昔の人はどんな歯のケアや治療をしていたの?

昔の人はどんな歯のケアや治療をしていたの?

・虫歯になる人がいなかった時代!

縄文は4000回、平成は600回!?

今から遡ること四千年前。虫歯は、口の中に棲む「虫」が歯を食べて穴が開いてしまうと考えられていました。その考えが覆り、口中の細菌が作った「酸」が歯を溶かすといったことが解明されたのは19世紀末のこと。長い人類史からみれば、ごくごく最近のことだったのです。

古代の人々は虫歯に見舞われたとき、まじないや麻痺効果のある植物を利用していました。ここまでは祈祷師の仕事です。やがて手に負えなくなれば抜歯となりますが、現在のような歯科医はいません。ここからは、いわゆる「抜歯屋」の仕事。入れ歯を作る職人が行うこともあれば、理髪師が抜歯を兼任することもありました。また、今となっては考えにくいことですが東洋、西洋問わず、抜歯は「見世物」としての意味合いも強く、道端で大道芸人によって抜かれることもしばしば。こういったことを耳にするたびに「今の時代に生まれて良かったなぁ」と思いますよね。あらためて「歯は大事にしないと」と考えさせられます。

ここまで書くと昔の人々は「予防」しなかったのではと思われがちですが、ちゃんと歯のケアもしていました。古代インドでは小枝の先端を噛み潰した棒で歯を磨いていたといいます。他の地域でも、歯磨きに使われたと思しき動物の骨などがみつかっており、現在のようにブラシ部分があるものも発見されています。日本では平安朝の頃に楊枝で歯のケアをすることが広まり、塩などを使って指で磨くこともありました。余談ですが江戸時代には「入れ歯」もあり、かの徳川家康も木製の入れ歯を使っていたとか。

では古代よりももっと遡って原始時代はどうだったのか?

なんと、虫歯自体が存在しなかったといわれています。調理するといえば「焼く」くらいで、ほとんど硬いものしか口にしなかった時代です。硬い食べ物は必然的に「噛む」行為を強いますので、その分唾液が分泌し、口内の細菌を洗い流すとともに「酸」を中和する作用が働いていたのでしょう。

「煮る」「炊く」などの調理法を人類が覚えて食べ物が柔らかくなると、噛む回数も減りはじめました。一説によると、一回の食事で「噛む」行為は、縄文時代には4000回、戦前で1500回、そして今や600回といった具合に激減しています。同時に柔らかい食べ物は歯にこびりつきやすく、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)が生じることになります。

虫歯や歯周病、つまり充分に「噛む」ことができない状況は、身体にとっても悪影響を及ぼします。胃腸などの内臓系にも負担をかけますし、頭痛や肩こり、姿勢の悪化、顔の表情筋の衰えがもたらす脳の働きの低下など、挙げればきりがありません。また、口内の歯垢に含まれる黄色ブドウ球菌などが誤って肺に至り、肺炎を引き起こすといったショッキングな調査結果も発表されています。

そこで今から、柔らかい食べ物は厳禁!といっても無理ですよね。でも、意識して噛む回数を増やすことはできます。さらに食後に生野菜やリンゴなど、歯ごたえのある食物繊維を食べることによって、その食材が歯垢を落としてくれる効果があります。もちろん食事のみならず、歯ブラシや糸ようじなどでケアすることも必要不可欠です。
ぜひ皆さん、身体を気遣うのと同じように、歯にも気配りをしてみてください。


原始人に学べ!?歯の健康は、カラダの健康

・虫歯は30万年以上の歴史がある?


