赤ちゃんの乳歯の生え方

赤ちゃんの乳歯の生え方

・赤ちゃんの乳歯の生える時期

赤ちゃんの乳歯はいつ生えてくる?


赤ちゃんの歯

ある日ぽつんと見えてくる小さな乳歯は、赤ちゃんの成長を実感させるものですね!将来きれいで丈夫な歯に育てるためには、乳歯からのお手入れが大事なのです。

乳歯はいつ生えてくる?

生える時期には個人差があります

歯の生え始めはだいたい生後6~9ヶ月ぐらいですが、多少遅いからといって気にしなくても大丈夫。

こんな順序で生えそろいます

下の前歯から始まり、2歳半頃に奥歯が生えてそろうのが平均的ですが、それにも個人差があるようです。


赤ちゃんの乳歯はいつ生えてくる?
 

ねえ、見て! 歯が生えてきたよ!

ここのところ、歯ぐきがなんだかムズムズするの。ムズムズのせいで機嫌が悪くなっちゃうし、よだれがたくさん出るし、まったく嫌になっちゃう。そしたらママが、わたしの口をのぞきこんで笑ったの。「あれっ、歯が生えてきたよ!」って。


歯が生え始める時期には個人差がありますが、だいたい生後6カ月〜9カ月ころが一般的です。多くの子の場合、まず下の前歯が2本生えてきて、次に上の前歯が2本生えてきます。歯が生えるころには、歯ぐきがむずがゆくなって、よだれが増えたり、機嫌が悪くなったり、赤ちゃんによっては歯が生えるときの刺激で微熱が出たりすることがあります。

新生児・乳児

歯の成長は焦らずに

歯ぐきのむずがゆさをまぎらわせるために、おもちゃなど歯ごたえのあるものをかみたがるので、赤ちゃん用の「歯がため」などを用意しておくといいでしょう。歯が生えてくる時期は1年程度の幅があるため多少遅くとも、生える順番が多少異なっても、心配することはありません。あまり気にせずしばらくは経過を見守ってください。1歳くらいまでは生えなくても問題ないといわれていますが、1歳を過ぎて1本も生えてこない場合は、念のため小児歯科で診てもらいましょう。


赤ちゃんの歯が生える時期と順番
 

・赤ちゃんの乳歯の生える順番

乳歯の生える順番

6カ月ごろ新生児・乳児の歯
6カ月ごろ
下の前歯(乳中切歯)が2本生えてくる
10カ月ごろ新生児・乳児の歯
10カ月ごろ
上の前歯(乳中切歯)が2本生えてくる
1歳ごろ幼児の歯
1歳ごろ
さらに上下2本ずつ生えて(乳側切歯)、
上下で計8本になる
1歳半ごろ幼児の歯
1歳半ごろ
最初の奥歯(第1乳臼歯)が4本生えてくる
2歳ごろ幼児の歯
2歳ごろ
前歯と奥歯の間の歯(乳犬歯)が生えてくる
2歳半ごろ幼児の歯
2歳半ごろ
奥歯(第2乳臼歯)が生えて、20本の乳歯が揃う

※乳歯の生える時期と順番には個人差があります。気になることがある場合は、小児歯科で相談しましょう。


赤ちゃんの歯が生える時期と順番
 

・はえたばかりの赤ちゃんの歯のお手入れ

歯のお手入れの流れは?

では、成長に合わせた歯のお手入れとは、どのように進めればよいのか見ていきましょう。

歯が生え始める前(生後5・6ヶ月頃まで)

この時期の特徴

離乳食はまだ始まっておらず、栄養は母乳やミルクだけ。

歯のお手入れ

歯はまだ生えていませんが、食事のあとは口の中をきれいにする習慣をつけてあげるため、授乳の後に白湯を飲ませてあげたり、ぬれたガーゼや滅菌されたシートなどでお口の中を拭いてあげるとよいでしょう。

歯の生え始め(生後6ヶ月頃から)

この時期の特徴

寝返りやおすわりができるようになる頃。離乳食もスタートしている時期ですが、歯を使って食べられる時期ではないので、なめらかなペースト状のものや、舌で押しつぶせる固さのものを食べている頃です。

歯のお手入れ

まだ生え始めの時期は、歯ぐきがやわらかく傷つきやすいので、ママがガーゼや滅菌されたシートなどでやさしく拭いてあげます。

前歯が成長してくる(生後10ヶ月前後から)

この時期の特徴

はいはいをしたり、早い子はつかまり立ちなどをしているかもしれません。離乳食も形のあるものに進み、栄養の中心が母乳やミルクから離乳食へと変わっていきます。

歯のお手入れ

歯が歯ぐきからちゃんと顔を見せて生えてきたら、シートなどでの拭き取りだけでなくベビー用歯ブラシを使って磨いてあげましょう。

前歯が生えそろう(生後12ヶ月前後から)

この時期の特徴

たっちをしたりあんよをしたり、体の成長が目に見えて著しい時期。世界が広がるとともに自我も芽生え始め、何でも自分でやりたがるようになります。離乳食も食べられるものの種類が格段に増えています。

歯のお手入れ

歯みがきを自分でやりたがることもありますが、まだ赤ちゃん自身ではきれいに汚れを取り除けないので、ママやパパが仕上げみがきをしてあげてください。口ゆすぎもまだちゃんとできないため、ベビー用の歯みがきジェルなどを使っている場合は、シートなどで拭き取ってあげましょう。

奥歯が生え始める(生後18ヶ月前後から)

