新しい入れ歯が合わないときの対処法

新しい入れ歯が合わないときの対処法

・入れ歯がなんとなく合わないとき

なぜ、あなたの入れ歯は合わないのでしょうか?

 

”先生、入れ歯が合わないんです。なんとかなりませんか…”

 

初めて来院された患者さんは、必ずこのようにおっしゃいます。そして、多くの方は、

 

“歯ぐきにあたって痛い”
“食べ物が挟まる”
“すぐに外れてしまう”
“しゃべりにくい”
“見た目が悪い”

という症状に悩まれされています。

 
入れ歯が合わない理由

 

なぜ、あなたの入れ歯は、ピッタリと合わないのでしょうか?

 

実は、皆さんが思っている以上に、入れ歯には『職人的な匠の技』が必要です。治療技術が高くないとピッタリとあう入れ歯が作れません。だから、通常の虫歯の治療と同じ感覚で、自宅や職場の近所の歯医者さんに行っても、なかなか良い職人さんには出会えないのです。

 

どこに行けば、入れ歯のプロはいるのでしょうか?

 

では、どのような歯医者さんに行けば良いのでしょうか?ずばり、補綴(ほてつ)治療と呼ばれる専門治療を行っている歯医者さんに行くのがベストです。つまり、虫歯や歯周病を治すことを専門にしている歯医者さんではなく、補綴治療と呼ばれる「歯が欠けたり、歯がなくなってしまった場合に、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの人工物で補う専門的な治療ができる歯医者さん」に行くことが、ピッタリとあう入れ歯を作る近道です。最近は、便利な世の中になったので、ホームページなどで検索して、最寄りの歯医者さんが、何の治療の専門家なのかを調べてみると良いかもしれません。

 

渋谷の歯科・歯医者マメゾンの入れ歯治療とは

 

入れ歯の悩みを解決するために、私たちができること

 

なぜ、当院がこのような、“ピッタリ合う入れ歯を作る方法”を解説するページを作ったかと言うと、先ほどもお話しした通り、ピッタリ合う入れ歯を作るためには、補綴治療と呼ばれる分野の専門家がいる歯医者さんに行かなければならない、ということを皆さんに知って欲しかったからです。

 

nukanai_02
当院は、入れ歯が合わず、知人や親戚から紹介されて来院される方が沢山いらっしゃいます。そのほとんどの方は、ほんのわずかな調整で入れ歯がピッタリとあい、皆さん、「今までの歯医者さんは何だったんだ???・・・こんなことなら、もっと早くここに来ればよかった」と仰ってくださいます。そんなことを言って頂けると歯医者冥利に尽きるのですが、やはり、入れ歯は、高い知識や豊富な経験が必要なので、虫歯治療をメインにされている歯医者さんではなかなか難しいのかもしれないなぁ、と感じています。


なぜ入れ歯がピッタリ合わないのか?

・合っていない入れ歯は使わないでください!

  合っていない入れ歯を付けることで起こる6つの悩み
見出し1 「痛い入れ歯」でガマンしていませんか? 

入れ歯は痛いもの、ガマンするものと考えている方が多いようですが、
実際はそんなことはありません。

痛いのは、「ピッタリ合っていない」「隙間がある」「噛み合わせがおかしい」
などの原因があります。

原因を明らかにして、ピッタリ合う義歯をつけましょう!

見出し2「はずれやすい入れ歯」に安定剤を塗って使っていませんか? 

せっかく自分の口の中の型をとって作った入れ歯なのに、

  • どうしてこんなに簡単にはずれてしまうのだろう?
  • すぐ浮いてしまうのはなぜだろう?

と思っている方がいらっしゃいます。

それは型の取り方、製作の技術力によって、合わない入れ歯ができてしまっている場合があります。

合わない入れ歯をつけたままにしていると、ますます歪んで合わなくなる可能性が大きいので、
気をつけないといけません。 

見出し3「入れると吐き気がする入れ歯」でしんどい思いをしていませんか?

入れ歯を入れるだけで吐き気がしてしまって、自分には入れ歯が合わないと思っていませんか?

吐き気がするのは、自分に合っていない入れ歯をつけている方の典型的な症状です。

あきらめてしまわずに、自分に合った義歯を作りましょう。 

見出し4「噛めない入れ歯」で困っていませんか?