誰もが毎日、歯をみがく。この習慣がつくられたのはこの100年のことにすぎません。では、それ以前の人々は歯とどうつきあってきたのでしょう。

化石からわかったこと

「歯が痛い!」と泣きたい思いをしたことはありますか? 今は、歯科医院で治療すれば、痛みから開放されますが、昔はそうはいきません。では、人間はいつから歯痛に悩んできたのでしょう?
答えは、なんと「ヒト(ホモ・サピエンス=現生人類)」以前から。人類は、むし歯や歯周病による歯痛と、30万年以上も付き合い続けてきたようです。たとえば、むし歯。ザンビアで発見された約30万年前のカブエ人の化石人骨には、すでにむし歯がありました。奥歯だけではありません。犬歯や切歯などの前歯にも立派なむし歯はありました。
同じ頃、ヨーロッパを中心に分布していたネアンデルタール人からは、歯周病が発見されています。ひどい例は、フランスのラ・シャペローサン遺跡で発見された約6万年前の化石人骨。50~60歳の老人で、ひどい歯周病のため、生前にほとんどの歯が抜け落ちていたようです。実は、太古の人類には歯周病がよくみられ、その発生率は現代人以上かもしれないといわれています。

人はいつから歯みがきを始めたのか

・江戸時代は抜歯が虫歯治療の基本

虫歯になった歯は抜くしかなかった!?


現在、虫歯になったとなれば悪い部分を削って詰め物をしたり、かぶせ物をしたりします。進行が進んだ虫歯でも抜歯しないで治す治療法も主流になりつつありますよね。

しかし、江戸時代には当然ながらそんな治療法はまだありません。削る機器もありません。では、どうしたのかといいますと――


『きたいな名医難病治療』部分(歌川国芳 画)
『きたいな名医難病治療』部分(歌川国芳 画)
虫歯はとにかく抜く

が基本だったようです。

しかも、

麻酔なしでの抜歯

です。想像するだけで痛すぎる。

お酒を飲んで感覚を鈍らせることもあったようですが、それほど効果があったとは思えませんから、想像を絶する痛さだったでしょうね。


ちなみに、江戸時代にも「口中医」と呼ばれる今の歯医者さんのような人がいたのですが、それとは別に「歯抜師」という抜歯の専門家もいました。

ただし、医師免許があったわけでもなく、医療修行をしたこともない……言ってしまえば、歯を抜くことに長けた素人です。

さらに、大道芸人が抜歯をすることもありました。

それが香具師(やし)と呼ばれる人で、街頭や見世物などで芸を披露しながら品物を売る商売人です。フーテンの寅さんも香具師ですね。

江戸時代、抜歯することもあった大道芸人
『近世職人絵尽』より
こちらの絵は松井源水という代々浅草で活躍した香具師。

訳がわからないと思うのですが、曲独楽(きょくごま)や居合抜きなどの芸を披露しながら歯磨き粉を売ったり、希望者がいれば、熟練の早業でエイ!とその人の歯を抜いたそうです。

余談ですが、商品としての歯磨き粉が登場したのも江戸時代。精製した砂や塩が歯磨き粉の基本成分で、ハッカなどの香辛料をブレンドしたものもあったそうです。

なお、お値段は1袋6~8文(約120~160円)で、1袋で1~2カ月使えたとか。

昔の人は虫歯になったらどうしてた?江戸時代の虫歯治療法が壮絶だった

・神頼みも虫歯治療の一つだった

虫歯を抜く前に頼ったのは歯医者さんではなく神様


虫歯の痛みは耐え難いもの。

前述したように江戸時代にも口中医という歯医者さんがいましたが、治療を受けられるのは大名や裕福な商人などの一部セレブだけ。まぁ、治療といっても当時はまだ根本的治療法がないので痛みを軽くするという程度ではありましたが。

では、歯の痛みに悩む庶民はどうしていたのでしょうか?


歯いたみ・歯みがき(小林清親 画)
明治時代の絵師・小林清親の筆による歯痛に苦しむ女性(右側)。ゆがんだ表情から相当な痛みと思われる
その方法をざっと紹介すると、次の通り。
 
  • 漢方薬など売薬を服薬する。
  • 民間療法の生薬を飲む。
  • 病封じのおまじないをする。
  • 痛いところに竹筒をあてて(もしくは梨の枝をくわえ)、その先端に灸をすえる。
  • 大根の汁を痛くないほうの耳へ注ぐ(え?)。もしくは患部に塗る。
  • もぐさの煙を鼻から吸って口から出す(え!?)

