、痛み止めの薬が効きますので、主治医の先生に相談して、しっかり痛み止めを飲みましょう。また、表面麻酔薬という粘膜の知覚を一時的に麻痺させる薬を痛む部位に直接塗ったり、うがい薬に混ぜて使うことで、痛みが和らぎ食事が摂りやすくなります。

2)口の感染症

むし歯や歯周病の悪化など、口の感染が起きた場合は、歯科での治療や処置が必要になります。がん治療中に歯科の治療を受けるためには、がん治療の妨げとならないように、必ずがんの主治医や歯科医師と相談して行ってください。がんの治療中でも安心して歯科を受診できるよう、厚生労働省が認めた講習会で研修を受けた「がん連携歯科医院」も増えてきています。ぜひご活用ください(表4)。

しかし、何よりも予防が大切です。口の感染症がなるべく起きないように、がん治療が始まる前に歯科を受診して、がん治療前であること、これからのがん治療のスケジュールを歯科医師に説明し、むし歯や歯周病のチェックや、応急的な処置を受けておきましょう。

口の健康は、がん治療を支えます

長く大変ながんの治療中は「食べる」ことが患者さんにとって、とても大変な作業になることがあります。健康な口でしっかり食べられることは、体力を維持し、つらい治療を乗り切るために、とても大事です。 そしてがん患者さんの口の健康状態は、口の副作用の発生や重症度に関連します。口を清潔で健康な状態に維持することは、がん治療のあらゆる段階で重要です。

是非がん治療開始の「前」に歯科を受診して、口の中を安定させてからがん治療に臨んでください(もっと言えば、がんになってからではなく、日頃からかかりつけ歯科をつくり、口の定期ケアを受けていただければと思います)。

そしてがん治療中に口の副作用が出た場合は、我慢をせずがんの主治医と相談して、歯科を受診してください。がん治療中だからと歯科を敬遠するのではなく、がん治療中だからこそ、歯科で口の中をしっかりと管理しなければなりません。がんの治療を安全に、苦痛少なく乗り越えるためには「口から自然な形で、おいしく食事が食べられること」が、大きな鍵の一つなのです。


がん治療と口のケア -がん治療を乗り越えるために-

 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】


 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。