夜の歯磨きのタイミングとは?歯の健康のためにやっておきたいこと

夜の歯磨きのタイミングとは?歯の健康のためにやっておきたいこと

・夜と朝に行う歯磨きは役割が違う!

歯周病を予防する理想の口内ケアとは、歯周病の元になる歯垢を取り除くことが基本です。歯垢とは食べ物の残りカスに付着した細菌の塊。歯と歯茎の間でにある歯周ポケットに溜まり、粘着質でうがい程度では取れません。歯周病を予防するための正しい歯磨きの方法について見ていきましょう。

歯磨きの時間帯は夜寝る前と朝起きてすぐが重要

歯磨きはどの時間帯にするのが正解?

歯周ポケットに溜まっている歯垢を取り除くための正しい歯磨きをしていれば、歯周病を予防することができます。それでは、正しい歯磨きはどのようにすればよいのでしょうか?

まず歯ブラシは鉛筆と同じようにつまんで持ちます。歯と歯茎のあいだに45度で当て、小刻み動かすことで歯周ポケットに溜まっている歯垢を取り除くのです。歯ブラシを動かす幅は5~10ミリほど。1~2本ずつていねいに磨いていきます。時間の目安はおよそ3分です。

それでは、歯磨きはどの時間帯にするのがよいのでしょう? ポイントとなるのは朝の歯磨きです。朝食後に歯磨きする人が多いといわれますが、これは間違い。朝は起きたらすぐに磨くの正解です。

食事後の時間帯は食べカスをとるだけ

歯垢が溜まるのは唾液が出ていない夜寝ているとき。このタイミングで爆発的に溜まってしまうので、朝起きたときが磨きどきの時間帯です。また、夜寝る前に歯磨きをすることで、細菌の数を減らしてから寝ることも重要になります。

歯周病の元となる歯垢が増殖するのは夜寝ている間。歯周病を予防する歯磨きをするのは、就寝前と起床後に行うとよいでしょう。さらに、もう1つのポイントが唾液の効力を生かすことです。

じつは、唾液自体に歯周病菌を流す自浄作用や殺菌作用といった、すぐれた作用があります。そのため、食事後の時間帯は歯磨きではなくデンタルフロスや歯間ブラシを使って、食べカスや歯垢をとるだけでOKという医師もいるほどです。

食事のあとの時間帯が一番唾液が出ているタイミング。そのときに歯磨きをして唾液の効力を薄めるのはもったいないからです。


歯磨きの時間帯は夜寝る前と朝起きてすぐが重要
 

・寝る一時間前が夜ハミガキのベストタイミング!

 
■寝る前の歯磨きはリラックスを妨げるNG習慣!

お風呂に入って、テレビを観たりスマホをいじってると、気がつけばウトウト……。しかし、冒頭でお話したようにいざパジャマに着替えて歯磨きをすると、目が冴えてしまうことがありますよね。実は、その原因は“歯磨き”にあったのです。

睡眠に非常に重要な睡眠ホルモンが、よく耳にする“メラトニン”です。私たちは朝起きて日光や光を浴びることにで、14~16時間後にこのメラトニンが分泌され、自然と眠気を感じるようになります。

しかし、同番組に出演していた大竹真一郎医師は「イギリスの睡眠センターの研究で、寝る前に歯磨きをしてしまうとこのメラトニンの分泌が落ちて、寝つきが悪くなるという明らかになった」という驚きの研究結果を紹介。

寝る前はリラックスすることが大事ですが、なんでも歯磨きをすると歯茎を刺激してしまったり、冷水で口をすすいだりすることで逆に興奮してしまい、メラトニンの分泌が抑制されてしまうそうです。

■良質な睡眠のために歯磨きは遅くとも寝る1時間前には終わらそう!

子どもの頃から、“歯磨き=眠る前”という習慣の方は多いでしょう。では、それがNG習慣ならいつ磨けばいいのでしょうか?

