痛くない歯科治療を受けたい!

痛くない歯科治療を受けたい!

・痛くない歯科治療いろいろ

歯科治療に伴う痛みは歯医者さんが嫌われる大きな要因の1つです。

また、いかに素晴らしい治療であっても、痛みが伴えば患者様からの信頼はなかなか得られないため、歯科医師にとっても治療中の痛みは悩みの種なのです。

そのため、近年では治療に際して痛みを最小限に抑える「無痛治療」に取り組む歯科医院も多くなってきました。

今回は実際に歯科医院で行われている無痛治療にはどのようなものがあるのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

痛みが苦手な方は事前に歯科医に相談しよう

多くの歯科医は治療中の痛みを軽減するよう、様々な工夫を行っています。

しかし痛みの感じ方には個人差があり、同じ治療でも痛みを感じる方とそうでない方がいます。

そのため「ちょっとした痛みも苦手」という方は、その旨を事前に歯科医に伝えることをお勧めします。そうすることで、歯科医の方も痛みに対するより細かい配慮を意識しやすくなるでしょう。


歯医者さんの「無痛治療」は本当に痛くないと信じて良いのか?

・表面麻酔

1.表面麻酔
みなさん針を刺す、あの「チクッ」というのが嫌なのではないでしょうか?
予防接種の注射でさえ、みんなが目をつむってしまいます。
その「チクッ」とする痛みを和らげるのが「表面麻酔」。
針を刺す場所の歯ぐきの表面に「表面麻酔」を塗れば、針を刺す痛みを減らします。
塗り薬なので、小さなお子様にも安心です。

痛くないよう治療を心掛けている歯医者です。

・細い注射針

3.一番細い注射針でゆっくりと
注射針は、一番細い針を使用しています。
太い針より細い針の方が痛くないに決まっています。
さらに電動の麻酔器を使い、ゆっくり麻酔します。
コンピューター制御の電動麻酔器なので、一定のスピードでゆっくり痛みを感じない速度で、麻酔液が浸透していきます。

痛くないよう治療を心掛けている歯医者です。

・麻酔液を温める

その3.麻酔液を温めて痛みを和らげています。


外から帰ってきて、手を洗う時に
いきなり冷たい水で洗うと、

「冷たいっ」

ってびっくりしてしまいますよね。
特に冬場は、ちょっと痛いくらいです。
逆に熱すぎても痛みを感じますし、下手したらやけどしてしまいます。

つまり
「温度差が大きいと違和感や痛みを感じる」
ということなのです。

これは麻酔のときも一緒で、
お口の中の温度と全然違う温度の液体が歯ぐきに入ってきたら
痛みを感じてしまいます。

ですので、歯科クリニックでは
「麻酔液を人肌に温める」
機器を導入しています!

これによって麻酔液がお口の中に入る時の刺激を減らすことができるのです。


痛みの少ない治療

・電動麻酔器を使う

その4.電動麻酔器で注射液が入るときの痛みを和らげます。


麻酔の注射の時には、2種類の痛みが生じます。

一つは、針が刺さるときの痛み、
もう一つは、その後に麻酔薬が入るときの痛みです。

この二つ目の痛みは、麻酔薬が体内に入っていくときの圧力が刺激となり、痛みとして感じるものです。

「電動麻酔器」は、コンピュータ制御により、麻酔薬を注入する際に、注入する速さを注射開始から緩やかに上がるように
「スピードをコントロール」します。

麻酔開始時はとてもゆっくりと麻酔薬を注入することにより、圧力が急に上がって痛みが生じるのを防ぎます。
その間に少しずつ麻酔が効いてきますので
そうなると注入する速さを上げても圧力による痛みを感じなくなるため、
無理のない速さで麻酔薬を注入していきます。

このように、電動麻酔器は、麻酔薬が体内に入っていくときの痛みが最小限になるような、理想的な注射を実現する機器です。


痛みの少ない治療

・お子さんには特に痛みを少なく!

その6.お子様にはちょっとした配慮を。


麻酔の痛みに限らず、痛みというのは人によって感じ方が大きく違います。

特にお子様は、痛みに対して敏感であったり、注射に対する恐怖心がとても強かったりします。

そんなお子様が注射を目にしてしまうと、それまでの予防接種などの経験から、
「チックン」される!
と思ってしまいます。

どんなに痛みが少なくなるような工夫をしていても、麻酔の時には多少の感覚はあります。

その「多少の感覚」が、注射を目にした瞬間に
「チックン!!!」
の感覚に変わってしまいます。

しかも、経験したことのないお口の中に「チックン」となると、お子様としては恐怖心は倍増です。

麻酔する前からとても怖いですし、「多少の感覚」なのにとても痛がってしまう結果になります。
 

そこで当院では、ちょっとした配慮ですが、
麻酔に限らず、注射器に似た器具は、小さなお子様の目には触れないように配慮しています。

そうすることにより、
「チックン」を「多少の感覚」に
することができます。

(ケースによってはどうしても我慢してもらわないといけない場合もあります。)
 

また、これは当院からのお願いですが、

お子様が何かできないことがある時に、
「そんなことだと注射してもらうからね」
とか、
受診する前から、「注射しないといけないかもしれないね」
などということは言わないようにしてください。

個人差はありますが、受診する前から、「注射」のことで恐怖心一杯になってしまい、
麻酔に限らず、なんでもない処置ですら怖くてスムーズに処置を行えないことがあります。


当院では、このような取り組みにより、歯医者さんを嫌いになってしまう痛みを、徹底的になくすよう努力をしています。


痛みの少ない治療
 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】


 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。