などなど。

現代人からみると「治療」とは程遠いものばかりですが、当時の人は真面目も真面目、大真面目に虫歯治療として行っていました。

また、神頼みも歯痛を和らげるためのポピュラーな手段でした。神社仏閣へお参りし、願掛けをしたり、おはらいをしてもらったり、虫歯封じのお札やお守りを買ったりして、人々は歯の痛みから救われようとしたのです。

虫歯に苦しむ人が奉納した絵馬(江戸時代)

これは虫歯に苦しむ人が奉納した絵馬。女の子が口にくわえているのは錨(いかり)です。錨が船を止めるように、歯が抜けないようにという願いが込められているんだとか。

歯に関係が深い神社仏閣は各地にありますが、東京都港区東新橋にある日比谷神社もそのひとつ。もともと現在の日比谷公園内にあり、江戸時代には海が近く、近隣で鯖がよく獲れたことから通称「鯖神社」とも。

江戸時代、虫歯に悩む人がこの神社によく訪れたそうなんですが、おもしろいのが虫歯治癒の願掛け方法。ある食材を断って神頼みするのですが、その食材というのがこれ。

『魚づくし』「さば かに あさがお」(歌川広重 画)
『魚づくし』「さば かに あさがお」(歌川広重 画)
鯖(サバ)です。

「鯖神社」だけに、鯖を断ってこの神社に願掛けすると虫歯が治るんだとか。幸運にも願いがかなった場合は、鯖を奉納する習わしがあったといわれます。じつにユニーク。

虫歯を抜く前に頼ったのは歯医者さんではなく神様

・虫歯に悩まされていた昔の有名人

あの有名人たちも虫歯に悩まされていた


虫歯の痛みに貴賤の区別はなく、有名・無名も問いません。江戸時代の偉人・有名人のなかにも虫歯に悩まされた人がたくさんいました。

たとえば、

『奥のほそ道』で知られる俳聖・松尾芭蕉です。「古池や蛙(かわず)飛び込む水の音」など超有名な句をたくさん残しています。

そんな芭蕉が加齢とともに弱る歯を詠んだ句がこちら。


衰ひや 歯に喰ひあてし 海苔の砂
~松尾芭蕉~

当時は板海苔を作る時に砂が混じることがあったのでしょう。そんな海苔に混じった砂も歯が丈夫なときにはぜんぜん気にならなかった。しかし、老い(といっても48歳の時の句ですが)とともに弱る歯にはこたえたようです。

そんな芭蕉の高弟にしてパトロンでもあった杉山杉風(さんぷう)も歯を患っていたようで、こんな一句。

がつくりと ぬけそむる歯や 秋の風
~杉山杉風~

44歳の時の句なのですが、がっくりと歯が抜け始めたと嘆いています。「がっくり」というところに悲しみを感じます。

ほかにも歯のトラブルに悩まされた人物が、この人。


「やせ蛙 負けるな一茶 これにあり」などの句でおなじみ江戸時代後期の俳人・小林一茶

一茶もかなり歯が悪く歯周病を患っていたといわれ、49歳の時には歯がぜんぶ抜けてしまったとか。

そこで一句。

かくれ家や 歯のない口で 福は内
~小林一茶~

なんだが自虐的なにおいがします。

一茶が世を去ったのは64歳。とすると、15年間も歯のない生活をしていたんでしょうか。それとも入れ歯をしていたんでしょうか。いずれにせよ、歯周病って今も昔も恐ろしいです。

ほかにもこの方。

江戸時代文学を代表する大ベストセラー『南総里見八犬伝』で知られる作家・曲亭馬琴

晩年、目を患っていたことはよく知られていますが、歯も悪かったようです。

馬琴は謹厳実直、真面目というイメージとはうらはらに若い頃から甘いものが大好きだったそうで、結果、虫歯がいっぱい……。50代で総入れ歯になったそうで、日記にも「今日は入れ歯を修理する」などと書き残しています。61歳の時にはぜんぶの歯が抜けてしまったんだとか。

あの有名人たちも虫歯に悩まされていた
 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。