噛むと痛い、入れるだけで痛いというのでは、何のための入れ歯かわかりません。

うまく噛めない、噛み切れないというのは、その人のあごの動きに入れ歯の噛み合せが合っていないことが考えられます。入れ歯というのは、その人その人のあごの動きや噛みグセに合わせて、人工歯を並べなくては、うまく噛むことはできないのです。

そのために、じっくりと時間をかけて、義歯づくりをする必要があります。 

見出し5「話がしにくい入れ歯」で無口になっていませんか?

入れ歯を入れると口腔内が狭くなり、舌が思い通りに動かずに発音しにくいということがあります。

特に「さ行」「た行」の発音がしにくいようです。

最初のうちは慣れるまで訓練が必要なのですが、いくら訓練してもうまく話せず相手に聞き返されることが多い場合は、入れ歯の方に問題があるかもしれません。

一度、相談にいらして下さい。 

見出し6「入れ歯で顔が変わってしまい」人に会うのが嫌になっていませんか?

入れ歯をつけたらきれいな歯が見える、素敵な笑顔になりたいという願望がありますよね。

いかにも「入れ歯をつけてます」とわかるものだとすぐ嫌になってしまいます。

美しい笑顔をつくるためにも、じっくりと入れ歯づくりをしたいものです。

 

 「入れ歯が合っていない」 = 「慣れるまで待つしかない」 は大間違い!!

入れ歯をはじめて入れた時、違和感に戸惑ってしまう方はとても多いでしょう。

それはだんだんと慣れていくしかありません。

しかし 

「痛い!」 「吐きそう!」 「噛めない!」 「すぐはずれる!」

などの症状がある時には、慣れるまで待つ必要はありません。

歯科医にご相談ください。



あっていない入れ歯を使うと・・・

・合わない入れ歯の対応法3つ

入れ歯の治療は簡単に言えば、型をとって入れ歯を作って終わり、というものになります。しかし出来上がったばかりの入れ歯がそのまますぐ元の自分の歯のように使えるということではありません。調整や慣れが必要になるからです。ぴったり合っている入れ歯なら「入れ歯がないと食べにくい」と感じる位にまで慣れるものです。しかし長年使われていた入れ歯でも必ず不具合は出てきます。痛い、話しにくい、外れるなどいろいろな不具合がありますが、症状によって対応方法は異なります。
そこで今月は、「合わない入れ歯の対応方法」についての情報をお届けしたいと思います。
 

対応方法は3つ!!

はじめて入れ歯を入れたとき、または長く使っていると、違和感や不具合を感じることがあります。
そんな時の対応方法は、
①調整する
②慣れるまで待つ
③新しい入れ歯を作る
の3つに大別できます。

1.調整する

新しく完成したばかりの入れ歯では、ほとんどの方に痛みが出ますし、慣れることもありませんので、我慢せず歯科医師に伝えてください。入れ歯を削って調整します。原因は入れ歯の素材は完成したときに少し小さくなって出来上がる性質があるためです。これはうまく型をとって作製したとしても避けることができません。そのため完成後に、少し削って調整しないと入らないのです。個人差はありますが、平均すると3回~6回位の調整が必要です。
 

2.慣れるまで待つ

新しく作った場合によくあるのが、異物感、噛みにくい、話しにくい、味がわかりにくい、熱を感じにくい、頬や舌を噛む、などです。実は、これらの症状については、基本的に慣れるまで待っていただいています。入れ歯事自体が少し厚みのある樹脂でできていることや、元々歯がな無かった部分に頬や舌が入り込むのが普通になっている(慣れている)ため、入れ歯を入れた当初には、上記のような違和感を感じます。しかし2~3週間で慣れて解消することがほとんどです。ギュッと噛めるようになれば大丈夫です。
 

3.新しい入れ歯を作る

作ってから数年経過した入れ歯で、痛い、落ちる、ゆるい、外れるといった症状がでる場合は、お口の中のいろいろな所が変化していることが原因です。どういうことかと言いますと、歯ぐきの形の変化、入れ歯がすり減って咬み合わせが変る、舌や頬の筋肉や咬むための筋肉が低下して痩せるなどでいわば、入れ歯がぶかぶかの状態になっているのです。この場合は、特殊な材料を使って一時的に調整することもできますが、基本的には、新しい入れ歯を作った方が良いかと思います。


歯科医院 「デンタルオフィス・ソレイユ」

・入れ歯治療は全体の「調和」がとても大切

何度つくっても合わないのは
根本治療を行っていないから

パリム デンタルクリニックで根本的な治療を・・・

パリム デンタルクリニックには、日本全国そして海外からも同じような悩みを抱えた方がこられます

何十年も数えきれない程、色々な歯科医院をまわり、合計するとかなりの金額の治療費を払い、何個もの総入れ歯を作って、しかしうまくいかない


そんな方もパリム デンタルクリニックでの総入れ歯治療により、表情も晴れ晴れ、大きなお口で笑える様になり「快適です!」「もう一回人生を頂きました!」「今まで何だったんでしょう?」「コレが本当の入れ歯の治療なんですね!いままでダメな訳だ。」とおっしゃいます
 

なぜそうなるのか?