この時期の特徴

赤ちゃんというよりもう子どもらしくなっています。離乳食も完了に向かっています。自分ではまだ話せなくても、ママやパパの言うことは理解できるようになっています。

歯のお手入れ

歯みがきが生活の習慣になるように食後に歯ブラシを持たせてみましょう。この時期もまだ自分ではきれいに磨くことはできないので、ママやパパが仕上げみがきをしてあげてください。

奥歯が生えそろう(生後24ヶ月前後から)

この時期の特徴

「何でもイヤイヤ」とダダをこねる第1次反抗期“魔の2歳児”を迎え、ママの言うことをなかなか聞いてくれないこともあります。

歯のお手入れ

自分で磨くのもイヤ、ママに磨いてもらうのもイヤ、ということもあるかもしれませんが、それもその日のご機嫌次第。奥歯が生えそろうと、虫歯にもなりやすいので要注意。ここはママが辛抱強く、お人形などに歯みがきをさせるマネをして見せたり、歯みがきへの興味を持たせる工夫をしていきましょう。子どもの好きな風味のついた子ども用の歯みがきジェルなどを使うのも手です。口ゆすぎが自分でできるようになったら、歯を虫歯から守ってくれる働きのあるフッ素を配合した歯みがきジェルを使ってあげましょう。


はえたばかりの赤ちゃんの歯のお手入れ方法をアドバイス!

・歯の生え始めは歯ぐきがムズムズする!

歯の生え始めは歯ぐきがムズムズ

歯の生え始めは歯ぐきがむずがゆく感じ、そのために機嫌が不安定になる時があります。欧米には「teething pain」という言葉もあり、夜泣きやぐずりの原因として、常識的に語られているとか。赤ちゃんが今までにない状況でグズグズしたり、夜泣きをするようになったら、もしかするとこのムズムズが原因かもしれません。

不快感をやわらげるには?

歯ぐきのむずがゆさを解消するために、いろいろなものを口に入れたがるようになります。歯がためなどのおもちゃで、その欲求を満たしてあげましょう。最近は、いろいろな感触の素材を使い、飽きずに遊べるよう工夫されたものや、保冷剤入りでひんやり感が楽しめるものなど、さまざまな商品が出ています。ぐずった時のために常備しておくと便利です。


赤ちゃんの乳歯はいつ生えてくる?

・虫歯ケアや赤ちゃんの歯の注意点

できれば妊娠期からママの虫歯ケアを

赤ちゃんは虫歯の原因菌を持たずに生まれてくると言われています。それなのに子どもが虫歯になってしまうのは、ママやパパが持つ虫歯菌がなんらかのかたちで赤ちゃんにうつってしまうことが原因と考えられています。でも、愛しい赤ちゃんにチューをしたり、ママが使ったスプーンを赤ちゃんがつい口に、ということを避けて生活するのはむずかしいこと。大人から子どもへ虫歯菌をうつさないためには、大人の口の中の虫歯菌を減らすことが大事なのです。

ママやパパも普段からプラーク(歯垢)コントロールをすべく、丁寧に歯磨きをすることを忘れずに。

特に虫歯になりやすい妊娠中から気を配って、虫歯になってしまった場合は、歯科医に相談しながら安定期に治療しておきましょう。

乳歯の虫歯は永久歯にも影響します

乳歯が虫歯になっても、将来生え変わるから大丈夫、というのは間違いです。あごの骨の中では乳歯の直下で、ある時期から永久歯が出番を待っていますが、乳歯がひどい虫歯になると、永久歯にも虫歯菌が感染することがあります。きれいな歯並びのためにも永久歯へ生え替わる時期まで、乳歯がきれいに保たれていなければならないのです。

また、育ち盛りの時期にしっかり食べ物をかむことができないのも困りますね。ですから、まだ本格的な歯磨きができなくても、乳児期から少しずつケアの習慣をつけておくのは、とても大切なことなのです。そのためにも、小児科同様、かかりつけの小児歯科の先生を見つけておきましょう。虫歯予防のための日頃の歯のお手入れや、きれいな歯並びを保つための相談にものってもらえますよ。

哺乳ビンで甘い飲み物を飲ませないで

哺乳ビンでミルク以外の甘い飲み物を飲むと、上の歯の頬側に飲み物がたまり、虫歯になりやすいと言われています。ミルク以外の飲み物を与えることが多い時期になってきたら、ジュースやイオン飲料など、砂糖の入った飲み物を哺乳ビンで飲ませることはなるべく控えるようにしましょう。どうしても哺乳ビンが必要な場合は、中味をお茶にするなどして、徐々にコップから水分を取れるように習慣づけましょう。

あごを鍛えることも大事

赤ちゃんの歯並びを良くし、摂食嚥下機能(食べ物をかみ砕いて無理なく消化吸収できる硬さにして飲み込めること)を身につけさせるためには、お口まわりの筋肉やあごをバランスよく鍛えて、正しい鼻呼吸を身につけさせることが大切です。そのためには、まずおっぱいをしっかり飲ませること。ミルクの場合は、あごや舌をしっかり使うタイプの乳首を選んであげるといいでしょう。

離乳食が始まったら、お子様の月齢や体重、歯の生え方などに合わせて進めていくことも大事。しっかりおっぱいやミルクを吸い、離乳食はよく噛んでよく食べる食習慣を身につけさせてあげましょう。

★離乳食については「初めての離乳食」で詳しく説明しています。参考にしてくださいね。


赤ちゃんの乳歯はいつ生えてくる?
 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 

ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。