大竹医師によると「歯磨きは夕食の30分後か、遅くとも眠る1時間前に終えるようにすると寝つきがよくなる」と言います。また、歯磨きをしてから眠る前までに時間があると喉が渇くことがあると思います。その際は水とお茶なら飲んでも虫歯にはならないそうです。

夕食後はついついお菓子を間食してしまったり、お酒を飲んでしまったりしがちです。しかし、夕食後に早めに歯磨きをすることで、これらの悪習慣も防げます。ダイエットや美容という面でもいいかもしれませんね。

今回は、歯磨きが睡眠に及ぼす影響とそれを改善する方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか? せっかく歯磨き習慣を見直すなら、「え…歯ブラシは濡らすのNG!? 歯科医の90%がやってるデンタルケア」も読んで、正しい歯磨き方法も一緒に実践していきましょう。
寝付きが悪くなる原因!? 「寝る前に歯を磨く」のが実はNGな理由
 

・目覚めの口臭は臭い!だからこそ口臭予防が重要

目覚めの口臭にご用心?

目覚めの口臭が一番くさい?

目覚めの口臭が一番くさい?

出典:田中宗雄、雫石聰(2006)「口臭:EBMに基づく診断と治療 口臭の各種治療法:生理的口臭」
『歯科医療 2006冬号』Vol.20 No.1,p.34

誰にでもみられる生理的口臭。この生理的口臭のニオイは、生活リズムや食事などによって、1日の内でも強くなったり弱くなったり変化しています。ニオイが最も強く値を示すのが起床直後です。

起床直後の目覚めの口臭は「モーニングブレス」とも言われ、誰にでも起こる強い口臭として知られています。朝、起きたときの口の中のネバネバや不快感などがある場合には、何らかの口臭が発生しているかもしれません。

なぜ、目覚めの口臭が強くなるのでしょうか、その理由は、睡眠中に唾液の分泌量が減り、嫌気性細菌(歯周病菌、むし歯菌などさまざまな細菌)が繁殖を繰り返し、増殖します。そして、口の中に食べかすや舌の汚れが残っていると、口の中の汚れ成分を嫌気性細菌が分解し、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)をたくさんつくるため、ニオイが強くなるのです。目覚めの口臭では、揮発性硫黄化合物のなかでも硫化水素の濃度が特に高くなることから、硫黄のような、すえたにおいがするといわれています。

目覚めの口臭は、口の中の細菌や汚れ、唾液量によって変化します。少しでもさわやかな朝を迎えるためにも日々のケアが大切です。まずは、細菌の増殖が始まる直前、つまり寝る前に歯を磨くことで歯垢や汚れを取り除き、ニオイのもととなる細菌を減らすことが重要なカギとなります。

3.口臭予防ケア

口臭の主な原因は、歯周病、舌苔、むし歯など口の中の汚れや病気と関係しています。口臭予防の方法として、まずは、口の中を清潔に保つことです。毎日のセルフケアだけでなく、歯科医師などの専門家による指導も大切です。

歯磨き

睡眠中に嫌気性細菌が増えるため、寝る前に歯を磨いて歯垢を取り、細菌を減らしましょう。また、起床直後の歯磨きも、睡眠中にたまった細菌を追い出すことができます。毎日、正しいブラッシングによって歯や口の中を清潔にすることが口臭予防につながります。
※夜、寝る前の歯磨きは、目覚めの口臭に効果的です。

朝食を食べる

目覚めの口臭には、朝食を良く噛んでたべることです。食事は抗菌、免疫力と効果がある唾液の分泌も促すので効果があります。口内の生理機能の安定化、午前中に起こりやすい生理的口臭予防などのメリットがあります。
※目覚めの口臭に効果的です。

唾液を出す

唾液の分泌が少なくなると口の中が不潔になり、口臭が発生しやすくなります。唾液には、洗浄作用、抗菌作用、粘膜の保護作用などがあり、口の中の乾燥を防ぎます。唇や舌を動したり、食事をしたり、リラックスすることで唾液の分泌量が多くなります。