それは「木を見て森を見ず」つまり痛い部分や歯だけを診て、咬み合わせ、そしてその人全体のことを見ていないからです

わかりやすい例をだすなら、結核の患者には、咳が出るからと、ただ咳止め薬を出すだけでなく結核専門の治療をしなければ根本的な治療にはなりません

それと同じで、何度入れ歯をつくっても合わない方は、入れ歯というお口の部分だけの治療がなされたのでしょう

入れ歯治療は調和です。

入れ歯治療は、入れ歯のフィット、咬み合わせ、筋肉など、治療を必要とする部分はいろいろあります。
しかし、最終的にはお口全体の調和がとれて、はじめて快適であったり、自分の歯の様にとおっしゃる様になるのです

パリムデンタルクリニックでの総入れ歯を用いた咬み合わせ治療にて、治療と同時に機能を回復するためのリハビリテーションを行い、その結果として調和が得られるのです

さて、どうしても多くのお困りの患者様は、治療の方に気が行ってしまいますが、本当はお口の現状把握、そしてどうすればキチンと治るのかを知ることが、すべての第一歩で、そして最も重要です

お困りのあなたにだからこそ、お話しますが、パリムデンタルクリニックでは治療を行うとか、行わないとかに関係なく、初診を3時間行います

カウンセリング・お口の診査・CT撮影などの後、1時間ほどお口の状況説明と、どうすればキチンと治るのかというお話をします

合計3時間ですから、毎月数名しか初診を行えません

そこまでする理由はただ1つ。

本当の事を理解して頂き、患者様に責任ある選択をして頂くためです。

そしてキチンと治そう!と思った時がその時ですから、私どもと協力して最善の結果を手に入れましょう。
 

何度作っても総入れ歯が合わない方へ
 

入れ歯が合わない原因は様々!

  • 1入れ歯自体、調整技術に問題がある
  • 2口の中の変化(加齢・歯周病による骨の退縮および歯の動揺など)
  • 3骨粗しょう症治療薬の服用による、あごの骨の変形
  • 4あごの骨の土手がほとんどない
  • 5運動機能のマヒ、強い嘔吐反射、口の中のこぶ、神経質な性格など

原因に見合った対応をいたします

入れ歯自体、調整技術に問題がある

新しい入れ歯で何度、調整しても何らの改善が見られないときは、入れ歯のできが悪い、調整技術の未熟さを疑う必要があるかもしれません。しっかり作られた入れ歯で、調整技術があれば、痛くて噛めない、噛みにくいといった問題点は、その日のうちに解決できます。

口の中の変化(加齢による骨の退縮、歯周病による歯の動揺など)

不適合な入れ歯を使用している、加齢による骨の退縮、止め金の掛かっている歯が動揺しているなどの原因で入れ歯のガタツキが出てきます。やがて当たりができて、その部分の骨に退縮が起こり、ますます合わなくなります。早めに、新しい入れ歯を作られることをお勧めいたします。

骨粗しょう症治療薬の服用による、あごの骨の変形

最近、骨粗しょう症の薬を飲まれる方が増えてきていますが、薬を飲み続けると骨の形が変わり入れ歯が合わなくなってきます。本当に必要な方以外(例えば、予防的に飲む方)は、薬を飲まないほうがよいでしょう。また薬を飲む必要がある方は定期的な入れ歯の調整が必要です。

あごの骨がほとんどない

非常に難しい症例で、特殊な作り方をした入れ歯を作る必要があり、調整にかなりの時間を必要とします。今までに、調整が一番長くかかった入れ歯は、3か月ほどかかったことがありましたが、必ず噛める入れ歯をつくることができます。

運動機能のマヒ、強い嘔吐反射、口の中のこぶ、神経質な性格など

動機能マヒ、コブがある方は、特別な形をした入れ歯を作製する必要があります。
嘔吐反射が強い方は、過敏な場所を避けて入れ歯の外形線を設定する必要があります。
神経質な方は、時間をかけ、歯科医師の協力のもとで、入れ歯に慣れるように努力するしかありません。


入れ歯が合わない原因

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。