ストレスを溜めない規則正しい生活

強いストレスを感じるときは、睡眠中のように唾液の分泌が減ってしまいます。口の中の生理機能に関連する自律神経系の働きを整えるために、生活習慣を規則正しくし、バランスの良い食生活をおくることが不可欠です。

舌の清掃

死んだ細菌や新陳代謝ではがれた粘膜上皮の細胞などからできた舌苔が舌に付着していると口臭の原因となります。1日に1回、起床直後に舌ブラシや軟らかい歯ブラシで舌を磨きましょう。特に舌苔がついていない人は、舌を清掃する必要はありません。

専門家による指導や治療

病的な口臭は、歯周病、唾液分泌の減少、進行したむし歯などが原因となっている場合がありますので、口臭が気になったら、口臭外来や歯科医院で診てもらいましょう。また、正しい清掃方法について助言や指導をうけることも大切です。


目覚めの口臭原因

・夜ハミガキを習慣にして就寝中も虫歯予防

 
アクアフレッシュ マルチアクション ナイトケア 8つの特徴画像

 

■歯を強くする新習慣「夜ハミガキ」を啓発
「アクアフレッシュ マルチアクション ナイトケア」で、夜も、糖分が原因の酸から歯を守る!

アクアフレッシュ マルチアクション ナイトケア製品画像

 何も飲食しない就寝中は、歯にとっては休憩時間で、エナメル質ケアにふさわしい時間です。しかし、夜寝る前に必ず歯を磨く人は約6割という調査結果※1から、夜寝る前に歯磨きをしない約4割もの人が、エナメル質ケアのゴールデンタイムを逃していると言えます。
「アクアフレッシュ マルチアクション ナイトケア」は、おやすみ前の使用がおすすめ※2の薬用ハミガキです。夜寝る前に歯を磨くことで口内をすっきりきれいに清掃し、就寝中に増殖しやすい菌をあらかじめ減少させます。また、フッ素(フッ化ナトリウム)が歯の再石灰化を促進し、時間をかけてエナメル質に浸透することでエナメル質を強化し、ムシ歯の発生・進行を予防します。歯周病※3(歯肉炎・歯周炎)予防、ムシ歯予防、口臭予防、歯を白くする、口中浄化、口中爽快に加えて、ブラッシングによる歯垢除去という8つの特徴をもつハミガキです。さらに、刺激を抑えた7種類のメディカルハーブミントの香味で、寝る前にリラックスした気分でお口のケアをしていただけます。歯を強くする「夜ハミガキ」を習慣にして、夜も、糖分が原因の酸から歯を守りましょう。

 

■ お口の平和を守るヒーロー「キャプテン アクアフレッシュ」がやってきた!

アクアフレッシュマンの画像

彼の名前は「キャプテン アクアフレッシュ」。お口の平和を守るために、日々、糖分と闘っているヒーロー。トレードマークは3色のヘアスタイルと輝く白い歯。彼の使命は、『糖分が原因の酸から歯を守ること』

“糖分はダイエットの大敵!”と、気にしている人も多いが、糖分がムシ歯のもとになるということは、忘れられがち。また、チョコレートやキャンディーなどの糖分を多く含んだお菓子だけではなく、わたしたちの食事には“隠れた”糖分がたくさん存在している。糖分は、ムシ歯の原因菌である「ミュータンス菌」にとってのご馳走。「ミュータンス菌」は、糖を代謝し酸を排出して、その酸と歯が触れることで歯を溶かしてムシ歯になってしまう。でも、大丈夫!「キャプテン アクアフレッシュ」の使命は、わたしたちの生活と切り離せない糖分と闘い、お口の平和を守ること!「キャプテン アクアフレッシュ」の今後の活躍から、目が離せない。

『アクアフレッシュ』公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/AquafreshWEB
『アクアフレッシュ』公式Facebook
https://www.facebook.com/aquafresh.jp
ハミガキお助けアプリ「ハミガキタイム」(iOS)
https://itunes.apple.com/jp/app/id389161454?mt=8



夜も、糖分が原因の酸から歯を守る! 「アクアフレッシュ マルチアクション ナイトケア」新発売
 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。